ジャンル:おそ松さん お題:幼い百合 必須要素:ガラパゴス諸島 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:509字 お気に入り:0人

ちょーなん

ある日突然耳が聞こえなくなった。

それはまるで誰かに耳を塞がれたかのように突然に。
ふっとおれの世界から音が消えた。
目の前で口をぱくぱく動かす弟は、唖然としているおれの顔を見て何かを言っているようだった。
何も、何も聞こえない。
声が詰まったように何も返せない。流石におかしいと思ったのか、怪訝な風に首をかしげている。
肩に伸ばされた弟の手がひどく弱々しかったのを覚えている。


気づけば辺りは薄暗闇に染まっていた。
くしゅんとくしゃみをひとつ。
肌寒さに夜の訪れを感じた。
誰も居ないこの居間は、とても、恐ろしく感じられた。
まるで、世界に一人取り残されたように。
ぶるりと身を震わせ深く息を吸い込む。
音の聞こえないこの世界ではおれの心の声だけがたった一つの支えだった。



違和感でしかなかった、静寂も数ヶ月たてば少しは慣れてくるものだった。
自分の声量も把握出来ず、弟を困らせてはいけないと手話の本を買った。
ページの分厚いメモ帳を買った。
照れくさそうに笑う弟の顔が見たかった。


気が狂いそうな日々の中、ひたすらなまでに精一杯に生きている。
耳を塞ぐ、誰かの手はそれはそれは優しかったのだという。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ふじょし ジャンル:おそ松さん お題:つらい魔王 必須要素:ガラパゴス諸島 制限時間:15分 読者:611 人 文字数:1174字 お気に入り:0人
ガラパゴス諸島にいる動物たちはその特異性から一歩も島の外に出ることができないという。 僕たちはそんな外敵によって簡単に殺されてしまうようなガラパゴス諸島の生物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:苦し紛れの絵画 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:472字 お気に入り:0人
一松が蛇口をひねると、肉塊が流れ出てきた。げえっと飛びのいた一松の目の前で、ばたばたと音を立ててシンクに跳ねる赤黒い流動体。これからも今までも水しか通すことが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:最後の寒空 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:361字 お気に入り:0人
結んで といて 離れて十四松「 」彼女「 」その日は 冷える 寒空 だった 兄弟達は口々にこういった 「いけると思ったのにな」 その言葉を聞くたびに自分が悔し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:綺麗な空想 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:1198字 お気に入り:0人
居酒屋の廊下は適度に暗かった。並ぶ個室の障子からは、どこも楽しげな雰囲気が漂い出ているように感じる。 ボクはいつも通りの歩調でレジの前を通り抜け、店を出た。会 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:緩やかな英霊 必須要素:マイナスドライバー 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:336字 お気に入り:0人
かちゃかちゃと音が聞こえる。誰だろう。気になって覗いてみる。だが、そこには誰もいなかった。俺は松野カラ松。ギルディな松野家の次男だ。ちなみに俺は、赤松空港のパイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:狡猾なガール 制限時間:15分 読者:163 人 文字数:434字 お気に入り:0人
「Hey、そこのカラ松girl!さっきから随分と熱烈な視線だが、俺に見惚れてしまったかな?」 こいつがよくいる橋の上、とっても簡単で分かりづらい罠。このポンコツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:永遠の年賀状 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:482字 お気に入り:0人
おけましておめでとう。兄さん。 兄さんに年賀状を書くなんて変な気分だなぁ。だってずっと一緒の家に住んでたし、年賀状を送るなんてことしなかったもんね。毎年毎年、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:海流(かいる) ジャンル:おそ松さん お題:都会の彼方 制限時間:15分 読者:171 人 文字数:755字 お気に入り:0人
コンクリートの中には何が埋まっているのか、いつだってギラギラと脅迫めいた顔つきでこちらを見返すから嫌いだ。一松はぺっ、と唾を吐いた。そうして、誰にも見られてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:抹香鯨とうみ@8/20ガタケ@9/12〆 ジャンル:おそ松さん お題:愛と憎しみの霧雨 必須要素: 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:469字 お気に入り:1人
外では雨が降っていた。 湿気と見紛う細かい水滴は傘を差すほどではなく、しかし確実に一松のサンダルを濡らした。吸水性の悪い生地は皮膚へ不快感を与え、しかも滑って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:近い悲劇 必須要素:出会い系サイト 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:297字 お気に入り:0人
最近、出合い系アプリにハマっている。本当に出合いを求めようと思ったわけではなく、単なる冷やかしにすぎない。スマホを取り出しアプリのホームを開く。登録名はトド子― 〈続きを読む〉

はたかそャーす れゆすん降臨いえあの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす れゆすん降臨いえあ ジャンル:おそ松さん お題:幼い百合 必須要素:ガラパゴス諸島 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:509字 お気に入り:0人
ある日突然耳が聞こえなくなった。それはまるで誰かに耳を塞がれたかのように突然に。ふっとおれの世界から音が消えた。目の前で口をぱくぱく動かす弟は、唖然としているお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす れゆすん降臨いえあ ジャンル:おそ松さん お題:反逆の男の子 制限時間:1時間 読者:52 人 文字数:1829字 お気に入り:1人
幼い頃の行いを今になって後悔した。俺達が子供だった時、沼の噂が赤塚の街で広まっていた。噂の内容は、町外れの林にある沼には人魚がいるらしい、というものだった。今と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす れゆすん降臨いえあ ジャンル:おそ松さん お題:来年の殺人犯 制限時間:30分 読者:89 人 文字数:3210字 お気に入り:0人
凍えてしまうような夜だった。赤い月が空に煌めき、霧の深い赤塚の街にひとつの影が怪しく動き回っていた。…しんぶんしっ!!外からの冷気に身体を震わせ冷えきった冷たい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす れゆすん降臨いえあ ジャンル:おそ松さん お題:記録にない排泄 制限時間:1時間 読者:70 人 文字数:2135字 お気に入り:0人
白髪に染まっていく頭に不思議と底知れぬ恐怖を感じていた。弟達は何一つ変わってないのに、俺だけ白くなっていくのはまるで違う人間だと言われているようで怖くて怖くて俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす れゆすん降臨いえあ ジャンル:おそ松さん お題:何かの蕎麦 制限時間:15分 読者:115 人 文字数:1959字 お気に入り:0人
くぅ…と小さく鳴ったお腹に時間を確認してみればお昼をすぎた頃だった。もうこんな時間かと机の上に広がる消しゴムのカスを床に落とさないようにまとめゴミ箱に捨てる。軽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす れゆすん降臨いえあ ジャンル:おそ松さん お題:春の整形 制限時間:30分 読者:106 人 文字数:1211字 お気に入り:0人
「あの時やめていればなぁ…」とぼとぼと帰り道を歩くおそ松は小さく呟いた。お昼時に、見切り発車で家を飛び出して駆け込んだパチ○コ屋では勝つことが出来たのだか調子に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす れゆすん降臨いえあ ジャンル:弱虫ペダル お題:哀れな耳 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:412字 お気に入り:0人
僕が小学生の時、道行くおじさんに君にはきっとこれが似合うよって渡された小さな箱。なんで僕にくれるの?と聞けば、私はねサンタクロースなんだよって教えてくれた。君は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす れゆすん降臨いえあ ジャンル:おそ松さん お題:去年の行動 制限時間:30分 読者:115 人 文字数:804字 お気に入り:1人
寝れない日が続き、その代わり日中ぐーすか眠っていたがだんだんと起きてる時間の方が多くなっていった。数十分くらいの感覚で目が覚めたり、眠っていても眠っている感じが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす れゆすん降臨いえあ ジャンル:弱虫ペダル お題:暴かれた小説 制限時間:30分 読者:104 人 文字数:468字 お気に入り:0人
道を歩いている時、空き瓶を見つけた。僕はそれを持ち去ることにした。少し入り組んだ路地裏を通り抜けしばらくゆくと廃れた工場につく。長い間雨風に晒されてきたためか色 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす れゆすん降臨いえあ ジャンル:おそ松さん お題:哀れな祝福 制限時間:15分 読者:156 人 文字数:857字 お気に入り:0人
小学生の頃おれは足をおったことがある。事故とかそーゆーのじゃなくて遊んでいた時に折ってしまったのだ。度胸比べという名目で高いところから飛び降りるという遊びが流行 〈続きを読む〉