ジャンル:刀剣乱舞 お題:遅すぎた夕日 必須要素:ペペロンチーノ 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:662字 お気に入り:0人
[削除]

初期刀の楽しみ ※未完

本丸が茜色に染まる。まだ五月だというのにどうしてか今日はとても暑い。
内番の服でも汗が張り付いてしまうような蒸し暑さに、昼間は短刀たちが水遊びをしていた。
遠征もなく、何かの当番でもない刀剣男士たちは夕餉の時間になってもまだ暇を持て余している。
それは初期刀も例外ではなくて。
「…………」
山姥切国広。練度の問題で現在は部隊から外れている。しかも最近審神者が近侍を新たに来た刀にやらせるせいで仕事がない。
やることがない。なので今は自室でただぼーっとしている。
部屋には誰もいない。あかりが嫌に目につく。こういう時に近くに誰かいれば良いのだが夜戦と遠征で兄弟は出ているし、今他の刀たちは夕餉の支度に厨だとか宴会場で支度をしているのだろう。声や足音が小さく聞こえるばかり。
より一層部屋が広く感じる。
こうして彼が部屋にいるのには理由がある。
といっても大層なものではない。かといって重要ではないとも言い切れない理由だ。
現在時刻は19時。
夕餉はいつも19時半からだからあと30分は余裕がある。
おもむろに立ち上がり、部屋の隅にある棚を開ける。
かたり、とおとをたてて開けられた棚にはびっしりと本が詰まっている。

そしてその全ては小説や図鑑などではなく、『料理本』だった。

実は夕餉の時間をずらして料理をするのが最近の初期刀殿の楽しみなのだ。
パラパラとページをめくり、今日はこれにしようと付箋をはる。
ペペロンチーノ。材料はあるだろうか。厨に人が入らないだろうか。

出陣もない、刀の密かな楽しみ。
遅すぎるゆう

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
反省帰路 ※未完
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:悔しいライオン 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:508字 お気に入り:0人
「負けたーー!!!くっそーーー!!」「はははっ、気にするな獅子王」「気にするっての!五戦五敗だぞ?」演練の帰り道はいつも反省会だ。模擬戦闘といえど勝敗は微々たる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:無意識の兄弟 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:774字 お気に入り:0人
ディープゲーマーお供の狐コチコチ…コツ、カチカチカチ…お供の狐は一匹でいる時、とても静かだ。鳴狐さんと共にいる時は己がやるべき使命のように、彼の気持ちを汲みとり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:壊れかけの狐 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:466字 お気に入り:0人
コチコチ…コツ、カチカチカチ…お供の狐は一匹でいる時、とても静かだ。鳴狐と共にいる時は己がやるべき使命のように、鳴狐の気持ちを汲みときに言葉を添えてときにただ寄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:栄光の死 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:467字 お気に入り:0人
バーーーーン!!!と激しい音楽に包まれ、煽る照明、きらめくペンライト。黄色い悲鳴を全身に浴びたコンサート。目を閉じればつい昨日のことのように感じるが、それらはも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あさな@創作中作品のつぶやき ジャンル:刀剣乱舞 お題:漆黒の闇に包まれし恨み 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:799字 お気に入り:0人
武器なのだから――同田貫正国の口癖である。 刀剣男士は刀から生じた付喪神なのだから、誰しもがその思いを持ってはいるだろう。それをあえて口に出す者は多くはない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:紅茶と駄洒落 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:168字 お気に入り:0人
「寝耳に水」「あっつ!!!!!!!」明石は唐突に押し付けられた熱い物体を耳にのせられ驚いた。「あっちょっと国行暴れないでよ」「や、暴れたなくとも驚きますやん;」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:反逆の帰り道 制限時間:15分 読者:107 人 文字数:506字 お気に入り:0人
演練会場は蛍丸の剣舞に魅了されていた。それが、その本丸の終焉を飾るためのものだと気づけた者は少ない。煌びやかな5振りのレア刀たちがまるで踊るように倒れ、顕現が解 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:逆スーモイケメン(仮)Hey!You!!(「・ω・)「(光伽月) ジャンル:刀剣乱舞 お題:走る壁 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:528字 お気に入り:0人
僕は前へ前へと進む。行き先はたったひとつ。昔から僕の相棒であり、仲間であり、大事な彼の元へと。此処まで焦ったのはいつぶりだろうか。過ぎ去る他の刀剣達には、吃驚し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:逆スーモイケメン(仮)Hey!You!!(「・ω・)「(光伽月) ジャンル:刀剣乱舞 お題:オレだよオレ、狐 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:424字 お気に入り:0人
今の時刻は夜中の2時を回っている。俺は突然寝苦しくなり、飛び起きる。目の前には同室である光忠が見える…がいつもと様子が違う。彼に…光忠に狐の耳が…尻尾が生えてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:とんでもない地下室 制限時間:15分 読者:117 人 文字数:478字 お気に入り:0人
「なぁなぁ。刀剣男士って刀じゃん?」団らん室のこたつに座り、暇潰しに皆が持ち寄った書籍を手に取り過ごす自由時間。審神者は名だたる名剣から調査が進められている刀ま 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:誰かと奈落 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1126字 お気に入り:0人
誰かと奈落に落ちるなら。そんな例え話を聞いたのは先日の外務省関連の飲み会だったろうか。奈落といえば仏教における地獄だ。地獄ということは大いなる罪悪を犯した者が、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:グランブルーファンタジー お題:今度のお天気雨 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:535字 お気に入り:0人
「あらー」上空から降ってきた雨を見もしないで、仲間と逸れた特異点は、地面と水滴が響かせる雨音を聞きながら、葉が零してしとどになった髪を後ろに流して、しまったなと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:帝王の誤解 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1192字 お気に入り:0人
「ほ~ん。それで?マトリちゃんは何をご所望なの?」ぐいっと近寄られると、端正な顔立ちと射抜くような瞳にがんじがらめにされているように動けなくなる。「えっと、です 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:12月の勝利 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:784字 お気に入り:0人
昔ある脱出系バラエティ番組でこのような暗号を見たことがある。色のついたコードが何本かあり、暗号を解いて正解のコードを切れば外に出れるというものだった。『12月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:地獄のにおい 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:610字 お気に入り:0人
あなたはドリアンという果物を知っていますか。ドリアンとは30cmほどの周りがとげとげした薄い緑色の果物です。面白いことにドリアンを飛行機には持ち込むことができ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:美しい軽犯罪 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:462字 お気に入り:0人
最近、学校帰りの道にある喫茶ポアロにイケメン店員がいると友達が耳元で騒いでうるさい。「ホントのホントにかっこいいの」と友達は鼻息を荒くして妄想モードに入る。まぁ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:安全な妻 制限時間:4時間 読者:13 人 文字数:1068字 お気に入り:0人
この時代に生まれた事、心底呪っている。子供を増やせ増やせと。徳川の貴重な跡継ぎがどうとかこうとかと。腹が立つ。何なんだ。何も知らぬ癖して。別に私は好きでこの立場 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:愛と憎しみの螺旋 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1242字 お気に入り:0人
「私を内偵に行かせてください」関のデスクの前で、声を荒げた玲に捜査企画課の全員が振り返る。また無茶を、という視線。よくやるな、という視線。そういうものがあっても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
flight ※未完
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:かたい笑顔 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:996字 お気に入り:0人
もう何度目かのデートがお預けになって、さらには出張のおまけ付きと言えば、さすがに書類をぶん投げたくもなる。文句の言い過ぎでミサキちゃんにも呆れられた。「出張、で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:恋の行動 制限時間:4時間 読者:15 人 文字数:286字 お気に入り:0人
恋、とは。今まで興味もなく、まさか自分がするとは思っていなかった。それは数日前。本当に、ちょっとしたきっかけだった。幼馴染の千佳に、恋をする日が来ようとは。でも 〈続きを読む〉