ジャンル:メギド72 お題:死にぞこないの本 制限時間:30分 読者:144 人 文字数:1318字 お気に入り:0人

アンドラスさんなんか怖い話して

 アジトに集ったメギド達は、暇なときはしばしば集まって夜まで話し込んでいる。
 いやむしろ、時計の針もてっぺんを越したころには、「たむろしている」と言い表すほうが正確だろう。
 もう誰の席も誰の皿、誰のコップもうやむやになり、この上なく混とんとした光景が繰り広げられることも少なくはない。
 飲める者たちはみな酒が回っていて、収集がつかなくなっている。
「おぅい、アンドラス」
 夜になってようやくアジトに戻ってきたアンドラスは、通りすがって初めてにぎやかさに気が付いたのだろう。いつものとおり、張り付けたような、それでいて人懐っこいような不思議な笑みを向けた。
「やあ、にぎやかだね?」
「お前、なんだその染みは。こぼしたのか」
「はねた」
 なんでもツボに入るらしく、ブネが思い切り笑った。そのまま椅子に腰かけ、なにやら書籍を読みだしたアンドラスを、ガミジンが横から捕まえる。
「おい、医者ぁ。何か話せよ、面白い話、あんだろ」
「……面白い話?」
「急にふられても、そりゃ無茶ってもんだろうよ。吟遊詩人でもないんだ」
「あんでもいい、怪談の一個や二個あるだろ、なぁ?」
 ずいぶん酔っぱらっているようだ。
「そうだね……俺には面白い話はできないけど、人から聞いた話なら、あるよ」
 アンドラスは苦笑しつつも、ゆっくりと話し出した。
「これは、そう、俺がまだメギドラルを追放される前の話なんだけど……」
「あぁ? メギドラル?」
「けっ……メギドラルが何だってんだよ。
 各々の表情に嫌悪やら嫌悪やらある種の懐かしさやらが走った。
「そういやお前、あの噂は本当なのか、あの……」
 ガミジンが少し黙った。
「片っ端から無断でメギドを解剖していたっていう……」
「いいや」
 ゆっくりと首を横に振ったが、続く言葉は順接だった。
「”協力”してもらっていたんだ。と思う。全部じゃないけど、いろいろと条件を付けてね。そのころ俺はいろいろ”なし”で試すのに夢中で……。ある日、手術台に拘束されたメギドの一人が言うんだ。”これから面白いことを話すから、面白ければどうか殺してほしい”って……それで俺はしばらく手を止めて、彼が話している間だけは、じっと魅入るんだ」
「話に?」
「脳を走るパルスが地図みたいにきらめいていた」
 笑っていたメギド達も、急にぞくぞくとした寒気が走ったらしく、酒をあおったりしていた。
「比喩なんだよな?」
「彼の話は面白かった。でもね、俺は面白いと思うたび、どうなっているのか仕組みを知りたくなるんだ。いったいどういう脳みそをしているんだろうってずっと考えていた。彼は、毎晩、それはそれはすごく面白い話を聞かせてくれたよ。けれどある日、どうしても喋れなくなった。俺は……敬意を表して、そうだな……楽にしてあげたんだ」
「その話って、嘘なんだよな?」
「嘘?」
 アンドラスはちらりと時計を見た。もうすっかり2日になっているが、昨日は4月1日だった。
「ああ、うん、そうだね」
「なんだよ、脅かしやがってよぉ」
「怪談を話せっていったのはお前さんだろうに……おい、そりゃ俺のコップだ」
「知るかよ、寒くて仕方ねぇんだ」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

ぽつタイプライターの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:あいつの就職 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:758字 お気に入り:0人
雑魚メギド妄想その2「あの川を無事に渡り切ったら、俺たちの軍団に入れてやるよ」 そう言って、メギドはぺんと平たい石ころを放った。「おら、拾ってきな」 そんな無茶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:疲れた逃亡犯 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:872字 お気に入り:0人
※メギドラル時代のサレオスさんとすれちがう夢雑魚メギド妄想です 不意に姿を現した巨人の斧で、俺の軍団を率いていたメギドはあっさりと頭を勝ち割られていた。 何がそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:The Elder Scrolls お題:俺と母性 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:1421字 お気に入り:0人
ルマーリンが着替えているほうから短い笑い声が聞こえてきて、俺はまたくだらないジョークのくだらない思い出し笑いでもしているのだろうと思って無視を決め込んだ。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:そ、それは・・・外資系企業 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:1006字 お気に入り:0人
明日も知れぬ冒険者の一人として、カグツにも覚悟はそれなりにあったはずだった。 当たり前だと思っていたものが、一瞬でなくなる恐怖。確かなものなど、何一つとしてあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:ぐふふ、正義 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:992字 お気に入り:0人
ひどい匂いのする腐った水をモロに浴びた仲間たち、そして私は、駆け出しの安っぽい生地でできた装備をばらばらと地面に一個ずつ置いていく。その姿が、なぜだか愉快で仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:帝王の絵描き 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:1261字 お気に入り:0人
街道で幻獣と出くわした私は奇妙な集団に助けられた。 ソロモン一行と名乗る彼らは、年齢も性別もばらばらの、どこか歪な集団だった。町の衛兵が束になってもかなわなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:彼女とロボット 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
「やあウヴァル、おかえり」「……ただいま、戻った」 ウヴァルは、おかえりという響きにまだ慣れない。ただいまと返事を返すのもだ。「おかえりおかえりー! 外が暑い暑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:地獄克服 制限時間:30分 読者:88 人 文字数:1099字 お気に入り:0人
「ええ、マジかよ。さんざん水浴びたのに風呂はいらなきゃなんねーの?」「塩水じゃな、洗い流さなきゃあとあとやべーぞ」 道中、足を止めて海へとやってきたソロモン一行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:群馬の朝 制限時間:30分 読者:91 人 文字数:1807字 お気に入り:0人
ソロモン一行がようやく、シバから遠回しに依頼された「大樹ユグドラシル」を討伐し終えたころのことである。戦いが終わって一息ついてみると、倒れた木の近くで何か物音 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:かっこ悪い豪雨 制限時間:30分 読者:106 人 文字数:995字 お気に入り:0人
※舟渡ししながら旅してるサレオスさんとモブのヴィータ「なあ、あんた、おれの傷は深いのか……」「いや、そんなことはないさ」 舟渡しはあっさりとそう言ってのけると、 〈続きを読む〉