ジャンル:メギド72 お題:紅茶と円周率 制限時間:1時間 読者:194 人 文字数:1782字 お気に入り:0人

青空教室

 ソファーに偉そうに腰かけたフラウロスが、紙飛行機に折った問題用紙を飛ばす。紙飛行機がマルコシアスの肩をかすめる。
「ぎゃはは、惜しかったな」
「いけませんよ! しっかり学んでください! せっかくの機会なんですから!」
 メギドラルとヴァイガルドでは、それぞれ考え方も常識も違う。追放メギドたちのヴィータ社会へのなじみ方にはそれぞれ差異がある。というわけで、アジトではたまに手の空いた追放メギド達による青空教室が行われているのだった。
「俺別に頼んでないしー?」
「じゃあなんでくるんですか!」
「邪魔するのは楽しいだろ」
「おい、邪魔で見えねえんだけど!?」
「へっへ、悪い悪い」
 モラクスが声を荒げると、フラウロスはあっさり身をかがめた。机の上に足は乗ったままだったが。
 学級崩壊めいたこの光景も、微妙なバランスで均衡を保っている。
 要するに、割といつもの光景である。
「しっかしクソだろ、これになんの意味があんだよ」
「円周率は大事だよ~!」
 シャックスは教える側だ。事情を知らないものははじめ驚いたものだが、王立学院の生徒という肩書は伊達ではない。きらりとメガネ(伊達メガネだ)を輝かせて、黒板にチョークを走らせる。
「たとえばっ、直径25cmの1400円のピザと~、直径50センチ2800円のピザで、どっちがお得……とかとかネ!」
 黄色のチョークで超重要、と囲まれている。
「……どっちだ?」
 ソファーで昼寝をしていたガミジンがぼそっと言った。参加してはいないが、聞いていないようで聞いているようだ。マルコシアスは、思わずくすっと笑みを漏らした。
「わっかんね、どっちも食えばいいんじゃね?」
 フラウロスは暫く黒板をにらんでいたが、あっさりと匙を投げた。
「うわ、こいつと発想が被ったし!」
 モラクスが嫌そうな顔をする。それがまたおかしいようで、フラウロスが笑った。
「俺この席やだ。なあアモンー、席代わってくれよ」
「……」
「アモンったら!」
「「うるさい」」
 ウェパルとアモンの声がはもる。
「……静かにして。私は今本を読んでるの」

***

「それじゃあ、そろそろ休憩にしましょう。ピザの話を聞いてたらおなかすきました」
「それ、マルコシアスの都合じゃね?」
「やーっと終わりかよ。おい、紙飛行機、どっちが飛ぶか競争しようぜ。負けたら飯おごりな」
「私とですか? まあ、それも勉強の一つですしね……」
 なにも知識だけが勉強ではない。ヴァイガルド社会における生活も、立派な勉強の一つである。マルコシアスは意気揚々と三角の飛行機を折って「せいっ」と飛ばしたが、左右非対称の飛行機はへなりと軟着陸する。
「……よっわ!」
「うううううう……もう一回、もう一回です!」
「こういうのにはコツがあんだよ、教えてやんねーけど、ぎゃはは」

 読み書き、計算、戦闘訓練。アジトで行われている教室は割と多岐にわたる。

 アンドラスはそっと、落っこちたままの紙飛行機を拾い上げて丁寧に開き、折れ線を確かめた。勉強に関してはもっぱら教える側だが、常識に関しては学ぶ側でもある。
「コツがわかったよ。重心の位置が重要なんだ、つまり……こうだ」
「おっ、挑戦者かあ!? 受けて立つけど!?」
 アンドラスの紙飛行機は目論見通り、すうと風に乗っていく。が、一番飛ばしたフラウロスのところまではいかなかった。
「駄目だったか」
「へへっ、やるじゃん? ま、俺のほうがスゲーけど」
 フラウロスの紙飛行機を、無骨な紙飛行機が追い越した。
「あっ、なんだよ!? 誰だ?」
「あんまり調子に乗るなよ、寝れねェじゃねえか」
 起きだしてきたガミジンだ。
「おい、何か汚い手使ったろ!?」
「使ってねえ……こんなんでズルしてどうすんだよ」

「馬鹿みたい……男ってみんなああなの?」
「うーん、密集してるだけなんじゃないかなかな?」
「疲れました……久しぶりに疲れました……家に帰ったときみたいです」
 遠目に眺めるシャックスとウェパル、割と満足そうにぐったりと椅子によりかかるマルコシアスのもとに、吟遊詩人がさっと割り込んむ。
「やあ、お嬢さんたち、紅茶が入ったよ」
「バルバルナイス~!」
「見直しましたよ!」
「見直されるほど普段の評価が低いのかな!?」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:すの【新刊通販中】 ジャンル:メギド72 お題:素人のパソコン 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:2420字 お気に入り:0人
素人のPC→使いこなせないもの 触ってないのに壊れるもの クロケルがフォカロルのフェイタルブレードを落として壊すからあれやこれやと修理しようって頑張るけどダメ 〈続きを読む〉

ぽつタイプライターの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:恥ずかしい目 制限時間:30分 読者:80 人 文字数:1103字 お気に入り:0人
「なあマリー」「何、モラクス」「俺、マリーと似てる?」 まだガキだったころ、俺はマリーに幾度となく尋ねた。「似てないよ」 返ってくる答えはいつも一緒だ。 マリー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:あいつの就職 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:758字 お気に入り:1人
雑魚メギド妄想その2「あの川を無事に渡り切ったら、俺たちの軍団に入れてやるよ」 そう言って、メギドはぺんと平たい石ころを放った。「おら、拾ってきな」 そんな無茶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:疲れた逃亡犯 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:872字 お気に入り:0人
※メギドラル時代のサレオスさんとすれちがう夢雑魚メギド妄想です 不意に姿を現した巨人の斧で、俺の軍団を率いていたメギドはあっさりと頭を勝ち割られていた。 何がそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:The Elder Scrolls お題:俺と母性 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:1421字 お気に入り:0人
ルマーリンが着替えているほうから短い笑い声が聞こえてきて、俺はまたくだらないジョークのくだらない思い出し笑いでもしているのだろうと思って無視を決め込んだ。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:そ、それは・・・外資系企業 制限時間:30分 読者:60 人 文字数:1006字 お気に入り:0人
明日も知れぬ冒険者の一人として、カグツにも覚悟はそれなりにあったはずだった。 当たり前だと思っていたものが、一瞬でなくなる恐怖。確かなものなど、何一つとしてあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:ぐふふ、正義 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:992字 お気に入り:0人
ひどい匂いのする腐った水をモロに浴びた仲間たち、そして私は、駆け出しの安っぽい生地でできた装備をばらばらと地面に一個ずつ置いていく。その姿が、なぜだか愉快で仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:帝王の絵描き 制限時間:30分 読者:79 人 文字数:1261字 お気に入り:0人
街道で幻獣と出くわした私は奇妙な集団に助けられた。 ソロモン一行と名乗る彼らは、年齢も性別もばらばらの、どこか歪な集団だった。町の衛兵が束になってもかなわなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:彼女とロボット 制限時間:30分 読者:72 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
「やあウヴァル、おかえり」「……ただいま、戻った」 ウヴァルは、おかえりという響きにまだ慣れない。ただいまと返事を返すのもだ。「おかえりおかえりー! 外が暑い暑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:地獄克服 制限時間:30分 読者:103 人 文字数:1099字 お気に入り:0人
「ええ、マジかよ。さんざん水浴びたのに風呂はいらなきゃなんねーの?」「塩水じゃな、洗い流さなきゃあとあとやべーぞ」 道中、足を止めて海へとやってきたソロモン一行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:群馬の朝 制限時間:30分 読者:105 人 文字数:1807字 お気に入り:0人
ソロモン一行がようやく、シバから遠回しに依頼された「大樹ユグドラシル」を討伐し終えたころのことである。戦いが終わって一息ついてみると、倒れた木の近くで何か物音 〈続きを読む〉