ジャンル:ロビジュナ お題:素晴らしい事件 制限時間:15分 読者:153 人 文字数:1128字 お気に入り:0人

【ロビジュナ】チキチキ破れ鍋に綴蓋

※服飾パロでロビジュナが恋人同士で同棲してる


久しぶりのゼロ泊三日チキチキ夜通しゲーム大会は、仲間内で一人だけ青春を謳歌しているロビンフッドの巣で行われることに決定した。ジャパニーズホラーゲームの新作に合わせて集まる面子は僕と信長と沖田にアストルフォ。
ポテチとコーラをしこたま持ち込めば、うげぇという顔をされながらも追い返されることはない。一つ、アルジュナの反応が心配だったけれど、思ったよりも棘のない表情で出迎えてくれた。そういえば、意外なことに信長や沖田と仲が良かったんだ。僕がリビングでゲームセットをしている横、信長が早速ジャンクフードをローテーブルに並べ始める。時刻は夜の八時。さぁ、これからが宴もたけなわ!
さっさとアストルフォが電源を入れ、沖田がソファに陣取る。その横に無理矢理座らされたアルジュナは、予想外の展開らしく目を白黒させていた。それをどう取ったのか、沖田と信長が紙皿を差し出した。

「これ、沖田さんオススメ新商品のバリ堅濃厚コンソメポテチですよ!アルジュナさんもどうぞ!」
「あ、えぇと…」
「やめてくださいよ。コイツ来週からコレクション入りすんですって」

なにやら受け取るかどうかを躊躇しているアルジュナに差し出された紙皿がひょいっと消え、真っ白い陶器の皿に取って代わる。

「ほい。おひぃさんはこっち」

ロビンフッドがアルジュナの隣に腰掛け、あらかじめ用意していたのだろう皿を差し出したのだ。反射的にアルジュナが受け取ったものを横から沖田が覗き込む。そこにはオニオンリングらしきものと、おかきが入っている。

「なんですか?これ。手作りっぽいですね?」
「コレクション期間のモデルに油分取らせるわけにゃいかねーだろ。ノンフライだっつの」
「うわー……」

信長が若干引き気味に声を絞るが、当のロビンフッドはそれが当たり前だという顔をして煙草に火を着けた。真夜中のカップラーメンより胃もたれしそう重っ苦しい愛情を、アルジュナは頬を染めつつ受け取っている。しかもロビンフッドがアルジュナの腰に腕を回してちょっと自分の方に引き寄せているのまで観てしまった。そんなに独占欲あるほうだっけ?という言葉は置いておく。
そうだった、こいつは付き合ってもないときにボディケア用品を贈ろうとしていたし、ボディクリームとハンドクリームは自分の好きな香りのものを使わせているし、マフラーや手袋は自分が作ったものを身に着けさせているし、思えば最初っからフルスロットルだった。

「……ワレナベにトジブタってやつ?」

呆れた声のアストルフォに、そうだね、とおざなりに答えつつ、僕はテレビに映る第一村人を射殺した。やばい、ゾンビじゃなかった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ツナ缶 ジャンル:ロビジュナ お題:清い年賀状 制限時間:30分 読者:213 人 文字数:927字 お気に入り:0人
思えば誰にも住所なんて聞いていないし、誰かに教えた覚えもない。アルジュナは頭を抱えた。このアルジュナとあろうものが恥ずかしい!新年の風習はこの国出身でないとは 〈続きを読む〉

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:鈍い奈落 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:793字 お気に入り:0人
あぁ痛いなちくしょう。なんだってほんと、オレなんかが世界を背負っちまったんだろうな。平凡が服着て歩いてるような現代日本の中流家庭の次男でさ、こんな血とか煙とか剣 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:群馬の極刑 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:810字 お気に入り:0人
拝啓、お元気でしょうか。この手紙を読む頃、貴方はどうしているでしょうか。この手紙を受け取ってしまったということは、つまり、私はもう生きてはいないということでしょ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:光の仕事 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:1527字 お気に入り:0人
後に残されたカルナではあったが、はっと正気に戻った後に慌てて車に舞い戻り、あのタクシーを追え!と声を荒げたのだった。「もう見えないよぉ~ムリムリ~!」「アルジュ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:団地妻のオチ 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:1370字 お気に入り:0人
さて、カルナは今日も今日とてアルジュナと共に登校する。アルジュナとカルナは文系理系クラスで正反対に位置しているとはいえ、同様の特別進学コースに在籍しており、なお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:素晴らしい外側 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:1611字 お気に入り:0人
申し上げましょう、申し上げましょう。この僕の言葉で事足りるのであれば。えぇ、時間は大丈夫です。今はちょうど休憩時間ですから。刑事さんたちも、つい先日までこちらに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:神の夕飯 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:1435字 お気に入り:0人
「何故あやつに執着する」信長は特盛の豚骨ラーメンを今まさにすすろうとしながらカルナに問いかけた。カルナはというと、こちらも特盛の、味噌バターラーメンの麺をすすれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:殺されたガール 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:1601字 お気に入り:0人
「付き合ってもらえませんか」俺の言葉に、アルジュナは目を丸くして、え、と一つの音を呟いた。俺とアルジュナは同じ大学で違う専攻を持つ学生だった。それが、バイト先が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:阿修羅極刑 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:1426字 お気に入り:0人
申し上げます、申し上げます。私はひどいやつです。そうとはこれっぽっちも思ってなんかいませんが、私はひどいやつだと言っておきます。何故なら、きみがそう望むから。さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:見憶えのある解散 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:1408字 お気に入り:0人
【或る依頼者の証言】申し上げます、申し上げます……っていうフレーズがあったじゃない?あれは告発をする人間の言葉だったけど。いや、うん、そういうものだと思って欲し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:空前絶後のボーイ 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:1356字 お気に入り:0人
大学の掲示板に貼られていたのは、短期バイトのお知らせ。昼休みに一時間、指定された部屋できちんと機械が動いているかを監視するだけのお仕事。その時給の良さと、飲食し 〈続きを読む〉