ジャンル:黒子のバスケ お題:記録にない紳士 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:897字 お気に入り:0人

時をかける

三月三日か、と緑間が呟いたので、赤司はふと、昔を思い出した。
お前はあのタイミングでいつも年月日を聞いてきたな
あのタイミング?
俺に想いを漏らしそうになるタイミング
緑間は新聞から目を上げた。店員が珈琲を運んできた。豆の香りが辺りに満ちる。珈琲とモーニングセットのトーストとゆで卵を置いた。
以上でよろしいでしょうか
はい、と緑間が答え、赤司も頷いた。
あれは、お前のせいだろうが
俺の?
……気づいていないのか
何を?
気づいていないのか、と緑間はため息をついた。
世界は同時に複数存在しているという
……ああ
突然、多世界解釈が始まった。今、読んでいる新聞に載っている話題なのだろうか。
俺はお前によって、何度も別の世界に飛ばされた
緑間はタイムトラベルの話をしたいのだろうか。だとすると、新聞に載っているのSF小説の何かか。
俺がお前に想いを伝えようとするたび、お前は俺を別の世界に飛ばした
……俺が?
緑間は頷いた。
そういえば、お前が俺を飛ばしたことを覚えているのかどうか、確認を怠っていた。――まあ、覚えていなかったんだな、その様子では
これは寸劇なのだろうか。
俺は世界を飛ばされるたびに、確認しなくてはならなかった。自分がどういう世界にいるのか。俺の家族はすべて存在しているのか。この世界で自分は何歳なのか。そのときの世界の年齢が、元の世界より下なら問題なかったが、上の場合は学業の方でだいぶ苦労をした。ある時など、医者になっていたからな。大人になったお前を見つけて告白するまで、かなり急いだ
SFか?
SFね、と緑間は新聞を畳んだ。
覚えていないお前にはそう聞こえるのだろうな
まるで本当の話のように、緑間は言った。やれやれ、といった様子だ。
証明のしようがない
……そうなのか?
もう、お前に飛ばされることはないから、証明しようがない
緑間はトーストを取り上げる。乾いた音がした。
ここにいる緑間はどの緑間なんだ
さあな
緑間はトーストをほおばりながら、言った。
俺ももう、自分がどの世界にいたか、覚えていない
何回告白したんだ?
覚えていない、と緑間は再び答えた。


同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:九龍@人には譲れないことがある ジャンル:黒子のバスケ お題:12月のボーイズ 制限時間:30分 読者:76 人 文字数:962字 お気に入り:0人
雪がちらつき始めた12月、何時もより早い雪だと思いながら首に巻いていたマフラーに顔を埋めて隣を見た。そこには自分よりがたいが良く、寒くないのか制服の前こそ閉め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:城屋えり ジャンル:黒子のバスケ お題:純白の裏切り 制限時間:30分 読者:176 人 文字数:761字 お気に入り:0人
はたり、と目が覚めて黒子は少し身動ぎをした。目を開けているのにも関わらず薄暗い視界と、充分に広い筈の狭苦しいベッド。癪に障る程長い手足が黒子の身体に無遠慮に絡み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:黒子のバスケ お題:冷静と情熱の間にあるのはモグラ 制限時間:30分 読者:179 人 文字数:1229字 お気に入り:0人
「青峰くん」ぼんやりとしていたら日が暮れていた。部活のない日だったのに、掃除が終わってから教室で本を読んだり宿題を片付けたりしていたらいつのまにかこんなにも時間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:黒子のバスケ お題:誰かの車 制限時間:30分 読者:357 人 文字数:1866字 お気に入り:0人
冷たい冬の風が荒ぶ中で、黒子と赤司は散歩中だった。……そう、散歩中だったのだ、飼い犬のテツヤ二号の。 冬でも変わらないもふもふの毛と愛くるしい見た目は人を惹き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:城屋えり ジャンル:黒子のバスケ お題:思い出の孤独 制限時間:30分 読者:467 人 文字数:883字 お気に入り:0人
「貴方はいつも僕を見つけますね」見失ったりしないんですか、そう黒子が目の前の男に尋ねた。行き慣れた静かな喫茶店、店員に驚かれながら案内された窓際のボックス席。待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:城屋えり ジャンル:黒子のバスケ お題:鈍い道のり 制限時間:30分 読者:487 人 文字数:893字 お気に入り:0人
びぃ、と試合終了の合図が聞こえてはっと目が覚めた。それで、夢を見ていたのだという事に気がついてのろのろと黒子は顔をあげた。「起きたのか」ふわりと珈琲の香りを携え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:黒子のバスケ お題:明るい勇者 制限時間:30分 読者:466 人 文字数:1262字 お気に入り:0人
笑っちゃいけない。そう思うほどに笑えてくるのはなぜだろう。今、この体育館にいるものでそう思わない者はいないであろう。「真太郎、次のメニューだが……」「あぁ、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かな汰 ジャンル:黒子のバスケ お題:帝王のフォロワー 制限時間:30分 読者:435 人 文字数:1137字 お気に入り:0人
人間誰しも得手不得手が存在する。それは生まれながらにして勝者の道を歩み、何事も完璧にこなすことを求められる男であっても例外ではなかった。天才であるが故に常人とは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:黒子のバスケ お題:やわらかい大雪 制限時間:30分 読者:372 人 文字数:1029字 お気に入り:0人
三つ子の魂百まで、という言葉がある。子どもの頃に過ごした環境は人間の嗜好や習慣に強い影響を与えるもので、遺伝子上は純日本人と聞いている氷室だが欧米人としての血が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:金欠の壱ヶ谷@17年が殺しに来てる ジャンル:黒子のバスケ お題:今年の黒板 制限時間:30分 読者:402 人 文字数:959字 お気に入り:0人
――唐突に、高尾は、中学生の最後の日を思い出した。 バスケで散々に負け倒して、これでもかというほど精々しく負けて、それでも諦めきれずに、高校でのリベンジを誓っ 〈続きを読む〉

かみむら@原稿中の即興 二次小説


ユーザーアイコン
pthp 2 ※未完
作者:かみむら@原稿中 ジャンル:黒子のバスケ 青黒 お題:女のハゲ 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:755字 お気に入り:0人
やっぱりっつーか、あの緑間っちの反応緑間がトイレに行った隙を狙って、黄瀬が言った。わかっていたんですけどテツが言った。別に、みどちんだけじゃん紫原が言うと、赤司 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
pthp ※未完
作者:かみむら@原稿中 ジャンル:黒子のバスケ 青黒 お題:つらい友人 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:744字 お気に入り:0人
テツの言っていた通りだった。緑間一人が動揺していた。紫原はいつもの眠そうな顔、赤司は何だか笑っているようだったし、黄瀬は元々知っている。おい、と声を掛ければ、緑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
いじわる ※未完
作者:かみむら@原稿中 ジャンル:黒子のバスケ 子ども世代 お題:最強の妹 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:768字 お気に入り:0人
尚ちゃん、いい子なんだよ、と私がいうと、悪い子じゃないね、と征十郎さんは言う。征十郎さんは尚を褒めない。不思議なほど褒めない。私のことは褒めてくれる。幼い頃は今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
美人の定義 ※未完
作者:かみむら@原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:群馬の空想 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:622字 お気に入り:0人
タツヤの母親の出身地が秋田県と聞いたのは、たぶん、出会った頃だった。バスケを教えてもらって、勉強を教えてもらって、朝も帰りも一緒に帰るようになって、いろんな話を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
宵明け ※未完
作者:かみむら@原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:朝の家 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:677字 お気に入り:0人
頬に触れているのが絨毯だと気づいたのは、その柔らかさのすぐ下に床の固さを感じたからだった。寝る場所はじゃんけんで決まった。人ん家でいちゃつくのやめてくださいっス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ころあい ※未完
作者:かみむら@原稿中 ジャンル:黒子のバスケ 赤司 お題:許されざる広告 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:651字 お気に入り:0人
一般認知度、上げていきますか書き上げたホワイトボードを見つめ、小野が言った。わかっていたことだった。打てる手はすべて打っていた。このままでも、成長率は前年比は保 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@原稿中 ジャンル:黒子のバスケ 黒子 お題:計算ずくめの小説上達法 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:761字 お気に入り:0人
確認しました。お疲れ様でした藍澤からSMSでの返信が来た。テーブルに突っ伏した状態で、顔を横を向け、スマートフォンの画面を見ていた。(おわった……毎度毎度、どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@原稿中 ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:失敗の軽犯罪 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:560字 お気に入り:0人
ここより他に行くところもなし。この屋形にたどり着いた者のほとんどが、そうだった。十になるかならないかの子どもは、銭と引き換えに屋形に引き取られる。下働きになるか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
よかにせ ※未完
作者:かみむら@原稿中 ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:凛としたゲーム 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:646字 お気に入り:0人
まったく言葉が通じないことはなかった。もともと薩摩は琉球の政治に口だけでなく人も送り込んできていた。文官は薩摩国の言葉を理解していた。琉球の中央の文化も、島々の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
う-い ※未完
作者:かみむら@原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:悔しい接吻 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:570字 お気に入り:0人
切り替えがさ……、周りに人がいると、うまくいかねぇタイガが言った。ちょっと恥ずかしいっつーか、落ち着かねーっつーか、だって反応とか、わかってるし……あんまり気に 〈続きを読む〉