ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:せつない作品 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1516字 お気に入り:0人
[削除]

バカめ。騙される奴が悪い。

「はぁ……はぁ……」

ここまでくれば大丈夫。

たった数分走っただけなのにこんなに息が切れるなんて、ちょっと運動不足でしょうか?

装填のために腕立て伏せは欠かしていないのですが、どうも持久力は向上していない、どころか衰えているようです。

ですが、その課題はまた後日。今はなんとしても逃げ切らなくてはいけません。

ダージリン様に捕まりでもしたら……それはそれは恐ろしい結末が待っているのです。

「どうしたの?オレンジペコ?」
「うわっひゃい!……あ、ああ、ルクリリさんでしたか……」

私に後ろから声をかけてきたのはルクリリさん。一つ年が上の、サイドテールの似合う大人っぽい先輩です。

「驚きすぎよ。何かあったの?」
「いや、ダージリン様が……ですね……」

ダージリン様がすべての原因です。あの人、いきなりアイドルをやるとかいいでして、どこから持ってきたのか超絶フリフリのアイドル衣装を私に着せようとしてきたのです。

ご自身はプロデューサーをするそうで、ターゲットになったのは私とアッサム様。

ですが、私はあんな服を着て歌って踊るなんて絶対に耐えられません。大洗のアンコウ踊りの方が……まだ、ましかどうかはわかりませんが、いい勝負だと思います。

とにかく、死んでもやりたくないと意見が一致した私とアッサム様はダージリン様からの逃走を図ったのです。

全力疾走で逃げて逃げて、今に至るというわけです。

「ということでして……」
「あー……、あんたも大変ね」

ルクリリさんもこめかみを抑えて、私に同情の言葉をかけてくださいます。

先輩であるルクリリさんは、私より一年多くダージリン様とお付き合いがありますので、その辺の苦労はみにしみて知っているのでしょう。

「いいわ、しばらく匿ってあげるわ。どっか学校の隅でジュースでも飲んでましょ。おごってあげるから」
「え!?いいんですか?」

思いもよらぬ助っ人の登場に、私のテンションが若干復活します。これでにげのびる道が少しは見えてきました。

「じゃ、行くわよー」

そういってルクリリさんが私の肩に手を回します。

それはもうがっしりと……。

「ルクリリさん?」

ルクリリさんはにこにことわらいながら、私の肩に回した手に力を込めます。

「バカね……。簡単に人を信用しちゃダメよ?」
「なっ、ど、どういう……」
「ダージリン様ー、ペコを確保しましたー!」
「え、ちょ、裏切りですか!?」

ルクリリさんが呼びかけると、先の衣装を手に持ったダージリン様が物陰から現れました。

「ごめんねぇー。ペコを捕まえないと、私があれを着ることになるのよ。流石に、この歳でアレはきついでしょ?」
「そんな!?一つしか変わらないじゃないですか!」
「やっぱ、若い子の方が似合いそうじゃない?あのフリフリ」

にこやかに、一歩一歩ダージリン様が近づいてきます。私に衣装を見せつけるように大きく広げながら。

「離してください!ホントに!ルクリリさん!」
「ぺこ。そんなせつない顔しないの。あんたはアイドルなんだから。笑わないと良いアイドルにならないわよ?」
「どなたのせいだと思ってるんですか!?」

ついにダージリン様が私の目の前にやってきてしまいました。

「さ、着替えましょう、オレンジペコ」
「い……嫌で」
「全部このダージリンPに任せなさい。貴女を私の最高傑作にしてあげるから」
「ひぃ……」

そんなせつない作品、誰がなるものですか!

「ま、安心しなさい。どんな悲しい結末になろうと、私だけはお腹を抱えて大爆笑してあげるから」


ルクリリさんのばかぁ!



同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:松田さんかく ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:ゆるふわな小説上達法 制限時間:30分 読者:192 人 文字数:745字 お気に入り:0人
「…ああああああああもう!!!!」夜の10時頃のアンツィオ高校学生寮、小鳥も眠る静かな夜に突然響き渡る絶叫にも似た悲鳴…というか悲鳴にも似た絶叫。寮生のペパロニ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:夜の家 制限時間:30分 読者:331 人 文字数:815字 お気に入り:1人
独り身の私にこの家は広すぎる。そう思うようになって一ヶ月が過ぎた。母が引退を表明し、私が家元を正式に継ぐことになった。妹は勝手気ままに生きているので仕方のないこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Hal ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:かっこ悪い汗 制限時間:30分 読者:267 人 文字数:1475字 お気に入り:0人
お嬢様、と言えば聞こえはよかった。戦車道を歩み始め気づけば高等部最高学年になっていた。常に優雅で慌てずいかなる状況でも汗一つ書かず対処する。それが私の戦車道で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:熱いサイト 制限時間:30分 読者:393 人 文字数:1008字 お気に入り:0人
私はその小窓から世界を見る。平凡な女子の肉体では見えない格別な世界に魅せられて、砲手を務めてきた。 高校生最高精度のスナイパーなどと言われることもある。それは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:少年のピアノ 制限時間:30分 読者:545 人 文字数:1092字 お気に入り:2人
幼いころに聴いたピアノの音を覚えている。 ピアノといっても、大仰なコンサートやパーティではなくて、実家のお屋敷で聴いたものである。 私の実家はそれなりに大きな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:マンネリなモグラ 制限時間:30分 読者:427 人 文字数:1106字 お気に入り:2人
好きです、とも付き合ってください、とも言った覚えがないのだが、いつの間にか沙織とその、何だ。恋人のような関係になっていた。 時折睦み合うことはあれど、平時は極 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不見湍@あの子 ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:私と湖 制限時間:30分 読者:330 人 文字数:1664字 お気に入り:1人
エリカさんは不愉快そうに大きくあくびをすると、靴を脱いでぱしゃぱしゃと湖に両足を浸しました。月の光にゆらゆらと濡れる水面に、エリカさんの白い足がそっと降ろされ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いいぢま㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛の月 制限時間:30分 読者:308 人 文字数:821字 お気に入り:0人
「月が綺麗ですねって言葉、あるじゃないですか。意味、知ってますか?」「ああ──うん。I love youの日本語訳だったっけ」 隊長の引き継ぎ業務は思っていたよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Hal ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛の月 制限時間:30分 読者:236 人 文字数:1555字 お気に入り:1人
月の綺麗さを思い出したんです。私が手紙を書こうと思ったのは些細なことでした。沙織さんが練習後に「可愛い字よりも綺麗な字のほうがモテるんだって!」と字の練習を始 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Speak to Me ※未完
作者:鹿狩人㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛の月 制限時間:30分 読者:231 人 文字数:1007字 お気に入り:0人
「月が綺麗だね」 そうわたしに言ってくれたのは二年前の秋のことだっただろうか。思い返せば、あなたは既に限界だったのかもしれない。 別にお月見をしたくてしていたわ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:初めての消しゴム 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:816字 お気に入り:0人
「ペコ、これ、消しゴムかけてくれる?」「……はい」私はダージリン様から原稿を受け取り、こしこしとその上に消しゴムを転がして行きます。この『ネリケシ』というのは初 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:大人のボーイズ 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:2454字 お気に入り:0人
「大人の雰囲気って、憧れるな…」国木田、太宰、乱歩が事件の調査に出かけ、与謝野、鏡花が買い物に出かけたのどかな昼下がり。全ては、敦のこの独り言から始まった。「ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:メルクストーリア お題:幸福な場所 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:702字 お気に入り:0人
「そういえば、昨日の件は?」「昨日?」「ほら、エルバスの街で変てこな音がって」「ああ、あれね。いひひ」「無事に解決っていうかー。なんともなかったっていうかー」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティ! お題:消えた流刑地 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:972字 お気に入り:0人
日菜のことを避け続けてきた。いつからだっただろうか。彼女が言うように、昔は、ほんの小さな頃は仲良く遊んでいた気がする。だけど、年の近いきょうだいだったら、多く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:残念な動揺 必須要素:口臭 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:543字 お気に入り:0人
※未完第一部隊が出陣から帰ってきた時、本丸は仲間の声で賑やかだったことにすぐに気づいた。それが剣戟の音もせず、緊迫したものでもなかったから彼らは緊張をほぐして中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:銀魂 お題:商業的な年賀状 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:252字 お気に入り:0人
(学パロ)「今年もよろしくお願いアル!」神楽が挨拶してきた。そうだ、もう今年が終わってしまうのかとふと思う。 神楽と恋仲になり、キスをしてこれ以上のこともしたい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:銀魂 お題:危ない汁 必須要素:ギター 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:209字 お気に入り:0人
私は沖田と付き合っている。今、キスされている。キスされるたびに、どれらとも知れない唾液が口元に垂れる、厭らしい。「んっ…///」思わず甘い声が漏れた。ちらりと目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:せつない作品 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1516字 お気に入り:0人
「はぁ……はぁ……」ここまでくれば大丈夫。たった数分走っただけなのにこんなに息が切れるなんて、ちょっと運動不足でしょうか?装填のために腕立て伏せは欠かしていない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- いちつる お題:それいけ嵐 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:638字 お気に入り:0人
最近弟たちの間で流行っているテレビ番組がある。特撮を模したバラエティ番組らしく、特撮よりお笑い要素があるらしい。いち兄も見ればいいのにとは言われるが、見ていない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!!(腐) お題:闇の海 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:583字 お気に入り:0人
僕と日向は海へ来ている。まだ完全に暖かくない海にだ。なぜだろう、とても…涙が溢れた泣く僕に優しく寄り添う君はとても優しいいい彼氏である。しかしもうさよならしなき 〈続きを読む〉