ジャンル:ONE PIECE お題:栄光の殺し 制限時間:30分 読者:322 人 文字数:487字 お気に入り:0人

【カタル】寝て食べる【モチゴム】

どこまで本気で、どこまでが冗談なのか。ふざけているとしか思えない行いは常に割り切っていなければ振り回されるのがオチだ。
今更ながら掻いた胡坐の中で高いびきをして眠る相手の神経の図太さにほとほと呆れかえる。嘗て死闘を繰り広げていた男に全く警戒せず身を預け眠りこけている麦わらの口元はだらしなく緩み切っていた。
「むにゃむにゃ……。肉ゥ~おかわり~……」
うつ伏せに寝返り丁度枕よろしく太腿に顔を乗せる麦わらの頭をくしゃり撫でつける。手袋越しから伝わる女と違う髪質を梳き弄れば鬱陶しいのか眉間に浅い皺が出来き唸り出す。果たして起きるかと期待にも満たない予測を立てることなく麦わらの頬を手の甲で擦り触れた。
緩く触れられる感触を気に入ったのか眉間の皺が消え自ら頬ずりしてきては眠りを深くする。
相変わらず寝言は食べ物に関するものばかり。試しに作ったモチを鼻先に寄せた瞬間、勢いよく食いついた。だが、起きない。満足気に咀嚼するかと思いきや物足りないのか、味を占めたのか定かではないが大口を開けだす始末。
凡そ一口サイズとは到底言えないモチを作っては吸い込まれる様を飽きるまで続けた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:のく太 瀕死➡ガッツ ジャンル:ONE PIECE お題:残念な正義 制限時間:30分 読者:122 人 文字数:1924字 お気に入り:0人
法の下の平等という理念がある。 そこに、正義の名の下にならず者は除くという但し書きを添える。法の下の正義であるので、段階的に振り分けるという意味では有効なはず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ONE PIECE お題:間違った海 制限時間:30分 読者:942 人 文字数:1785字 お気に入り:0人
「俺の大事な人達が世話になったようで、挨拶に」サボはそう言って、酒瓶を見せた。♦︎♦︎♦︎赤髪海賊団の元へ行ったのは、最後から2番目だった。本来なら1番ないし2 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:くるーふぃー低浮返遅 ジャンル:ONE PIECE お題:もしかして夏休み 制限時間:30分 読者:231 人 文字数:514字 お気に入り:0人
一学期最後のHRを速やかに終える。脇には先程まで生徒たちの通知表が詰められていたダンボール。「せんせぇばいばーい!」といった、約一ヶ月の長期休業を喜ぶ声を軽く流 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:コトト ジャンル:ONE PIECE お題:限りなく透明に近い狂気 制限時間:30分 読者:237 人 文字数:1360字 お気に入り:0人
※エーサボ「あ、」「なに」「いちご」「いちご?」エースがぱっと立ち上がる。ゲンキンなヤツだな、と思った。いちごがなに、っていうよりも先にこっちにきて、冷蔵庫をあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:コトト ジャンル:ONE PIECE お題:記憶の境界 制限時間:30分 読者:310 人 文字数:1412字 お気に入り:0人
ぷち、と摘み取ったものは、小さい紫色の花だった。手には赤色の大きな袋。なにをしていたんだっけ、と思って、あたりを見渡す。一面の紫が、やわらかい風にゆれて、海面み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:コトト ジャンル:ONE PIECE お題:光の彼 制限時間:30分 読者:386 人 文字数:1199字 お気に入り:0人
※エーサボ海だ。季節から少し外れた時期の海は人がいない。潮の香りをたっぷり含んだ風が体にまとわりつく。クロックスに砂が入るのも気にせず走っていったエースをゆっく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:n. ジャンル:ONE PIECE お題:生きているロボット 制限時間:30分 読者:729 人 文字数:846字 お気に入り:0人
変わらないものはある。確信していた。例えどんなに年をとろうが、五体を失おうが全く意に介さずにいられると信じていた。し、事実そうであった。酒を酌み交わし、昼間の無 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Capt.@二日目東ニ50a ジャンル:ONE PIECE お題:神の稲妻 制限時間:30分 読者:656 人 文字数:2509字 お気に入り:1人
ひどい時化だ、と誰かが言うのが聞こえた。海の天候なんてそれこそ気まぐれとしか言いようがなく、ほんの一時間前には凪いだ青空が広がっていたのだ。それがあっという間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Capt.@二日目東ニ50a ジャンル:ONE PIECE お題:苦い土地 制限時間:30分 読者:733 人 文字数:2620字 お気に入り:0人
「どんな感じですかね?」 サカズキは黙ってしゃがみ込んで、土をひとつかみ、掴みあげた。黒色の土はかつては実り豊かなものだったろうに、今はその力を喪っていたし、お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Capt.@二日目東ニ50a ジャンル:ONE PIECE お題:くだらない口 制限時間:30分 読者:672 人 文字数:2782字 お気に入り:0人
そういった事を今まであまり気にはしなかった。気にする相手もいなかったし、気にしたとしてもそうかと思うだけだった。このそうかは実の所非情なもので、自分には関係無 〈続きを読む〉

チクチク目打ちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:つらい夫 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:401字 お気に入り:0人
「これが終わったらシドーの部屋を作るって?」青い瞳がランランと輝き何度も頷き、慣れた動きで背中に背負っていた本を取りシドーの顔の前に書き途中と思われる設計図が掛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:鋭い感覚 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:550字 お気に入り:0人
一切反らされず注がれる赤い瞳に近付いていた足が止まる。背筋とは言わず周囲に満ちる威圧感は熱を奪いシドー以外の声を音を消した。「教えてくれよなあ… 」シドーが一歩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:地獄の四肢切断 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:465字 お気に入り:0人
間取り、豪華さ、ムードに至るまでリクエストに沿った作りにしようと四苦八苦悩み唸る様でさえ心底楽しそうに見える。積み上がった壁に寄り掛かるシドーの顔つきが険しくな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:日本理由 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:552字 お気に入り:0人
一心不乱それこそ楽しそうに物作りする姿を見ているだけで胸の奥からあったかな何かが溢れてくる。これがきっと見ていて面白い楽しいという感情なんだろう。実際相変わらず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:いわゆる逃亡犯 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:1425字 お気に入り:0人
以前、頭の中にどっかの誰かが勝手に話し掛けていた頃をシドーはふと思い出していた。本格的にからっぽ島開拓に着手し始め毎日楽しそうに物作りをする姿は見ていて飽きない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:孤独な復讐 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:631字 お気に入り:0人
心の奥底から沸き立ち枯れることの無い破壊衝動。何もかも跡形すら残さず壊したい欲望のまま身を委ねた。全てを破壊しつくせよと頭の中で声が響く。振るう腕が何かを破壊す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:猫の殺し 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:519字 お気に入り:0人
どうして設定した通りにならない。どうして思い通りにならない。この世界は私が作ったものなのになんでも思い通りに作り替えられない。勝手に動いて邪魔してどうしてどうし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:隠された彼女 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:609字 お気に入り:0人
とくに動物の類が苦手というわけではない。見た目も中身も猫に懐かれれば満更でもなかっただろう。ただ見た目が、見た目の方が裕太にとっては大問題だった。ソファに座った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:素朴な駄作 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:1034字 お気に入り:0人
「にゃあ」それはとても可愛げが無さ過ぎて逆に可愛く思えると見せかけてやはりそうでもない成熟した男の声色だった。キャリバーの口から発せられた猫の鳴き声でよく表現さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:純粋な正義 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:1373字 お気に入り:0人
記憶喪失になってから身に着いた習慣は常々侮れない。六花と内海と一緒に六花の母親が経営している喫茶店にとりとめない話をしながら店内に入った瞬間、裕太は何か違和感を 〈続きを読む〉