ジャンル:カルジュナ お題:意外!それはコメディ 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:1473字 お気に入り:0人

【カルジュナ】ショタスナイパーxボス7

人質を取られているというのに、一切の躊躇を感じさせない私たちに、予想が外れたとばかりに集まっていた下っ端たちが霧散していく。
私はふと思い出したように手榴弾を取り出し、埠頭の最も大きなコンテナに向けて、片手で精一杯の力を込めて投げてやった。急ハンドルを切り、その場を後にする私の動きを読んでいたかのようにカルナが照準をずらし、障害になっているフェンスを、鍵ごと吹き飛ばす。
こうまで息の合う輩も珍しい、と私は少しだけ口元を緩める。

「アルジュナ。人質はどこに居る」
「ここには居ないだろう。心当たりはある。端から潰していくぞ」

カルナが驚く気配が伝わってくる。どうせ私のことだから、大事を取って交渉から入るのだと、まだどこかで考えていたのかもしれない。

「あのリストにあった者たちは、絶対に死なない。そういう奴らだ」
「信頼、しているのか」
「あぁ」

ボスよりも、と私はささやかな声で続けた。
私がこの世界に足を踏み入れたのは、ただ肉親がこちらの人間だったからだ。カルナよりも幼い時に人の急所を教えられ、媚びの売り方を知り、人の心を舌先で転がすことを覚えた。

「先に裏切られたのだ。命を狙われ返しても文句は言うまいよ」

くつくつと私は笑いを噛み殺すように笑い、再びハイウェイを走り出す。私のハンドルを握る手に、そっとカルナの手が重ねられる。白く細い手は、銃からの排気による火傷を恐れていないようにも見えた。きっと、自分の手に合う手袋が無かったのだろう。スナイパーとも見紛うカルナの銃捌きは、その体躯に見合わぬ大人用の手袋を着用しては難しくなるはずだ。

「やめろ。運転を誤る」
「オレはそれでも構わない。それくらい、今のアルジュナは魅力的だ」
「口説いているのか?」
「伝わっていなかったとは心外だ」

む、とカルナが私の頬にキスをした。私はそれを拒まない。

「お前をボスにしたら、これ以上の報酬を貰おう」
「わざわざ予告するとは」
「でなければ、お前は拒否するだろう」
「そりゃあするだろう。私に幼児趣味はない」

カルナはするりと私の太腿を撫で、それから助手席に戻ってライフルの照準調整をする。言葉にせずとも、不服そうな雰囲気だけは分かる。
ハイウェイに流れるライトを横目に、私は、ビリーの言葉が近いうちに現実になるのだろう、ということを静かに確信していたし、カルナはきっと私のためにこれからも誰かを殺すのだろうな、ということを思った。
それは悲しいことだろうか? と私は私に問いかける。
私はカルナが、人並みの生活をして人並みの未来を手に入れることを願って孤児院へと送った。けれどもカルナはそれを幸福とは思わなかった。孤児院の院長の言った、「あの子は賢い。賢すぎるのです」という懺悔のようなフレーズが脳裏に響く。
賢さは罪ではない。無垢が罪ではないように。
そして全てを知って尚、罪業の上に立ち続ける気概を持った人間を、私は決して唾棄しない。

す、と深く息を吸う。きっと今頃は埠頭から連絡が入った隠れ家たちで上へ下への大騒動をしているはずだ。
銃を握り、敵のねぐらに突入して制圧する。死と生の境界線で踊る歓喜と高揚を、どう表現すれば良いのか。私はその時の昂りを思い出して自然と口元に弧を作った。

「言っておくが、アルジュナ」

銃弾の残量を数えながら、カルナがエンジン音に負けじと声を出す。

「オレがお前を抱く。それだけは違えるな」

私の脳は、カルナの言葉をシャットダウンした。そればかりは、どうやら聞き間違いだろう。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:春のエデン 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1821字 お気に入り:0人
「あぁ」 声が思ったよりも近い。アルジュナがそう思って振り向くと、十五センチメートルの定規よりも近い場所にカルナの瞳がある。咄嗟に後退ろうと足を引くが、実習机に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:重い顔 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:1686字 お気に入り:0人
ひときわ大きなガラス窓の前で降りしきる雪を眺めているアルジュナの横顔は、まるでそこが世界の終わりのように静かだった。カルデアでは、電力を魔力として代用している。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:静かなお天気雨 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:1151字 お気に入り:1人
思えば、こんなレイシフト場面は今までにも少なくなかった。天候は雷雨。視界は不良。足場は崩れやすく、敵は魔獣たち。しかし今回はどうにも運が悪かったと言わざるをえな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:コーヒーと料理 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:1561字 お気に入り:0人
それは風のように、または嵐のようにカルデア内を駆け巡る。或る者は一笑に伏し、或る者は首を傾げた。果てはまたも登場人物の少女が言う。『彼を最も愛する人が、彼の一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:遠いふわふわ 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:3315字 お気に入り:0人
放課後、三人は短大の本棟入り口で、ネロの言う「迎え」を待っていた。孔明もアルジュナから声をかけたのだが「忙しい」とけんもほろろに突っ返された。確かに孔明はアルジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ナウい映画 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
私とカルナはアジトにしている隠れ家たちを闇夜に紛れて襲撃し、その都度に部下を開放して回った。皆、ある程度は人権を守られていたようで、私は密やかに安堵の溜め息を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:意外!それはコメディ 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:1473字 お気に入り:0人
人質を取られているというのに、一切の躊躇を感じさせない私たちに、予想が外れたとばかりに集まっていた下っ端たちが霧散していく。私はふと思い出したように手榴弾を取り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:美しいネット 制限時間:15分 読者:106 人 文字数:1354字 お気に入り:0人
カルナの言葉は、何故かすんなりと私の中に着地した。「行くぞアルジュナ」「……せめて、年上として敬う態度を、と叱りたいところですが、今はやめておきましょう」私は屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:やば、電話 制限時間:15分 読者:127 人 文字数:1717字 お気に入り:0人
カルナと私の均衡が崩れたのは、奇しくも第三者たる存在が引き金となった。その日、私は珍しくスケジュールが崩れ、私用で繁華街へ出ていた。カルナに年相応の格好を、とブ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:秋のエデン 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:1797字 お気に入り:0人
本当にあいつは私の護衛にでもなりたいのだろうか。私の脳内の問いに答えてくれる人間は居ない。それこそ神であったとしても、私のこの問いに答えてくれたところで事態が好 〈続きを読む〉