ジャンル:刀剣乱舞 お題:子供のにおい 制限時間:30分 読者:135 人 文字数:1209字 お気に入り:0人

残り香だけが知っている

軽い足取り。パタパタと忙しなく右左。今日も元気に賑やかだ。珈琲が美味い。
「つるまる、またさぼってる!」
小さな体躯で、胸を張って怒る仕草は微笑ましく茶色の髪がふわふわと身体に合わせて揺れるのがまた愛らしい。つい笑みを漏らせば「なにがおもしろいの!」とむくれっ面になる。コロコロ変わる感情がまた一層。
「御手杵が走り回ってるのがなぁ、面白くてつい」
「おもしろくない!つるまるが、うごかないから!おれがかわりにうごいてんの!」
もー!と唸る様は牛か。言ったらまた怒られそうなので、曖昧に笑んで誤魔化す。
いまは四月。新年度。新学期。新生活。並べられる「新」はたくさん思いつくことだろう。床に直で座って珈琲を啜る鶴丸国永もその新生活に飛び込んだ大衆の一人であった。
「明日から仕事だからなぁ、ゆっくりしたいだろ?」
「しごとしててもだらだらしてる!」
「一緒にごろーんしよう」
「しない!」
「……君は働き者だなぁ」
「つるまるがなまけものなんだよ!」

一人の少年を預かったのは偶然だった。

連絡が入り知り合いの家を尋ねたらもぬけの殻。そこに一通の手紙と体育座りをした少年がぽつんと在った。あの光景は未だに思い出すだけひやりとしたものが背筋を駆け抜ける。どこの子だと誰の子だと手紙を一通り目にしても記載はなく、ただ最後に「この子を頼む」しか書いてなかったのだ。今になって思えばあの連絡の時にどいう言う事情かを問いただせばよかったのだ。そうすればいま、こうなっていなかったのに。
少年の名前は「御手杵」という。それが苗字なのか名前なのか、少年はそれ以外口にしなかった。今もそれ以外分からない。
だけれど、こうして元気に駆け回っている姿を見ると何かを思い出しそうになる。それが何なのか鶴丸には全く分からないが。

そう、分からないことだらけのまま少年を預かっている。

「ん、牛乳か?」
くんと鼻を鳴らせば甘い匂い。首を傾げれば、御手杵が駆け寄ってきた。
「ごろーんはしないけど、きゅうけい!」
そういって緑色のマグカップを大事そうに抱えながら鶴丸の隣に胡坐をかいた。たっぷりと入ったホットミルクだ。
「牛乳なんていつ買ったんだ」
「たべるものないっていって、かったじゃん」
「あー、スーパーか」
「もうわすれたのか」
「考えることが多くてなぁ」
じろりと見られたが本当のことだ。別に忘れていたわけではないが、適当に食材をかごに入れたことは覚えている。だが牛乳は入れた覚えがない。きっとこの子がいれたのだろう。
「だっておれ、こーひーのめない」
「いつかは飲めるさ」
「つるまるといっしょにのみたい」
「ははっ、いつかな」
「うえー」
可愛いことを言うもんだ。柔らかい髪をたくさん撫でてやる。御手杵といつか一緒に珈琲を飲める日が来るのだろうか。

「そのときまで俺と一緒にいるのだろうか」

悲しくミルクだけが香った。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:穏やかな博物館 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:632字 お気に入り:0人
とある審神者が生まれたきっかけ。小さな博物館にはこれまた小さな土産物の売店がある。博物館にちなんだ品はもとより周辺地域に関連する品物も並んでおり、座って談笑でき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 お題:アブノーマルな過ち 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1169字 お気に入り:0人
同田貫正国はその空間にいた。自分を形作るすべての『同田貫正国』が存在するおそらく自分の中にある名もなき場所。説明するにはいささか時間が足りないので割愛してここに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 お題:幸福な就職 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1089字 お気に入り:0人
改変された歴史…聚楽第での任務が終わった。長いようで短かった監査の任を終えた山姥切長義は新しい就職先…いや配属先といった方がいいかもしれない、某本丸の縁側でぼう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:生きている私 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:584字 お気に入り:0人
俺はオーディションに来た。現世に審神者をやらんかと誘うのを仕事とする部隊を結成する為だ。時間遡行軍に対する為に刀剣男士を権限させる力を持つ審神者なるものは未だ足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:真実の円周率 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:1190字 お気に入り:0人
君達と戦うようになってからどれほどの時間が過ぎただろう。歴史を守る戦いは今日も、昨日も、一週間前も、一年前も、手を変え、場所を変え、あらゆる時代で繰り広げられる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:同性愛の絵画 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:1057字 お気に入り:0人
「これは見てはいけないやつだ…」加州清光は僅かに震えながら呟いた。親切心だった。いつもなんだかんだ世話になっている初期刀殿がなにやら疲れた顔をしていて、主に聞け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:生きている私 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:1876字 お気に入り:0人
俺は崇められている。俺が瞼をあげるよりも前に深くこうべを垂れる女人の姿が御簾の向こうに見えた。「お待ち申し上げておりました三日月宗近様。あなた様がいらしたことで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:灰色の恋 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:807字 お気に入り:0人
俺たちが戦う付喪神としての『叩き台』だということは薄々分かっていた。顕現されたばかりの刀剣男士という存在が如何に信用されていないか、時の政府と名乗るあいつらの態 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:純白の復讐 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:4646字 お気に入り:0人
電子の海折り返し8 ※未完電子の海折り返し7 ※未完電子の海折り返し5「今日はあったかいし、小春日和だね」「主、それは冬の季語です」「そうなの?ふふ、平野は物知 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:左の少数派 制限時間:30分 読者:73 人 文字数:441字 お気に入り:0人
「おや、珍しい」 金色の両瞳が不思議そうに瞬いた。何が珍しいのか、とでも言いたげである。「そのピン可愛いね」 ほれほれと審神者が指さすと、彼は花が咲いたようにぱ 〈続きを読む〉

からすうりの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:生きている犬 制限時間:30分 読者:193 人 文字数:802字 お気に入り:0人
バタバタと忙しない足音が、近づいてくる。何だ?と一期一振は首を傾げる。これが万が一、自身の兄弟たちであれば理由を聞いた上で場合によっては叱らねばなるまい。そう思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
真昼の夜 ※未完
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:箱の中の深夜 必須要素:「ひょえー」 制限時間:30分 読者:149 人 文字数:1275字 お気に入り:0人
鶴丸の部屋には驚きが詰まっている。などと皆一様にして同じ言葉を発した。だから御手杵はつい、好奇心をむきだしにしてしまったのだ。いけないことだということは頭で理解 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:子供のにおい 制限時間:30分 読者:135 人 文字数:1209字 お気に入り:0人
軽い足取り。パタパタと忙しなく右左。今日も元気に賑やかだ。珈琲が美味い。「つるまる、またさぼってる!」小さな体躯で、胸を張って怒る仕草は微笑ましく茶色の髪がふわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
春の美 ※未完
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:美しい整形 制限時間:30分 読者:144 人 文字数:750字 お気に入り:0人
桜の花びらが舞う。ほのかに甘い香りが鼻腔に辿り着く。体感する温度は寒気とは違い、温く巨躯を包んでいく。なるほど、これが春か。「とうとう一巡りしたな」弾んだ声。そ 〈続きを読む〉