ジャンル:黒子のバスケ 黒子 お題:計算ずくめの小説上達法 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:761字 お気に入り:0人

食べたら、持てない ※未完

確認しました。お疲れ様でした
藍澤からSMSでの返信が来た。テーブルに突っ伏した状態で、顔を横を向け、スマートフォンの画面を見ていた。
(おわった……
毎度毎度、どうしてこんなに切羽詰るのか。もう五年目になるのに、いつもこうだ。計画通りにいったためしが無い。
(〆切があるから、物語は完成する、か……
目を閉じて、よく耳にする格言を思い出した。永遠に同じ話を書き続ける、なんてことはプルーストにしか許されていなかったのではなかろうか。というか、昔の文豪は、よくもあんな長い話を、PCなしで書き続けられたものだ。偉大なる人たちだ。
生きてんのか
上から降ってきたのは黛の声だった。
生きてます
目も開けず、顔も上げず、何とも無礼な状態のまま応じたのは、簡単に言うと、脱力しているからだった。黛もその事情を知っているのだろう、掛けてきたのが生存確認だったのだから。
おかわりは
いただきます
終わったのか
終わりました
カタ、とテーブルに何か置かれた。甘い匂いがした。
(ブルーベリー……
匂いにつられて目を開く。顔の目の前に置かれていたそれは、白い何か。おそらくケーキだ。
(今日のケーキって何だったかな
この喫茶店に来てケーキセットを頼むことは少なかった。ココアをおかわりし続け、たまにベルガモットを頼む。昼食時はサンドイッチ。バニラシェイクは好きだったが、ケーキはそれほど好きではなかった。
(おいしいんだろうな
体勢を戻し、改めてテーブルの上を見つめた。チーズケーキだろうか。その上に、てらてらと光ったブルーベリーとラズベリーが載っていた。紫原お手製のケーキ。甘いものが好きな彼は、甘すぎないケーキを作る。プライベートで彼の試作品を食べさせられたことは何度もあった。おいしい、とつ応えても、うん、と頷くだけで




同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 黒子 お題:空前絶後の哀れみ 制限時間:15分 読者:490 人 文字数:858字 お気に入り:0人
自分の怒りに目を向けていた。その原因も分かっていた。しかし口をついて出たのは、彼の無自覚さを非難する言葉だった。いい加減にしてくださいその言葉を制御する理性がな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 黒子 お題:ダイナミックな道のり 制限時間:15分 読者:548 人 文字数:1065字 お気に入り:0人
人には持って産まれたものがあるというならば、それは自分の歩幅だけなのだろう。彼らのように一足飛びにそこまでたどり着くことはできない。それでも、と黒子は思う。それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 黒子 お題:くさい海辺 制限時間:15分 読者:511 人 文字数:810字 お気に入り:0人
蜘蛛の子を散らすように、園児たちは走り出す。同僚がうわあ、と声を上げ、黒子は一番先頭を走っている子どもに追いつこうと砂浜を蹴った。四方八方に散らばるけれど、一人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 黒子 お題:苦し紛れの小説家 制限時間:15分 読者:449 人 文字数:866字 お気に入り:0人
ネタが尽きると身近な人間の話になるのはお笑いだけではない。新人作家として華々しくデビューできなくとも締め切りはやってくる。ただでさえ目立たないデビュー、アングラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 黒子 お題:ゆるふわ愛され信仰 制限時間:30分 読者:608 人 文字数:1119字 お気に入り:0人
わかりやすいものに真実は含まれていない。本を読み過ぎたせいだろうか。僕は物事を色んな風にひっくり返して見るようになった。正面から受け取りはする。でも、すぐに僕の 〈続きを読む〉

かみむら@Promptの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ モブ お題:つらい殺人 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:696字 お気に入り:0人
浮かれているのは自分より父親だった。それこそ鼻息を荒くして、ああだこうだと、何かに付けて騒いでいた。さすが江戸時代から続く呉服屋、結納の品がすばらしい、茶道も日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:出来損ないのラーメン 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:712字 お気に入り:0人
面白いネタから面白くないネタまで、玉石混交で送られてくるSNSのメッセージだった。まめにチェックはしない。一日の終わりに、たまに長めの休憩がとれた時に、新着マー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:傷だらけの耳 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:713字 お気に入り:0人
手ぬぐいを押し当てられた。いっ……ごめん。でも、けがで、血が……誰のせいだ、と言ってやりたかった。これはお前がつけた傷。お前がこの三日間のうちのどこかで付けた傷 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
島貴族にて2 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:打算的な運命 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:838字 お気に入り:0人
彼は辺りを見回しながら、案内された席まで進んだ。慣れてないんだろうな彼を誘ったのは勢いだ。実は冗談でもあった。目の前にあった島貴族。もう入ろうとしていたのだ。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:許せない極刑 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:628字 お気に入り:0人
会場は第二会議室目が合った男は、それを聞いて首をかしげた。健康診断でない?男はわずかに微笑んで首を振った。いや、俺は協力会社の人間だからそれは失礼ある程度の企業 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
まつがねの ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:汚れた境界 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:723字 お気に入り:0人
だーいちゃん、と後ろから声を掛けられた。屋上への階段を登り終えて、ちょうど扉を開くところ、そこでスマホが震えたので足を止めた。声を掛けられたからではなく、スマホ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ 黛葉 お題:すごいうどん 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:772字 お気に入り:0人
お代わり、と五回目の声が聞こえた。わんこ蕎麦じゃないんだからそう言ったのは実渕だった。蕎麦って腹にたまんねーな!そう言って根武谷はガハハと笑った。(こいつ、蕎麦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:意外な社会 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:807字 お気に入り:0人
緑間はこちらを見つめ、自信の無い口調で言った。いけまさん、ですか?赤司からだろうか。それとも小野からだろうか。こちらの名前を知っているようだった。はい。そうです 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ある日の14 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:走る罪人 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:670字 お気に入り:0人
何もわかっていないと言われているようなものだった。それでも、俺は真太郎を招き入れるために、玄関へ向かった。下働きの者たちが彼を眺め、声を掛けるわけでもなく、ちら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
押しかけっ子 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ 子ども世代 お題:黒尽くめの百合 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:692字 お気に入り:0人
こればっかりは親に感謝、ということなのだろう。何を着ても美人は美人。それこそ布一枚だって、それは変わりない。ミュシャの絵の女性たちもあきらかに布しかまとっていな 〈続きを読む〉