ジャンル:咲-Saki- お題:かっこ悪い大学 必須要素:もみあげ 制限時間:30分 読者:63 人 文字数:654字 お気に入り:0人

勝つことだけが全てじゃない

私は高校を卒業し大学で麻雀を打つという道を選んだ。
私自身、麻雀が強いわけではない。インハイに出て世間を賑わせていた子のように特別な能力があるわけでもないし、かと言って能力がないなりに雀力が高いというわけでもない。
私はただあの時のようにみんなで麻雀が打ちかったのだ。

そんな考えを持って大学に入学してからもうすぐ3年が経過しようとしてた。
私ごときがレギュラーに選出されるほど大学麻雀のレベルは低くなかった。インカレに出場している選手は、インハイで名を残した人ばかりでインハイと何ら変わらないような試合風景がインカレでも繰り広げられていた。

「私だってあの人達と同じ舞台に立ってたのになぁ…」
「落ち込まないでくださいよ新井先輩」

私もかつて1度だけインターハイに出場したことがあった。結果は2回戦敗退だったが、私達にとっては全国の舞台で1勝できただけでも考えられないぐらい嬉しかったのだ。

「お前は2年生にして団体戦レギュラーなんていいよなぁ。私なんて4年生にもなって1度も団体戦のレギュラーに選ばれずじまいなんだぞ」
「そうふてくされないでくださいよ。先輩だって大学生活最後の個人戦が控えてるじゃないですか?それに向けて…」
「なぁ…」
「ん?どうしたんですか?」
「私にとって個人戦なんてどうでもいいんだ。私はただみんなと麻雀が打ちたくて大学に入ったようなもんなんだから」
「そうなんですか…」
「…なんか暗くしちゃってゴメンな。何か飲むか?」
「え?いいんですか。それじゃあ…」

おわり

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:よくと氏 ジャンル:咲-Saki- お題:走る友人 必須要素:もみあげ 制限時間:30分 読者:226 人 文字数:782字 お気に入り:0人
菫「どうしたんだ、ニット帽なんか被って」淡「ほっといてよ…」淡の様子がおかしい。以前、散髪に失敗したときもこんな感じだったな。菫「また、散髪に失敗したのか…誰も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よくと氏 ジャンル:咲-Saki- お題:清い年賀状 必須要素:輪ゴム 制限時間:30分 読者:87 人 文字数:500字 お気に入り:0人
雲ひとつない青空…遮るもののない冬の青空から放たれた日差しはそのまま窓を通り、ベッドで寝ている私の元へと届けられた。日差しは差しているものの、肝心の気温は温かい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よくと氏 ジャンル:咲-Saki- お題:夜の第三極 必須要素:800字以内 制限時間:30分 読者:91 人 文字数:216字 お気に入り:0人
爽「そう言えば、今さらなんだけどさぁ...」揺杏「どうしたんだ?」爽「うちのチームって誰がキャプテンなんだ?」揺杏「確かに言われてみれば...誰なんだろうな」爽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よくと氏 ジャンル:咲-Saki- お題:同性愛のにわか雨 必須要素:1000字以内 制限時間:30分 読者:111 人 文字数:777字 お気に入り:0人
ゆみ「すみません…私たち少しトラブルに…!!!」先程から鈴の音を鳴らし、私たちに背後から近づいてきていたのは人ではなかった。大きく見開かれていた眼は焦点が合って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よくと氏 ジャンル:咲-Saki- お題:ちっちゃな天井 必須要素: 制限時間:30分 読者:105 人 文字数:845字 お気に入り:0人
智美「わははー」ここはどこだろうか…場所もわからないが、何より先ほどからのこの運転はもっと訳が分からない。さっきまで車道を走行していたはずなのに、気づけば獣道と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よくと氏 ジャンル:咲-Saki- お題:東京惑星 必須要素:社会に対する不満 制限時間:30分 読者:107 人 文字数:688字 お気に入り:0人
塞「はぁ…」私は大きく溜息をつき、大きく背伸びをする。辺りは暗く、目の前のモニターの明かりだけが私を照らしていた。今からちょうど一年前、私は仲間と一緒に麻雀に打 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:たった一つの勝利 必須要素:駄菓子 制限時間:30分 読者:136 人 文字数:2132字 お気に入り:0人
爽「ユキって、麻雀以外になんか得意なことってあるの?」ユ「え?」揺「あ〜確かにそれ気になるな〜」ユ「麻雀以外…んーと…」成「私はないですね」誓「聞いてない聞いて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よくと氏 ジャンル:咲-Saki- お題:たった一つの勝利 必須要素:駄菓子 制限時間:30分 読者:110 人 文字数:577字 お気に入り:0人
照「ツモ…6000オールの5本場は6500オールです」完全王者。この言葉は彼女のためにあるようなものだ。先鋒で他家を飛ばし勝利したのにもかかわらず、彼女はどこか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まそ ジャンル:咲-Saki- お題:愛、それは花 制限時間:30分 読者:135 人 文字数:454字 お気に入り:0人
紫陽花が咲いている。地元大阪のプロチームに入ってから一年と少し、もうすぐ梅雨が明けようかという時期に、うちこと愛宕洋榎は気づいた。プロとして試合を行う会場。そこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まそ ジャンル:咲-Saki- お題:僕と凡人 制限時間:30分 読者:134 人 文字数:992字 お気に入り:0人
僕はモブだ。大阪にある姫松高校に通うごく普通の一般人だ。そんな僕にも最近気になる人がいる。同じクラスの末原恭子さん。クラスが一緒になったのは三年生になって初めて 〈続きを読む〉

にーな[次]車椅子少女合同の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:にーな[次]車椅子少女合同 ジャンル:咲-Saki- お題:冷静と情熱の間にあるのは魚 必須要素:ナン 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:843字 お気に入り:0人
智美「…というわけで」ゆみ「何がというわけでなんだ。何なんだこれは」麻雀部の部室にある机には、おおよそ一般の麻雀部の活動を行っていれば見ることはない景色が広がっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にーな[次]車椅子少女合同 ジャンル:咲-Saki- お題:かっこ悪い大学 必須要素:もみあげ 制限時間:30分 読者:63 人 文字数:654字 お気に入り:0人
私は高校を卒業し大学で麻雀を打つという道を選んだ。私自身、麻雀が強いわけではない。インハイに出て世間を賑わせていた子のように特別な能力があるわけでもないし、かと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にーな[次]車椅子少女合同 ジャンル:咲-Saki- お題:蓋然性のある人 必須要素:ギャグ 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:733字 お気に入り:0人
咲「そんなに困った顔をしてどうしたのですか?」恭子「おぉ!ええところに来たな」咲「ここ私の部屋なんですけどね…」即興二次という30分の縛りのせいでこうなった経緯 〈続きを読む〉