ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:コーヒーと傘 必須要素:正月 制限時間:4時間 読者:82 人 文字数:2379字 お気に入り:0人
[削除]

【腐】無題。【月歌】 ※未完

「……ねぇ、夜ままは、なにがほしい??」
共有ルームで騒々しく始まったカレー祭りで、各々好き放題やっている状況の中、隣に座りながらカレーを食べていた涙がぼそりと聞いてきた。
「ーーえ??ごめんね、なぁに涙??」
態と周りに聞こえない位の声音で話す涙の声に、よく聞き取れなかった夜は、喉を潤す涙に、今度は顔を寄せた。
「、夜は、何をしたい??日頃の恩返しに。」
『まま』ではなく、夜『個人が』望む事はなに??と言い直して、普段表情の乏しい涙が、眼を向けて真剣に聴いてきた。
「う~ん……そうだなぁ。特にないかな。…今こうして皆で居るのが楽しいし――から、かな。」
「…やっぱり、駄目か…。」
「ん??なにかいった??」
「なんでもない。、麦茶汲んでくる。」
夜が立ち上がる前に、夜の分と自分の分のコップを奪いさり、そそくさといい逃げしてお茶を汲みに行ってしまった涙に、不思議そうに首を傾げた。
***
「あ!俺も麦茶頂戴~。」
「、ん。」
タイミングよく、後から駆がかけより、コップを差し出してきた。
「、ねぇ、駆は、葵になにか望を聴いた??」
「望み??あぁ、母の日ね。あぁ、ほら、俺達はーー」
駆の家庭菜園で、何だかんだ皆でカレーを作ったのが、この発端なんだと、涙は手を打った。
「あぁ、そっか。」
「葵さんも、夜さんも、俺達に我儘と言うか、望事って、余りないよね~。」
らしいけどさぁ~と、苦笑いしつつ麦茶をコップに注ぐ駆に、涙は肯定するように頷く。
「でも、なにか出来ないかな。」
「う~ん……そうだなぁ。ーーん!じゃあ、これならどうだろ!?」
「――…。」
***
「――え??『されたい事』??」
「うんうん。」
夜の分の麦茶を置きながら、自分の席へと座り、少し緊張しながら、もう一度たずねた。
「されたいこと……う~ん難しいなぁ。皆良い子だから、俺がされたい事なんて、ほぼないよ。」
ーー流石まま。
思ったが、涙は心の中だけに留めたーー
「親バカか、お前は」
 なのに、横から陽が口を挟んできた。
「こいつらにされたいこと??、起こす前に起きてこい。ーとかじゃねぇ??」
「それは、陽も棚にあげて、人の事いえないからね??」
ー―笑顔が怖い。
顔は笑顔をつくってるのに、眼は笑ってない。
余計な事にくちだししてしまった陽は、ばつが悪そうに口を曲げてしまった。
「あ、……。」
「、なに??なにか思い付いた??」
「うぅん。なんでもない。」
「夜??」
「――なんでもないよ。本当に、気にしないで??やっぱり、思い付かなかっただけだから、ね??」
「、そっか。」
「……。」
涙は、素直に夜の言葉を信じたが、夜のその奥の笑顔に陽は、きにくわ無さそうに、顔を見下ろすように無言で見守った。
***
「……なぁ、お前。」
「ん??あぁ、陽、有難う。そこおいといて良いよ。」
昨日のうちに仕込んでおいた、夜特製のデザートを切り分けながら、陽が片付けてきたお皿を、シンクに置いといてと、手元をはなさずなに、言葉だけをなげる。
「今回のデザートは、葵と一緒に里津花さんに教わって作った、自信さくなんだよ。」
綺麗に出来て、本当に良かった。
鼻歌を歌いそうなくらい愉しげに切り分ける夜の横顔に、
「お前、さっきなにいいかけた??」
と、陽は少し、声のトーンを落として、夜に投げ掛けた。
「……。やだなぁ、なんでもないってば。」
「本当か??」
「……うん。」
幼少の頃からの付き合いで、幼馴染である陽は、夜の観察をしては、なにをのみ込んでいるのかとか、なにを考えているのかとか、言葉を投げ掛けては、夜の気持ちを引き出して、本音を吐き出す。
夜も、陽が本気の時にだす、声音を知っている。
――陽は、涙みたいに、騙せない――とは、解ってるけど、でも。

「『大丈夫』だから。気にしないで??」
「……あっ、そ。」
ーー『じゃあなんもいえねぇな。』
で、片付けられないから、聞いてんだろうが。

『大丈夫。』
夜は、我慢してる時ほど、口癖のように何度も言う。
夜の中で、『大丈夫。』は、無意識の魔法の言葉で、負の感情は『大丈夫』で、片付けてしまう悪い癖だ。

「んで、ままんは、なにされたいんだ??」
「陽怒るよ??」
「あいつらはよくて、俺は駄目なのかよ??」
「同い年の、幼馴染には言われたくない。」
「じゃあ、涙とか、小坊主どもなら、良いのか??」
「もぅ、皆成人しちゃったから、小坊主なんて、言えないねぇ。」
「あぁ??、落ち着きがないうちは、小坊主でいいんじゃね??」
「あはは、直ぐにそんなこといえなくなるよ。」
「言えるうちは、良いんだよ。」
言葉をかわすうちに切り終えた夜に、横で珈琲を入れて飲んでいた陽はもうヒトツノカップを夜に差し出す。
有難うーーと、ひと言言ってから、夜は受け取った。
「……そうだよな。いつの間にか、、あっという間??あいつらも成人しちゃったんだな。」
「、そうだね。」
冷蔵庫から牛乳を取り出し、夜に見える様に紙パックを傾けると、頷き返してきたので、陽はそのまま夜の手元のカップを注ぐ。

「……仕方ないけど、仕事が終わる時間も皆バラバラになっちゃったしね。」

「あぁ、そうだな。稽古場で寝泊まりとか、合わせで何日も顔付き合わせたりしなきゃならないからな。」
……そうか。
「――何日もロケで帰って来れなかったりな。『仕方ない』よな。」
「―……そうだよねぇ。」
違う誰かに、遠くに投げ掛けかけるように呟く夜に、思わず溜め息をこぼしたくなった。
「、夜。『仕方がないから』、大丈夫なのか??」
「ーーえ?」
「どうしようもないから、大丈夫なのか??お前、諦めが良すぎだろ。」
「うぇぇ??お、俺なにも言ってないけど??」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:弱い君 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:610字 お気に入り:0人
紫陽花組。少し腐向け注意かも。こいつは馬鹿だ。こんな時間に森に出歩くなんて。何も持たずに。家に居た私に内緒で。「気が付いて良かった…」何となく半身の部屋を見に行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:急な春 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:366字 お気に入り:0人
紫陽花組。腐向け注意。春は好きだ。けど夏も、秋も、冬だって好きだ。冬はムシに会えないけど。いつの季節だって、君に会えることには変わりなんてないから。「もうすぐ春 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:僕の嫌いな私 制限時間:4時間 読者:6 人 文字数:291字 お気に入り:0人
今日も日課のムシ捕りに今日も半身を探しにナーエの森に向かう。木にハチミツを塗っていると森を歩き回っているとサクリ と草を踏む音がして振り返る先には半身が居た「お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダンガンロンパ お題:不幸なあそこ 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:1490字 お気に入り:0人
「ねぇ、苗木君…」「どうしたの、霧切さん。」「あの…」私は彼に『あの事』を告げようとするが、言葉を詰まらせる。「いや、やっぱりいいわ。じゃあ、私は自室に戻るから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀さに おてさに お題:急なハゲ 必須要素:ヤクザ 制限時間:4時間 読者:12 人 文字数:1762字 お気に入り:0人
※刀さに♂です。カップリング要素ないです。※飽きた「ハゲた」「朝からやめてくれよ主~」 朝、小鳥のさえずりとともに俺は御手杵の元へ走った。今月の近侍担当である彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:明るい屍 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:845字 お気に入り:0人
そこに残っていたのは少女の体だった。その周りには様々な花が散りばめられている。菊と、カスミソウと、マーガレットと、そして何より彼女の名前の花が一番多かった。花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
病人の食卓 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ドロ刑 お題:不本意な食堂 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:893字 お気に入り:0人
体調を崩した。斑目勉はベッドに突っ伏しながら、自身の頭を苛む鈍痛を堪えた。原因は簡単だ、職務故の日頃の不摂生が祟ったとも、蓄積された疲れが一気に押し寄せたとも言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹 鬼白 お題:栄光の傘 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:963字 お気に入り:0人
貴人が行く。お供のさしかける大きな日よけ傘の下、真白の錦の着物に、鮮やかなうちかけ、金の刺繍が、びっしりと精細に込められた 白い帽子の下には白い顔、唇にさしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:栄光の靴 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:396字 お気に入り:0人
太くて角ばった指が器用に蝶々結びを作った。彼の手は魔法みたいだ。ほどけた靴紐を踏んづけて転んだせいで、俺は泥まみれだ。擦りむいた手のひらがヒリヒリと痛くって、涙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/grand order お題:真実の眠り 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:355字 お気に入り:0人
「死んだときのことを覚えていますか?」あの橙の髪の毛の人間がそう私に問いかけてきたのは、確か竜の魔女を倒した直後、だっただろうか。女神として、たおやかに、しゃな 〈続きを読む〉