ジャンル:メギド72 お題:オチは凶器 制限時間:30分 読者:114 人 文字数:1368字 お気に入り:0人

みんなで復興作業

「たーおーれーるーぞー!」
 巨木に斧をガツンと差し込んだモラクスは、ぐらぐらと揺れる樹を蹴り飛ばして落下地点を定めた。もともと互い違いに入れられていた切れ込みに沿うようにして、丸太は狙い通りにどうと倒れる。
 村人が感嘆の声を上げ、拍手さえするものもいたので、モラクスがへへんと頬を紅潮させる。
「さすがだな、モラクス!」
「で、あんたは見てるだけなわけ?」
 ウェパルに言われて、ソロモンは慌てて束ねた枝を持ち上げる。
「いや、そんなことは。ちょっと大変そうだったから指輪で手伝ってただけで……運ぶのはちゃんとやるよ。というか、あの、ウェパルは……」
「何?」
 さぼってたんじゃないのか。言いかけてやめる。
「別にさぼってたわけじゃないわ。ちょうどよい水場を探してたのよ。いくつか見つかったわ……」
 問いかけを飲み込んで、正解だった。ソロモンはほっと胸をなでおろした。
「ブネブネ~、その木、スッカスカだからダメダメ~!」
「違いがあんのかよ」
「見て見て~、虫が食べちゃってるんだな、これが」
「マジか? マジだな」
「……おおう、キノコはっけーん! どいてどいて!」
「……ったく、見直したと思ったらこれだ」
「さぼってるといえば、あの吟遊詩人はどこ?」
「”力仕事は向いてないから、村で準備してる”だってさ」
「私たちがこんなに苦労をしているというのに……サボりは悪ですよ!」
「いや、あいつのおかげでほとんど面識のない村にも歓迎されてるっていうのも事実だ」
「ま、村に戻ってみて何も支度してなかったら、……ね?」
 ウェパルが冷たい笑みを浮かべる。
「パルパル、怖い!」
「おい! 急に倒すな! 間抜けなヴィータが下敷きになったらどうする」
 作業に巻き込まれないように、村人たちをさりげなく一歩下げていたのはガープだ。
「あれみたいに合図しろ」
「いくぞ~!はらーーーへったーーー!」
 モラクスがまた楽しそうに木を切り倒し、叫んでいる。
「うるせえな……ったよ、やればいいんだろう、やれば」
 ブネが愛刀を構えて、なぎ倒す。
「酒ー!」
「真面目にやれ!」

***

「えへへ……大量大量~!」
 一通り作業を終えて町へ戻ってくる。シャックスはにこにこと嬉しそうに色とりどりのキノコやら、わけのわからない草を抱えている。
「おっ、ちょうどいい籠を持ってたんだな。ってそれは……」
 シャックスが器にしていたのは、ひっくり返したガープの盾だった。
「おい、俺の武器はそうやって使うものじゃない。誇りをかけて仲間の命を守ってきた盾だ。返せ!」
「ちゃんと洗って返すよ返すよ~、モンモンが」
「ええ、オレ!?」
「……汚れを残すなよ」
 村の入り口で、バルバドスが一同を迎える。
「やあ、お疲れ様」
「飯の準備はできてるんだろうなぁ?」
「当り前さ。熱々、とまではいかないけど、風呂の用意もあるよ」
 バルバドスはめいめいが運んできた材木やら肉やらを見てひそやかに舌を巻いた。いくつかの中に、恐ろしい力でなぎ倒されたらしきものや、不自然に焦げ付いたものや、一撃で屠られたイノシシもあった。通常の人間にはとうていありえない跡だ。
(力は正しいことに使えってね)
 俺は間違ってないと思うけど。そう思いながら一同を案内した。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

ぽつタイプライターの即興 二次小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:そ、それは・・・外資系企業 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1006字 お気に入り:0人
明日も知れぬ冒険者の一人として、カグツにも覚悟はそれなりにあったはずだった。 当たり前だと思っていたものが、一瞬でなくなる恐怖。確かなものなど、何一つとしてあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:ぐふふ、正義 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:992字 お気に入り:0人
ひどい匂いのする腐った水をモロに浴びた仲間たち、そして私は、駆け出しの安っぽい生地でできた装備をばらばらと地面に一個ずつ置いていく。その姿が、なぜだか愉快で仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:帝王の絵描き 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:1261字 お気に入り:0人
街道で幻獣と出くわした私は奇妙な集団に助けられた。 ソロモン一行と名乗る彼らは、年齢も性別もばらばらの、どこか歪な集団だった。町の衛兵が束になってもかなわなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:彼女とロボット 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
「やあウヴァル、おかえり」「……ただいま、戻った」 ウヴァルは、おかえりという響きにまだ慣れない。ただいまと返事を返すのもだ。「おかえりおかえりー! 外が暑い暑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:地獄克服 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:1099字 お気に入り:0人
「ええ、マジかよ。さんざん水浴びたのに風呂はいらなきゃなんねーの?」「塩水じゃな、洗い流さなきゃあとあとやべーぞ」 道中、足を止めて海へとやってきたソロモン一行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:群馬の朝 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:1807字 お気に入り:0人
ソロモン一行がようやく、シバから遠回しに依頼された「大樹ユグドラシル」を討伐し終えたころのことである。戦いが終わって一息ついてみると、倒れた木の近くで何か物音 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:かっこ悪い豪雨 制限時間:30分 読者:82 人 文字数:995字 お気に入り:0人
※舟渡ししながら旅してるサレオスさんとモブのヴィータ「なあ、あんた、おれの傷は深いのか……」「いや、そんなことはないさ」 舟渡しはあっさりとそう言ってのけると、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:君と裏切り 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:645字 お気に入り:0人
「今日は荒れるなぁ……」 6月のある日、サレオスがそうぼそりとこぼした日は、透き通るような快晴の日のことだった。何気ない一言を、仲間たちはさして気にも止めてはい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:不屈の医者 制限時間:30分 読者:79 人 文字数:1529字 お気に入り:0人
※アンドラス追放前 追放裁判 ホラーチック 人を掻っ捌いてるので注意してください それは何? ウソ発見器? へえ。初めて見たよ。そんな便利なものがあるなんて知ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:日本教室 制限時間:30分 読者:91 人 文字数:1230字 お気に入り:0人
※現パロにしたかったけどよくわからなくなってしまった ソロモン転校生 2学期の半ば。 2000年に世界が終わるだの、マヤ文明だの、世界滅亡の予言がいくつもなされ 〈続きを読む〉