ジャンル:アイカツスターズ お題:死にかけのボーイズ 制限時間:4時間 読者:113 人 文字数:1058字 お気に入り:0人
[削除]

レッスン室での お話

「ああ・・・。」
明るいレッスン室の端っこ。男子アイドルのトップともいえる存在、M4の吉良かなたは暗い顔で倒れていた。
今月末はM4のアイカツ武道館ライブ。今回はただのライブではなく、四つ星学園やヴィーナスアーク等の女子アイドルも一緒に歌う、アイカツ界に残るライブなのだ。そう、四つ星学園。俺が好きな早乙女あこも一緒の舞台に立つのだ。男として、一アイドルとして、このステージは失敗してはいけない。むしろ、格好いい姿を見せなくてはならないのだ。
最近はキャスターにも挑戦している為、アイドルのレッスンを欠かす日々が増えてきていた。現に、今こうして倒れているのも体力不足のせいだった。
アイドルが体力不足で倒れているなんて、こんな姿ファンの皆には見せられないな。ふふっと笑うと、練習を再開しようと思って体を起こした。
その瞬間、ぱっとドアが開いた。

「誰か使っていますの??」
愛らしくて、元気で、少しの怯えを含んだ声。その声の主を見る前に、俺はその場に倒れ込んでしまった。









「・・・・・・た~・・?・・・・かなた~?」
誰かが俺を呼んでいる。
「・・・らかなた~~・・・?大丈夫ですの~・・・?吉良かなた~~・・・。」
「早乙女あこ!?」
「ふわわっ!!!」
どうやら、俺を呼んでいた声の主は、早乙女あこだったらしい。
「?なんで早乙女が??」
「私が開けたドアが、あなたの頭に当たってしまいましたのよ!大丈夫ですの??…本当に、申し訳ありませんわ。」
彼女は申し訳なさそうに俯きながらぽつりと呟いた。
「え?ああ・・うん。大丈夫、大丈夫。」
俺はまだ少しじんじんする頭を抱えながら言った。ここは男の沽券というものを見せなくてはならないからな。
「良かったですわ・・・。ライブには問題ありませんの??」
「おう。てかなんでここに来たの??」
「いえ・・・。次のライブのレッスンをしようかと思いまして。」
俺と同じことを考えていたようだ。それだけで何か嬉しい。
「そっか。そんなにライブが楽しみなのか。まあs4だしな。」
彼女がひとつひとつのライブステージにかける熱意は人一倍強いのを俺は知っている。
「いえ・・・今回はM4・・き・・・かな・・・た・・・が・・・一緒ですから・・・」
彼女は聞こえづらい小さい声でそう発した・・・のだと思う。
「なんて??もっかい言って???」
「なんでもないですわ!!それではごきげんようっ!!」
慌てて外へ飛び出していった。



・・・なんだったのだろうか。。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:1 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:主役は我々だ! お題:振り向けばそこに出会い 必須要素:1000字以上 制限時間:4時間 読者:23 人 文字数:2613字 お気に入り:0人
「ブゥゥゥン!」無邪気な声が聞こえる。それはお気に入りの飛行機を持って庭をかけるような幼い子供の声……などでは決してなく、背にエリトラをつけて屋上から滑空してき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:昼間の体験 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:984字 お気に入り:0人
これは、あるところの子孫とその守り刀の話である。最近主の様子がどうにもおかしいと話しているもの達がいた。その人らの名は、薬研藤四郎、後藤藤四郎、厚藤四郎、信濃藤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:growth。【腐】 お題:鈍い木 必須要素: 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:805字 お気に入り:0人
まもちゃん、誕生日おめでとう!涼→?衛****『空が渋滞してる。』現場は違えど、偶々二人での帰り道だった。綺麗な臙脂色の髪で目元を隠してポツリと呟いた一言に、不 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:hrak(腐) お題:君と暴力 必須要素:会話劇 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1082字 お気に入り:0人
※ホー炎を目指したかった、はず 隣からケタケタと笑い袋のような声がする。 自由自在に飛べるようになりましょうよ、とか、やっぱエンデヴァーさん凄いですね、とか馬鹿 〈続きを読む〉