ジャンル:ロビジュナ お題:女同士のあいつ 制限時間:15分 読者:110 人 文字数:1292字 お気に入り:0人

【ロビ→ジュナ】あぁ麗しきトルソーの君!

「えっ」
「え?」

出会い頭にそんな驚きの声を聞けばアルジュナだって疑問に思うってもんだ。

「アンタ、そのコート…」
「あぁ、先日、ビリーさんがフリーマーケットに出すと仰っていたので、安価で譲り受けたのです」

なかなかサイズがぴったりで、とアルジュナが表情を和らげながら言う。そりゃそうだ。目の前のロビンが君を想って作ったコートだからね、それ。好きでもない洋裁実技の実習で作った、細身のスプリングコート。色は珍しい、アッズーリの青。古くイタリアでは聖母マリアの色に掲げられるくらいの色。
大層丁寧に裏地までつけてられたコートを着るアルジュナは、僕にだって上機嫌なのが分かるくらいだった。確かにアルジュナは普通の規格よりも手足が長いし、コートのラインがぴったりになるのはそうそう無いのだろう。

専門学校では、不規則な期間でフリーマーケットに制作物を引っ提げて出店する。おおよそがゼミ生による、そのゼミの資金を調達するために行われるものであって、僕もジェロニモの研究室の雑費を稼ぐために他のメンバーたちと出店することがある。それとは別に、店などにおいてもらう場合もある。例えばアンデルセンはオートクチュール専攻なために布代が馬鹿にならないため、シュシュや小物を作ってはロビンフッドのバイト先の喫茶店のレジ横に数点ずつ置かせてもらっている。これがなかなか、馬鹿にできない。

「それにしても、随分気にいってくれたみたいでよかった。作ったやつも浮かばれるね」
「そんな大袈裟な…」

アルジュナはそう言いつつ、ネロに呼ばれて場を離れる。
残されたのは片手で顔を覆ったまま微動だにしないロビンと僕。

「…………いくらで売ったんだよ」
「二千円」
「この間お前が無意味にメシ奢ってきたのってソレ!?」
「感謝されても怒られるいわれはないと思うんだけど?」

ふん、と鼻息荒く腕組みを一つ。
まったくこの男ときたら! 課題でコートを作っておきながら、渡したい相手のアルジュナには見せることもせずに、ジェロニモの研究室のフリマ用の衣類箱に適当に放り込んできたんだから。

「(青は、聖母の色。だけど、最初は蛮族の色だった)」

思慕、思索、敬虔。そのすべてが当てはまるようで、しっくりこない。君たちに似合うのは神様の目の前で跪くことではなくて、もっと純粋に、愛してくれと叫ぶことだと思うんだけど。

「んで、感想は?」
「は?」
「自分の作ったコートをアルジュナに着てもらった感想」
「……あの王子様のために作ったんじゃねぇよ」
「へぇえ? カルナにばれないように、放課後にカルナのトルソーの採寸してたのに?」
「はぁああ!?」
「そりゃあぴったりだよねぇ、アルジュナのサイズに! なんてったって、カルナのトルソー使って作ったんだからね!」
「ちょ、ま、待てテメェ! なんで知ってんだよ?!」

ぶっちゃけ、カマかけただけだったんだけど、本当だったんだ。
こりゃカルナにばれる前に逃げといた方が良さそうだなぁ。馬には乗る方が性に合ってるし、蹴られるのなんて、どっちになんだか分かりゃしない!

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ツナ缶 ジャンル:ロビジュナ お題:清い年賀状 制限時間:30分 読者:119 人 文字数:927字 お気に入り:0人
思えば誰にも住所なんて聞いていないし、誰かに教えた覚えもない。アルジュナは頭を抱えた。このアルジュナとあろうものが恥ずかしい!新年の風習はこの国出身でないとは 〈続きを読む〉

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:春のエデン 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1821字 お気に入り:0人
「あぁ」 声が思ったよりも近い。アルジュナがそう思って振り向くと、十五センチメートルの定規よりも近い場所にカルナの瞳がある。咄嗟に後退ろうと足を引くが、実習机に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:重い顔 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:1686字 お気に入り:0人
ひときわ大きなガラス窓の前で降りしきる雪を眺めているアルジュナの横顔は、まるでそこが世界の終わりのように静かだった。カルデアでは、電力を魔力として代用している。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:静かなお天気雨 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:1151字 お気に入り:1人
思えば、こんなレイシフト場面は今までにも少なくなかった。天候は雷雨。視界は不良。足場は崩れやすく、敵は魔獣たち。しかし今回はどうにも運が悪かったと言わざるをえな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:コーヒーと料理 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:1561字 お気に入り:0人
それは風のように、または嵐のようにカルデア内を駆け巡る。或る者は一笑に伏し、或る者は首を傾げた。果てはまたも登場人物の少女が言う。『彼を最も愛する人が、彼の一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:遠いふわふわ 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:3315字 お気に入り:0人
放課後、三人は短大の本棟入り口で、ネロの言う「迎え」を待っていた。孔明もアルジュナから声をかけたのだが「忙しい」とけんもほろろに突っ返された。確かに孔明はアルジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ナウい映画 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
私とカルナはアジトにしている隠れ家たちを闇夜に紛れて襲撃し、その都度に部下を開放して回った。皆、ある程度は人権を守られていたようで、私は密やかに安堵の溜め息を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:意外!それはコメディ 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:1473字 お気に入り:0人
人質を取られているというのに、一切の躊躇を感じさせない私たちに、予想が外れたとばかりに集まっていた下っ端たちが霧散していく。私はふと思い出したように手榴弾を取り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:美しいネット 制限時間:15分 読者:106 人 文字数:1354字 お気に入り:0人
カルナの言葉は、何故かすんなりと私の中に着地した。「行くぞアルジュナ」「……せめて、年上として敬う態度を、と叱りたいところですが、今はやめておきましょう」私は屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:やば、電話 制限時間:15分 読者:127 人 文字数:1717字 お気に入り:0人
カルナと私の均衡が崩れたのは、奇しくも第三者たる存在が引き金となった。その日、私は珍しくスケジュールが崩れ、私用で繁華街へ出ていた。カルナに年相応の格好を、とブ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:秋のエデン 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:1797字 お気に入り:0人
本当にあいつは私の護衛にでもなりたいのだろうか。私の脳内の問いに答えてくれる人間は居ない。それこそ神であったとしても、私のこの問いに答えてくれたところで事態が好 〈続きを読む〉