ジャンル:名探偵コナン お題:調和した真実 必須要素:豚肉 制限時間:2時間 読者:128 人 文字数:2386字 お気に入り:0人

夕方からの日常

(オリキャラ居るよー。夢主は金田一と探偵学園の世界出身)

【日常に落とし込んだこと】

夕方、勤務地である喫茶ポアロのドアベルが鳴り、客が入っていたことを高遠雪姫は察知した。

「いらっしゃいませ」

「雪姫姉ちゃんだ。あれ、今日はお休みって言ってなかった?」

あどけない声が聞こえる。雪姫はこの声についてよく知っていた。
ポアロのテナントが入るビルの二階にある毛利探偵事務所の居候、江戸川コナンだ。
このビル、三階は毛利家の住居なのである。

「誰とは言わないんだけどメインのバイトがいきなり休んで梓ちゃんも忙しくて、店長も用事が入ってね」

「……あー……大変だね」

誰とは言わないがコナンは察してくれる。
雪姫が働いている喫茶ポアロではバイトが一人居るのだがそのバイトがよく休むのだ。
今日は休みであったが午前中に買い物をすませて午後はゆったりしていた。
ポアロ内の客は今は居ない。

「店長が帰ってきたら帰るよ。今日は」

「蘭姉ちゃんが夕飯はポアロで、って、空手部の練習なんだ」

コナンがカウンター席に座る。食事を取れと言うことだろう。食事については家賃から引かれていくというか、
ここで食べてくれれば実質、店が毛利家に払うテナント料がある意味相殺されるのだ。

「メニューをどうぞ。飲み物は、いつもので?」

「いつもの!」

コナンの前に氷水を出す。
彼に関しては一つのルールがあった。他の人と入ってくる時は飲み物の指定を聞くが、
一人で入ってくる時はいつものになる。雪姫は早速準備を始めた。
冷蔵庫内にある作りたてのアイスコーヒーを取り出すとロンググラスに氷を入れて注ぎ込む。
砂糖とガムシロップは一応置いて置くが、コナンは入れない。

(少年探偵団の他の皆は入れるんだけどね。……哀ちゃんも入れないか)

阿笠邸に縁があっていき、珈琲を入れることがあるが、コナンとよく行動をしている少年探偵団の皆は
淹れているというか彼等小学校一年生だしねとなりつつ阿笠邸に居候をしている灰原は淹れずに飲んでいた。
アイスコーヒーを置く。

「それなら、ナポリタンで」

「スープも付けておくから」

ナポリタンにはサラダが付きなのだが、ランチのスープが余っているので、つけておく。
調理に取りかかろうとすると多機能情報端末が鳴った。見て見る。
内容を一瞥してから、改めて雪姫は調理に取りかかることにした。



高遠雪姫はこの世界の住人ではない。
元々は別の世界出身で高遠雪姫もこの世界に来てから名前を変えてみようとかそんな理由で、一応友人の名字を借り、
呼ばれていた異名を名前にして見ただけだ。この世界と似ているが違う世界出身である。
そういうと大多数の者からは正気を疑われたりするのだが、事実なので仕方が無い。
××××は存在しないのだ。
そして雪姫の知り合いも家族もこの世界には存在しない。
コナンにナポリタンを作り終えてから店長が帰ってきたので帰路につく。
スーパーで買ったのは豚肉の切ったものだ。
与えられた小奇麗なマンションに戻り、部屋に入り調理する。
料理を二人文並べて、しばらく待ってみる。

「ただいま」

「おかえり。……お疲れ様。店長がまたかみたいにしていたわよ。良くクビにならないわね」

疲れたように褐色の肌の青年、今の彼を雪姫は降谷零と呼ぶ。

「バイトだからね。解っていて言っているんだろうけど、バイトでも辞めさせられるときは辞めさせられるか」

仕事中にかかってきた連絡が豚肉が食べたいだったが、メニューはお任せと言うことで今回は豚の生姜焼きにした。
降谷が雪姫に大きな封筒を渡してくる。
厚みからしてかなりの紙が入っているようだ。

「開封は後でで良い?」

「食べてからで。君の見解が聞きたい」

この世界に来た雪姫が米花町に流れ着いて、ある殺人事件にてコナンや毛利蘭と、
知り合い喫茶ポアロで安室透と知り合い、いくつかの事件後、降谷零と取引をしてこうしている。
彼にはいくつか秘密もあるしコナンもあるようだが聞かないところは聞かない。

「明日はバイトに出るよ」

「出なさい。私は朝だし。長く働けることには働けるけど」

「いい手じゃないか」

「コナン君は察してくれたけど、呆れた顔をしていたわ」

バイト関係で長く働ける理由はあるがそれこそかなり偽装関係で誤魔化しつつ正統なところは
正統にはしてある。

「食べようか」

「味は私の味だけど」

「それでいい」

元の世界もそうだが、この手の者と付き合うのには慣れている。割り切りと言えば割り切りだ。
似たような者なんて犯罪者だったしフクロウの世話を押しつけてくるし、
雪姫と名乗ったときに名字を借りた者ではあるが。

「……今週はそっちが持ってくる以外の事件は起きないといいけど。米花町、私の性質を除いても、
事件が起きすぎだっての」

「そうかな」

「そうだって」

犬も歩けば棒に当たるならぬ、犬も歩けば事件に当たる度が酷い。
雪姫の性質というのは死神性質というか体質だ。行く先々で事件が起きる。

「君ならば解けるだろう。名探偵」

「本業はバリスタ」

おじのこともあり、生まれ育った環境のこともあり、探偵と言っても差し支えない雪姫だが、
本業はバリスタだ。バリスタなのだ。バールマンでもいい。
店も経営していた。
訴えれば降谷は爽やかに

「副業にすれば良いじゃないか。いただきます」

「しないからら。いただきます」

「美味しい」

豚肉の生姜焼きに口を付けた降谷が気楽に気を抜けたように呟いたので、
雪姫は体の力を抜くと自身も食べることにする。
彼女からすれば、この日常が安定しているのだ。
端から見たら、歪かも知れないけれども


【Fin】

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:菴 : もー少し低浮上▼執行済み ジャンル:名探偵コナン お題:箱の中のコメディ 制限時間:2時間 読者:208 人 文字数:2459字 お気に入り:0人
インターホンを押すことはない。こちらが出迎えずとも、勝手にやってきていつの間にか家の中にいるのだから。 気づいたときには翼をはためかせながら背後に立っている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:最後の言い訳 制限時間:2時間 読者:164 人 文字数:1485字 お気に入り:0人
〈新蘭前提の園蘭/片想い/独白調?/アイデア出し・プロット程度の散文〉 毎週末のこの時間に欠かさず見るドラマは、世の女子達が虜になっている若手俳優が主演を張った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:いわゆるぬくもり 必須要素:ノイズ 制限時間:2時間 読者:374 人 文字数:1750字 お気に入り:0人
この部屋には、やけにノイズが飛んでいた。盗聴でもされているのだろうか。それとも…………。「諸星っ。客だ。」「えっ………客?」ヒールの音は聞こえなかった。入ってき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:死にぞこないの宇宙 必須要素:3000字以上 制限時間:2時間 読者:3061 人 文字数:1639字 お気に入り:0人
「ちょ…ちょっと…!ここどこなの?誰かいないの?」ベルモットは自分が閉じ込められた部屋を見回しながらいった。ここは尋問場。これからベルモットは尋問されるのであっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:群馬のサーブ 制限時間:2時間 読者:432 人 文字数:1435字 お気に入り:0人
組織のベルモットの部屋での、白昼堂々行われたお話です。バーボン×ベルモットベルモットの調教シリーズ第1話の標的はバーボン。ベルモットに危険な調教をされる。目が覚 〈続きを読む〉

秋月蓮華の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:千銃士 お題:今年のローン 制限時間:1時間 読者:71 人 文字数:885字 お気に入り:0人
【最優先順位】「ローンが組めたとしても……」僕、エセンが執務室にマスターの様子を見に来ると彼女は執務机に座って考え込んでいた。レジスタンス側の希望であり、僕達貴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:テニスの王子様 お題:小説の汁 必須要素:哲学的な思想 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:742字 お気に入り:0人
(オリ設定キャラが居るよ)【いつものようにぐだぐだと】聖ルドルフ学院男子寮にて不二裕太がリビングルームにやってくると、男子寮の管理人がソファーに座って、小説を読 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:名探偵コナン お題:調和した真実 必須要素:豚肉 制限時間:2時間 読者:128 人 文字数:2386字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー。夢主は金田一と探偵学園の世界出身)【日常に落とし込んだこと】夕方、勤務地である喫茶ポアロのドアベルが鳴り、客が入っていたことを高遠雪姫は察 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:テニスの王子様 お題:簡単な祖母 必須要素:3000字以上 制限時間:30分 読者:95 人 文字数:923字 お気に入り:0人
(オリ設定キャラ居ます)【お婆ちゃんとの話】「観月くーん、宅配便来とるよ。君の実家から」日曜日の朝、聖ルドルフ学院の男子寮のリビングルームで朝からパンケーキを食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りの笑顔 必須要素:3000字以上 制限時間:1時間 読者:92 人 文字数:3342字 お気に入り:0人
【とある宗教の撲滅】明石国行は決意した。必ず、必ず、この宗教は消し去らなければならないと。「……ヒツキさん……」「主、おはようございます」審神者のプライベートス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:しんけん!! お題:緩やかな失踪 必須要素:化粧水 制限時間:2時間 読者:82 人 文字数:1891字 お気に入り:0人
(刀匠いるよー)【緩やかに、緩やかに】斎庭白秋はこの屋敷町では地位としては上位に入るというか、真剣少女のお守り役とも取れる刀匠だ。刀匠ではあるが、真剣少女通しの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:血界戦線 お題:出来損ないの小説家 制限時間:30分 読者:110 人 文字数:1644字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【ライブラのとある日】その日、レオナルド・ウォッチがライブラの執務室に入るとソファーでエルセリーザ・ディライトが仰向けに寝そべりながら小説 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:疲れた、と彼女は言った 必須要素:美容整形 制限時間:1時間 読者:125 人 文字数:867字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【綺麗になるために】「疲れた」「本っ当にすみません!! 椿さん!」大阪城。城下にある古い神社にて島左近はこの神社の主である御巫椿に謝った。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:真・三國無双 お題:正しいお尻 必須要素:村上春樹 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:359字 お気に入り:0人
(現パロで晋面子)【あうあわない】「鍾会様」とあるクラスにて帰ろうとしていた鍾会に会いに来たのは梁紫緒、鍾会の家の居候だ。ある日突然、兄が連れてきた少女だ。教室 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:テニスの王子様 お題:淡いぷにぷに 必須要素:100字以内 制限時間:2時間 読者:120 人 文字数:129字 お気に入り:0人
【ふじゆうたのおやつ】(たいとるぬいて100文字以内)冷蔵庫に自分用とでかでかと書いておいてあった紙箱を不二裕太は手に取ると中身を皿に移した。「ババロア」人気店 〈続きを読む〉