ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:凛としたゲーム 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:646字 お気に入り:0人

よかにせ ※未完

まったく言葉が通じないことはなかった。もともと薩摩は琉球の政治に口だけでなく人も送り込んできていた。文官は薩摩国の言葉を理解していた。琉球の中央の文化も、島々の音曲にくらべれば薩摩に近かった。
運がいい、と嫌みったらしく言われた。水流様にどれほど気に入られたのだ、と嘲笑された。外見を笑われようが、出身を笑われようが、どうでもよかった。俺は長崎へ行く。それさえ果たせればよかった。何をされようが、何を言われようが、どうでもよかった。雑音でしかなかった。
運が悪ければ琉球へ送り戻されるか、打ち首になるか、奴隷として国外へ売られるか。船底にいた時、残りの水と食糧を確認し、死を覚悟する気持ちを隅に追いやり、長崎に行くことだけを考えていた。それが癖になったのかもしれない。聞きなれない言葉から意味を聞き取り、最低限の言葉で返した。ふざけているのか、と殴られた。中途半端に言葉を合わせようとすれば、それもまた殴られる要因になることはわかっていた。だから、最低限の言葉しか使わなかった。
水流と出会ったのは取り調べの時だった。運が良かったのだろう。警護長として赴任したてだった彼は、かつて長崎に遊学した経験のある人物だった。
オハンが船に潜り込んだ目的はなんじゃっと
彼以外に出会った者とは違った、落ち着いた目をした人物だった。精神の落ち着きは顔に表れる。信頼に足る人物なのは、第一声で分かった。
長崎に行くため
長崎?
頷くと、オハンは学士か、と尋ねた。
志している
ほう、と水流は驚いた。



同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

かみむら@Promptの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:意外な社会 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:807字 お気に入り:0人
緑間はこちらを見つめ、自信の無い口調で言った。いけまさん、ですか?赤司からだろうか。それとも小野からだろうか。こちらの名前を知っているようだった。はい。そうです 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ある日の14 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:走る罪人 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:670字 お気に入り:0人
何もわかっていないと言われているようなものだった。それでも、俺は真太郎を招き入れるために、玄関へ向かった。下働きの者たちが彼を眺め、声を掛けるわけでもなく、ちら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
押しかけっ子 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ 子ども世代 お題:黒尽くめの百合 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:692字 お気に入り:0人
こればっかりは親に感謝、ということなのだろう。何を着ても美人は美人。それこそ布一枚だって、それは変わりない。ミュシャの絵の女性たちもあきらかに布しかまとっていな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ごほうび ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ 緑赤 お題:美しい土 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:788字 お気に入り:0人
明らかに嫌々という様子で赤司は玄関を出て行った。今日帰ってくるか明日帰ってくるか、わからない。今日帰ってこないなら、自分で食べればいい。緑間は台所の入口にぶら下 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
オリジナル ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:少女の妻 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:689字 お気に入り:0人
カレンダーの予定表を眺める。町田の譲渡会が明日、墨田の譲渡会が明後日。朝から入らなくてもいいけれど、撤収は参加することになっていた。一週間前に更新した子猫の里親 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:反逆の終身刑 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:809字 お気に入り:0人
表示された番号読み上げろって言ってるだろ?そんなの出てないって!電話での会話はもどかしい。その画面を見ればすぐわかるというのに、言葉だけでは伝わらない。まさに百 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:彼が愛した裏切り 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:758字 お気に入り:0人
それは忘れらんねーな、と言ったら、よく言われた、と返された。そらそうだ、七夕に誕生日なんて、七夕のたびに思い出す。人の誕生日を覚えている利点はあるのだろうかおは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
将棋 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ 緑赤 お題:運命の善人 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:846字 お気に入り:0人
長考に入った時、周囲に気が回らなくなるのは当然だった。しかし、今日は勝負を始める前に日本酒を二合ほど飲んでいた。そんな状態で勝負をしようなどと思わないが、やるぞ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:悲観的な惑星 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:999字 お気に入り:0人
揚屋の者がなぜここへ?真太郎さんに勝ちましたから勝った?へえ理由を説明すると安平は、そんな方法があるのか、と階段を登っていった。二階に真太郎がいたのを知っていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
pthp 2 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ 青黒 お題:女のハゲ 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:755字 お気に入り:0人
やっぱりっつーか、あの緑間っちの反応緑間がトイレに行った隙を狙って、黄瀬が言った。わかっていたんですけどテツが言った。別に、みどちんだけじゃん紫原が言うと、赤司 〈続きを読む〉