ジャンル:Fate/Grand Order お題:騙されたぷにぷに 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1500字 お気に入り:0人
[削除]

罰当たり

 子を失った悲しみに泣き暮らす横顔にさえ見惚れた、これは罰だ。
 妻の作ってくれた巾着袋は、彼女の美しさをなぞったような美しい縫い目を並べて早数年が経とうとしている。手作りだというのに解れもしないで、毎週の洗濯に耐えている。おれは彼女の作った夕食をすこし分けてもらって弁当に詰め、一歳になったばかりの息子と、彼を無事に育てている彼女に見送られて今日も元気に出社した。夜泣きに付き合った妻を見送りに立たせるのは心苦しかったが、彼女はほとんど毎日欠かさず見送ってくれた。手の空いたときにお歳暮をどうするか考えておいてほしい、という連絡を受けて、弁当をつつきながら思案する。この前の頂き物の、牛肉の時雨煮はどうだろうかと返信する。あと、可愛い坊やの熱はどんな具合か。必要であれば帰るので、時間のかかる業務は家に持って帰って取り掛かれるように支度はしている。家業の貿易会社には決算月というものはあれど、時間も年間のスケジュールもあってないようなものだった。老体に鞭打つ会長の父親の補佐を任されてもう十年が経とうとしているが、孫の成人した姿を拝むまでは死ぬに死ねないと意気軒高である。ふむ、父と付き合いのある家や会社へ贈るものに、血圧が気になるものを贈るのは避けたほうがいいのかもしれない。他のものに――たとえば、ひと月ほど前に仕入れて、妻がいたく気に入ったバスボムはどうだろうか。卸した先からも次々に追加注文があり、なかなか面白いかもしれない。
 妻からは、既読の印がついたまま、定時になるまで音沙汰がなかった。妻はこんなやり取りを黙ったまま終わらせることの出来ない人だ。急かすのも悪いと放っておいた自分を罵りながら、端末を操作する。おかげで、会社のゲートにぶつかってしまった。コートを小脇に抱えながら駅へ走る。スーツはすぐに汗ばんだ。電話を呼び出しても通じない、妻の母親――つまり姑に連絡を取る。
『ああ、ヘクトールさん』
「すみません、妻から何か」
 電話口の姑は、安堵したような、しかし焦燥と怒りと悲しみを混ぜた声でおれの名前を呼び、病院にすぐ来てくれとマンションの最寄りの総合病院のことを告げた。たどり着いた駅前でタクシーを拾って、一万円を叩きつけながら「これで〇〇病院まで、お釣りはいいから」と生まれて初めてのセリフをとうとう言うことが出来てしまった。最悪のシチュエーションだ。
「子どもが入院したかもしれなくて、まだ一歳なのに」
「そりゃ大変だ」
 言葉にした途端、身体から血が引いていくようで、目の前が暗く、そして吐き気がした。出来る限り急ぎますよと、厳しい顔で頷いた運転手はナビを見ながら左折や右折を繰り返した。信号で止まったことはほとんどなかったのに、車窓からの景色が止まって見えるほど気が急いていた。いや、もしかしたら息子は無事で、妻が倒れたのかもしれない?タクシーの中での時間は悪夢を考えるにはあまりにも長く、頭をかきむしった手の中に焦げた土の色の髪が何本も残っていた。タクシーが病院のロータリーに滑り込むや否や、ドアを開けて転がり落ちるように走り出す。慌てた運転手の声が背中を追いかけてきたが、かまけていられない。家族の危機だというのに。
「ヘクトールさん!」
 姑がおれの姿を見つけて、看護師に何か説明しながら奥へ案内してくれた。消毒薬の匂いに混じって、いかにも病院らしい緊迫した空気を吸い込む。倒れそうな足取りで、妻のもとに駆け寄った。彼女の細い首はすっかり項垂れて、電灯に紙のように白く照らされている。
「アンドロマケ」
 彼女の名前を呼んだ。ああ、幽霊と目を合わせてしまった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
似顔絵 ※未完
作者:桜鬼@猫注意報(・ω・) ジャンル:Fate/Grand Order お題:調和した絵画 制限時間:30分 読者:89 人 文字数:761字 お気に入り:0人
「何してるの?」 おやつの時間になると、ある一定の女性陣が集まる食堂が、何故か何時もよりも騒がしい。集めた資材を片付けるべく近くを通った少女は、素朴な興味で入口 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ギギ ジャンル:Fate/Grand Order お題:自分の中の黒板 制限時間:30分 読者:95 人 文字数:849字 お気に入り:0人
俺なんてただの数合わせのためにたまたま選ばれた一般人だから、きっとすぐになんでもない日常に戻っていくのだろう。そう思いながら、俺は自分の中の黒板の前でチョークを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ギギ ジャンル:Fate/Grand Order お題:わたしの嫌いな秀才 制限時間:30分 読者:165 人 文字数:521字 お気に入り:0人
私は、藤丸立香という少年が嫌いだ。多くの優秀な魔術師、多くの優秀なスタッフが集まるこのカルデアで、ただ1人だけの凡人。だというのに、多くのサーヴァントの精神を繋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ギギ ジャンル:Fate/Grand Order お題:煙草と天井 制限時間:30分 読者:181 人 文字数:931字 お気に入り:0人
ロビンフットはカルデア内の喫煙室の壁にもたれかかり、煙草をくわえてぼんやりと天井を見上げる。現在、喫煙室には彼だけである。好んで喫煙するサーヴァントは彼以外にも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ギギ ジャンル:Fate/Grand Order お題:アブノーマルな出会い 制限時間:30分 読者:149 人 文字数:760字 お気に入り:0人
「はじめてドクターにあったのは、この部屋だったんだ」ベッドに腰かけたマスターが、ゆっくりと話し出した。僕がカルデアに召喚されたのは昨日。昨日はそれはもうすごい騒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ギギ ジャンル:Fate/Grand Order お題:煙草と極刑 制限時間:30分 読者:125 人 文字数:634字 お気に入り:0人
「これは没収です」ぐしゃり、と。煙草の入った箱を握りつぶしたのはナイチンゲールだ。没収というか、それはもう握りつぶしているのだが、とは誰も言わない。ナイチンゲー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:胡散気な夏 ジャンル:Fate/Grand Order お題:男同士の友人 制限時間:30分 読者:337 人 文字数:620字 お気に入り:0人
お前の友の話を聞かせてくれ、と言われた。レイシフトが終わってカルデアに帰ったすぐの事だ。マスターたる青年と、他にも何人ものサーヴァント達が大きなテーブルに集ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:マホ ジャンル:Fate/Grand Order お題:進撃の小説家 制限時間:4時間 読者:48 人 文字数:799字 お気に入り:0人
「ったく、どこまで人使いの荒いマスターなんだ、締切が近いと言っているだろう!」「こう連れまわされては体力が持ちませんなぁ」小説家というやつは、文字を書くだけでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カンナちゃん ジャンル:Fate/Grand Order お題:私の修道女 制限時間:1時間 読者:49 人 文字数:3604字 お気に入り:0人
「貴様たちの心よりの敬愛。余への想い。しかとこの神王が受け止めた」 オジマンディアスがそう言ったとき、立香は自分の想いが許されたような気がした。もちろん、それは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:胡散気な夏 ジャンル:Fate/Grand Order お題:消えた小説修行 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:518字 お気に入り:0人
名筆と名高い作家とてその才を自覚し傲慢に怠れば筆も衰えようと言うもの。何より歪な球体の組織体が詰まった頭の中から創世の神秘が枯渇してしまえばそれは作家にとって 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
辰申 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:スタミュ お題:理想的な狼 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:224字 お気に入り:0人
「俺、栄吾の前じゃ狼かもね」くすくすと隣で笑う息がふわりと耳をくすぐって、申渡もつられてそのままふふふと笑みを零した。「きみが狼ですか?」さらりとした金髪に宝石 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 お題:憧れの地獄 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1545字 お気に入り:0人
カリカリ、カリカリ。鉛筆が紙面を走る小気味いい音が響く静かな教室で、今日も二人の少女が芸術活動に励んでいた。冬の日が早々に落ちようとしている黄昏時、窓から入る赤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんすた。【腐】 お題:黒尽くめの百合 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1944字 お気に入り:0人
****ーーポーン……ーーポーン………ーーポーン…………無意識に触れた鍵盤を、虚空に響く音程はただ、無闇に月明かりにのまれていく。「……。」何時もとかわらない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りのところてん 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1529字 お気に入り:0人
「あつい・・・」鶴丸国永は畳にだらしなく寝転がったままつぶやいた。現在の本丸は夏の景趣だ。青々とした緑。遠くまで見渡す限りの青空。川遊びを楽しむ短刀たちの歓声。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
焼き魚 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:釣りの朝 お題:黒尽くめのにおい 必須要素:右膝 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:247字 お気に入り:0人
♪お魚が焼けました〜♪3枚におろしました〜(!?)♪3つがそれぞれ膨らn「焼き魚は3枚におろさないだろッ!?」俺は座っていたソファから勢いよく立ち上がる。……が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
太陽の男 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:夏のあそこ 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1188字 お気に入り:0人
みーんみんみんみんみん甲高いセミの鳴き声が耳に障る。冷房のスイッチを入れようとがば、と身体を起こして気づく。そういえばここは家ではなかった。小さく息を吐いて眼下 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛すべき馬鹿 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:984字 お気に入り:0人
「ローズヒップは何をしているのかしら?」「……私には分かりかねます」アッサム様がポツリとつぶやきます。私達はテーブルに座り、ローズひっぴさんが紅茶を入れるのを待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:すごい目 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:810字 お気に入り:0人
「どうしてアッサムだけあんなにちやほやされるのかしら」「それは……」アッサム様は聖グロの生徒達に取り囲まれ、キャーキャーと騒がれています。先日の大洗・知波単連合 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:未熟な湖 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1156字 お気に入り:0人
「キャンプですわ!」 野営地に着くなり、ローズヒップさんは湖に向かってかけていきます。一応これはキャンプではなく、野営訓練という名目なのですが。 いつものごとく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:裏切りの誤解 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:857字 お気に入り:0人
「オレンジペコさんっ!」 この声はローズヒップさんですね。一体どうしたというのでしょう。普段にもましてどたどたと威勢良くやってきました。 ローズヒップさんは私の 〈続きを読む〉