ジャンル:モージュナ お題:灰色のボーイズ 制限時間:30分 読者:114 人 文字数:1474字 お気に入り:0人

【モ+ジュナ】あらゆる世界に宣戦布告

「モードレッド、そこへ直りなさい」

唐突なガウェインの言葉に、は?と眉を寄せたモードレッドは椅子の上で足を組んだ姿勢のまま声の主を見た。小春日和とも言える太陽光が窓から差し込み、薄く開いたその隙間から入り込む梅の香りを辿る風に前髪を遊ばせたまま。
ガウェインは眉間に深い皺を寄せている。彼はこの専門学校を卒業し、短大の研究コースへと進学した。つまり学年に直せば三年生で、モードレッドの先輩にもあたる。が、先輩への敬意だとかを意図的に置き忘れてきたモードレッドはガウェインへの対応も塩味だ。モードレッドの態度が変わらないことを再確認しながらガウェインは口を開く。

「まさか貴方が抜け駆けをするとは思ってもおりませんでした。このガウェインの不覚と言えましょう」
「なんだそりゃ。オレはコソコソした真似はしねぇぞ」
「ネタは上がっているのです。褐色肌の別嬪モデルと朝帰りのドーナツを食べていたそうではないですか!更に、聞けばその方はどなたかの婚約者と!」

随分なパワーワードを盛り込んできたガウェインが、わっと泣き真似をして両手で顔を覆う。
モードレッドが一応記憶の皿をかき混ぜ、褐色肌の別嬪モデルと食べたドーナツを探せば、おおよその事態は把握できた。
確かに先日、アルジュナに着せるスーツを夜通し縫製しており、それに付き合ってアルジュナまでもが実習室で一夜を明かした。当たり前だが艶めかしい触れ合いなどこれっぽっちも無かった。朝日に瞳を擦りつつ、腹が減ったとモードレッドがアルジュナを連れ出し、駅前のドーナツショップに開店と同時に滑り込んでドーナツを食べたのだ。いつもカロリー制限をしているからと控えているらしいドーナツをいくつも取って皿に盛ってやれば、人の機敏に疎いと自覚しているモードレッドにもアルジュナの雰囲気が華やいだのが分かった。自戒を重ね続けるのも不摂生の一種である、とモードレッドは思っている。そのままドーナツを貪ることに夢中になっていたが、どうやらそれを誰かに見られていたらしい。誰が、というのはおおむね予想がつく。どうせ面白い話と聞けば頭はおろか体ごと突っ込んできそうなメイヴだろう。

ここでネタ晴らしをするのは簡単だが、そのまま伝えるのも惜しい。何の真意があるにせよ、ちらちらとこちらを伺ってくるトリスタンとランスロットも気にくわない。

「オレがオレのマネキンを連れ回して何が悪い。あの主席野郎だって、トルソーを持ち歩いて悦に浸ってやがるぜ」

カルナの話を持ち出せば、そういうことではないのです! というガウェインの声が続いた。

「じゃあどういうことだってんだ。噂の博愛シンドロームだってんなら、武器を出しな」

モードレッドの分かりやすい挑発に、渦中の外に居たランスロットが頭を抱える。その隣のトリスタンはむしろわくわくとした面持で話の行く末を見守っているようだ。武器、というモードレッドの物騒な表現が示すのはデザイン画のことだ。優劣は全て、結果で決まる。そこにどれだけの努力が積み重ねられていようが、デザインに落とし込めなければ意味はない。そのために戦っているのだ、皆、自分自身と。

「オレは口を開けて待ってるだけのテメェらとは違ぇんだよ」

モードレッドは椅子を蹴り倒す勢いで立ち上がる。腕組みをし、靴の踵が床を打ち鳴らす。

「オレの姫様に手ェ出してみやがれ、その首ぶったぎってやるからな!」

啖呵を切って三者を睨むモードレッドは、扉を一枚隔てた向こう側で頭を抱えるアルジュナのことなど知るよしもなかった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:早すぎた失踪 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:1828字 お気に入り:0人
『すまない、分かってしまったんだが』 ジークがそう言うと、みんなが一斉にジークを見ました。それこそ、新体操なら満点が出るくらいに。小次郎はジークの肩をぐいっと掴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:今日の妹 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:1683字 お気に入り:0人
アルジュナは頭の良い子供だった。カルナが見知ってきた、どんな子供よりも。しかし、アルジュナは子供だからこそ、その言葉の重大さに気付いていなかったともいえる。例え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:春のエデン 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:1821字 お気に入り:0人
「あぁ」 声が思ったよりも近い。アルジュナがそう思って振り向くと、十五センチメートルの定規よりも近い場所にカルナの瞳がある。咄嗟に後退ろうと足を引くが、実習机に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:重い顔 制限時間:30分 読者:65 人 文字数:1686字 お気に入り:0人
ひときわ大きなガラス窓の前で降りしきる雪を眺めているアルジュナの横顔は、まるでそこが世界の終わりのように静かだった。カルデアでは、電力を魔力として代用している。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:静かなお天気雨 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:1151字 お気に入り:1人
思えば、こんなレイシフト場面は今までにも少なくなかった。天候は雷雨。視界は不良。足場は崩れやすく、敵は魔獣たち。しかし今回はどうにも運が悪かったと言わざるをえな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:コーヒーと料理 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:1561字 お気に入り:0人
それは風のように、または嵐のようにカルデア内を駆け巡る。或る者は一笑に伏し、或る者は首を傾げた。果てはまたも登場人物の少女が言う。『彼を最も愛する人が、彼の一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:遠いふわふわ 制限時間:30分 読者:68 人 文字数:3315字 お気に入り:0人
放課後、三人は短大の本棟入り口で、ネロの言う「迎え」を待っていた。孔明もアルジュナから声をかけたのだが「忙しい」とけんもほろろに突っ返された。確かに孔明はアルジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ナウい映画 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
私とカルナはアジトにしている隠れ家たちを闇夜に紛れて襲撃し、その都度に部下を開放して回った。皆、ある程度は人権を守られていたようで、私は密やかに安堵の溜め息を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:意外!それはコメディ 制限時間:15分 読者:112 人 文字数:1473字 お気に入り:0人
人質を取られているというのに、一切の躊躇を感じさせない私たちに、予想が外れたとばかりに集まっていた下っ端たちが霧散していく。私はふと思い出したように手榴弾を取り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:美しいネット 制限時間:15分 読者:118 人 文字数:1354字 お気に入り:0人
カルナの言葉は、何故かすんなりと私の中に着地した。「行くぞアルジュナ」「……せめて、年上として敬う態度を、と叱りたいところですが、今はやめておきましょう」私は屋 〈続きを読む〉