ジャンル:アルスマグナ 青赤 お題:大きなにおい 制限時間:4時間 読者:343 人 文字数:1093字 お気に入り:0人
[削除]

華と泉の冷ややかな戦争

華京院先生の口調が迷子(^q^)

「神生アキラ」

「!…げっ」

「人の顔を見てげっ、とはなんだ。

私がそんなに嫌なのか?」

「いや~…そんなことは~…」

「まぁ毎日注意していたら嫌われるのも仕方ないかもしれないな。

しかし…毎日注意されるようなことをしているのは、君自身だ」

華京院先生は俺のネクタイを直し、ボタンを閉めた。

「毎日注意しても直さないのはなぜだ?

そんなだらしない格好で歩いていては、学校内の風紀が乱れるだろう」

「俺がだらしない格好して歩いてて、なんで風紀が乱れるんすか」

「………それは」

先生は俺の顎に指をかける。

鋭い視線が目に刺さったかのように、そらせない。

「先生、顔近」

「君はもっと自分の魅力に気づいた方がいい…

そんなに可愛らしい顔をしておいて、無防備に歩いていてはいつか…」

ぐっと顔を引き寄せられ、耳元で

「襲われてしまうぞ」

と囁かれた。

耳に息がかかったのもあり、背中にぞくっと何かが走った。


その時


「アキラから、離れてください!」

声の方へ目を向けると、泉がいつもより眉間にシワを寄せて立っていた。

「先生、アキラをからかうのもいい加減にしてください」

速足で来るなり先生の肩と俺の肩を軽く押して、離れさせる。

「ただ注意をしていただけだ。

…まったく、君は彼のことになるといつもむきになるな」

先生が余裕の笑みを浮かべるなか、泉は先生を睨み付けている。

「君が彼を正さないから私が直しているのだろう?

君と彼がしっかりすれば、もうこんなことはない。

原因を作っているのは君と彼だ」

泉は黙って睨み付けている。

泉は何をこんなに怒っているのか。

「もっと冷静になってからまた話をするとしよう。

…私はこれで」

「……」

先生はくるりと向きを変え、

「君がダンス部に執着する理由がわかったような気がするよ。

…必要なら、消させてもらう」

意味深な台詞をはいて、先生は廊下を歩いていく。

「…なんだよ、お前がダンス部に執着する理由が今の会話の中であったのか?

つか、それをなくすって…」

「…はぁ…

これだから鈍感な人は嫌なんですよ」

そういうと泉も廊下を歩いていってしまった。

「はぁ!?それ俺のこと言ってんのかよ!!

おい待て泉!泉!!」





☆先生と泉のバトルが始まる_____?





先生にたぶらかされ?誘惑され?るアキラ君と
それを防ぎながら密かにアタックするそーくんと
それに全然気づかない鈍感アキラ君が見たい…(切実)

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ばさし@痩せる ジャンル:アルスマグナ 青赤 お題:当たり前の町 制限時間:4時間 読者:1728 人 文字数:1617字 お気に入り:2人
部活がない日なんかは、こうしてぼーっとしている事がほとんどだ。普段の自分からは想像もできないと思われるだろうが、この時間は嫌いではない。何もせず、ただ座って景色 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばさし@痩せる ジャンル:アルスマグナ 青赤 お題:絵描きの美術館 制限時間:1時間 読者:2545 人 文字数:913字 お気に入り:3人
中に浮く言葉さえも。目に見えるものにできたら。きっとそれだけで良いと思うんだ。「本当にアキラは絵が得意なんですね。」そういう泉の顔はとても楽しそうだ。夢中でノー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばさし@痩せる ジャンル:アルスマグナ 青赤 お題:限界を超えた冬 制限時間:2時間 読者:3460 人 文字数:1713字 お気に入り:3人
半袖を着られる季節はとうに幕を閉じ、寒いというより痛いという言葉がぴったりだ。一歩足を進めるにも億劫になるこの季節は、誰も外に出たがらないだろう。彼、神生アキラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばさし@痩せる ジャンル:アルスマグナ 青赤 お題:帝王の保険 制限時間:1時間 読者:2028 人 文字数:1288字 お気に入り:2人
この手の届く限りは。「んま、わかってるって。」真っ白な壁。真っ白な天井。真っ赤な髪の俺には似合わない。お前だと、同化しちまう。「ちょっと」大きめの窓から差し込む 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:静かな笑顔 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:365字 お気に入り:0人
「マスター、少し良いか?」深夜マイルームを尋ねてきたのは、退廃的な雰囲気を纏う黒衣のサーヴァント(いやこの人に限ってみれば僕の方こそ僕であるほうが相応しいのかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Zero お題:猫の大地 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:275字 お気に入り:0人
『抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よーーーー』黒衣の魔術師の高らかな詠唱の終わりと共に眩い閃光が古城の一室に満ちる。魔術師が瞑った目を開いたのは、儀式の主たる目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛、それは音 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:375字 お気に入り:0人
ご自愛ください。という定型句にエロティックな意味を見出してしまう程度にはリリカ・プリズムリバーは若かった。思春期だった。自分を愛するとは陰核を愛することに他なら 〈続きを読む〉