ジャンル:刀剣乱舞 お題:遅すぎた夕日 必須要素:ペペロンチーノ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:662字 お気に入り:0人
[削除]

初期刀の楽しみ ※未完

本丸が茜色に染まる。まだ五月だというのにどうしてか今日はとても暑い。
内番の服でも汗が張り付いてしまうような蒸し暑さに、昼間は短刀たちが水遊びをしていた。
遠征もなく、何かの当番でもない刀剣男士たちは夕餉の時間になってもまだ暇を持て余している。
それは初期刀も例外ではなくて。
「…………」
山姥切国広。練度の問題で現在は部隊から外れている。しかも最近審神者が近侍を新たに来た刀にやらせるせいで仕事がない。
やることがない。なので今は自室でただぼーっとしている。
部屋には誰もいない。あかりが嫌に目につく。こういう時に近くに誰かいれば良いのだが夜戦と遠征で兄弟は出ているし、今他の刀たちは夕餉の支度に厨だとか宴会場で支度をしているのだろう。声や足音が小さく聞こえるばかり。
より一層部屋が広く感じる。
こうして彼が部屋にいるのには理由がある。
といっても大層なものではない。かといって重要ではないとも言い切れない理由だ。
現在時刻は19時。
夕餉はいつも19時半からだからあと30分は余裕がある。
おもむろに立ち上がり、部屋の隅にある棚を開ける。
かたり、とおとをたてて開けられた棚にはびっしりと本が詰まっている。

そしてその全ては小説や図鑑などではなく、『料理本』だった。

実は夕餉の時間をずらして料理をするのが最近の初期刀殿の楽しみなのだ。
パラパラとページをめくり、今日はこれにしようと付箋をはる。
ペペロンチーノ。材料はあるだろうか。厨に人が入らないだろうか。

出陣もない、刀の密かな楽しみ。
遅すぎるゆう

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:反逆の帰り道 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:506字 お気に入り:0人
演練会場は蛍丸の剣舞に魅了されていた。それが、その本丸の終焉を飾るためのものだと気づけた者は少ない。煌びやかな5振りのレア刀たちがまるで踊るように倒れ、顕現が解 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タラバガニになった光月 ジャンル:刀剣乱舞 お題:走る壁 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:528字 お気に入り:0人
僕は前へ前へと進む。行き先はたったひとつ。昔から僕の相棒であり、仲間であり、大事な彼の元へと。此処まで焦ったのはいつぶりだろうか。過ぎ去る他の刀剣達には、吃驚し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タラバガニになった光月 ジャンル:刀剣乱舞 お題:オレだよオレ、狐 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:424字 お気に入り:0人
今の時刻は夜中の2時を回っている。俺は突然寝苦しくなり、飛び起きる。目の前には同室である光忠が見える…がいつもと様子が違う。彼に…光忠に狐の耳が…尻尾が生えてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:とんでもない地下室 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:478字 お気に入り:0人
「なぁなぁ。刀剣男士って刀じゃん?」団らん室のこたつに座り、暇潰しに皆が持ち寄った書籍を手に取り過ごす自由時間。審神者は名だたる名剣から調査が進められている刀ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かこ ジャンル:刀剣乱舞 お題:軽い天才 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:635字 お気に入り:0人
──今更になって、政府の人間がそこを訪れたのは単純に忘れていたからであった。古ぼけ、今にも崩れ落ちそうな元本丸。審神者と刀剣男士というシステムができた当初、よく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:深海 ジャンル:刀剣乱舞 お題:悔しいゲーム 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:435字 お気に入り:0人
「今日の私ほど情けない人間はいないに違いない…」やたらと大袈裟に膝を落とし項垂れる審神者であったが、それに負けじと反論する者がいた。「ちょっと待ってよあるじさん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さなえ ジャンル:刀剣乱舞 お題:壊れかけの世界 必須要素:コショウ 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:538字 お気に入り:0人
明日、本丸が解体される事になった。8億の歴史修正主義者が全て倒され、この戦争に終止符が打たれたからだ。必然的に俺とあの人も離れ離れになる。別に寂しくはない。むし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:去年の夜 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:413字 お気に入り:0人
「こたつサイコー…」今日の実務を終えた夕方、早々に広間のこたつにダイブした審神者はとろける餅のようにへばりついていた。先客には太鼓鐘貞宗と物吉貞宗。「お疲れさん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
純粋な願い ※未完
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:過去の味 制限時間:15分 読者:116 人 文字数:391字 お気に入り:0人
刀剣破壊ネタ 「思ったより呆気ないもんだな…」土手っ腹に空いた穴にふれ、かすれてしまう声はそう言っていた。「…そうかな」僕の声も負けず劣らず掠れてる。骨を断つ一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:とてつもない微笑み 制限時間:15分 読者:130 人 文字数:820字 お気に入り:0人
「かっこいいなぁでも僕の方がよりかっこいいなぁ」とてもにこやかに話しかけてきたのは、堀川国広だった。身内びいきをかましてきていい笑顔だ。こいつはたしか…さっきま 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:騙された黒板 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:591字 お気に入り:0人
いつも通りあてもなく校内を歩いていた時のこと。「ぉ……?なんだこれ?」使われていない教室の黒板にでかでかと書かれているのは、ほぼ確実に私へ宛てたと思われる書き置 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:VOICEROID お題:純粋な武器 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:2315字 お気に入り:0人
その日、私は蔵の中を捜索していました。 琴葉家はそれなりにいいところの家――所謂旧家のようなものでありますので、蔵というモノを持っています。蔵にはご先祖様が使 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:出来損ないの冤罪 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1195字 お気に入り:0人
「ジュンはさ、好きな人とかいる?」長机の斜向かいから飛んできた声に卵焼きを挟んだ箸が宙で停止した。「はい?」時は昼、話はさっきまでは次のライブの演出についてだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:高崎ナル お題:今日のゲストは薔薇 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1012字 お気に入り:0人
「ふう…」真っ赤な椅子に居座るのは少し身分不相応なまるでスラム街の孤児のような男。ギィ…となんとも立派なドアが開き、そこから1人の可憐な少女が顔を出す。「おや。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:大逆転裁判 お題:魅惑の曲 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:407字 お気に入り:0人
「ねえ、何か歌ってよ」親に捨てられた身の上というのに、イーストエンドの子供たちは夜になると子守歌をしつこくせがんだ。潤んだ大きな眼、服の裾を掴む思いのほか強い力 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:間違った職業 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:780字 お気に入り:0人
「俺は刀剣男士だ」「そうだね」「なのになんで畑仕事なんかやる必要があるんだ……」和泉守兼定はため息をついて鍬の刃先を地面にさした。まだ手をつけていなかった畑の土 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:楽しい爆発 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:737字 お気に入り:0人
遠くから、きゃーっ、と誰かが叫ぶ声が聞こえた。それも複数。ただその声音は、切羽詰まった助けを求めるようなものではなく、元気で楽しげなもの。それなら気にしなくても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:かたい雑草 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:921字 お気に入り:0人
「狛枝!今日はお前は草むしり当番だ!」いきなりコテージの扉を開け日向クンがそう言い放ったのは約15分前。昨日ボクはなにかやらかしただろうか。もしそのバツなのだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:イケメン戦国 お題:天才の死 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:769字 お気に入り:0人
知らなかった。こんな世界があること。うだるような暑さの中、家康は人里離れた山奥を一人で歩いていた。あたりに人影はなく、ただ波のような蝉の鳴き声だけが一面を覆い尽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
母との約束 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ミイラの飼い方 お題:昔の母 必須要素:生理 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:473字 お気に入り:0人
こ「空良いこと空が幼少期の時?あなたが女の子って言うことは誰にも言ってはいけないわ」空の母ひまわりは悲しそうな顔で最愛の愛娘空にそう告げた。「どうして?」空は不 〈続きを読む〉