ジャンル:ファイアーエムブレム聖魔の光石 お題:美しいブランド品 制限時間:30分 読者:78 人 文字数:817字 お気に入り:0人
[削除]

きみのための

 王侯貴族のもとに献上されるものというのは、大体は有名なブランド、もしくは職人のものである。ラーチェルがこれまでに受け取ってきたものも、その例に漏れずロストン国内や他国の著名な銘柄のものであった。それらはさすがと言うか当然というか、質デザイン共に優れている。
 けれど、良いものだと思うのとはまた別に、自分の好みかという問題がある。以前貰った胸元が大きく開いた真っ赤なドレスは自分の新緑の髪とどうにも合わなかったし、この前の大ぶりな宝石がついたネックレスは、あまりにも重すぎて身に着けられるようなものではなかった。
 それでもにこりと笑って受け取るというのが義務というものだ。そして受け取った以上、一度は身に着けるのが礼儀というもの。たとえそれが似合わないドレスであろうと、首がちぎれてしまいそうなほど重いネックレスであっても。

 正直に言うと、「あの」ヒーニアス王子がドレスを寄越すと言ってきた瞬間、また扱いに困るものが増えると瞬間的に思ったのだ。フレリア王家お抱えの職人に仕立てさせたこれ以上ない作品、つまり自国自慢の一環としてわざわざ贈ってくるものが自分の趣味に合うとも思えない。きっと彼の国のつつましやかな女性を想定して作られたであろうそのドレスが、華やかな自分の雰囲気に合致するはずもない。
 ――そう、思っていたのに。
「……な、なかなか、やるじゃありませんの」
 胸元にあしらわれた花の意匠に、ふわりと広がった裾はなかなかどうして好ましい色合いは淡い緑で自分の髪の色にも合っている。
 端的に言えばそう、とても好み。
「当然だ。我がフレリアが誇る職人が作り上げたものだからな」
 自信満々に言うヒーニアス王子。ちょっとだけ悔しい。
「そして何より」
 王子が手を取り、恭しくくちづける。突然のことにきょとんとする自分に、やさしく笑いかけて、そして言う。
 
「君に似合うようにと考えて、私がデザインしたものなのだから」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:ファイアーエムブレム聖魔の光石 お題:昼の事件 制限時間:15分 読者:222 人 文字数:662字 お気に入り:0人
※アスレイ×ルーテ「妥当です」「え、美味しくなかったでしょうか」「妥当ですよ。この食卓は極めて理にかなっています。非常に満足の出来る味ですし、栄養バランスも申し 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:振り向けばそこにロボット 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:551字 お気に入り:0人
走る、走る、走る。 もうどれ位の間、そうしたか分からない。けれど、私はそれを止めることはできない。 全身に嫌な汗を感じて、自慢のブロンドの髪が肌に張り付いても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:私が愛した人々 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1073字 お気に入り:0人
冷たい手だった。薄れゆく熱の悲しさは何度経験しても慣れることはなく、それでも、ただ気丈に唇を引き締める。とっくのとうに手遅れだったことはお互いわかっていて、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ウルトラマンジード お題:緩やかなパソコン 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:834字 お気に入り:0人
「リク、どうしたの? それ」「拾った。何かに使えないかなって……」そう言い、リクはその画面に視線を落とす。画面には、完全に皹が入ってしまっている。使い物にはなら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:青春鉄道 お題:限界を超えた魚 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:484字 お気に入り:0人
『先輩ー……これ』まな板にのせられたそれに、上官たる我が後輩は『うへぇ……』といって顔を顰めた。『越後がとってきたんだよ。寺泊で。今日のつまみだ。』『だからって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:限界を超えた魚 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:417字 お気に入り:0人
橋を歩いている……魚影が過る。それもかなりの大きさだ。大きい魚代表のイルカやクジラは哺乳類だった気がするけど、あの大きさは、その手の哺乳類かもしれない。魚類の限 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゴールデンカムイ 金カム お題:失敗の時雨 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:355字 お気に入り:0人
重く土のような匂いが先程までの喧騒を覆い隠す。強くはなく、しとしとと肌を湿らすような雨だ。簡単に言えば、任務に失敗した。眠れなくともその体を寝袋に入れておけばよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:同性愛の絵画 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1057字 お気に入り:0人
「これは見てはいけないやつだ…」加州清光は僅かに震えながら呟いた。親切心だった。いつもなんだかんだ世話になっている初期刀殿がなにやら疲れた顔をしていて、主に聞け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:吸血鬼すぐ死ぬ お題:くさい何でも屋 必須要素:ホモ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1149字 お気に入り:0人
新横浜には少し変わった何でも屋がいる。『臭いものにはなんでも蓋をする』略して『くさい何でも屋』だ。正直、これには少し語弊があるかと思う。しかし、当の本人は気に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:穢された水 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:607字 お気に入り:0人
「日向クン」名前を呼んでも返事がない名前を呼べば振り向いて眩しい笑顔で返事をしてくれる日向クンはいない絶望的だ。この世の中も、なにもかもキミがいないならどうでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:青い血液 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:371字 お気に入り:0人
それは、突然訪れた。前置きも、脈絡もなく、本当に唐突に。 風の噂で聞いたことがある。なんらかの影響で普通ではない特徴を持って顕現してしまう刀がいるらしい。例え 〈続きを読む〉