ジャンル:刀剣乱舞 お題:箱の中の深夜 必須要素:「ひょえー」 制限時間:30分 読者:135 人 文字数:1275字 お気に入り:0人

真昼の夜 ※未完

鶴丸の部屋には驚きが詰まっている。などと皆一様にして同じ言葉を発した。だから御手杵はつい、好奇心をむきだしにしてしまったのだ。
いけないことだということは頭で理解している。背徳感からか、罪悪感からか人の身を得た体躯の真ん中がいつも以上にドクドクと音を鳴らす。痛いぐらいだ。しかし、こうして部屋の主に無断で忍び込んでしまったのだからどう足掻いても手遅れである。
鶴丸国永の部屋には数度招かれたことはある。片手で数えられる程度だ。こう忍び込むのは初めてであるけれど。
印象は意外と殺風景。物で溢れているという予想に反して、物はほとんどない。招かれるたびにそう思っていた。忍び込んだいまも印象は変わらない。
だから、鶴丸の部屋には驚きが詰まっているなど口を揃える仲間たちの言が分からない。きょろきょろと視線を彷徨わせても、散らかってなどおらず座卓も綺麗なものだった。書類は載っていないし飲みかけの湯飲みも置いていない。
ならば、押入れか。
かといって、他刀の私的な空間を覗き込むのは気が引ける。ここがやめ時だろうという自身と、鶴丸は出陣中でまだ帰ってくるには時間があるのだから軽く覗いてしまえという自身がせめぎあう。ううむ、と唸ってしまった声がいやに大きく聞こえる。ばれなきゃいいのだ。ばれなきゃ。いや、でも、もしばれてしまったら?
鶴丸は礼儀を重んじるし、好奇心旺盛だといっても他刀の部屋に忍び込んでまで覗くような刀ではない。はっきりと自身が叱られて向こう一週間は口をきいてもらえない未来が容易く瞼の裏に見えた。止めよう。そうしよう。
押し入れにかけた手をひっこめた、その時だった。

「やあやあ、我が恋槍殿は我が部屋で何をしていらっしゃるのか」

楽しそうに歌うように決められた台詞詠む芸者のような声音が、御手杵の後ろから降ってきた。
あ、俺、折れたな。瞬時にそう思うだけの判断はあったが、恐ろしくて振り向く勇気はなかった。思わず「ひょえー」と普段よりもはるかに間抜けな音を口にするぐらい。驚いた。凄く驚いた。

「俺の好きな顔を見せてはくれないかい」

どうする? どうすれば、怒られない?
などという思考がぐるぐると御手杵の脳内を回っているが、すでに手遅れだということは伝達されていない。すでに手遅れという前提条件からどうすれば、罪状が軽くなるかを考えた方がよっぽど建設的だったが、そこまで回る余裕はなかった。
予想の数十倍速い帰還を疑問に思う余裕もない。

「御手杵」
「う、うえー!ごめん!鶴丸、ごめんなさい!」
「は」

素直に謝ろうそうしよう。押入れは幸いに悩んでいて開けてはいないし、見てもいない。無断で部屋に入ったということだけだ。確かに押入れの襖に手はかけた。それだけだ。まだ怒られても、軽いはず。判断してからの行動は早かった。
鶴丸を視認する前に畳に頭を付けた。いわゆる土下座だ。勢いをつけすぎて鈍い音をたてたが気にしない。

「部屋に入ったのは本当に悪かった!!!押入れは見てない!!!!」
「お、おい。土下座は望んでないんだが」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:灰色の恋 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:807字 お気に入り:0人
俺たちが戦う付喪神としての『叩き台』だということは薄々分かっていた。顕現されたばかりの刀剣男士という存在が如何に信用されていないか、時の政府と名乗るあいつらの態 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:純白の復讐 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:4646字 お気に入り:0人
電子の海折り返し8 ※未完電子の海折り返し7 ※未完電子の海折り返し5「今日はあったかいし、小春日和だね」「主、それは冬の季語です」「そうなの?ふふ、平野は物知 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:左の少数派 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:441字 お気に入り:0人
「おや、珍しい」 金色の両瞳が不思議そうに瞬いた。何が珍しいのか、とでも言いたげである。「そのピン可愛いね」 ほれほれと審神者が指さすと、彼は花が咲いたようにぱ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ももとか ジャンル:刀剣乱舞 お題:君と教室 制限時間:30分 読者:72 人 文字数:774字 お気に入り:0人
学校に忘れ物をしたことに気がついたのは、家に帰って宿題をしようとランドセルを開いたときだった。明日提出のプリントがない。ちょっと血の気がひいた。何せお母さんは学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
自己紹介 ※未完
作者:ももとか ジャンル:刀剣乱舞 お題:幸福な経歴 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:518字 お気に入り:0人
朝、目を覚まして、同じ部屋で寝起きしている兄弟たちと挨拶を交わす。布団をたたんで身支度を整える間にも、遅れて目を覚ました虎たちがじゃれて足元にまとわりついてくる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
守り人 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:小さな女の子 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:679字 お気に入り:0人
―とうりゃんせ とうりゃんせ ここはどこの細道じゃ―人間の子供は7歳までは神の子であるという人ならざるものが見え、あまつさえ言葉を交わすことができる者もいるとい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:運命の屍 制限時間:30分 読者:152 人 文字数:517字 お気に入り:0人
※闇落ち「お前達は、この本丸にある運命の屍と云うのを知っているか?これはこの本丸の定め。無ければいけないモノ。これが在るお陰で、俺達は今、自身は刀だと信じて戦っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:2込しめじ ジャンル:刀剣乱舞 お題:複雑な妹 制限時間:30分 読者:94 人 文字数:709字 お気に入り:1人
妹と言う存在が如何様なものか、主に問うてみた。自分には可愛い弟が今一人いるのだが、弟と妹ではどう違いを感じるのか、それが知りたかったんだよね。曰く、妹は可愛いも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
朝のめざめ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:軽い王子 制限時間:30分 読者:96 人 文字数:704字 お気に入り:0人
夢をみていた。なんの夢だったかは覚えていない。夢と現実との境界まで意識が浮上するにつれ、それまであざやかだった夢の景色はじょじょに色褪せていく。深く濃い海の底 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:ちっちゃな失望 制限時間:30分 読者:154 人 文字数:933字 お気に入り:0人
今剣には密かな野望がある。それはずばり、あるじ様の頭を撫で撫でして「きょうもいちにち、おつかれさまです。あるじ様!」と言う、些細な野望だ。しかしそれは、いつもい 〈続きを読む〉

からすうりの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:生きている犬 制限時間:30分 読者:173 人 文字数:802字 お気に入り:0人
バタバタと忙しない足音が、近づいてくる。何だ?と一期一振は首を傾げる。これが万が一、自身の兄弟たちであれば理由を聞いた上で場合によっては叱らねばなるまい。そう思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
真昼の夜 ※未完
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:箱の中の深夜 必須要素:「ひょえー」 制限時間:30分 読者:135 人 文字数:1275字 お気に入り:0人
鶴丸の部屋には驚きが詰まっている。などと皆一様にして同じ言葉を発した。だから御手杵はつい、好奇心をむきだしにしてしまったのだ。いけないことだということは頭で理解 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:子供のにおい 制限時間:30分 読者:122 人 文字数:1209字 お気に入り:0人
軽い足取り。パタパタと忙しなく右左。今日も元気に賑やかだ。珈琲が美味い。「つるまる、またさぼってる!」小さな体躯で、胸を張って怒る仕草は微笑ましく茶色の髪がふわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
春の美 ※未完
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:美しい整形 制限時間:30分 読者:130 人 文字数:750字 お気に入り:0人
桜の花びらが舞う。ほのかに甘い香りが鼻腔に辿り着く。体感する温度は寒気とは違い、温く巨躯を包んでいく。なるほど、これが春か。「とうとう一巡りしたな」弾んだ声。そ 〈続きを読む〉