ジャンル:アルスマグナ お題:寒い夏 制限時間:2時間 読者:163 人 文字数:1402字 お気に入り:0人
[削除]

ギュッってして?

現在し時刻は15時
いつもなら部活が始まってる時間
なのに一向に先生と朴とたつきっくが来ないせいで部活が始まらない!
部室で突っ立ってんのも、もう飽きたわ!

アキラ「泉ー」
泉「なんですか?」
アキラ「暑い!」
泉「…俺は涼しいですけどね。」

はぁ!?涼しい!?
今は真夏だぞ!?

アキラ「…頭おかしいんじゃねーの?」
泉「おかしくありません。なんなら俺の方がアキラより頭良いです。」

…冷てー奴!
…泉=冷たい?

俺は泉に後ろから抱きついてみた
泉「…頭おかしいんじゃないですか?」
アキラ「冷てえ!」

泉の体、異常な位冷てぇ
よく見たら汗もかいてないし
なんか癪にさわるなぁ

泉「アキラ。いつまで抱きついているんですか?」
アキラ「んー。先生達が来るまでー」
泉「先生はもう居ますよ。さっきから覗いています。(小声)」

は!?抱きついてるの見られてんの!?

アキラ「…。」
泉「ニヤニヤしてます。どうしますか?(小声)」
アキラ「…ドッキリの方向で。(小声)」

まぁ、こうなったらドッキリしかないよね

泉「…(クスッ)全く。アキラは可愛いですね。」

泉の声色が急に優しくなった
泉もこうゆうことするようになったよなー
今までは「ドッキリなんてしません。アホですか?」って感じだったのに
これも成長っていうのかなー

アキラ「いーじゃん?たまには甘えても」

俺は自分の顔を泉の背中に押し付けた
いい匂いするー

泉「…タツキ先輩も増えました。(小声)」
アキラ「まじか(小声)」

まじかー

泉「アキラ?離れてください?」
アキラ「やだ。」

これは本心。
だってドッキリ続けたいし、何より冷たいし
ひんやりしてて気持ちいー!

泉「…朴も来ました(小声)」
アキラ「まじか笑笑(小声)」

まじかよ笑笑

アキラ「ここまできたら最後までやろう(小声)」
泉「了解(小声)」

泉「アキラ。」
アキラ「んー?」
泉「…俺がアキラに抱きつきたい。」

敬語を外すなんて高度な技を…笑笑
俺は泉から体を離して、泉の前に立った

手を広げて待つ

すると泉が抱きついてきた

泉「アキラ。いい匂いがします。」

泉は俺の首元に顔を埋めた
息がかかって少しくすぐったい
俺は泉の頭を撫でた

泉「いつ切り上げます?(小声)」
アキラ「今、どんな感じで見てる?(小声)」

そう聞くと、俺の首元を占領していた顔が上がる

泉「アキラ。そろそろ先生方が来るかもしれません。」
俺と泉は目を合わせる
泉「先生は相変わらずニヤニヤしてます。タツキ先輩は顔が真っ赤です。朴は瞳孔が開ききってます(小声)」
アキラ「…もっと抱きついてたかったなー」
泉「…じゃあ放課後ですね。」
アキラ「おう。帰さねぇから。」

そういうと泉はホワイトボードに文字を書き始めた

《ドッキリ大成功》

ガラガラ
ケント「なんだよー!ドッキリかよー!」
タツキ「ドキドキしたー」
ウィト「ビビりましたー!」

泉「バレバレでしたよ。」

ゾロゾロッと入ってきた先生達
みんな汗をかいている

ケント「で、どこからがドッキリだ?(ニヤニヤ)」
それ聞く?
泉「抱きついてきたところからです」

泉ナイス!

ケント「なーんだつまんないのー」

はぁ。泉から離れたからまた暑くなった
これから暑くなったら泉に抱きつこ

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:純粋林檎 ジャンル:アルスマグナ お題:帝王の強奪 制限時間:15分 読者:332 人 文字数:256字 お気に入り:0人
お知らせ見てくださりありがとうございます。私の作品をいつも見てくださっていた方も、ありがとうございます。ある方にご指摘をいただき、これからはフォロワー様限定で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:純粋林檎 ジャンル:アルスマグナ お題:地獄の失踪 制限時間:30分 読者:293 人 文字数:321字 お気に入り:1人
※替え歌です※アルスロイドの好きなものってうどんとじゃがいもどっちなの…:(´◦ω◦`):二次元の扉を越えて俺達は来たんだようどん(新じゃが)持ってないけどでき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばさし@痩せる ジャンル:アルスマグナ お題:うへへ、セリフ 制限時間:1時間 読者:1760 人 文字数:1870字 お気に入り:0人
満足そうな顔をさらしながらセンターを陣取る朴。「ったく、嬉しそうな顔しやがって。」「そんなに嬉しいですか?」「うっへへ、嬉しいっす!」呆れ顔の神生と泉に弾けんば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばさし@痩せる ジャンル:アルスマグナ お題:大きな育毛 制限時間:1時間 読者:3014 人 文字数:1037字 お気に入り:0人
「んあぁぁああああ!!!!」ひときは大きな声が部室内に響く。練習中、体制を崩した榊原が泉へもたれ掛かる。支え切れずに、泉が朴へぶつかる。そのまま神生へ倒れ込み、 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
語らい ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:可愛い恋 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:319字 お気に入り:0人
付喪神として意識を持ち始めた頃の俺は、周りの物事全てが珍しく輝いて見えた。あれは何、これは何と周りの付喪神に聞いて回った。周りの者たちは何でも聞く俺が面倒にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:穏やかな男 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1536字 お気に入り:0人
****「おっ邪魔しま~す。」――変な癖で、ついつい人様の車に乗ると言ってしまうんだよなぁ~。と、眠気とその場の雰囲気で少し飲んだ微酔いで、心地の良い疲労感でふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:免れた夜風 必須要素: 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1525字 お気に入り:0人
高校を出てから住み始めた家は横浜にあって、だから全然ゴミの日を覚えられないで二年か三年くらい、多分そう、三年近くは経っている。ゴミを溜めているなんてことはなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:平和と祖父 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:929字 お気に入り:0人
埼玉以北には行かないと誓った日もあった。 厚い雲に覆われて日が届かない地にいる。おろしたてのダウンをかき抱いて、セイコーマートから走る。はやく温かいホテルのロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:アルパカの四肢切断 必須要素:ジャケット 制限時間:2時間 読者:8 人 文字数:1657字 お気に入り:0人
型落ちの薄型テレビでは夕方のニュースが流れている。民放だ、たわいも無い内容で本当にくだらない。アルパカふれあい牧場の取材カメラと差し出されたマイクに、ふっくらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うつたか お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:618字 お気に入り:0人
「高崎ぃ!」バタバタと、宇都宮が騒がしく在来の部屋に駆け込んでくる。「どうしたんだよ、そんな急いで」珍しく焦る様子の宇都宮に視線が集まる中、高崎はなだめるように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:それいけ昼下がり 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:992字 お気に入り:0人
「だからさ、こう、耳をぴょこぴょこってさせたの」「わかんねえよ! なんでそれが祝ってることになるんだ……」 時刻にして、昼を少し回った頃。いいかげんおたえへのツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:黄色い償い 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:960字 お気に入り:1人
315プロダクション所属プロデューサーの俺が、葛之葉雨彦が事務所前の掃除をしているのだ、という話を事務所待機中の紅井朱雀に話したのは偶然だった。そういや朱雀、前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:KーPOP お題:人妻の屍 必須要素: 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:352字 お気に入り:0人
気がつくと、隣に女が寝ていた。いや、正確には死んでいた。口元に泡を吹かせていた。僕は怖くなった。身に覚えがない。すぐ横に酒があった。数本の酒が乱雑に置かれていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン(夢) お題:調和した俺 制限時間:4時間 読者:20 人 文字数:1256字 お気に入り:0人
ちょう わ てう- [0] 【調和】( 名 ) スルものごとの間に釣り合いがとれていること。ものごととものごとが互いに和合していること。 「 -がとれる」 「 〈続きを読む〉