ジャンル:ロビジュナ お題:静かなお天気雨 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:1151字 お気に入り:1人

【ロビ→ジュナ】置いてはいけない

思えば、こんなレイシフト場面は今までにも少なくなかった。
天候は雷雨。視界は不良。足場は崩れやすく、敵は魔獣たち。しかし今回はどうにも運が悪かったと言わざるをえない。まだ実地経験の少ないジャンヌ・オルタ・サンタ・リリィと、ナーサリー・ライムを連れて地に降りたまでは良かった。魔獣たちを陽動して、その弱点の突き方を教えているうちにどんどんと天候が移り変わっていったのだ。
そして激しい雷雨に身を打たれている間に、いつの間にか、自身たちが崖を背にして立っていることに気付いた。私はこの中でも練度が最も高いため、引率役としてマスターに同行を依頼されていた。それはもちろん、私の宝具であれば森を更地にすることも容易く、何かあってもうまくこなすことが可能だと踏んだ上でだろう。
しかし、度重なる襲撃で手負いになってしまったジャンヌ・オルタ・サンタ・リリィが震え、ナーサリー・ライムはうまく調整を行えなかった魔力の放出バランスの不得手により、既に本の形を取って沈黙している。ここで宝具を放っても、いたずらにマスターたちまでをも巻き込むだけだ。
私は、ちら、と豪雨の中にも輝く瞳を見る。銀糸の奥で、空色の瞳が瞬いた。
背後は崖。その下には、大地でも川でも、何かしらは存在する。

「マスター! ご容赦を!」

私の呼応に応えたのは、共に前線を駆けた経験の多いマリー・アントワネットだった。咄嗟に宝具を私用し、マスターと幼い二騎を共にその背へと引き上げる。
瞬間、私は足元の大地に、容赦の無い一矢を放った。

「アルジュナ!?」
「安全な場所でお待ちください!」

足元を崩し、崖の崩落に合わせて地面を蹴る。空中で背をしならせ、きりりと弓を引いた。一つ、二つ。目標は、違えない。
つがえた矢で魔猪を射り、雨粒に叩かれる木々へと足をかける。
徐々に大地が崩れる音も、マスターの声をも遠くなる。マリー・アントワネットならば大丈夫だろう。彼女は防御に特化したサーヴァントであり、私とは長らくのパーティ編成での付き合いでもあるため、私の霊基が破壊された場合でもすぐに察知できるだろう。
独りで屠るには限度がありそうだが、時間稼ぎさえできればいい――そう考え、再び雨に打たれるため飛び出そうとした私の足元から、巨大な猿の形をした影が迫った。咄嗟の反射が遅れた私の真横を、軽い軽いワイヤー音が通過する。
パァン、とこれまた重さの無い音。

「何故、」

振り向いた先に、緑の外套が見える。
フードを上げ、苦々しい顔を隠しもせず。
彼は、私のいる木の枝に難なく降り立つと、私の胸倉を掴んで、たいそう不機嫌そうな声で叫んだ。

「――惚れた相手残して行けっかよ!」

轟け閃光、瞬く春雷。

貴方の言葉は、そうして私を射ったのだ!

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ツナ缶 ジャンル:ロビジュナ お題:清い年賀状 制限時間:30分 読者:172 人 文字数:927字 お気に入り:0人
思えば誰にも住所なんて聞いていないし、誰かに教えた覚えもない。アルジュナは頭を抱えた。このアルジュナとあろうものが恥ずかしい!新年の風習はこの国出身でないとは 〈続きを読む〉

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:恥ずかしい彼女 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
「ッッ――ラァッ!」来る、と思ったのは、決してカルナの思い違いではなかった。鮮烈な赤。血よりももっと明度の高い、林檎や苺のような緋色。それが眼前に迫り、カルナは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:戦争と悪人 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1468字 お気に入り:0人
従業員の顔が一瞬で青褪め、道を開けた。というよりも、脱兎のごとく逃げ出した。カルナとビリーは一気に走り出し、ピアノの乗るステージの横を通り抜けて二階への階段に足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:もしかして凡人 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1258字 お気に入り:0人
ガゴンッ!と車体が揺れ、カルナが一瞬だけシートから浮く。咄嗟に庇ったベレッタをセットし直しながらフィンを見ると、どうやら運転席から何かを外へと投げているようだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:愛のプレゼント 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1297字 お気に入り:0人
「大層なご登場なこって」「いつもはデスクワークばかりだからね。たまに現場に戻ると良い刺激になる」「まぁいいや、カルナが君と行くと申し出た」「そうか」フィンはウィ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:見憶えのある水 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1403字 お気に入り:0人
最初の感想は「誰だあれ」だった。俺はロビンフッドの中でも出来の悪い方だと自負しているが、その中でもまぁまぁ頑張ってきたとも思っている。魔力も電力も不足したカルデ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:小説家たちの唇 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1450字 お気に入り:0人
「あなたにとって、私なんて火遊びにもならないのでしょうね」どんなことが原因だったのか、もう覚えていない。けれども売り言葉に買い言葉。それが私を躍起にさせて、言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:私の儀式 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1786字 お気に入り:0人
「言い訳はあるかね」「………無い」カルナは両手を後ろ手に組み、足を肩幅に開いて質問の主を見ていた。ジェロニモは他のメンバーと同じく、カルナへの「勉強」の先生であ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:没カルジュナ お題:初めての宿命 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:980字 お気に入り:0人
バタンッ!と大きくドアが閉まる音が響いた。マリーとアルジュナは肩で息をしながらドアに背をつけ、顔を見合わせる。どちらともなく瞳が弧を描き、笑みとなった。「先程の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:限りなく透明に近い命日 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:1539字 お気に入り:0人
さて防犯ブザーで呼ばれるのは、何もむくけき男だけではない。カルナはアルジュナの元にはせ参じた三人を見やってチベットスナギツネの形相となった。「うちの子に何か御用 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:かたいオチ 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1572字 お気に入り:0人
「ニューーーーヨーーークヘ、行きたいか~~~~!」「「「ウォォオオオオ!!!」」」赤白青の三色帽子をかぶり、ギターをマイクに見立てて叫んでいるのは信長。その隣で 〈続きを読む〉