ジャンル:Fate/Grand Order(腐) お題:ひねくれた微笑み 必須要素:手帳 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1197字 お気に入り:0人
[削除]

あんたに近づきたい






『シャルル=アンリ・サンソンは、戦闘中に微笑みを浮かべている』

こう言ってしまえば不謹慎に思えるかもしれないが、ところがどうして彼ほど人の命というものに敬意を払うものはいないとすら思えた。
ならば彼はなぜ、微笑みを浮かべるのだろうか。

カルデアに常駐している彼は微笑むどころか眉間に皺を寄せ、誰とも目線を合わせないように、と言わんばかりに地面を睨みつけている事が多い。もしくは馬の合わない音楽家と言い合ったり、苦労性仲間のような騎士と雑談をしたり……敬愛する王妃様の前では、たまに、笑っていないこともない。
不器用で、笑うことに慣れていないというのが透けて見えるぎこちない笑顔は、自分という存在を忌み嫌っているような冷えきった陰鬱な表情よりよっぽど彼らしい。
だが、それは戦闘中に見かける微笑みとは違う…もっと穏やかで優しいものだ。

敵を見据え、その白く美しい手に似つかわしくない大剣を振りかぶり、薄ら光の灯るアイスブルーをそのままに目の前を一面の赤へと変えるあの笑顔の、意味とはなんなのだろう…


***


古くなった革製の表紙の手帳をみやり、ロビンフッドはため息をついた。
これは、日記だ。
中に記されるのは日々の記録…主に、シャルル=アンリ・サンソンについての。

彼のことを気にかけ始めたのはいつからだったか。設備の都合で、と同室になった召喚当日?初めて同じ戦場に立ったあの聖地?それとも…カルデア最後のレイシフトとなった、あの異端の地での出来事の後?

そんなこと覚えてはいない。ただ何となく、どうしても、彼を何かしらの形で残しておきたかった。
彼の言葉を、視線を、笑顔を、優しさを、愛情を、この世から消し去ってしまうのは、はばかられた。
気の迷いと笑ってもいい。
日記をつけるなんてどこの中学生だとからかっても構わない。
でも、ロビンはそうしたいと思ったのだ。

心優しい、悩める処刑人が、なぜ戦闘中に微笑みを浮かべているのか。
それが分かれば、自分は、もう少し彼に近づけるのではないか。
そうなったら、自分は…彼の霊基に、遺れるだろうか。
自分の霊基に、彼の存在を刻むことはできるだろうか。

彼の白く美しい手が不必要な血にまみれるのは見たくない。
聖杯戦争なんて所詮は魔術師のエゴ、サンソンのようなタイプは苦悩して苦悩しておかしくなってしまうのではないかとすら思える。だから、召喚なんてされなきゃいい。
彼の中に自分が、自分の中に彼が遺ることが出来たなら、もしかしたら、座に還っても会いに行けるのではないだろうか。

馬鹿な考えだ。そうだろうとも。
それでも、退去まで秒読みとなったカルデアにおいては、とても魅力的に思えたのだ。

ぱたり、良質な皮の表紙を閉じ、ロビンは人知れずひねくれた愛に唇を吊り上げた。

ねぇ坊ちゃん、オレ、頑張って会いに行きますから

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターミリオンライブ お題:煙草と転職 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:400字 お気に入り:0人
「茜、ちょっといいか?」***「プロデューサーをやめることにしたんだ。いきなりでごめんな」プロちゃんはいつもは見せないような真面目な表情で茜ちゃんにそういった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:光の霧 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2423字 お気に入り:0人
光の霧3年生の修学旅行は、在校生が最も楽しみにしている行事だと言っても過言ではないだろう。氷帝学園の修学旅行は3年次の9月に行われ、行き先はヨーロッパ、オースト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:弱虫ペダル 東巻東 お題:つらい貯金 必須要素:クリスマス爆破計画 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:343字 お気に入り:0人
オレは数ヵ月前に出来た彼女のためにコツコツと貯金をして、プレゼントを買うつもりだった。しかし、なんと数日前にこのオレがフラれてしまったのだ!そのきっかけは、オレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:弱虫ペダル 東巻東 お題:免れた百合 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:356字 お気に入り:0人
巻ちゃんは英五が得意だ。この間はTOELFで8割を取ったと言っていたな! そんな巻ちゃんがイギリスに留学することを聞いたのは出発の一週間前のことだった。いつもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:寒い罪人 必須要素:時限爆弾 制限時間:2時間 読者:13 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
これはとある冬のお話。私と魔理沙は炬燵に入ってのんびりとしていました。なんでもない、ただの1日。ついうとうととしてしまっていた時でした。突然けたたましい音が鼓膜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:走る人々 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:792字 お気に入り:0人
「今日はいい天気だねぇ」「お前、いつもそればっかだな」魔法の森の入り口近く。そこには謎の古道具屋があった。店主の名は森近霖之助。彼は一人で店を開き、生活している 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:黒い同性愛 必須要素:うへへ 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:757字 お気に入り:0人
「すっずちゃ~ん♪いやわりぃね待たせちゃってさ!」「あはは、大丈夫、私も今来たところだから。」東龍学院高等部からほど近い喫茶店。私本居小鈴は、この子、河城にとり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:地獄発言 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:769字 お気に入り:0人
ここは旧地獄。その旧地獄の奥。そこには地霊殿と呼ばれる館が立っていた。「はぁ、今日の晩御飯どうしようかしら」地霊殿の主、古明地さとりは呟いた。「昨日の残り物でい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うちのトコでは お題:いわゆる曲 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:1501字 お気に入り:0人
上手くもなく、かといって悪目立ちするほどの下手さでもない、いたって平凡なリコーダーの音色にあくびが出る。こっそりしたつもりだったのだが、「眠いなら保健室に戻っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:宿命の成功 必須要素:800字以内 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:800字 お気に入り:0人
「俺、考ちゃんを愛するために生まれてきたんだと思う。」「…へ?」いつもおどけてばかりの恋人が急に真面目な顔をして言うから、おたまでカレーを掬った格好のままフリー 〈続きを読む〉