ジャンル:刀剣乱舞 お題:間違った職業 制限時間:30分 読者:226 人 文字数:780字 お気に入り:0人
[削除]

ある日の畑当番


「俺は刀剣男士だ」
「そうだね」
「なのになんで畑仕事なんかやる必要があるんだ……」

和泉守兼定はため息をついて鍬の刃先を地面にさした。まだ手をつけていなかった畑の土を耕し、新しい種を植えることが今回の仕事のひとつだ。相手の小夜左文字にはこれを使って作業するのは体型と割が合わないと考えて自ら選んだものの、やはり気は乗らない。
元々刀剣の付喪神として刀身に宿っていた彼らは、政府による政策のために審神者という人物の力を借りて人間の身体を手に入れた。かつてのように戦いに明け暮れるだけかと思いきや、人間臭いことをやらされることになろうとは。和泉守はこの作業が正直好きではなかった。

「お前はこういうの嫌になんねぇのか?」
「嫌……とは思ってません。そもそも好き嫌いという考え方をここに持ち込んでないというか」
「……何か達観してるな」
「飢饉は、避けたいですし」

和泉守が耕した土に、小夜は袋の指示通り種を植えていく。和泉守の問いかけに答えながら列ひとつ分を植え終えると、小夜は背伸びをして言葉を続けた。

「和泉守さんは、嫌いですか?」
「まぁ、自分から進んでやりてぇとは思わねぇかな。俺達は元々刀だからそういうのは専門外というか」
「確かに、専門外ですね。でも、悪くはないと思います。こうして人間の真似事をして、生きるための疑似体験ができる訳ですし」
「疑似体験、ねぇ」
「それに、戦ばかりだといずれどこかが壊れます……。刀の本分でなくとも、こういう作業を楽しめる余裕が出れば、謳歌出来るのではと。僕にそんな事が許されるか分からないけど……」

黒くどよめく何かを感じて小夜はスコップを握りしめる。

「なるほどねぇ……。まだよく分かんねーが、とりあえず残りをさっさとやるか」

和泉守はまた鍬を手に取った。今日の疑似体験終了まで、あと30分。


同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:何かのぷにぷに 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:705字 お気に入り:0人
「ぎにゃああああああ!!!」夜中に響くは南泉一文字の声。絹を裂くよな悲鳴というより潰され吐き出すような苦しみのうめき声に近い。必死な声に本丸中は大慌て…とはなら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
恋の弔い ※未完
作者:きのこん ジャンル:刀剣乱舞 お題:たった一つの弔い 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1138字 お気に入り:0人
心中を試みたことがある。まだ、彼女が審神者になる前の話だ。四年制大学を卒業して、3年ほど過ぎた年の夏。その年は全国的な冷夏で、いつまで経っても薄手のカーディガン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:穏やかな博物館 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:632字 お気に入り:0人
とある審神者が生まれたきっかけ。小さな博物館にはこれまた小さな土産物の売店がある。博物館にちなんだ品はもとより周辺地域に関連する品物も並んでおり、座って談笑でき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 お題:アブノーマルな過ち 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:1169字 お気に入り:0人
同田貫正国はその空間にいた。自分を形作るすべての『同田貫正国』が存在するおそらく自分の中にある名もなき場所。説明するにはいささか時間が足りないので割愛してここに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 お題:幸福な就職 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:1089字 お気に入り:0人
改変された歴史…聚楽第での任務が終わった。長いようで短かった監査の任を終えた山姥切長義は新しい就職先…いや配属先といった方がいいかもしれない、某本丸の縁側でぼう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:生きている私 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:584字 お気に入り:0人
俺はオーディションに来た。現世に審神者をやらんかと誘うのを仕事とする部隊を結成する為だ。時間遡行軍に対する為に刀剣男士を権限させる力を持つ審神者なるものは未だ足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:生きている私 制限時間:30分 読者:91 人 文字数:1876字 お気に入り:0人
俺は崇められている。俺が瞼をあげるよりも前に深くこうべを垂れる女人の姿が御簾の向こうに見えた。「お待ち申し上げておりました三日月宗近様。あなた様がいらしたことで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:灰色の恋 制限時間:30分 読者:89 人 文字数:807字 お気に入り:0人
俺たちが戦う付喪神としての『叩き台』だということは薄々分かっていた。顕現されたばかりの刀剣男士という存在が如何に信用されていないか、時の政府と名乗るあいつらの態 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:純白の復讐 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:4646字 お気に入り:0人
電子の海折り返し8 ※未完電子の海折り返し7 ※未完電子の海折り返し5「今日はあったかいし、小春日和だね」「主、それは冬の季語です」「そうなの?ふふ、平野は物知 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ももとか ジャンル:刀剣乱舞 お題:君と教室 制限時間:30分 読者:110 人 文字数:774字 お気に入り:0人
学校に忘れ物をしたことに気がついたのは、家に帰って宿題をしようとランドセルを開いたときだった。明日提出のプリントがない。ちょっと血の気がひいた。何せお母さんは学 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:宝石商リチャード氏の謎鑑定 お題:3月の経験 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:208字 お気に入り:0人
春先とはいえ、三月の朝はまだ肌寒い。豪奢なホテルのロビーから外に出ると、冷水のような風が仕立ての良いスーツに身を包んだ俺の体に吹きつけて、思わず縮こまる。リチ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:第五人格 お題:今日の牢屋 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:705字 お気に入り:0人
「イライさん」「おはよう、イソップくん。今日はこの鎖を外してくれるのかな」「さぁ、どうでしょう。貴方が僕の元からいなくならなければ、の話ですが」「手厳しいね。私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキプロ お題:僕と男の子 必須要素:囚人 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1110字 お気に入り:0人
「こっちだよ!早く早くっ」俺が小さな男の子に手を引かれて、小走りで辿り着い先は何も無い砂漠のような場所。遠くに陽が落ちて空が美しい光と闇の境目を見せる、踏み締め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FGO お題:スポーツの地下室 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:710字 お気に入り:0人
夏の祭典サバフェスに送り込まれた私たちは、ジャンヌダルクオルタと一緒にサークル出店するべく、日がな作品を作っている。「オルタは今回のループでは、どんな話が描き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:早い口 必須要素:キノコ 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1656字 お気に入り:0人
俺の恋人は、とにかく口が上手い。人を欺く天才だ。よく回る舌で嘘に嘘を重ねてべらべらとよく喋る。おしゃべりは先に死ぬ、と姐さんは云っていたが、太宰が物を云えなくな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:愛の稲妻 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1120字 お気に入り:0人
珍しくお互い仕事がなかったが、生憎の嵐で出掛けるのは無理そうだ。そんな日の昼。食器を片付け終わり、ソファに並んで座って珈琲を呑んでいたとき、暇をもて余した太宰が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:第五人格 お題:来年の神話 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:652字 お気に入り:0人
「ハスター様、どうなされました?」蒼い瞳を輝かせ、まるで幼子の様に愛らしく笑う邪神とも呼ばれるハスターにとって人間等降ってきた雪の粒のように触れただけで消してし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドックス お題:情熱的な表情 必須要素:右手 制限時間:2時間 読者:17 人 文字数:1030字 お気に入り:0人
何時もふとした瞬間に思うことがある。私の恋人の中原中也だ。大体は私から甘えて中也が構ってくれて事に発展するのがいつものパターンだ。でも本当にそんな関係でいいの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドックス お題:コーヒーとアレ 必須要素:お盆 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:409字 お気に入り:0人
私はお盆を持って部屋にはいった。「しつれいするよー。」「だっ太宰さん、すみません。」そう。うちの社員の中島くんが風邪を引いたので看病をしに来たのだ。「お粥だよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:団地妻の電話 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:511字 お気に入り:0人
プルルルルルその音と同時に目覚めた。「…はいはい…」まだ寝ぼけている目を擦りながらスマホを開く、名前は不明で見たこともない電話番号だった。するとプーップー 〈続きを読む〉