ジャンル:テニスの王子様 お題:簡単な祖母 必須要素:3000字以上 制限時間:30分 読者:182 人 文字数:923字 お気に入り:0人

後で書き直すというかつけたす ※未完

(オリ設定キャラ居ます)

【お婆ちゃんとの話】

「観月くーん、宅配便来とるよ。君の実家から」

日曜日の朝、聖ルドルフ学院の男子寮のリビングルームで朝からパンケーキを食べていた不二裕太は
管理人の声を聞いた。日曜日のせいか、寮はのんびりムードというかまったりとしていた。

「実家ですか……」

(……観月先輩、服のセンスが個性的だよな)

個性的の一言で押し込めてしまっているが今日の服の柄は紫色の生地に紅い薔薇の大輪が描かれている。
観月はパンケーキを食べながら、紅茶を飲んでいる。裕太にもお裾分けされたネパール産の紅茶だ。
最近はネパールの紅茶が熱いらしい。
パンケーキは管理人が朝食にと作ったもので裕太と観月もついでに作ってもらった。
日曜日の食事は個人で取るというルールがあるが面倒なので一部の食費を押しつけつつ管理人に作って貰っている。
普段と余り変わらないようで居て献立自体が決まっている平日と違い、休日のメニューは個性が出る。

「こっち、君の個人的な荷物。別ので寮の皆さんでって食材を送ってきたけど」

「使って下さい。食べ物は食べないと腐りますので」

当たり前のことを観月は言っているようで、重要なことではある。
段ボール箱を管理人はもってきていて、それを観月に渡した。観月は段ボール箱をテーブルの上に乗せて、
あけた。裕太は中身を見ないようにしていた。
観月は中に入っている縦封筒に入った手紙を読んでいる。

「祖母も何か送ってきましたか」

「家族、多い方ですよね。観月さんは」

「そうですね。裕太君も多い方には見えましたが」

裕太は両親と兄姉がいるが、観月の方は祖父母と両親と姉二人だそうだ。

「お婆ちゃんか……うち、離れて暮らしてるし」

「最近は離れて暮らしているのは珍しくはないですからね」

二世帯住宅というのもあるが、離れて暮らした方が互いにメリットはあるようだ。

「婆ちゃんか。婆ちゃん子が同僚におったな」

「管理人さんは」

「友達とくらしとったけど、後で一人やね。寮みたいなのもあったし、生活にはこまらんかった」

管理人について裕太はそんなに知らない。昔していた職業を都合により辞めて、

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:マイナーな理由 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:341字 お気に入り:0人
財前光は見つめ続ける。白石蔵ノ介と遠山金太郎の人生を一人の登場人物として見守り続ける。なぜならば、わかっているからだ。彼だけは唯一、双方の人生をそれなり適当に、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:楽観的な検察官 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:805字 お気に入り:0人
一年間が巡り続けていると気づいたのは、この合宿所で金ちゃんが二回目の誕生日を迎えた日のことだった。お金も、時間もない中、四天宝寺のみんなで、金ちゃんの誕生日をお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:やば、ガール 制限時間:30分 読者:182 人 文字数:1058字 お気に入り:0人
部屋からは遠く、海沿いの工業高校地帯が見えている。川底に散った砂金のように夜ごと光を放って、街の高台に部屋を借りて正解だった、と永四郎は微笑んで煙草に口を付け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハッピー野郎木偶捨て駒 ジャンル:テニスの王子様 お題:平和と神話 制限時間:30分 読者:149 人 文字数:2651字 お気に入り:0人
※乾海、お題「とてつもない駄作」 乾特製スペシャルドリンク――通称『乾汁』。 一部の特殊な味覚を持つ人物を除いて、乾汁を知る大多数の者は苦手意識、ひいては恐怖心 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:テニスの王子様 お題:興奮した君 制限時間:30分 読者:177 人 文字数:1285字 お気に入り:0人
「ふーん、やるじゃん」 そう言って、越前はラケットを左手に持ち替えた。この瞬間が一番ぞくぞくする。プロのテニスプレイヤーを本気にさせたことの証明だから。まだ夏本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハッピー野郎木偶捨て駒 ジャンル:テニスの王子様 お題:男同士の花 制限時間:30分 読者:222 人 文字数:686字 お気に入り:0人
※ジロひよ 芥川さんはたんぽぽのような人だ。 こうして春のあたたかな日を浴びて、草間に紛れるように眠っている姿を見ると特にそう感じる。周りに咲いているたんぽぽも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はくまい ジャンル:テニスの王子様 お題:傷だらけの屍 必須要素:リアルな描写 制限時間:30分 読者:375 人 文字数:890字 お気に入り:0人
この歳になると、若くて顔の可愛い歌姫の猫の悲鳴みたいな声に、簡単に魂を揺さぶられたりしない。 全米が泣いた映画に涙が一粒も浮かばないこともあるし、ドラマの最終 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:零緒 ジャンル:テニスの王子様 お題:潔白な宿命 制限時間:30分 読者:274 人 文字数:726字 お気に入り:0人
俺の、宿命。それは、汚い手を使わずに彼を護ることだけ__けれども、俺は抱いてはいけない感情を、彼に抱いてしまった。「謙也さん、おはようございます。」いつものよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:零緒 ジャンル:テニスの王子様 お題:来年の姫君 制限時間:30分 読者:356 人 文字数:1201字 お気に入り:0人
静かな放課後の教室。そっと覗いてみると、一人だけ、座っている人がいた。「財前。」優しく声を掛けると、顔を上げる少年。財前光。俺の後輩であり、ダブルスのペアであり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はくまい ジャンル:テニスの王子様 お題:どうあがいても部屋 必須要素:コーヒー牛乳 制限時間:30分 読者:379 人 文字数:1328字 お気に入り:1人
「なぁ、どっか出かけようや」「えー……」 1月3日、正午をすこし過ぎたころ。こたつにくるまりコーヒー牛乳を飲む財前に、謙也は何度目かの台詞を投げる。「どこ行って 〈続きを読む〉

秋月蓮華の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:千銃士 お題:穏やかな病気 必須要素:ラーメン 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:888字 お気に入り:0人
【食べたいものがあるのは正常】ラーメンが食べたい、と僕を古銃から目ざめさせたマスターは言った。見た目は十代後半の少女であるマスターはSF小説を読みながらそう呟い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:黒子のバスケ お題:安い巨人 必須要素:まいたけ 制限時間:4時間 読者:74 人 文字数:1122字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【かつてのこと】帝光中学校の旧校舎の屋上近くを緑間真太郎は訪れていた。近くなのは屋上には鍵がかかっているからだ。屋上近くの踊り場には目的の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:千銃士 お題:どこかの絶望 制限時間:4時間 読者:63 人 文字数:3506字 お気に入り:0人
【ある意味でコレは幸せの話】彼女には絶望がよく似合うとファルは想っている。現に荒廃した街外れの教会を見上げる彼女は美しかった。古銃マスター、レジスタンスに希望を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:千銃士 お題:今年のローン 制限時間:1時間 読者:127 人 文字数:885字 お気に入り:0人
【最優先順位】「ローンが組めたとしても……」僕、エセンが執務室にマスターの様子を見に来ると彼女は執務机に座って考え込んでいた。レジスタンス側の希望であり、僕達貴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:テニスの王子様 お題:小説の汁 必須要素:哲学的な思想 制限時間:15分 読者:195 人 文字数:742字 お気に入り:0人
(オリ設定キャラが居るよ)【いつものようにぐだぐだと】聖ルドルフ学院男子寮にて不二裕太がリビングルームにやってくると、男子寮の管理人がソファーに座って、小説を読 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:名探偵コナン お題:調和した真実 必須要素:豚肉 制限時間:2時間 読者:243 人 文字数:2386字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー。夢主は金田一と探偵学園の世界出身)【日常に落とし込んだこと】夕方、勤務地である喫茶ポアロのドアベルが鳴り、客が入っていたことを高遠雪姫は察 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:テニスの王子様 お題:簡単な祖母 必須要素:3000字以上 制限時間:30分 読者:182 人 文字数:923字 お気に入り:0人
(オリ設定キャラ居ます)【お婆ちゃんとの話】「観月くーん、宅配便来とるよ。君の実家から」日曜日の朝、聖ルドルフ学院の男子寮のリビングルームで朝からパンケーキを食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りの笑顔 必須要素:3000字以上 制限時間:1時間 読者:149 人 文字数:3342字 お気に入り:0人
【とある宗教の撲滅】明石国行は決意した。必ず、必ず、この宗教は消し去らなければならないと。「……ヒツキさん……」「主、おはようございます」審神者のプライベートス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:しんけん!! お題:緩やかな失踪 必須要素:化粧水 制限時間:2時間 読者:140 人 文字数:1891字 お気に入り:0人
(刀匠いるよー)【緩やかに、緩やかに】斎庭白秋はこの屋敷町では地位としては上位に入るというか、真剣少女のお守り役とも取れる刀匠だ。刀匠ではあるが、真剣少女通しの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:血界戦線 お題:出来損ないの小説家 制限時間:30分 読者:170 人 文字数:1644字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【ライブラのとある日】その日、レオナルド・ウォッチがライブラの執務室に入るとソファーでエルセリーザ・ディライトが仰向けに寝そべりながら小説 〈続きを読む〉