ジャンル:おそ松さん お題:気持ちいいにおい 制限時間:15分 読者:130 人 文字数:398字 お気に入り:1人

割骨



 チョロ松は家の前に立つと、微かに薫る匂いに近づいた。どうしようもなく、浮き立つような匂いである。はて、と思うが具体的に何と言われてもてんで出てこない。複雑に混じり合っているようにも思える。
首をかしげながらかまちに上がると、少し匂いが強くなったような気がする。やはり匂いの出処はここなのだ。
居間に上がるとトド松がいた。「何かアロマでもたいてる?」「いや」
廊下で一松に出会った。「猫でも連れてきてる」「今日は誰もきてないよ」
二階に上がるとカラ松が寝ていた。「香水でも振ってるのか」「ノーアイデアだ」
階段を降りたら十四松に遭遇した。「汗臭いな」「ストライクバッターアウト!!」
台所を覗くと入り口に煙が一本立っていた。そしてその奥で母さんが手羽先を焼いていた。そこでようやく合点がいった、これだったのだ。浮き立つような匂いは。「いい匂いだね、おそ松兄さん」
 骨がバチッ、と音を立てた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:穴虫 ジャンル:おそ松さん お題:気持ちいいにおい 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:603字 お気に入り:0人
初夏の晴天。平日の昼間に良い年した青い男と黄色い男が、自宅の屋根でくつろいでいる。そばには取り込まれたばかりの洗濯物。母親に「暇なら手伝いなさいクソニート」と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:アルパカの冬休み 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:461字 お気に入り:0人
照明の落とされた暗い部屋の中、唯一の光源であったロウソクがいま、尽きた。途端に、部屋の中は闇で満たされ、そこに座り込んでいた男は不安げに視線を揺らすと、足を抱え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:裏切りの就職 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:574字 お気に入り:0人
骨を食う文化がある。骨食み。骨ねぶり。ニューギニアでは死んだ族長の骨を戦士たちが食うという。極道たちは、オヤジへの敬意と、ヒットマンへの復讐を誓ってその遺骨を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ ジャンル:おそ松さん お題:早すぎた地獄 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:1013字 お気に入り:0人
いつものようにテーブルを囲むニートたち。 テーブルの上にはお菓子が広げられて雑談していた。「しかし、最終回で地獄ってのは俺らの年齢的に早すぎねえ?」「次のコー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:12月の伝説 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:503字 お気に入り:0人
長い夏の間、サマー仮面なんてものをやっていた兄は秋がきてすっかり大人しくなってしまった。今日もさながら死んだ蝉のように、モスグリーンの床に寝転んでボーッと天井 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りんね ジャンル:おそ松さん お題:小さな孤島 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:580字 お気に入り:0人
美しい海へカラ松とピクニックに出かけたのは何時のことだったか。未だ口をつく暴言をBGMにお弁当を食べようと浜辺に座った一松は、足を滑らして緩やかに落っこちてゆく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:阿修羅新卒 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:576字 お気に入り:0人
班長は凡庸な日本人であった。海外はおろか、本州すら出たことがない男には、RとLの違いがわからないのも無理のない話であった。「それじゃ一緒だ」「…ラ…ライト…」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しらたま ジャンル:おそ松さん お題:やば、ピアニスト 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:646字 お気に入り:0人
やばい、やばい、やばい。どうしてこんなことになったんだ。僕の目の前にあるのは1台のピアノ。制限時間が上にでている。この時間以内にピアノを弾けということらしい。… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:海流(かいる) ジャンル:おそ松さん お題:セクシーな狐 制限時間:15分 読者:153 人 文字数:571字 お気に入り:0人
「おおっエロ本はっけーん! なっ、これよくね?」 おそ松が拾い上げたのは、今時駅にも落ちていないようなボロボロのエロ本だ。はじめに目に入るのは、たわわに実る乳房 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:君と夢 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:871字 お気に入り:0人
夢を見た。酷く息苦しい夢だった。松野おそ松は深い眠りから意識を取り戻し、やけに目に染みるいつもの薄暗い天井を見てため息を吐く。体は汗でぐっしょり濡れていて、目元 〈続きを読む〉

よんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:よん ジャンル:おそ松さん お題:気持ちいいにおい 制限時間:15分 読者:130 人 文字数:398字 お気に入り:1人
チョロ松は家の前に立つと、微かに薫る匂いに近づいた。どうしようもなく、浮き立つような匂いである。はて、と思うが具体的に何と言われてもてんで出てこない。複雑に混 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よん ジャンル:おそ松さん お題:間違った哀れみ 制限時間:30分 読者:108 人 文字数:488字 お気に入り:0人
おそ松がそれを見つけたのは九月一日である。最寄りのパチ○コ屋は小さい。駐車場もたかだか五六台しか止まれない狭さの片隅、ゴミ箱の間にうずくまるようにしてあったの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よん ジャンル:おそ松さん お題:汚い惑星 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:610字 お気に入り:0人
惑星間奉仕活動従事の真っ最中である。不法投棄惑星G-031に降り立ったおそ松とチョロ松はスーパーカーボネティックヒバサミとメタポリエステルゴミブクロを手に船外 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よん ジャンル:おそ松さん お題:許されざる小説家たち 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:533字 お気に入り:0人
主人公はとても凄いと思います。何故なら僕にはできないからです。おそ松の率直な気持ちである。率直というのはつまり、夏休みの最後の日にこんな感想文など書いていられる 〈続きを読む〉