ジャンル:メギド72 お題:かたいガール 制限時間:30分 読者:174 人 文字数:1371字 お気に入り:0人

忘れ物

 生まれて初めて死体を棄てた。それも殺人未遂をした男のだ。
 父親と兄は私のびりびりに破けた服装を見て何も言わずとも察してくれたし、黙って藁をかぶせた荷車を運ぶのに手を貸した。私はといえば、殺されかけたのだから罪悪感というものはなかったが、突然現れた殺人鬼を、これまた突然屠った女の人の身が気がかりだった。
 のちに、私が棄てた死体は、巷を騒がせている連続殺人鬼のものだとわかった。
 男の死体は下水道から発見されたが、身元が身元だったから、一体だれがやったのかは、王都の兵士たちもあまり詮索しなかった。父も兄も、あの夜のことを話そうとはしなかった。
 
 男の持っていたナイフよりも、女性の持っていたいかつい武器の音が耳に残っている。
 女の人は銃を持っていて、何のためらいもなく引き金を引いた。見事に杭の突き刺さった死体を背にして、「大丈夫ですか?」と笑顔で振り向いたシスターは、呆然とする私に向かって自己紹介をした。
「そうでした。名乗っていませんでしたね……私はマルコシアス、魔物ハンターです! 今日は急ぎですので、これで失礼します!」
 あとには殺人犯の死体と、赤黒い染みのついたベールが残されていた。
 夢なのではないだろうかと思っていたが、あのベールはまだ私の手元にある。

 マルコシアスという名前を頼りに(さすがに「こちらに魔物ハンターさんはいらっしゃいますか」、と人に聞いて回るのははばかられた)人を尋ねた。しばらく収穫はなかったが、往来の宿を出た時、下働きの洗濯女がそっと近づいてきた。
「金髪のマルコシアスを探しているんだって?」
「はい。助けていただきまして、身長はこれくらいで……髪の毛の長さはこのぐらいで」
「マルコシアスだろう、魔物ハンターの」
「ああ、ええ、魔物ハンターの」
 女性は年の割に石鹸で擦り切れた手で住所を示す地図を描いてくれた。あなたもそこの出身なんですか、と聞くのははばかられた。なんたってプライベートなことだ。彼女も、私がどうして魔物ハンターを探しているのかは聞かなかった。
 女性が書いたなんともいえない地図の、私が思っていたのより3軒向こう側に孤児院はあった。
 不揃いな敷石を踏んで歩いていくと、庭で遊んでいた子供たちがじっとこちらを見ていた。私はとっさに、腕に持ったベールをくるくる巻き取って後ろに隠した。不審そうにこちらを伺うので、私はマルコシアスという名と、落とし物を届けに来た旨だけを伝えた。
「ババ母ちゃん、姉ちゃんの! 落し物、届けに来たって!」
「ああ」
 奥からやってきた老齢のシスターは、手に持ったベールを見ると、何か察したように頷いた。見せるべきか迷う前に、シスターはありがとうねと言ってベールを受け取った。
「どおりで一つないと思ってたんだ。全く、この手の汚れは落ちにくいったらありゃしないんだよ、あの子ったら」
「あの、それは彼女のものじゃありません」
「そうかい」
 私はフォローしてみたが、老齢のシスターは知っていた風ににっこり笑った。どこか寂しそうな、誇らしげなような、とにかく40年以上は生きていないと出せない声色のニュアンスで、良いとも悪いとも判じがたい。
 子どもたちの笑い声が響いていた。孤児院の庭には、雑草みたいなデタラメな花が咲き乱れている。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

ぽつタイプライターの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:あいつの就職 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:758字 お気に入り:0人
雑魚メギド妄想その2「あの川を無事に渡り切ったら、俺たちの軍団に入れてやるよ」 そう言って、メギドはぺんと平たい石ころを放った。「おら、拾ってきな」 そんな無茶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:疲れた逃亡犯 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:872字 お気に入り:0人
※メギドラル時代のサレオスさんとすれちがう夢雑魚メギド妄想です 不意に姿を現した巨人の斧で、俺の軍団を率いていたメギドはあっさりと頭を勝ち割られていた。 何がそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:The Elder Scrolls お題:俺と母性 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:1421字 お気に入り:0人
ルマーリンが着替えているほうから短い笑い声が聞こえてきて、俺はまたくだらないジョークのくだらない思い出し笑いでもしているのだろうと思って無視を決め込んだ。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:そ、それは・・・外資系企業 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:1006字 お気に入り:0人
明日も知れぬ冒険者の一人として、カグツにも覚悟はそれなりにあったはずだった。 当たり前だと思っていたものが、一瞬でなくなる恐怖。確かなものなど、何一つとしてあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:ぐふふ、正義 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:992字 お気に入り:0人
ひどい匂いのする腐った水をモロに浴びた仲間たち、そして私は、駆け出しの安っぽい生地でできた装備をばらばらと地面に一個ずつ置いていく。その姿が、なぜだか愉快で仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:帝王の絵描き 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:1261字 お気に入り:0人
街道で幻獣と出くわした私は奇妙な集団に助けられた。 ソロモン一行と名乗る彼らは、年齢も性別もばらばらの、どこか歪な集団だった。町の衛兵が束になってもかなわなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:彼女とロボット 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
「やあウヴァル、おかえり」「……ただいま、戻った」 ウヴァルは、おかえりという響きにまだ慣れない。ただいまと返事を返すのもだ。「おかえりおかえりー! 外が暑い暑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:地獄克服 制限時間:30分 読者:88 人 文字数:1099字 お気に入り:0人
「ええ、マジかよ。さんざん水浴びたのに風呂はいらなきゃなんねーの?」「塩水じゃな、洗い流さなきゃあとあとやべーぞ」 道中、足を止めて海へとやってきたソロモン一行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:群馬の朝 制限時間:30分 読者:91 人 文字数:1807字 お気に入り:0人
ソロモン一行がようやく、シバから遠回しに依頼された「大樹ユグドラシル」を討伐し終えたころのことである。戦いが終わって一息ついてみると、倒れた木の近くで何か物音 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:かっこ悪い豪雨 制限時間:30分 読者:106 人 文字数:995字 お気に入り:0人
※舟渡ししながら旅してるサレオスさんとモブのヴィータ「なあ、あんた、おれの傷は深いのか……」「いや、そんなことはないさ」 舟渡しはあっさりとそう言ってのけると、 〈続きを読む〉