ジャンル:刀剣乱舞 お題:壊れかけのにわか雨 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:559字 お気に入り:0人
[削除]

雨を待つ ※未完

窓の外を眺めていれば、午後の日差しの柔らかさと風の穏やかさに少し微睡みかけて、けれどそれが午睡に至らなかったのは、すっと翳った雲のせいだった。開け放した窓から不意にぽつりと、水滴が垂れたかと思えば、おや、と思う間も無くざあざあと雨が降り始めた。うつ伏せて居た木製の机に本など開いて居なくてよかったと、慌てて窓を閉じようとしたところでふと視界の端をよぎった姿に目を見開いて、そのまま躊躇う余地もなく僕は部屋を飛び出した。

「堀川、」
「……ああ、青江」

縁側から靴脱ぎ石に置かれたつっかけを引っ掛けて、雨の降りしきる中を走って中庭に飛び出せば、部屋の窓から見かけた姿にはすぐに追いつく。彼はそこから動いて居なかった。
声をかければ、少しの間を置いてこちらを振り返った彼、堀川国広は、しかし驚いた様子でもなく、ただいたずらが見つかった子供のように真っ青な目を細めて眉を下げて笑った。

「洗濯物を取り込もうとしたんだけど、間に合わなかった」

そう言って笑う彼の烏の濡れ羽色の髪の毛を滴る水滴に目を奪われながら、言いかけた言葉を飲み込んで、そう、と頷く。

「手伝うよ」
「ありがとう」

にこりと笑う彼が、水を吸って重くなった白いシーツに手をかけるのを見ながら、嘘つき、と心の中で呟いた。
彼はそれを多分、まって居た

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:反逆の帰り道 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:506字 お気に入り:0人
演練会場は蛍丸の剣舞に魅了されていた。それが、その本丸の終焉を飾るためのものだと気づけた者は少ない。煌びやかな5振りのレア刀たちがまるで踊るように倒れ、顕現が解 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光月 ジャンル:刀剣乱舞 お題:走る壁 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:528字 お気に入り:0人
僕は前へ前へと進む。行き先はたったひとつ。昔から僕の相棒であり、仲間であり、大事な彼の元へと。此処まで焦ったのはいつぶりだろうか。過ぎ去る他の刀剣達には、吃驚し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光月 ジャンル:刀剣乱舞 お題:オレだよオレ、狐 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:424字 お気に入り:0人
今の時刻は夜中の2時を回っている。俺は突然寝苦しくなり、飛び起きる。目の前には同室である光忠が見える…がいつもと様子が違う。彼に…光忠に狐の耳が…尻尾が生えてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:とんでもない地下室 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:478字 お気に入り:0人
「なぁなぁ。刀剣男士って刀じゃん?」団らん室のこたつに座り、暇潰しに皆が持ち寄った書籍を手に取り過ごす自由時間。審神者は名だたる名剣から調査が進められている刀ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かこ ジャンル:刀剣乱舞 お題:軽い天才 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:635字 お気に入り:0人
──今更になって、政府の人間がそこを訪れたのは単純に忘れていたからであった。古ぼけ、今にも崩れ落ちそうな元本丸。審神者と刀剣男士というシステムができた当初、よく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:深海 ジャンル:刀剣乱舞 お題:悔しいゲーム 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:435字 お気に入り:0人
「今日の私ほど情けない人間はいないに違いない…」やたらと大袈裟に膝を落とし項垂れる審神者であったが、それに負けじと反論する者がいた。「ちょっと待ってよあるじさん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:去年の夜 制限時間:15分 読者:112 人 文字数:413字 お気に入り:0人
「こたつサイコー…」今日の実務を終えた夕方、早々に広間のこたつにダイブした審神者はとろける餅のようにへばりついていた。先客には太鼓鐘貞宗と物吉貞宗。「お疲れさん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
純粋な願い ※未完
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:過去の味 制限時間:15分 読者:115 人 文字数:391字 お気に入り:0人
刀剣破壊ネタ 「思ったより呆気ないもんだな…」土手っ腹に空いた穴にふれ、かすれてしまう声はそう言っていた。「…そうかな」僕の声も負けず劣らず掠れてる。骨を断つ一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:とてつもない微笑み 制限時間:15分 読者:128 人 文字数:820字 お気に入り:0人
「かっこいいなぁでも僕の方がよりかっこいいなぁ」とてもにこやかに話しかけてきたのは、堀川国広だった。身内びいきをかましてきていい笑顔だ。こいつはたしか…さっきま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:茶色いおっさん 制限時間:15分 読者:163 人 文字数:403字 お気に入り:0人
「刀剣男士って本当に色とりどりだなぁ」「なんです?いきなり」なんとなくこぼれた、とため息の様にこぼす。宗三左文字は愚痴をこぼされたのかと思ったほどだ。縁側でくつ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:愛のヒーロー 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:612字 お気に入り:0人
愛故に守りたいと思うのは、普通の考え方だと思う。 ましてや、その愛が向かう先が成年になる最終段階を踏み始めたばかりの少女ときたら、尚更。どんな輩が牙を剥くとも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:大逆転裁判 お題:魅惑の曲 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:407字 お気に入り:0人
「ねえ、何か歌ってよ」親に捨てられた身の上というのに、イーストエンドの子供たちは夜になると子守歌をしつこくせがんだ。潤んだ大きな眼、服の裾を掴む思いのほか強い力 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:間違った職業 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:780字 お気に入り:0人
「俺は刀剣男士だ」「そうだね」「なのになんで畑仕事なんかやる必要があるんだ……」和泉守兼定はため息をついて鍬の刃先を地面にさした。まだ手をつけていなかった畑の土 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:楽しい爆発 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:737字 お気に入り:0人
遠くから、きゃーっ、と誰かが叫ぶ声が聞こえた。それも複数。ただその声音は、切羽詰まった助けを求めるようなものではなく、元気で楽しげなもの。それなら気にしなくても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:かたい雑草 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:921字 お気に入り:0人
「狛枝!今日はお前は草むしり当番だ!」いきなりコテージの扉を開け日向クンがそう言い放ったのは約15分前。昨日ボクはなにかやらかしただろうか。もしそのバツなのだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:イケメン戦国 お題:天才の死 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:769字 お気に入り:0人
知らなかった。こんな世界があること。うだるような暑さの中、家康は人里離れた山奥を一人で歩いていた。あたりに人影はなく、ただ波のような蝉の鳴き声だけが一面を覆い尽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
母との約束 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ミイラの飼い方 お題:昔の母 必須要素:生理 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:473字 お気に入り:0人
こ「空良いこと空が幼少期の時?あなたが女の子って言うことは誰にも言ってはいけないわ」空の母ひまわりは悲しそうな顔で最愛の愛娘空にそう告げた。「どうして?」空は不 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
家路 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:A3 お題:茶色い「えいっ!」 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2973字 お気に入り:0人
プツン、と音がした。それは、心が切れる音だった。目の前ではバツの悪い顔をした姉。唇を噛み締めて顔を歪めている。今にも泣き出しそうだ。「アンタが悪いんじゃないっ! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
賞味期限 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:D.Gray-man お題:許せない悪魔 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:407字 お気に入り:0人
誰かを愛する心に賞味期限があるように、「憎しみ」という感情にも賞味期限があるんだよ。 チャオジーがまだアニタの元で水夫の仕事をしていた頃、年老いた先輩の水夫が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:隠された遭難 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:813字 お気に入り:0人
男を抱きしめた。体温らしきものは、あるようだ、あるらしい、恐らく多分。息を切らせているせいで、これが自分のものなのか相手のものなのか明確に境界線があるにもかか 〈続きを読む〉