ジャンル:ファイアーエムブレム聖魔の光石 お題:美しいブランド品 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:817字 お気に入り:0人
[削除]

きみのための

 王侯貴族のもとに献上されるものというのは、大体は有名なブランド、もしくは職人のものである。ラーチェルがこれまでに受け取ってきたものも、その例に漏れずロストン国内や他国の著名な銘柄のものであった。それらはさすがと言うか当然というか、質デザイン共に優れている。
 けれど、良いものだと思うのとはまた別に、自分の好みかという問題がある。以前貰った胸元が大きく開いた真っ赤なドレスは自分の新緑の髪とどうにも合わなかったし、この前の大ぶりな宝石がついたネックレスは、あまりにも重すぎて身に着けられるようなものではなかった。
 それでもにこりと笑って受け取るというのが義務というものだ。そして受け取った以上、一度は身に着けるのが礼儀というもの。たとえそれが似合わないドレスであろうと、首がちぎれてしまいそうなほど重いネックレスであっても。

 正直に言うと、「あの」ヒーニアス王子がドレスを寄越すと言ってきた瞬間、また扱いに困るものが増えると瞬間的に思ったのだ。フレリア王家お抱えの職人に仕立てさせたこれ以上ない作品、つまり自国自慢の一環としてわざわざ贈ってくるものが自分の趣味に合うとも思えない。きっと彼の国のつつましやかな女性を想定して作られたであろうそのドレスが、華やかな自分の雰囲気に合致するはずもない。
 ――そう、思っていたのに。
「……な、なかなか、やるじゃありませんの」
 胸元にあしらわれた花の意匠に、ふわりと広がった裾はなかなかどうして好ましい色合いは淡い緑で自分の髪の色にも合っている。
 端的に言えばそう、とても好み。
「当然だ。我がフレリアが誇る職人が作り上げたものだからな」
 自信満々に言うヒーニアス王子。ちょっとだけ悔しい。
「そして何より」
 王子が手を取り、恭しくくちづける。突然のことにきょとんとする自分に、やさしく笑いかけて、そして言う。
 
「君に似合うようにと考えて、私がデザインしたものなのだから」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:ファイアーエムブレム聖魔の光石 お題:昼の事件 制限時間:15分 読者:119 人 文字数:662字 お気に入り:0人
※アスレイ×ルーテ「妥当です」「え、美味しくなかったでしょうか」「妥当ですよ。この食卓は極めて理にかなっています。非常に満足の出来る味ですし、栄養バランスも申し 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:不本意な夫 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1649字 お気に入り:0人
山吹亘史が、やまぶきベーカリーを軌道に乗せるまで、なにも苦労しなかったわけではない。 全国各地で、商店街の空洞化が叫ばれる昨今である。東京の、それも文教地区に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:大人の帰り道 必須要素:しゃっくり 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:397字 お気に入り:0人
妙なことをいう、同行人の顔にはこちらがどれほど苦労しようと、表情は浮かばない。その一瞥で裂かれそうな眼が、雄弁に物を語るのを見たのは同じ学園に在籍していた、あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:消えた火 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:2247字 お気に入り:0人
五幕のifの世界です。兎王国の軽い設定を拝借しただけの、五幕の内容は読んでないので、ネタバレにはならない&解らない前提の捏造甚だしいifのお話。パンフ届くのが待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:君の宿命 制限時間:4時間 読者:7 人 文字数:2773字 お気に入り:0人
エレンが楽園を出てマーレ国に向かう少し前の設定です。クルーガーに一方的に話しかけるという内容です。オリキャラが一人いる上に、妄想と捏造を多々含みます。「楽園に居 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:人妻の血痕 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1116字 お気に入り:0人
どうしようどうしようどうしようどうしよう……。コレは絶対にまずい。こんなのがばれたら、黒森峰は終わりだ。だが、私には一切実に覚えがない。だけど、私のティーガーに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:許せない寒空 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:1697字 お気に入り:0人
あったかもしれなかったガールズ&パンツァーすでにここに私が到着してから1時間が経過している。待ち合わせの時刻は30分は悠に超えている。本土の気候は、もうすぐ五月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:小林さんちのメイドラゴン お題:早い錬金術 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1351字 お気に入り:0人
「小林さん小林さん!見てくださいよ!」トールがなにやら声を弾ませてリビングへとやってきた。こういう時は大抵わけのわからんものを持ってくるのだ。この前はダレダカに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:きちんとした旅行 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:309字 お気に入り:0人
「寒い…。」思わず呟かずにはいられなかった。寒さを誤魔化すように走ると溶けかかった雪がぴしゃぴしゃと不快な音をたててきた。 空を仰げば雨と雪が混ざったようなも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:初めての消しゴム 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:816字 お気に入り:0人
「ペコ、これ、消しゴムかけてくれる?」「……はい」私はダージリン様から原稿を受け取り、こしこしとその上に消しゴムを転がして行きます。この『ネリケシ』というのは初 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:大人のボーイズ 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:2454字 お気に入り:0人
「大人の雰囲気って、憧れるな…」国木田、太宰、乱歩が事件の調査に出かけ、与謝野、鏡花が買い物に出かけたのどかな昼下がり。全ては、敦のこの独り言から始まった。「ど 〈続きを読む〉