ジャンル:咲-Saki- お題:冷静と情熱の間にあるのは魚 必須要素:ナン 制限時間:30分 読者:104 人 文字数:843字 お気に入り:0人

鶴賀学園高等部麻雀部式ひな祭り

智美「…というわけで」
ゆみ「何がというわけでなんだ。何なんだこれは」

麻雀部の部室にある机には、おおよそ一般の麻雀部の活動を行っていれば見ることはない景色が広がっていた。
カレーが煮えたぎる鍋、何かよくわからない機械、明らかに日本人じゃない人…
なんだ?ここはインド料理屋か?

ゆみ「まぁ、このカレーの入っている鍋は分かる」
智美「美味しそうだろー。なんたってレーナドさんが作ってくれたんだからなー」
ゆみ「誰だよっ!レナードさんって」
レナード「नमस्ते」
ゆみ「さっきから一番聞きたかったけどこいつ何なんだ!」
智美「今回の企画のために呼んだんだぞー。ゆみちんも挨拶しろよー」
ゆみ「…ナマステ」
レナード「यो आजको मौसम राम्रो छ」
ゆみ「蒲原どうにかしてくれ。なんかよくわからないことになってきている」
智美「उनी नेपाली बोल्न सक्दैनन्」
レナード「ठीक छ」
ゆみ「なんで喋れるんだ」
智美「これぐらい朝飯前だぞー」

一体何なんだこの空間は…
もしかして悪い夢でも見ているんじゃないだろうか。

レネード「モウスグナンヤケル」
ゆみ「日本語喋れるのかよ」
智美「そりゃ日本にいるからなー」
ゆみ「……最後に聞きたいのだが、あの装置は何だ?」

もうツッコむのはやめよう。
キリがない…

レネード「アレハタンドールガマトイッテウンタラカンタラ…」
ゆみ「わかったわかった。タンドール釜なんだな、もう説明はいい」
智美「मसँग पर्याप्त छ」
レナード「जटिलता」
ゆみ「ところで何なんだ。なんで急に部室でインド料理大会を始めたんだ?」
智美「今日ってひな祭りだろ」
ゆみ「……あぁ」
智美「毎年毎年チラシ寿司ばっかりだと飽きちゃうから、今年は心機一転ひなカレーということで」
ゆみ「…」
桃子「ところで先輩っ。ひな祭りといえば桃の節句。ということで今から私と一緒にセ」
ゆみ「なんなんだ…これ…」

おわり

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:golem4 ジャンル:咲-Saki- お題:不幸な整形 必須要素:ナン 制限時間:30分 読者:625 人 文字数:1504字 お気に入り:0人
「ここであってる筈なんやけどな。」人混みや鳴り止まぬクラクション、雑踏の中愛宕洋榎は道端で買ったナンタコスをがぶりと頬張った。愛宕洋榎、中学のインターミドル、高 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:晴天バーディーズ ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:679字 お気に入り:0人
「めっちゃ木やん」と、洋榎の第一声がこれ。木ですね…、木なのよー。と姫松メンバーが集まっているのは部室内、の中心にある木だ。 「めっちゃ木やん」洋榎はおんなじ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:68 人 文字数:1706字 お気に入り:0人
このー木なんの木_人人人人人_> 宮永咲 < ̄Y^Y^Y^Y^Y^ ̄「大変だーーーー!咲が木になっちまった!!!!」「えっ、須賀くんも咲さん狙いなんですか!?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:1338字 お気に入り:0人
「めっちゃ木が生えてますよー!」「栗の木。ただの木なら神境にも生えてる…」「はるるはこまかいですねー」 きゃっきゃと巫女服の少女たちがはしゃいでいた。一人は滝見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:晴天バーディーズ ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:865字 お気に入り:0人
金魚について語られることとして、そーとーに手間暇かけて育てられた彼らは鯉と見間違う程に成長するとか。ポイを雑に振り回して掬い取った帰り道に、大きな音を立てて通 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:1998字 お気に入り:0人
「大変だーーーー!! 全国制覇の祝勝会で大量の寿司を取ったら咲が泡拭いて気絶したーーーーーーっ!!」須賀京太郎の絶叫が木魂する。ここは清澄高校麻雀部が部室。つい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:1312字 お気に入り:0人
「あっれー。小鍛治プロ、奇遇ですねぃ」 げ、という声が口を衝いて飛び出した。ぱたぱたと着物を揺らし、小柄な少女が駆け寄ってくる。「……どうも、三尋木プロ」「どう 〈続きを読む〉

にーなの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:にーな ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:538字 お気に入り:0人
咲「そういえば、あの日◯のcmに出てるめっちゃ大きい木あるじゃないですか。」和「◯立のcmのあの木ですね。」咲「あの木ってなんの木なのかな?」和「リアルこのー木 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にーな ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:938字 お気に入り:0人
まだ秋だというのに、厚手の上着を着ないとやってられないくらい北海道の夜は寒かった。とはいっても、数年前まで北海道で生活していたが…数年離れたうちに北海道という 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にーな ジャンル:咲-Saki- お題:冷静と情熱の間にあるのは魚 必須要素:ナン 制限時間:30分 読者:104 人 文字数:843字 お気に入り:0人
智美「…というわけで」ゆみ「何がというわけでなんだ。何なんだこれは」麻雀部の部室にある机には、おおよそ一般の麻雀部の活動を行っていれば見ることはない景色が広がっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にーな ジャンル:咲-Saki- お題:かっこ悪い大学 必須要素:もみあげ 制限時間:30分 読者:135 人 文字数:654字 お気に入り:0人
私は高校を卒業し大学で麻雀を打つという道を選んだ。私自身、麻雀が強いわけではない。インハイに出て世間を賑わせていた子のように特別な能力があるわけでもないし、かと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にーな ジャンル:咲-Saki- お題:蓋然性のある人 必須要素:ギャグ 制限時間:30分 読者:178 人 文字数:733字 お気に入り:0人
咲「そんなに困った顔をしてどうしたのですか?」恭子「おぉ!ええところに来たな」咲「ここ私の部屋なんですけどね…」即興二次という30分の縛りのせいでこうなった経緯 〈続きを読む〉