ジャンル:ファイアーエムブレム聖魔の光石 お題:美しいブランド品 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:817字 お気に入り:0人
[削除]

きみのための

 王侯貴族のもとに献上されるものというのは、大体は有名なブランド、もしくは職人のものである。ラーチェルがこれまでに受け取ってきたものも、その例に漏れずロストン国内や他国の著名な銘柄のものであった。それらはさすがと言うか当然というか、質デザイン共に優れている。
 けれど、良いものだと思うのとはまた別に、自分の好みかという問題がある。以前貰った胸元が大きく開いた真っ赤なドレスは自分の新緑の髪とどうにも合わなかったし、この前の大ぶりな宝石がついたネックレスは、あまりにも重すぎて身に着けられるようなものではなかった。
 それでもにこりと笑って受け取るというのが義務というものだ。そして受け取った以上、一度は身に着けるのが礼儀というもの。たとえそれが似合わないドレスであろうと、首がちぎれてしまいそうなほど重いネックレスであっても。

 正直に言うと、「あの」ヒーニアス王子がドレスを寄越すと言ってきた瞬間、また扱いに困るものが増えると瞬間的に思ったのだ。フレリア王家お抱えの職人に仕立てさせたこれ以上ない作品、つまり自国自慢の一環としてわざわざ贈ってくるものが自分の趣味に合うとも思えない。きっと彼の国のつつましやかな女性を想定して作られたであろうそのドレスが、華やかな自分の雰囲気に合致するはずもない。
 ――そう、思っていたのに。
「……な、なかなか、やるじゃありませんの」
 胸元にあしらわれた花の意匠に、ふわりと広がった裾はなかなかどうして好ましい色合いは淡い緑で自分の髪の色にも合っている。
 端的に言えばそう、とても好み。
「当然だ。我がフレリアが誇る職人が作り上げたものだからな」
 自信満々に言うヒーニアス王子。ちょっとだけ悔しい。
「そして何より」
 王子が手を取り、恭しくくちづける。突然のことにきょとんとする自分に、やさしく笑いかけて、そして言う。
 
「君に似合うようにと考えて、私がデザインしたものなのだから」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:ファイアーエムブレム聖魔の光石 お題:昼の事件 制限時間:15分 読者:141 人 文字数:662字 お気に入り:0人
※アスレイ×ルーテ「妥当です」「え、美味しくなかったでしょうか」「妥当ですよ。この食卓は極めて理にかなっています。非常に満足の出来る味ですし、栄養バランスも申し 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:血界戦線 お題:楽しかった草 必須要素:映画 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:2794字 お気に入り:0人
水曜日の寝床はルーシー。赤茶けた髪とそばかすの散った頬、大ぶりの眼鏡ばかりがよく目立つ。出会った当初はこんな混沌の街に不似合いの田舎娘だった。仕事さぼって腹減っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:プリパラ お題:限りなく透明に近いうどん 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:608字 お気に入り:0人
「ねえねえ、みれぃ!今日、このコーデでおそろライブしよ!」「良いっぷりよ~☆」コーデの数だけマイチケをスキャンしてね。お友達のトモチケもスキャンできるよ。きらき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさん腐るスターズ! お題:彼と夕方 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:786字 お気に入り:0人
行きと違って帰りは足取りが重い。学校に向かう時は、あの子に会える喜びでいっぱいだ。家に帰る時には、あの子と一旦お別れをしなければならない。また明日ね、彼はそう言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:勇敢な体 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1122字 お気に入り:0人
槍弓「ヘマすんじゃねーぞ」「君に言われたくはないな。あの魔獣と違わないその猪突猛進ぶりには驚かされる。…ああ、君は猪ではなくフリスビーに飛びつく犬だったかね?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:意外!それは沈黙 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1474字 お気に入り:0人
意外!それは沈黙雲雀×夢ヒロインテーブルの上には今朝郵便受けに入れられていた手紙が並べられている。私はその中で、一際可愛らしい装飾がなされたハガキを手にとって、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:小説の魔法使い 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1117字 お気に入り:0人
青ざめた指先の向こう。あまりにも頼りなく薄い刃物。今にも折れそうな不銹鋼だが、僅かに引くだけで的確に肉を削ぐ。寸分の狂いもない腕前。苦痛に喘いでいた大男から鉛玉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティ!ー お題:鳥の雨 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1424字 お気に入り:0人
雨がちな日に生まれたんだなあって思ってた。私は、子供の頃から、あの《キラキラドキドキ》を見つけた日から、星空を見るのが大好きで。大好きなお友達。お父さん。お母さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:呪術廻戦 お題:ちっちゃな大地 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:428字 お気に入り:0人
眼下の光景は、何もかもがミニチュアで出来たおもちゃの街のようで、ビルや人に埋め尽くされて地面なんて米粒くらいの大きさだ。そんな巨人の視点は、地面を這う人間たち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:許されざる猫 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:2537字 お気に入り:0人
もしも私が本当の人間だったら、貴方の歯止めとなるのだろうか。私は私であって、私でない。存在しているというのは間違いなく、姿かたちがいわゆる人間であることも間違い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:穢された交わり 必須要素:浦島太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:660字 お気に入り:0人
たもし、時から逃げられる玉手箱を手に入れられるのなら、哀れな亀さえ助けただろうか。まだ若い時分、世の中には嫌になるくらいの悪意と不条理に包まれていた。戦が終わっ 〈続きを読む〉