ジャンル:黒子のバスケ 赤司 お題:許されざる広告 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:651字 お気に入り:0人

ころあい ※未完

一般認知度、上げていきますか
書き上げたホワイトボードを見つめ、小野が言った。わかっていたことだった。打てる手はすべて打っていた。このままでも、成長率は前年比は保てる。
もう少し、といつも答えていた言葉を保留した。頑なに抑えていた手綱を、緩める時が来たのかもしれない。
どーすんの、とPC越しに池間の声が聞こえた。遠く海外から会議に出席していた。密室でする会議は好まない。これは私的な会合だった。しかし、会社立ち上げ当初からのメンバーが集まると、自然、会社の話になってしまう。そのうちに、小野が会社の現状をホワイトボードに書き始めた。人事課に移動しても小野は別のチームのミーティングに参加していた。名目は、そのチームが必要なメンバーを知るため。といっても、うちの社では別のチームのミーティングに他チームの者が参加するのは自由だった。そのことで新商品が開発されることもあった。
全面対決になんのか
池間が言った。小野は赤司の返答を待っていた。長い付き合いのため、彼らは赤司の血筋を知っていた。これまでも、この血のせいで、めんどうなことに巻き込まれていた。それを最小限にするために、ひっそりと営業活動を行ってきた。もう少し大々的にしては、と広報が提案してきても、開発の方を優先しよう、ともっともらしい返答をしてきた。
頃合かもしれない
そう答えると、PCの向こうから、ぴゅうと口笛が聞こえた。目を上げると、小野が微笑んでいた。
いいですね。最近、少々、仕事に張り合いが無かったので
よろしくおねがいします

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 赤司 お題:やわらかい痛み 制限時間:15分 読者:616 人 文字数:800字 お気に入り:0人
教室から出て、さらに廊下を進んで、階段を降りた。構内の人は少ない。放課後、部活の時間に構内に残るのは僅か。帝光中学は文武両道、部活をしないものは塾に通う。塾に通 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 赤司 お題:重い汗 制限時間:15分 読者:493 人 文字数:925字 お気に入り:0人
まだ足りない重たくなる身体を、それとは見せないように歩いた。頭は重い、それは重量ではなくイメージとしてであり、つまり精神的なものに左右されてしまっているというこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 赤司 お題:計算ずくめの眠り 制限時間:15分 読者:618 人 文字数:660字 お気に入り:0人
疲れているのかな、と寝息を立てている緑間を見て思った。彼の手には空になったグラスが握られていた。周囲を見渡せば、黄瀬も紫原もごろりとカーペットの上に横たわってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 赤司 お題:名付けるならばそれは僕 制限時間:15分 読者:556 人 文字数:890字 お気に入り:0人
すがすがしい空気だ、とぱちりと瞬いて思った。少しでも前触れがあればいいものを、今回は一気に引き出された。こちらの意図ではなく、明らかにあちらの意図で自分はここに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 赤司 お題:君のカラス 制限時間:30分 読者:479 人 文字数:1945字 お気に入り:0人
さて、と僕は情報を同期し始める。今まで彼は何をしていたか。昨日はコングレスの受付を済ませていた。非会員だけれど、その受付で入場料として数万円を払い、3日間行われ 〈続きを読む〉

かみむら@1月の原稿中の即興 二次小説


ユーザーアイコン
柔軟の必要性 ※未完
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:幸福な秀才 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:671字 お気に入り:0人
彼女の特性なのだろう。じゃあな、と微笑まれれば、うん、と頷いてしまう。この土地を離れる不安、日本に戻る不安、それは漠然とした不安だった。目の前ではなく、もっと先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:不本意な殺し屋 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:709字 お気に入り:0人
麦茶入りましたー縁側から庭に向かってそう言えば、松の木の下にいた赤司が立ち上がって首から掛けているタオルで汗を拭っていた。麦藁帽子にゴム長靴という典型的な農夫ス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:真実の保険 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:798字 お気に入り:0人
顔を合わせにくかったのか、歯をぐっとかみ締めているのが遠目でもわかった。油断すると逃げ出すのかもしれない。逃げ出さずに入る為に、歯を食いしばって耐えているのだろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ モブ お題:つらい殺人 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:696字 お気に入り:0人
浮かれているのは自分より父親だった。それこそ鼻息を荒くして、ああだこうだと、何かに付けて騒いでいた。さすが江戸時代から続く呉服屋、結納の品がすばらしい、茶道も日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:出来損ないのラーメン 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:712字 お気に入り:0人
面白いネタから面白くないネタまで、玉石混交で送られてくるSNSのメッセージだった。まめにチェックはしない。一日の終わりに、たまに長めの休憩がとれた時に、新着マー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:傷だらけの耳 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:713字 お気に入り:0人
手ぬぐいを押し当てられた。いっ……ごめん。でも、けがで、血が……誰のせいだ、と言ってやりたかった。これはお前がつけた傷。お前がこの三日間のうちのどこかで付けた傷 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
島貴族にて2 ※未完
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:打算的な運命 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:838字 お気に入り:0人
彼は辺りを見回しながら、案内された席まで進んだ。慣れてないんだろうな彼を誘ったのは勢いだ。実は冗談でもあった。目の前にあった島貴族。もう入ろうとしていたのだ。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:許せない極刑 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:628字 お気に入り:0人
会場は第二会議室目が合った男は、それを聞いて首をかしげた。健康診断でない?男はわずかに微笑んで首を振った。いや、俺は協力会社の人間だからそれは失礼ある程度の企業 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
まつがねの ※未完
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:汚れた境界 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:723字 お気に入り:0人
だーいちゃん、と後ろから声を掛けられた。屋上への階段を登り終えて、ちょうど扉を開くところ、そこでスマホが震えたので足を止めた。声を掛けられたからではなく、スマホ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ 黛葉 お題:すごいうどん 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:772字 お気に入り:0人
お代わり、と五回目の声が聞こえた。わんこ蕎麦じゃないんだからそう言ったのは実渕だった。蕎麦って腹にたまんねーな!そう言って根武谷はガハハと笑った。(こいつ、蕎麦 〈続きを読む〉