ジャンル:ポケットモンスターBW2 お題:栄光の殺し 制限時間:30分 読者:113 人 文字数:1226字 お気に入り:0人

【ゲー主♀】それは愛が付くとは程遠い

朝露滴る緑の絨毯が屋根一面を覆い隠し、朽ちるか朽ちないかの瀬戸際で鬩ぎ合っている石柱の間を潜り抜け、昔は人の活気で賑わっていただろう廃れた町並みを歩く。耳を澄ませば聞こえてくる賑やかな声が透明な姿で駆け回る。
「(忘れられた町)」
物悲しさが漂うこの町は人の世界から離れたかったので都合がいい。石畳の隙間から緑が元気よく伸びる街道を歩きながら雨風が凌げそうな場所を探す。此処は廃れる以前如何やら温泉街で賑わっていたらしい。長期の逗留者たちが足繁く通っていたというが。
「病気や怪我が治ったら来る必要はないもんね」
もしかしたら治る前に如何にかなってしまったか。
一軒一軒覗いては崩落の危険性が無い建物を探す。と言ったものの中々難儀なものだった。何処も彼処も朽ちて荒れて野生のポケモン達の棲み処になっているのが殆どで目ぼしいものは見つからない。
街道のどん詰まり。最後の最後で崩落の危険性もない野生のポケモン達も棲み処にしていない良さそうな建物が見付かった。かなり妥協に妥協した良物件は歩くのもやっと、されど年甲斐もなく強がりを見せる死にぞこないの顔を顰めさせる威力を持っていたようだ。
コツコツ。石畳を叩く杖の音に苛立ちを感じる。
「このような場所で過ごさねばならないとは。……先が思いやられる」
「贅沢言うなら付いて来なければいいじゃん」
後ろでなんかギャーギャー講釈を垂れ流しているけど無視。躓きそうなものを足先で蹴っ飛ばして伸びた蔓や外から生息域を広げる枝を鉈で切り落とす。開けっ放しな窓はその内如何にかしよう。砕けた窓ガラスも落ち着いたら片付けて部屋の中をもう少し過ごしやすく、

「(この匂い)」
追い付いてきた長身お化けを尻目に更に奥へ進めば匂いの源が現れた。
源泉かけ流しの贅沢。ただメンテナンスが諸事情により大分滞っているお陰ですぐには入れない。浮いている緑やら茶色やらを掬い取って、底や周囲に溜まってるヘドロや苔を掃除してやっとか。入れるまでどのくらい掛かるんだろう。
口許に軽く握った右手を添えあれやこれや物思いに耽っていた時、後ろに聳え立つ塔の気配に思わず身を強張らせた。
「これはこれは。貴女にしては随分いじらしい反応をしますねぇ」
悪意の影に見え隠れする違う色。欠けた赤い瞳が濁り剣呑とした眼差しで見下ろしてくる。
「それで私を睨んでるおつもりですか?」
無遠慮に伸びてきた黒く大きな手が頬を撫ぜそのまま後頭部にそっと回された。
「震えてしまって……可愛らしい」
わざと耳元でねっとり囁いてうなじに跡が残るように口付けてきた。小さな痛みと離れる際、聞こえたリップ音に気分が悪くなる。
ならば──。

「いっぱい意地悪して?」

極力期待した目を向けて言った。
すると、一瞬目を瞠ったかと思えば喉奥で笑い声を押しとどめて此方に軽くしな垂れかかってきた。
そうかいそうかい。楽しそうで何よりだよと言ったら、また笑われた。解せない。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

チクチク目打ちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:つらい夫 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:401字 お気に入り:0人
「これが終わったらシドーの部屋を作るって?」青い瞳がランランと輝き何度も頷き、慣れた動きで背中に背負っていた本を取りシドーの顔の前に書き途中と思われる設計図が掛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:鋭い感覚 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:550字 お気に入り:0人
一切反らされず注がれる赤い瞳に近付いていた足が止まる。背筋とは言わず周囲に満ちる威圧感は熱を奪いシドー以外の声を音を消した。「教えてくれよなあ… 」シドーが一歩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:地獄の四肢切断 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:465字 お気に入り:0人
間取り、豪華さ、ムードに至るまでリクエストに沿った作りにしようと四苦八苦悩み唸る様でさえ心底楽しそうに見える。積み上がった壁に寄り掛かるシドーの顔つきが険しくな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:日本理由 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:552字 お気に入り:0人
一心不乱それこそ楽しそうに物作りする姿を見ているだけで胸の奥からあったかな何かが溢れてくる。これがきっと見ていて面白い楽しいという感情なんだろう。実際相変わらず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:いわゆる逃亡犯 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:1425字 お気に入り:0人
以前、頭の中にどっかの誰かが勝手に話し掛けていた頃をシドーはふと思い出していた。本格的にからっぽ島開拓に着手し始め毎日楽しそうに物作りをする姿は見ていて飽きない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:孤独な復讐 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:631字 お気に入り:0人
心の奥底から沸き立ち枯れることの無い破壊衝動。何もかも跡形すら残さず壊したい欲望のまま身を委ねた。全てを破壊しつくせよと頭の中で声が響く。振るう腕が何かを破壊す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:猫の殺し 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:519字 お気に入り:0人
どうして設定した通りにならない。どうして思い通りにならない。この世界は私が作ったものなのになんでも思い通りに作り替えられない。勝手に動いて邪魔してどうしてどうし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:隠された彼女 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:609字 お気に入り:0人
とくに動物の類が苦手というわけではない。見た目も中身も猫に懐かれれば満更でもなかっただろう。ただ見た目が、見た目の方が裕太にとっては大問題だった。ソファに座った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:素朴な駄作 制限時間:30分 読者:60 人 文字数:1034字 お気に入り:0人
「にゃあ」それはとても可愛げが無さ過ぎて逆に可愛く思えると見せかけてやはりそうでもない成熟した男の声色だった。キャリバーの口から発せられた猫の鳴き声でよく表現さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:純粋な正義 制限時間:30分 読者:67 人 文字数:1373字 お気に入り:0人
記憶喪失になってから身に着いた習慣は常々侮れない。六花と内海と一緒に六花の母親が経営している喫茶店にとりとめない話をしながら店内に入った瞬間、裕太は何か違和感を 〈続きを読む〉