ジャンル:アイカツスターズ お題:死にかけのボーイズ 制限時間:4時間 読者:82 人 文字数:1058字 お気に入り:0人
[削除]

レッスン室での お話

「ああ・・・。」
明るいレッスン室の端っこ。男子アイドルのトップともいえる存在、M4の吉良かなたは暗い顔で倒れていた。
今月末はM4のアイカツ武道館ライブ。今回はただのライブではなく、四つ星学園やヴィーナスアーク等の女子アイドルも一緒に歌う、アイカツ界に残るライブなのだ。そう、四つ星学園。俺が好きな早乙女あこも一緒の舞台に立つのだ。男として、一アイドルとして、このステージは失敗してはいけない。むしろ、格好いい姿を見せなくてはならないのだ。
最近はキャスターにも挑戦している為、アイドルのレッスンを欠かす日々が増えてきていた。現に、今こうして倒れているのも体力不足のせいだった。
アイドルが体力不足で倒れているなんて、こんな姿ファンの皆には見せられないな。ふふっと笑うと、練習を再開しようと思って体を起こした。
その瞬間、ぱっとドアが開いた。

「誰か使っていますの??」
愛らしくて、元気で、少しの怯えを含んだ声。その声の主を見る前に、俺はその場に倒れ込んでしまった。









「・・・・・・た~・・?・・・・かなた~?」
誰かが俺を呼んでいる。
「・・・らかなた~~・・・?大丈夫ですの~・・・?吉良かなた~~・・・。」
「早乙女あこ!?」
「ふわわっ!!!」
どうやら、俺を呼んでいた声の主は、早乙女あこだったらしい。
「?なんで早乙女が??」
「私が開けたドアが、あなたの頭に当たってしまいましたのよ!大丈夫ですの??…本当に、申し訳ありませんわ。」
彼女は申し訳なさそうに俯きながらぽつりと呟いた。
「え?ああ・・うん。大丈夫、大丈夫。」
俺はまだ少しじんじんする頭を抱えながら言った。ここは男の沽券というものを見せなくてはならないからな。
「良かったですわ・・・。ライブには問題ありませんの??」
「おう。てかなんでここに来たの??」
「いえ・・・。次のライブのレッスンをしようかと思いまして。」
俺と同じことを考えていたようだ。それだけで何か嬉しい。
「そっか。そんなにライブが楽しみなのか。まあs4だしな。」
彼女がひとつひとつのライブステージにかける熱意は人一倍強いのを俺は知っている。
「いえ・・・今回はM4・・き・・・かな・・・た・・・が・・・一緒ですから・・・」
彼女は聞こえづらい小さい声でそう発した・・・のだと思う。
「なんて??もっかい言って???」
「なんでもないですわ!!それではごきげんようっ!!」
慌てて外へ飛び出していった。



・・・なんだったのだろうか。。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:隠された床 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1042字 お気に入り:0人
この部屋には、秘密がある。ここは歴史修正主義者と戦うために準備された本丸の中、審神者としての執務室である。寝室としても使っている私の私室はまた別のところにあるか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:東京のあそこ 制限時間:4時間 読者:2 人 文字数:3229字 お気に入り:0人
* 全てランダムにしたら四時間の必須要素無しにになりました。そりゃあ簡単に書き終わりますよね。*オイラ→俺sansになってます。オイラ出来ない。「へぇ、東京タワ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:そ、それは・・・コメディ 必須要素:高校受験 制限時間:4時間 読者:8 人 文字数:591字 お気に入り:0人
カリカリカリなぜだろう受験となると今まで勉強したことが飛んでいく。(クソッ、今までの努力は何だったのか。何なんだよ、、、、クソォ!!!!)だめだ。冷静になれ。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FGO お題:たった一つの夜中 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:753字 お気に入り:0人
どうしても、寝付けない夜だった。ベッドに潜り込んではや二時間。目は冴えたままだった。 眠れなくなるほどの悩みがあるわけではないし(いや、いつまでたっても貯まら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
つかれた ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。 お題:めっちゃ流刑地 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:317字 お気に入り:0人
めのまには隼の部屋の扉。なかなか起きてこないアイツを誰が起こしに行くかでジャンケンをする。「あそこでグーをだしてればなぁ。」そんなこと言っても今さらどうにもなら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:やわらかい動機 必須要素:街灯 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:395字 お気に入り:0人
私は魔理沙を殺してしまった。……動機はとてもやわらかい。……なんだ?やわらかいって。まぁ、それはおいといて。魔理沙を殺した動機は「嫉妬」だ。霊夢ばかりかまって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:経験のない薔薇 必須要素:ドア 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:816字 お気に入り:0人
紅魔館の庭の一角。そこには門番の紅美鈴が育てている花壇がある。 今日も美鈴は休憩時間に水やりをしていた。「おや?」その花壇に見たこともない綺麗な深紅の薔薇が、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:きちんとした火 制限時間:4時間 読者:14 人 文字数:737字 お気に入り:0人
*懲りずにアンテ書く。キャラ崩壊注意*ほとんどChara、Flowey。*地上に出たあとの話*「あ、Chara!危ない」「っと…大丈夫」ボクはモンスターにエンカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:春の殺し 制限時間:4時間 読者:11 人 文字数:1402字 お気に入り:0人
*FloweyとCharaがとても仲良しです**キャラ崩壊注意**僕→Chara ボク→Flowey*個々のところ、何だかとても暖かい。多分、春なんだ。金色の花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
背伸び ※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:煙草と喪失 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「あ、」と、呟いた時にはもう遅かった。気紛れで盗んだ煙草の持ち主が、部屋の扉から顔を出したのだ。火をつけた煙草の先から煙がくゆり、焼け落ちた灰がわずかに手に落ち 〈続きを読む〉