ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:彼が愛した絶望 制限時間:30分 読者:114 人 文字数:1219字 お気に入り:0人

髭膝前提 岩膝習作

※髭膝前提の岩膝。腐表現あり。救われない

 ある本丸に岩融という薙刀がいた。それはかつての持ち主の弁慶の主人、義経の刀を殊更敬愛していた。それは親愛、もしくは恋愛といっても差し支えないほどに盲目的なものだった。義経の刀で本丸にいるのは二振。今剣と薄緑、と呼ばれていたいまは膝丸という刀。
 今剣は短刀で子供の容姿をしていたもので、親愛、敬愛、あるいは友愛といったものを抱きこそすれ、恋愛というものは特になかった。膝丸は今剣がきてから大分あとに来たもので、来る前岩融は思っていた。きっと今剣のように主従以外にも友人としてよくできるだろうと。

 ……しかしそれは誤りであったということに岩融が気づいたのは膝丸が来てからしばらくして、彼の刀の兄に釘を刺されたときのことだった。彼の刀の兄は岩融に、敬愛するのは一向に構わないが邪な気を抱くな、と忠告した。岩融はそのようなことを忠告されたのに驚いたと同時に心のそこで深く納得していた。ああ自分は薄緑様に恋をしているのかと。

 そしてそのことに狂喜した。なんの因果か岩融は救われ、満たされた日々よりも欠けて物足りない日々を好いていた。人の身を味わうならば満たされた楽しいだけのつまらない生活よりも、満たされず苦しみにまみれた日々に焦がれる。それはきっと、兄に自刃するまでに追い込まれた義経のことを知っていて、義経の腹を切ったという今剣と長く共にいたからだろう。

 岩融が恋した膝丸は、すでに別の刀のものであった。叶うはずなど微塵もない恋。それが好きだった。もしかすれば、岩融は膝丸そのものが好きなのではなく、「髭切の物である膝丸」という存在に恋をしていたのかもしれない。叶わないことが分かってから恋をしたからそのように思えた。実際、彼の刀とその兄の関係は本刃たちはかくそうとしていはするが、分かるものには普通に気づかれていたし、岩融も膝丸のことは頻繁に見ていたから知っていた。
 ひどくむなしい気分に苛まれると同時、酷く気分が昂ぶる。大きな図体を丸めて高揚した気分を抑えようとしている岩融の姿はみなに隠させていた。流石に本刃もこれは知られては不味いと思っていたのだろう。

 ……ふと岩融の部屋の戸が開く。戸の隙間から顔を見せた膝丸が見た光景は上記したものと寸分も違わないものだった。

「我が君、お添いしてます。この身が焦がれるほどどうしようもなく、盲目的に」

 突然そのような言葉を浴びせられた膝丸は困惑の表情を浮かべてからすこしして、一変嫌悪したとでもいうかの表情を浮かべた。

「お前は、かつての主の臣下の刀であり、それ以上でもそれ以下でもない。昔の主の影響かと敬愛までは受け入れていたが、それは主従からは逸脱してはいないか」

 やはり、彼の刀はどうしようもなく岩融に嫌悪していた。自らの気持を隠そうともせずに嫌悪の色をにじませた声にはたして岩融は、どうしようもなく歓喜していた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者: ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:見憶えのある時計 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1227字 お気に入り:0人
「ねえ、主。その時計はつけないのかい」久々に近侍を任された日の休憩時にずっと気になっていたことを主に聞いてみた。いつも主の机の上に置かれている腕時計のことだ。腕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:10の僕 制限時間:30分 読者:240 人 文字数:595字 お気に入り:0人
本丸に初めて降りたった俺戦場で真っ赤に染まった俺沢山の仲間に心配され、主の目を腫らしてしまった俺初めて針と糸を持った俺仲間と主を驚かしてこっぴどく叱られた俺仲間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:かっこいい熱帯魚 制限時間:15分 読者:116 人 文字数:312字 お気に入り:0人
大将が魚を買ってきた。食うのかと思ったが食用じゃなく鑑賞用だった。『えんぜるふぃっしゅ』とかいう外国の魚で、冷ためのぬるま湯ほどの水温で飼う魚らしい。大将は『う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:私の仕事 制限時間:15分 読者:285 人 文字数:556字 お気に入り:0人
※歌さに、闇落ちした刀の破壊。 目前に立つは、何度見ても愛しきこの本丸の一口。されど彼が翳すのは忠義でなく、煌めく黒い刃。「主は後ろに」 審神者の傍に、彼が在っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:帝王の狂気 制限時間:15分 読者:224 人 文字数:578字 お気に入り:0人
※男→←審←←←歌、殺害 彼は、王だった。「何でも僕に相談してくれ」 歌仙兼定は初期刀だった。就任したての審神者を導き、この本丸を形成した。内番の当番表、戦闘の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:穢された計算 制限時間:15分 読者:190 人 文字数:1818字 お気に入り:0人
「うーん、」歌仙兼定は、先ほどほつれを直したばかりの真っ白だったはずの鶴丸の衣装を見て、どうしたものかと困り果てていた。少しお茶を飲もうかと、その部屋を離れてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:恋の諦め 制限時間:15分 読者:328 人 文字数:555字 お気に入り:0人
※歌さに(男←審←歌)、殺害、死体 審神者に男が居ると知った時。諦めよう、と思った。「でも、無理だったなあ」 審神者の頭部を抱えて歌仙兼定は笑う。体はどこかへ捨 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:不本意なゲーム 制限時間:15分 読者:365 人 文字数:827字 お気に入り:0人
※へし歌へし、死ネタ。 かり、かり。爪をやする音。「刀でも爪は伸びるんだな」 へし切長谷部がふと零す。ここは歌仙兼定とへし切長谷部の部屋。狭くなってきた本丸で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:殺された爆発 制限時間:15分 読者:356 人 文字数:728字 お気に入り:0人
「無念だ」 審神者の死骸が転がる庭にて、歌仙兼定は物思う。天候は曇り。なれど辺りは嫌に明るい。燃える本丸。木と肉と骨の焦げた臭い。風流とは程遠い。「貴様らにこの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:素人の抜け毛 制限時間:15分 読者:317 人 文字数:808字 お気に入り:0人
廊下をすれ違いざま。へし切長谷部の鼻腔からぴんと一本の毛が生えていることに気がついた。「君、鼻毛が出てるよ」 歌仙兼定は、取り敢えず声をかけてやる事にした。あ 〈続きを読む〉

羽白@白鮭の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:羽白@白鮭 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:青い結末 制限時間:1時間 読者:60 人 文字数:2226字 お気に入り:0人
髭膝習作 兄者、兄者と僕を呼ぶ弟の声が好きだった。どうしても自分の名や弟の名が今何なのかを思い出すのは苦手だったけれど、弟が泣いてしまいそうな様子をだすと、思い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:羽白@白鮭 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:彼が愛した絶望 制限時間:30分 読者:114 人 文字数:1219字 お気に入り:0人
※髭膝前提の岩膝。腐表現あり。救われない ある本丸に岩融という薙刀がいた。それはかつての持ち主の弁慶の主人、義経の刀を殊更敬愛していた。それは親愛、もしくは恋愛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:羽白@白鮭 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:灰色の僕 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:905字 お気に入り:1人
髭膝習作。安定のメリバ(SS)「兄者」 そう言って僕を呼ぶ弟を認識するといつも他の……多分幻聴にかき消される。それは友切の頃の記憶であったり、分かたれたばかりの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:羽白@白鮭 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:腐った猫 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:985字 お気に入り:0人
※救われない「兄者、それはどうした。」 本丸でこそこそと動いていたらふと弟に話しかけられた。とはいえ弟はもともと僕の行動に敏感だったから隠し通せるなどと思っては 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作 ※未完
作者:羽白@白鮭 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:真実の決別 制限時間:2時間 読者:72 人 文字数:980字 お気に入り:0人
髭膝(腐注意・破壊ボイスあり) かつて、弟と離れた時に作られた、僕の写しを僕は切った。それが、髭切以外の僕に与えられた名の一つである「友切」になったというのは余 〈続きを読む〉