ジャンル:ACTORS お題:空前絶後のアレ 制限時間:1時間 読者:126 人 文字数:1916字 お気に入り:0人
[削除]

企画用*星の唄(終)

小説導入用、お題ガン無視(続き)
お題:星の唄
キャラクター:葛野大路颯馬





――――手を伸ばしても届きはしない。そんな気はしていたんだ。



 僕と彼が出会ったのは、ほんの偶然に過ぎなかったのだろう。僕がこの学園の二年生として歌唱部に所属していた時期と、彼が“外”の学園への編入を許された時期とが、たまたま、偶然に重なった。それだけのことだ。そしてその間に、その以前に、その後に――どれだけの悲しみを、苦しみを、彼が抱えていたか。そんなことは、僕にはまるで推察できないことだった。


「・・・・・・もうすぐ、三年生は卒業だね。水月先輩も、燎さんも、あと東本先輩も」

 日の傾いた冬の帰り道、彼はぽつりとつぶやいた。何気ない言葉、この時期ならば誰もが思うことだ。その声に一抹の寂しさがにじみ出すのも、後輩であるからには仕方のないことだ。部の先輩たちも同じように感じてくれていればうれしいのだけれど、残念だがそれを直接聞くほど野暮でもない。
 四月、新学期からは彼がこの歌唱部の部長として活動することになる。部員は僕を含め三年生ふたりのみになってしまうから、存続の危ぶまれる歌唱部としては来年度は新入部員の確保に奔走するはめになるだろう。彼の言葉はそういった不安もあってのことかもしれなかった。
 弾んでいた会話も少しずつ収まり、並んだ自分たちの影を見ながらぽつりぽつりと言葉を交わした。だんだんと気温は下がっているはずだが、そう寒くは感じなかった。行く道に落ちた二つの影法師が、歩調に合わせてゆらゆらと揺れている。会話の切れ目にふと横を向いたとき、夕日を背に向けた彼の顔が寂しそうに見えて、彼の姿が遠く見えて、ふいに心がざわついた。

「――っ、陽太っ!!」

 腕を捕まれた彼が驚いたようにこちらを向く。颯馬らしくない、そう思ったかもしれない。実際、自分はこうまで大きな声を出すつもりも、そして考えもまとまらないままに声にしてしまうつもりもなかった。とっさに、捕まえなければならない、今引き留めなければ彼はどこか遠くへと行ってしまう、そう思ったのだ。いや、思う間すらもなかった。ただただ不安な気持ちのままに手を伸ばした。何も知らない子供のように。

「颯馬?」

 呼び止めたきり止まってしまった僕の顔を、彼が不思議そうにのぞき込む。彼に言うはずだった言葉はとうにどこかへ消えてしまって、軽く首を振って手を離すほかなかった。

「・・・・・・いや、何でもない。驚かせてすまない」

 そう、と言って彼は再び前を向く。会話が戻ってくるのにもさほど時間はかからなかった。またたわいもないことを話しながら、帰る道を二人で歩く。先ほど感じた漠然な不安がなんだったのかはわからない。それの正体がわかることが果たしてよいことなのかもわからない。彼が寂しさを感じているのならば、自分たちがそばにいることでそれが少しでも薄らげばいい。そんなことをぼんやりと考えていた。



 彼が“外”の世界に留まっていられないことを知ったのは、ずいぶん後のことだった。彼や自分や多くの同級生たちが卒業して、そのずっと後。もちろん、それを本人の口から聞くことはなかった。
 いつかこの日々は崩れ去ってしまう、そんな予感はしていた。だけれども、自分は彼の笑顔に甘えてうまく騙されたままでいた。知らない方が、感じる負担は軽いものですむから。卒業間際の彼は、あのときと同じように笑っていた。どこか寂しさを漂わせながら。どうして自分は彼の抱えるものに気がつかなかったのか。彼の手を取ることができなかったのか。きっと笑顔の向こう側で、いつか来る別れを見ては一人胸を痛めていた。
 今は届かない、けれどあのとき手を伸ばしていれば、届いていたかもしれない手。手をつなげなかったのは、あのときの自分。

――いっそのこと、自分のこの立場も彼を縛るしがらみも、すべてを壊してしまえたならば。彼の手を引いて、どこか遠くへ一緒に逃げてしまえるのに。

 馬鹿馬鹿しい。どうしようもない妄想を振り払うように首を振る。離ればなれになりどこにいるかもわからない今、自分は直接的にどうにかすることはできない。そして優しい彼のことだから、今彼の置かれている状況を捨てて出てくることなどないだろう。
 今もどこかで陽太が心から笑えていたら、それでいい。そして――贅沢を言うならば、自分たちと過ごした時間が、思い出が、彼の安らぎとなればいい。あの日々にあふれていた笑顔と歌声が、今も僕の心にあるように。いつかまた共に歌い、笑い合える日が来ることを願ってしまうのは、わがままだろうか?

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:みそ ジャンル:ACTORS お題:昼のしきたり 制限時間:1時間 読者:245 人 文字数:1342字 お気に入り:0人
※水泳部のお昼※さりげなく鷹竜を匂わせる※私的設定あります いただきます。 綺麗に両手を揃えて学食のトレイに向き合った魚津が小さな声でそう言いながら、軽く礼まで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みそ ジャンル:ACTORS お題:冷静と情熱の間にあるのは経験 制限時間:1時間 読者:705 人 文字数:2039字 お気に入り:1人
※ちょっとえろい水月と燎さん※性格がとても大変なことになっている特に燎さん 鼻に抜ける甘い声が、耳についてひどく気持ち悪い。こんな声を出せることも知らなかったし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みそ ジャンル:ACTORS お題:小説のネット 制限時間:15分 読者:255 人 文字数:689字 お気に入り:0人
「それ、面白いっすか」 いつものように、図書室で本を見繕っていた花隈に声をかけたのは見たことのない男子生徒だった。ネクタイの色が緑――ひとつ下の、二年生であるこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みそ ジャンル:ACTORS お題:黄金のところてん 制限時間:15分 読者:225 人 文字数:482字 お気に入り:0人
※鷲牧未満※音楽祭名古屋ネタ※会話文のみ「いやぁ、名古屋もいいものでしたねぇ」「そうですねぇ。おっと、小田原先生、グラスが空いてますよ」「ああ、ありがとうござい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みそ ジャンル:ACTORS お題:ひねくれた冤罪 制限時間:30分 読者:215 人 文字数:1115字 お気に入り:0人
※鷹竜※未来設定「急に呼び出してごめん」 地に額をこすりつけるようにして土下座をした彼を、冷ややかに見つめる。開口一番それか。呆れてものも言えなかった。一向に顔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みそ ジャンル:ACTORS お題:憧れのぬめぬめ 制限時間:2時間 読者:208 人 文字数:1369字 お気に入り:0人
※お題と合ってない「穫っっっっっっ………たぁ!!!!」 秋月の明朗な声が、晴れ晴れとした青空のもと辺りに響く。自身が探していた岩陰から顔を上げると、まさに神に供 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みそ ジャンル:ACTORS お題:静かなドロドロ 制限時間:30分 読者:235 人 文字数:1676字 お気に入り:0人
士狼の機嫌が悪いと陽太が困ったように笑いながら俺に耳打ちしてきたのは、昼休みも半ばを過ぎた頃だった。 クラスは違えど陽太はせっかくの妹大好き同盟の同志(陽太は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みそ ジャンル:ACTORS お題:男同士の夜風 制限時間:30分 読者:416 人 文字数:1294字 お気に入り:1人
騒がしい居酒屋を出たのはすでに11時を回った頃だった。もう一軒行こう!と、顔を赤く染めながらバカなことを言い、一乗谷の肩を組みはじめた清洲を花隈がやんわりとと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みそ ジャンル:ACTORS お題:昨日食べた牢屋 制限時間:2時間 読者:457 人 文字数:915字 お気に入り:0人
※ストックホルム症候群な水燎※特殊パラレル ここに来てから、どれくらいの時間が経っただろう。連れてこられたのはつい最近のような気もするし、気の遠くなるほど前だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みそ ジャンル:ACTORS お題:とびだせ快楽 制限時間:4時間 読者:425 人 文字数:1866字 お気に入り:0人
※たかりゅちゃんのお初になだれこむはなし※えろじゃないです※私的設定あります(一兎ちゃんからの呼び名) えっちなことがしたい、と明け透けに言われて花隈はレンズの 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:DQ11(腐)  お題:日本お尻 制限時間:2時間 読者:3 人 文字数:1836字 お気に入り:0人
あ、またか。そう思いながらバッグから携帯を取り出す。僕は、自宅からだいぶ遠い私立高校に通っている。だから、七時十五分発の電車に乗って行かなければならない。といっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:意外な秀才 必須要素:穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:381字 お気に入り:0人
「我は、穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 ……」「何言ってんの?」「遂に頭が…いや、元からおかしかったですわね…」一見して優秀そうな出で立ちの彼が、所謂"中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おおきく振りかぶって お題:苦しみのしきたり 必須要素:ひょっとこ 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:1497字 お気に入り:0人
「あのさ、試合中にリラックスする方法、考えたいんだけど」本日の部活動を終え、汗だくの練習着を脱ぎながら阿部はそう言った。それは唐突な言葉であったが、特定個人に対 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼滅の刃 お題:名前も知らない事件 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:761字 お気に入り:0人
自分が選抜を通り、鬼殺隊の剣士として任務にあたるようになって早くも数か月が経っていた。相変わらず鬼は怖いと思っているし。殺されるかもしれないと毎度、考えているが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:僕の嫌いなぬるぬる 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:584字 お気に入り:0人
なにこれ目の前の気持ち悪いぬるぬるした生き物に俺は恐しさと驚いていた。いきなり柊家の研究室に呼ばれたかと思えば、何だよこれ。「驚いたか?」背後に気配がして咄嗟に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:小説の借金 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:2793字 お気に入り:0人
夕暮れ時の残照に赤く浮かび上がる幻想郷。人里に響き渡っていた子供たちの笑い声が遠ざかっていく。仕切りに客寄せをしていた露店も帰り支度を始める。その片隅、貸本屋『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:重い犯人 必須要素:ドン引きするような描写 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:2257字 お気に入り:0人
******――なにかモノ足りない……。甘いものもしょっぱいものも、食べてみたけど、矢張り何かがモノ足りない。今日は、午前中に台本読みがあったけど、別に台本の台 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
K
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:東京の行動 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:787字 お気に入り:0人
「いたぞ!」「追え!」やばい。見つかった。今俺は何者かに追われている。その何者かは知らないがきっとアポトキシン4869の謎を解明している組織だろう。さっき組織の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:煙草と広告 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1275字 お気に入り:0人
「快斗 煙草臭い」これは彼の悪い口癖だ。高校卒業後、俺はマジックを本格的に習うためロサンゼルスへと旅立った。それが正解だったのか2年間の修行の後俺はロサンゼルス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:彼と沈黙 制限時間:4時間 読者:14 人 文字数:684字 お気に入り:0人
今日はひな祭りだ。目の前の豪華なちらし寿司に目を光らせる。「な、なぁ暮人。何で俺を呼んで・・?」なんて声を掛けても彼は無言でちらし寿司を食べている。さすが柊家。 〈続きを読む〉