ジャンル:黒子のバスケ 黒子 お題:計算ずくめの小説上達法 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:761字 お気に入り:0人

食べたら、持てない ※未完

確認しました。お疲れ様でした
藍澤からSMSでの返信が来た。テーブルに突っ伏した状態で、顔を横を向け、スマートフォンの画面を見ていた。
(おわった……
毎度毎度、どうしてこんなに切羽詰るのか。もう五年目になるのに、いつもこうだ。計画通りにいったためしが無い。
(〆切があるから、物語は完成する、か……
目を閉じて、よく耳にする格言を思い出した。永遠に同じ話を書き続ける、なんてことはプルーストにしか許されていなかったのではなかろうか。というか、昔の文豪は、よくもあんな長い話を、PCなしで書き続けられたものだ。偉大なる人たちだ。
生きてんのか
上から降ってきたのは黛の声だった。
生きてます
目も開けず、顔も上げず、何とも無礼な状態のまま応じたのは、簡単に言うと、脱力しているからだった。黛もその事情を知っているのだろう、掛けてきたのが生存確認だったのだから。
おかわりは
いただきます
終わったのか
終わりました
カタ、とテーブルに何か置かれた。甘い匂いがした。
(ブルーベリー……
匂いにつられて目を開く。顔の目の前に置かれていたそれは、白い何か。おそらくケーキだ。
(今日のケーキって何だったかな
この喫茶店に来てケーキセットを頼むことは少なかった。ココアをおかわりし続け、たまにベルガモットを頼む。昼食時はサンドイッチ。バニラシェイクは好きだったが、ケーキはそれほど好きではなかった。
(おいしいんだろうな
体勢を戻し、改めてテーブルの上を見つめた。チーズケーキだろうか。その上に、てらてらと光ったブルーベリーとラズベリーが載っていた。紫原お手製のケーキ。甘いものが好きな彼は、甘すぎないケーキを作る。プライベートで彼の試作品を食べさせられたことは何度もあった。おいしい、とつ応えても、うん、と頷くだけで




同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 黒子 お題:空前絶後の哀れみ 制限時間:15分 読者:473 人 文字数:858字 お気に入り:0人
自分の怒りに目を向けていた。その原因も分かっていた。しかし口をついて出たのは、彼の無自覚さを非難する言葉だった。いい加減にしてくださいその言葉を制御する理性がな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 黒子 お題:ダイナミックな道のり 制限時間:15分 読者:523 人 文字数:1065字 お気に入り:0人
人には持って産まれたものがあるというならば、それは自分の歩幅だけなのだろう。彼らのように一足飛びにそこまでたどり着くことはできない。それでも、と黒子は思う。それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 黒子 お題:くさい海辺 制限時間:15分 読者:493 人 文字数:810字 お気に入り:0人
蜘蛛の子を散らすように、園児たちは走り出す。同僚がうわあ、と声を上げ、黒子は一番先頭を走っている子どもに追いつこうと砂浜を蹴った。四方八方に散らばるけれど、一人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 黒子 お題:苦し紛れの小説家 制限時間:15分 読者:421 人 文字数:866字 お気に入り:0人
ネタが尽きると身近な人間の話になるのはお笑いだけではない。新人作家として華々しくデビューできなくとも締め切りはやってくる。ただでさえ目立たないデビュー、アングラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 黒子 お題:ゆるふわ愛され信仰 制限時間:30分 読者:593 人 文字数:1119字 お気に入り:0人
わかりやすいものに真実は含まれていない。本を読み過ぎたせいだろうか。僕は物事を色んな風にひっくり返して見るようになった。正面から受け取りはする。でも、すぐに僕の 〈続きを読む〉

かみむら@Prompt 7月DCR原稿中の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt 7月DCR原稿中 ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:悲観的な惑星 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:999字 お気に入り:0人
揚屋の者がなぜここへ?真太郎さんに勝ちましたから勝った?へえ理由を説明すると安平は、そんな方法があるのか、と階段を登っていった。二階に真太郎がいたのを知っていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
pthp 2 ※未完
作者:かみむら@Prompt 7月DCR原稿中 ジャンル:黒子のバスケ 青黒 お題:女のハゲ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:755字 お気に入り:0人
やっぱりっつーか、あの緑間っちの反応緑間がトイレに行った隙を狙って、黄瀬が言った。わかっていたんですけどテツが言った。別に、みどちんだけじゃん紫原が言うと、赤司 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
pthp ※未完
作者:かみむら@Prompt 7月DCR原稿中 ジャンル:黒子のバスケ 青黒 お題:つらい友人 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:744字 お気に入り:0人
テツの言っていた通りだった。緑間一人が動揺していた。紫原はいつもの眠そうな顔、赤司は何だか笑っているようだったし、黄瀬は元々知っている。おい、と声を掛ければ、緑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
いじわる ※未完
作者:かみむら@Prompt 7月DCR原稿中 ジャンル:黒子のバスケ 子ども世代 お題:最強の妹 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:768字 お気に入り:0人
尚ちゃん、いい子なんだよ、と私がいうと、悪い子じゃないね、と征十郎さんは言う。征十郎さんは尚を褒めない。不思議なほど褒めない。私のことは褒めてくれる。幼い頃は今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
美人の定義 ※未完
作者:かみむら@Prompt 7月DCR原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:群馬の空想 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:622字 お気に入り:0人
タツヤの母親の出身地が秋田県と聞いたのは、たぶん、出会った頃だった。バスケを教えてもらって、勉強を教えてもらって、朝も帰りも一緒に帰るようになって、いろんな話を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
宵明け ※未完
作者:かみむら@Prompt 7月DCR原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:朝の家 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:677字 お気に入り:0人
頬に触れているのが絨毯だと気づいたのは、その柔らかさのすぐ下に床の固さを感じたからだった。寝る場所はじゃんけんで決まった。人ん家でいちゃつくのやめてくださいっス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ころあい ※未完
作者:かみむら@Prompt 7月DCR原稿中 ジャンル:黒子のバスケ 赤司 お題:許されざる広告 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:651字 お気に入り:0人
一般認知度、上げていきますか書き上げたホワイトボードを見つめ、小野が言った。わかっていたことだった。打てる手はすべて打っていた。このままでも、成長率は前年比は保 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt 7月DCR原稿中 ジャンル:黒子のバスケ 黒子 お題:計算ずくめの小説上達法 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:761字 お気に入り:0人
確認しました。お疲れ様でした藍澤からSMSでの返信が来た。テーブルに突っ伏した状態で、顔を横を向け、スマートフォンの画面を見ていた。(おわった……毎度毎度、どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt 7月DCR原稿中 ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:失敗の軽犯罪 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:560字 お気に入り:0人
ここより他に行くところもなし。この屋形にたどり着いた者のほとんどが、そうだった。十になるかならないかの子どもは、銭と引き換えに屋形に引き取られる。下働きになるか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
よかにせ ※未完
作者:かみむら@Prompt 7月DCR原稿中 ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:凛としたゲーム 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:646字 お気に入り:0人
まったく言葉が通じないことはなかった。もともと薩摩は琉球の政治に口だけでなく人も送り込んできていた。文官は薩摩国の言葉を理解していた。琉球の中央の文化も、島々の 〈続きを読む〉