ジャンル:メギド72 お題:きちんとした別居 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1193字 お気に入り:0人

あの人の名前は

※モラクスくんキャラストバレ + そんな明るい話ではない

「モラクス、あなたのおうちはあっちよ。みんなと寝なさい」
 少女の服の端を掴んだモラクスは、なんだか離れがたくてそのままでいた。旅人を始末したときのさび付いた匂いは嫌いではなかったが、なんだか無性に不安にもなる。
「モラクス?」
「俺、マリーと一緒にいたいよ。あっちはだめなのか?」
「駄目よ」
 こっちとあっちの線引きを引くとき、少女の声は鋭く割れたガラスみたいにぴしゃりと響く。モラクスはとっさに服の端を離した。
「モラクスは物分かりが良くて助かるわ。また明日ね」
 マリーはにっこり笑った。

 明日になってもマリーはこなかった。たぶん、忙しかったのだろう。旅人の始末やら、いろいろな雑事やらで。そうじゃなかったら……。その先は考えなかった。
 いつものことだった。
 モラクスら、町の少年がぎゅうぎゅうと一緒になった住処は、だいぶ古い建物で、隙間風が吹き込んでくる。
「マリー、来ないな……」
「せっかく追い払ったのにな」
 すっかりけば立った毛布を握りしめたモラクスは、昼中ごろくらいになったところで「今日はこないな」と直感していたが、それは胸にしまっておいていた。
 年少の少年は、日がとっぷり暮れた今になってもまだあきらめがつかないようで、ちらちらと窓のほうを見ている。
「ちぇっ、マリーがいないとつまんねえよな」
「訓練の成果、見せてやりたかったよな」
 今日は肉はない。モラクスは野菜の入っていた、すっかり空になった木箱をじっと眺めていた。
「どうした?」
 別の少年が尋ねる。
「これ、なんてかいてあるのかな」
「書いてある?」
「形に規則がある」
「だから何だよ?」
「んー……だからさ。いや、分かんねえ」
 モラクスはにっこり笑って、あはは、と笑い声に流した。それから床にたまったほこりに模様を諳んじた。この模様には規則がある。模様。マリーはたぶん知っているが、知っていても何も教えてくれない。ぐう、と小さく腹が鳴った。水、食べ物、肉。肉が食べたい。旅人の荷物――別に、とったわけではなくて、転げ落ちたのを拾っていて、ポケットにしまっただけだが――手帳だった。模様がたくさん書いてある。なぜだか、とっさに隠してしまったが。
 署名があった。読めなかった。模様を描く。そして、消す。何度も何度も。

***

「アニキー」
「ん?」
「これって、なんて読むのかな?」
「ああ、これは――」
 返答を聞きふうん、と頷いたモラクスは、何年か越しにあの旅人の名前を知った。
「知り合いか?」
「いや、そういうわけでもねえけどな!」
 ふうん、で終わってしまうわけだが。手帳は見つかって取り上げられてしまったので、もう手元にはなかったが、あの規則正しい模様は、ほこりでなぞった感触と共に、指先にずっと残っている。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

ぽつタイプライターの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:きちんとした別居 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1193字 お気に入り:0人
※モラクスくんキャラストバレ + そんな明るい話ではない「モラクス、あなたのおうちはあっちよ。みんなと寝なさい」 少女の服の端を掴んだモラクスは、なんだか離れが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:かゆくなる「えいっ!」 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1324字 お気に入り:0人
「へくし! へくし! へくし! えっきし! ぺくし! べっくし! へくし! へくし! へくし! えっきし! ぺくし!」「うるさい」 シャックスがひっきりなしにく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:トカゲのダンジョン 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:1531字 お気に入り:0人
13階。 今の戦力では、ここまでが限界だろう。ヴァイガルドを貫くようにそびえたち、果てしなくどこまでも続いていそうな塔。 まだまだ終わりが見えないとはいえ、こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:闇のエリート 制限時間:1時間 読者:30 人 文字数:1985字 お気に入り:0人
※アンドラスさん幼少期捏造 モブ視点 ほのぼのしてない「ねぇ聞いた? 転校生、成績トップだって」「古典と詩文以外は、だいたい満点だったらしいよ」「嘘、あの教授、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:紅茶と円周率 制限時間:1時間 読者:85 人 文字数:1782字 お気に入り:0人
ソファーに偉そうに腰かけたフラウロスが、紙飛行機に折った問題用紙を飛ばす。紙飛行機がマルコシアスの肩をかすめる。「ぎゃはは、惜しかったな」「いけませんよ! し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:死にぞこないの本 制限時間:30分 読者:52 人 文字数:1318字 お気に入り:0人
アジトに集ったメギド達は、暇なときはしばしば集まって夜まで話し込んでいる。 いやむしろ、時計の針もてっぺんを越したころには、「たむろしている」と言い表すほうが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:蓋然性のある魔物 制限時間:1時間 読者:49 人 文字数:1192字 お気に入り:0人
「あ、悪い」 きっかけはほんのささやかなことだったのだが。 誰かがコップを倒した音に、アモンがひどく反応した。派手な音を立ててガラスが砕け散る。椅子から立ちあが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:オチは凶器 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:1368字 お気に入り:0人
「たーおーれーるーぞー!」 巨木に斧をガツンと差し込んだモラクスは、ぐらぐらと揺れる樹を蹴り飛ばして落下地点を定めた。もともと互い違いに入れられていた切れ込みに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:うへへ、女 制限時間:1時間 読者:92 人 文字数:2451字 お気に入り:0人
※カスピエルさんとソロモン +のつもりで書いてたけど怪しくなった カスピッピどうしてアジトであんなにデレるの。同脳内では腐ったことも考えてるので注意してね!!! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:あきれた目 制限時間:30分 読者:65 人 文字数:1217字 お気に入り:0人
※アモンくんとソロモンたち、ちょっとシリアスほのぼの(まずい) しくじった。と思った時には遅かった。 相手の懐に潜り込み、首尾よくフォントを奪うところまでは良か 〈続きを読む〉