ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:せつない作品 制限時間:15分 読者:181 人 文字数:1516字 お気に入り:0人
[削除]

バカめ。騙される奴が悪い。

「はぁ……はぁ……」

ここまでくれば大丈夫。

たった数分走っただけなのにこんなに息が切れるなんて、ちょっと運動不足でしょうか?

装填のために腕立て伏せは欠かしていないのですが、どうも持久力は向上していない、どころか衰えているようです。

ですが、その課題はまた後日。今はなんとしても逃げ切らなくてはいけません。

ダージリン様に捕まりでもしたら……それはそれは恐ろしい結末が待っているのです。

「どうしたの?オレンジペコ?」
「うわっひゃい!……あ、ああ、ルクリリさんでしたか……」

私に後ろから声をかけてきたのはルクリリさん。一つ年が上の、サイドテールの似合う大人っぽい先輩です。

「驚きすぎよ。何かあったの?」
「いや、ダージリン様が……ですね……」

ダージリン様がすべての原因です。あの人、いきなりアイドルをやるとかいいでして、どこから持ってきたのか超絶フリフリのアイドル衣装を私に着せようとしてきたのです。

ご自身はプロデューサーをするそうで、ターゲットになったのは私とアッサム様。

ですが、私はあんな服を着て歌って踊るなんて絶対に耐えられません。大洗のアンコウ踊りの方が……まだ、ましかどうかはわかりませんが、いい勝負だと思います。

とにかく、死んでもやりたくないと意見が一致した私とアッサム様はダージリン様からの逃走を図ったのです。

全力疾走で逃げて逃げて、今に至るというわけです。

「ということでして……」
「あー……、あんたも大変ね」

ルクリリさんもこめかみを抑えて、私に同情の言葉をかけてくださいます。

先輩であるルクリリさんは、私より一年多くダージリン様とお付き合いがありますので、その辺の苦労はみにしみて知っているのでしょう。

「いいわ、しばらく匿ってあげるわ。どっか学校の隅でジュースでも飲んでましょ。おごってあげるから」
「え!?いいんですか?」

思いもよらぬ助っ人の登場に、私のテンションが若干復活します。これでにげのびる道が少しは見えてきました。

「じゃ、行くわよー」

そういってルクリリさんが私の肩に手を回します。

それはもうがっしりと……。

「ルクリリさん?」

ルクリリさんはにこにことわらいながら、私の肩に回した手に力を込めます。

「バカね……。簡単に人を信用しちゃダメよ?」
「なっ、ど、どういう……」
「ダージリン様ー、ペコを確保しましたー!」
「え、ちょ、裏切りですか!?」

ルクリリさんが呼びかけると、先の衣装を手に持ったダージリン様が物陰から現れました。

「ごめんねぇー。ペコを捕まえないと、私があれを着ることになるのよ。流石に、この歳でアレはきついでしょ?」
「そんな!?一つしか変わらないじゃないですか!」
「やっぱ、若い子の方が似合いそうじゃない?あのフリフリ」

にこやかに、一歩一歩ダージリン様が近づいてきます。私に衣装を見せつけるように大きく広げながら。

「離してください!ホントに!ルクリリさん!」
「ぺこ。そんなせつない顔しないの。あんたはアイドルなんだから。笑わないと良いアイドルにならないわよ?」
「どなたのせいだと思ってるんですか!?」

ついにダージリン様が私の目の前にやってきてしまいました。

「さ、着替えましょう、オレンジペコ」
「い……嫌で」
「全部このダージリンPに任せなさい。貴女を私の最高傑作にしてあげるから」
「ひぃ……」

そんなせつない作品、誰がなるものですか!

「ま、安心しなさい。どんな悲しい結末になろうと、私だけはお腹を抱えて大爆笑してあげるから」


ルクリリさんのばかぁ!



同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:8月のところてん 制限時間:1時間 読者:108 人 文字数:3158字 お気に入り:0人
「店長おすすめ定食一つ」「店長おすすめ定食一つ」 灰山と左衛門佐の声が被り、人差し指のポーズもダブったが、特にこれといった反応は示さない。二度三度、四度以上も重 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:シンプルな天井 制限時間:1時間 読者:119 人 文字数:3213字 お気に入り:0人
電気はつけたまま、ベッドに身を預けながらで、ルクリリは能面を保ちつつ黙ったきりだった。 ――あえて、大きくため息をつく。 あと少しで、あいつがこの学園艦から姿 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:松田さんかく ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:ゆるふわな小説上達法 制限時間:30分 読者:239 人 文字数:745字 お気に入り:0人
「…ああああああああもう!!!!」夜の10時頃のアンツィオ高校学生寮、小鳥も眠る静かな夜に突然響き渡る絶叫にも似た悲鳴…というか悲鳴にも似た絶叫。寮生のペパロニ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:夜の家 制限時間:30分 読者:400 人 文字数:815字 お気に入り:1人
独り身の私にこの家は広すぎる。そう思うようになって一ヶ月が過ぎた。母が引退を表明し、私が家元を正式に継ぐことになった。妹は勝手気ままに生きているので仕方のないこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Hal ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:かっこ悪い汗 制限時間:30分 読者:320 人 文字数:1475字 お気に入り:0人
お嬢様、と言えば聞こえはよかった。戦車道を歩み始め気づけば高等部最高学年になっていた。常に優雅で慌てずいかなる状況でも汗一つ書かず対処する。それが私の戦車道で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:熱いサイト 制限時間:30分 読者:431 人 文字数:1008字 お気に入り:0人
私はその小窓から世界を見る。平凡な女子の肉体では見えない格別な世界に魅せられて、砲手を務めてきた。 高校生最高精度のスナイパーなどと言われることもある。それは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:少年のピアノ 制限時間:30分 読者:615 人 文字数:1092字 お気に入り:2人
幼いころに聴いたピアノの音を覚えている。 ピアノといっても、大仰なコンサートやパーティではなくて、実家のお屋敷で聴いたものである。 私の実家はそれなりに大きな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:マンネリなモグラ 制限時間:30分 読者:502 人 文字数:1106字 お気に入り:2人
好きです、とも付き合ってください、とも言った覚えがないのだが、いつの間にか沙織とその、何だ。恋人のような関係になっていた。 時折睦み合うことはあれど、平時は極 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不見湍@あの子 ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:私と湖 制限時間:30分 読者:363 人 文字数:1664字 お気に入り:1人
エリカさんは不愉快そうに大きくあくびをすると、靴を脱いでぱしゃぱしゃと湖に両足を浸しました。月の光にゆらゆらと濡れる水面に、エリカさんの白い足がそっと降ろされ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いいぢま㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛の月 制限時間:30分 読者:358 人 文字数:821字 お気に入り:0人
「月が綺麗ですねって言葉、あるじゃないですか。意味、知ってますか?」「ああ──うん。I love youの日本語訳だったっけ」 隊長の引き継ぎ業務は思っていたよ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:穏やかな男 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1536字 お気に入り:0人
****「おっ邪魔しま~す。」――変な癖で、ついつい人様の車に乗ると言ってしまうんだよなぁ~。と、眠気とその場の雰囲気で少し飲んだ微酔いで、心地の良い疲労感でふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:免れた夜風 必須要素: 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1525字 お気に入り:0人
高校を出てから住み始めた家は横浜にあって、だから全然ゴミの日を覚えられないで二年か三年くらい、多分そう、三年近くは経っている。ゴミを溜めているなんてことはなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:平和と祖父 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:929字 お気に入り:0人
埼玉以北には行かないと誓った日もあった。 厚い雲に覆われて日が届かない地にいる。おろしたてのダウンをかき抱いて、セイコーマートから走る。はやく温かいホテルのロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:アルパカの四肢切断 必須要素:ジャケット 制限時間:2時間 読者:8 人 文字数:1657字 お気に入り:0人
型落ちの薄型テレビでは夕方のニュースが流れている。民放だ、たわいも無い内容で本当にくだらない。アルパカふれあい牧場の取材カメラと差し出されたマイクに、ふっくらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うつたか お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:618字 お気に入り:0人
「高崎ぃ!」バタバタと、宇都宮が騒がしく在来の部屋に駆け込んでくる。「どうしたんだよ、そんな急いで」珍しく焦る様子の宇都宮に視線が集まる中、高崎はなだめるように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:それいけ昼下がり 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:992字 お気に入り:0人
「だからさ、こう、耳をぴょこぴょこってさせたの」「わかんねえよ! なんでそれが祝ってることになるんだ……」 時刻にして、昼を少し回った頃。いいかげんおたえへのツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:黄色い償い 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:960字 お気に入り:1人
315プロダクション所属プロデューサーの俺が、葛之葉雨彦が事務所前の掃除をしているのだ、という話を事務所待機中の紅井朱雀に話したのは偶然だった。そういや朱雀、前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:KーPOP お題:人妻の屍 必須要素: 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:352字 お気に入り:0人
気がつくと、隣に女が寝ていた。いや、正確には死んでいた。口元に泡を吹かせていた。僕は怖くなった。身に覚えがない。すぐ横に酒があった。数本の酒が乱雑に置かれていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン(夢) お題:調和した俺 制限時間:4時間 読者:18 人 文字数:1256字 お気に入り:0人
ちょう わ てう- [0] 【調和】( 名 ) スルものごとの間に釣り合いがとれていること。ものごととものごとが互いに和合していること。 「 -がとれる」 「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル: お題:臆病な武器 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:39字 お気に入り:0人
時計のために引き取った子供、ルドガーは少しぼんやりとした子供であるようだった。 〈続きを読む〉