ジャンル:アイカツスターズ お題:死にかけのボーイズ 制限時間:4時間 読者:181 人 文字数:1058字 お気に入り:0人
[削除]

レッスン室での お話

「ああ・・・。」
明るいレッスン室の端っこ。男子アイドルのトップともいえる存在、M4の吉良かなたは暗い顔で倒れていた。
今月末はM4のアイカツ武道館ライブ。今回はただのライブではなく、四つ星学園やヴィーナスアーク等の女子アイドルも一緒に歌う、アイカツ界に残るライブなのだ。そう、四つ星学園。俺が好きな早乙女あこも一緒の舞台に立つのだ。男として、一アイドルとして、このステージは失敗してはいけない。むしろ、格好いい姿を見せなくてはならないのだ。
最近はキャスターにも挑戦している為、アイドルのレッスンを欠かす日々が増えてきていた。現に、今こうして倒れているのも体力不足のせいだった。
アイドルが体力不足で倒れているなんて、こんな姿ファンの皆には見せられないな。ふふっと笑うと、練習を再開しようと思って体を起こした。
その瞬間、ぱっとドアが開いた。

「誰か使っていますの??」
愛らしくて、元気で、少しの怯えを含んだ声。その声の主を見る前に、俺はその場に倒れ込んでしまった。









「・・・・・・た~・・?・・・・かなた~?」
誰かが俺を呼んでいる。
「・・・らかなた~~・・・?大丈夫ですの~・・・?吉良かなた~~・・・。」
「早乙女あこ!?」
「ふわわっ!!!」
どうやら、俺を呼んでいた声の主は、早乙女あこだったらしい。
「?なんで早乙女が??」
「私が開けたドアが、あなたの頭に当たってしまいましたのよ!大丈夫ですの??…本当に、申し訳ありませんわ。」
彼女は申し訳なさそうに俯きながらぽつりと呟いた。
「え?ああ・・うん。大丈夫、大丈夫。」
俺はまだ少しじんじんする頭を抱えながら言った。ここは男の沽券というものを見せなくてはならないからな。
「良かったですわ・・・。ライブには問題ありませんの??」
「おう。てかなんでここに来たの??」
「いえ・・・。次のライブのレッスンをしようかと思いまして。」
俺と同じことを考えていたようだ。それだけで何か嬉しい。
「そっか。そんなにライブが楽しみなのか。まあs4だしな。」
彼女がひとつひとつのライブステージにかける熱意は人一倍強いのを俺は知っている。
「いえ・・・今回はM4・・き・・・かな・・・た・・・が・・・一緒ですから・・・」
彼女は聞こえづらい小さい声でそう発した・・・のだと思う。
「なんて??もっかい言って???」
「なんでもないですわ!!それではごきげんようっ!!」
慌てて外へ飛び出していった。



・・・なんだったのだろうか。。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
病人の食卓 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ドロ刑 お題:不本意な食堂 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:893字 お気に入り:0人
体調を崩した。斑目勉はベッドに突っ伏しながら、自身の頭を苛む鈍痛を堪えた。原因は簡単だ、職務故の日頃の不摂生が祟ったとも、蓄積された疲れが一気に押し寄せたとも言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹 鬼白 お題:栄光の傘 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:963字 お気に入り:0人
貴人が行く。お供のさしかける大きな日よけ傘の下、真白の錦の着物に、鮮やかなうちかけ、金の刺繍が、びっしりと精細に込められた 白い帽子の下には白い顔、唇にさしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:栄光の靴 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:396字 お気に入り:0人
太くて角ばった指が器用に蝶々結びを作った。彼の手は魔法みたいだ。ほどけた靴紐を踏んづけて転んだせいで、俺は泥まみれだ。擦りむいた手のひらがヒリヒリと痛くって、涙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/grand order お題:真実の眠り 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:355字 お気に入り:0人
「死んだときのことを覚えていますか?」あの橙の髪の毛の人間がそう私に問いかけてきたのは、確か竜の魔女を倒した直後、だっただろうか。女神として、たおやかに、しゃな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:創作論破 お題:死にぞこないの体験 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:427字 お気に入り:0人
轟音、飛び散る赤。隣にいた人が消えた。足元には水たまりができていた。人々がざわめく、悲鳴が聞こえる。救急車、警察と叫ぶ声が聞こえる。視線を下に落とすと厚さ10c 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー【腐】 お題:100の狙撃手 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:1210字 お気に入り:0人
「…ん?ここはどこだ?あ、あれは玉狛の…」「あ、出穂ちゃんの師匠の…当真先輩」「おー雨取だ!どうだ?出穂とは仲良くしてやってるか?」 「出穂ちゃんとは相変わらず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:龍が如く お題:理想的な魔王 必須要素:ペペロンチーノ 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:424字 お気に入り:0人
「ペペロンチーノって唐辛子って意味なんやで」 昼飯時。神室町ヒルズに出来る予定のカフェダイナーの主人が挨拶代わりにと出前してきたスパゲティのペペロンチーノを食べ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:モ腐サイコ100 お題:意外な春 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:693字 お気に入り:0人
「あ、雪だ」不意に兄さんが呟いた。僕は、「え?ほんと?」と窓の側にいる兄さんに近づいた。なるほど確かに外には雪がしんしんと静かに降っていて、家の前のコンクリート 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:愛すべき計算 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:510字 お気に入り:0人
手元が器用そうな様子を出しているのに、すぐに手伝ってくれという刀がいる。その内容は些細なものが殆どである。例えば羊羹を食べたいが丁度良い大きさに切るのが難しいか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:初めての伝説 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:245字 お気に入り:0人
民話は人の口から口へと語り継がれてきたものだ。そんな民話には、伝説というジャンルがある。例えば、天の羽衣伝説である。ある語りだと、天女が地上に降りて松の木に羽衣 〈続きを読む〉