ジャンル:モージュナ お題:灰色のボーイズ 制限時間:30分 読者:84 人 文字数:1474字 お気に入り:0人

【モ+ジュナ】あらゆる世界に宣戦布告

「モードレッド、そこへ直りなさい」

唐突なガウェインの言葉に、は?と眉を寄せたモードレッドは椅子の上で足を組んだ姿勢のまま声の主を見た。小春日和とも言える太陽光が窓から差し込み、薄く開いたその隙間から入り込む梅の香りを辿る風に前髪を遊ばせたまま。
ガウェインは眉間に深い皺を寄せている。彼はこの専門学校を卒業し、短大の研究コースへと進学した。つまり学年に直せば三年生で、モードレッドの先輩にもあたる。が、先輩への敬意だとかを意図的に置き忘れてきたモードレッドはガウェインへの対応も塩味だ。モードレッドの態度が変わらないことを再確認しながらガウェインは口を開く。

「まさか貴方が抜け駆けをするとは思ってもおりませんでした。このガウェインの不覚と言えましょう」
「なんだそりゃ。オレはコソコソした真似はしねぇぞ」
「ネタは上がっているのです。褐色肌の別嬪モデルと朝帰りのドーナツを食べていたそうではないですか!更に、聞けばその方はどなたかの婚約者と!」

随分なパワーワードを盛り込んできたガウェインが、わっと泣き真似をして両手で顔を覆う。
モードレッドが一応記憶の皿をかき混ぜ、褐色肌の別嬪モデルと食べたドーナツを探せば、おおよその事態は把握できた。
確かに先日、アルジュナに着せるスーツを夜通し縫製しており、それに付き合ってアルジュナまでもが実習室で一夜を明かした。当たり前だが艶めかしい触れ合いなどこれっぽっちも無かった。朝日に瞳を擦りつつ、腹が減ったとモードレッドがアルジュナを連れ出し、駅前のドーナツショップに開店と同時に滑り込んでドーナツを食べたのだ。いつもカロリー制限をしているからと控えているらしいドーナツをいくつも取って皿に盛ってやれば、人の機敏に疎いと自覚しているモードレッドにもアルジュナの雰囲気が華やいだのが分かった。自戒を重ね続けるのも不摂生の一種である、とモードレッドは思っている。そのままドーナツを貪ることに夢中になっていたが、どうやらそれを誰かに見られていたらしい。誰が、というのはおおむね予想がつく。どうせ面白い話と聞けば頭はおろか体ごと突っ込んできそうなメイヴだろう。

ここでネタ晴らしをするのは簡単だが、そのまま伝えるのも惜しい。何の真意があるにせよ、ちらちらとこちらを伺ってくるトリスタンとランスロットも気にくわない。

「オレがオレのマネキンを連れ回して何が悪い。あの主席野郎だって、トルソーを持ち歩いて悦に浸ってやがるぜ」

カルナの話を持ち出せば、そういうことではないのです! というガウェインの声が続いた。

「じゃあどういうことだってんだ。噂の博愛シンドロームだってんなら、武器を出しな」

モードレッドの分かりやすい挑発に、渦中の外に居たランスロットが頭を抱える。その隣のトリスタンはむしろわくわくとした面持で話の行く末を見守っているようだ。武器、というモードレッドの物騒な表現が示すのはデザイン画のことだ。優劣は全て、結果で決まる。そこにどれだけの努力が積み重ねられていようが、デザインに落とし込めなければ意味はない。そのために戦っているのだ、皆、自分自身と。

「オレは口を開けて待ってるだけのテメェらとは違ぇんだよ」

モードレッドは椅子を蹴り倒す勢いで立ち上がる。腕組みをし、靴の踵が床を打ち鳴らす。

「オレの姫様に手ェ出してみやがれ、その首ぶったぎってやるからな!」

啖呵を切って三者を睨むモードレッドは、扉を一枚隔てた向こう側で頭を抱えるアルジュナのことなど知るよしもなかった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司*8786の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司*8786 ジャンル:カルジュナ お題:ナウい映画 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
私とカルナはアジトにしている隠れ家たちを闇夜に紛れて襲撃し、その都度に部下を開放して回った。皆、ある程度は人権を守られていたようで、私は密やかに安堵の溜め息を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*8786 ジャンル:カルジュナ お題:意外!それはコメディ 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:1473字 お気に入り:0人
人質を取られているというのに、一切の躊躇を感じさせない私たちに、予想が外れたとばかりに集まっていた下っ端たちが霧散していく。私はふと思い出したように手榴弾を取り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*8786 ジャンル:カルジュナ お題:美しいネット 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:1354字 お気に入り:0人
カルナの言葉は、何故かすんなりと私の中に着地した。「行くぞアルジュナ」「……せめて、年上として敬う態度を、と叱りたいところですが、今はやめておきましょう」私は屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*8786 ジャンル:カルジュナ お題:やば、電話 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:1717字 お気に入り:0人
カルナと私の均衡が崩れたのは、奇しくも第三者たる存在が引き金となった。その日、私は珍しくスケジュールが崩れ、私用で繁華街へ出ていた。カルナに年相応の格好を、とブ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*8786 ジャンル:カルジュナ お題:秋のエデン 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:1797字 お気に入り:0人
本当にあいつは私の護衛にでもなりたいのだろうか。私の脳内の問いに答えてくれる人間は居ない。それこそ神であったとしても、私のこの問いに答えてくれたところで事態が好 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*8786 ジャンル:カルジュナ お題:軽い本 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:1431字 お気に入り:0人
さて、結論から言うと私は根競べに負けた。遥か東方ではお百度参りとでも表現するらしい。カルナは私の元へと度々脱走を繰り返し、とうとうボスが手駒として子飼いにしてお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*8786 ジャンル:カルジュナ お題:燃える人々 制限時間:15分 読者:126 人 文字数:1418字 お気に入り:0人
初めて見た時に、私にはそれが白い石の塊に見えた。例えば大理石を砕いたまま打ち捨てているような、それがこんな裏路地の片隅にあるとは思えなかったが。それは私が近づく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*8786 ジャンル:カルジュナ お題:僕の好きな恨み 制限時間:15分 読者:145 人 文字数:1269字 お気に入り:0人
私は一匹の獣を飼っている。さて、おかしいとは思っていたのだが、これはもう思わず口元を歪めてしまうくらいわかりやすい展開だ。例えばここが相手の経営するカジノの上に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*8786 ジャンル:カルジュナ お題:気持ちいい太陽 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1502字 お気に入り:0人
「カルナ、しんぞうって、どうやったらあげられますか?」アルジュナは丸い瞳を爛々を輝かせてそう言った。「しんぞ………心臓か」「そうです!」たっぷりの沈黙と困惑のあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*8786 ジャンル:ロビジュナ お題:女同士のあいつ 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:1292字 お気に入り:0人
「えっ」「え?」出会い頭にそんな驚きの声を聞けばアルジュナだって疑問に思うってもんだ。「アンタ、そのコート…」「あぁ、先日、ビリーさんがフリーマーケットに出すと 〈続きを読む〉