ジャンル:刀剣乱舞 お題:トカゲの窓 必須要素:小説 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:691字 お気に入り:0人
[削除]

とかげの窓 ※未完

大倶利伽羅は書庫にいる。
それは周知の事実で、姿が見えなければそこにいるだろうと本丸の皆が知っている。
本丸の書庫はそこだけが洋風の造りで、陽の光が不必要に射し込まないようにできている。蔵書が痛むのを防ぐためだ。
たとえば気に入りの絵本を破いてしまったとき。
たとえば借りた漫画にヨダレを垂らしてしまったとき。
たとえば繰り返し繰り返し読んだ図鑑がバラバラにほどけてしまったとき。
たとえば知りたい内容がどんな本に載っているかわからないとき。
本丸のみなは書庫に行く。
書庫の入口から覗きこんで姿が見えるギリギリのところに、読書灯を頼りに何かしらの書籍のページを繰る大倶利伽羅が大抵いるからだ。そこで邪魔をしてはいけない。すぐさま声をかけてはいけない。彼の手が止まり、栞を挟むまでの数秒から数十秒、静かに待つことが重要だ。待てば必ず、彼から訊いてくれる。
「どうした」
訊かれたならば答えれば良い。
「主君にいただいた大切な本でしたのに……」
「頼む! これ不動から借りたやつなんだよ!」
「いやーさすがに酷使しすぎたか」
「先日主がおっしゃっていた、江戸の話なんだが」
訊かれたら各々の伝え方で伝えれば良い。さすれば翌日か翌々日には、希望の本が手元に届く。壊れた本は修理され、知識を求めていた者は必要な情報をを得ることができる。
「あの声で蜥蜴食らうか時鳥。トカゲではなく龍であるうえに、食う方だがね」
そう引用して揶揄したのは、大倶利伽羅との仲が微妙だった時期の歌仙兼定であったか。
しかしその歌仙をもってしても、"書庫にいる大倶利伽羅"を信頼している。
そういうことなのだ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:逆スーモイケメン(仮)Hey!You!!(「・ω・)「(光伽月) ジャンル:刀剣乱舞 お題:強い仕事 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:352字 お気に入り:0人
「光忠、背後頼む…ッ、!!」「お~けぃ、任せて!」率先と前へと進んでいく2振。息の合った走りと信頼感を見せるような掛け声。2振がいたおかげなのか、他の部隊の奴ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:やば、平和 制限時間:30分 読者:82 人 文字数:726字 お気に入り:0人
花を愛で茶を嗜み酒を嗜み風雅を嗜み、ゆたりとした本丸生活は刀剣男士の心にゆるりとした時間を過ごさせた。時には喧騒もありだ。短刀たちのきゃらきゃらと楽しげな声、一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:生きている犬 制限時間:30分 読者:86 人 文字数:802字 お気に入り:0人
バタバタと忙しない足音が、近づいてくる。何だ?と一期一振は首を傾げる。これが万が一、自身の兄弟たちであれば理由を聞いた上で場合によっては叱らねばなるまい。そう思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
真昼の夜 ※未完
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:箱の中の深夜 必須要素:「ひょえー」 制限時間:30分 読者:66 人 文字数:1275字 お気に入り:0人
鶴丸の部屋には驚きが詰まっている。などと皆一様にして同じ言葉を発した。だから御手杵はつい、好奇心をむきだしにしてしまったのだ。いけないことだということは頭で理解 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:子供のにおい 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:1209字 お気に入り:0人
軽い足取り。パタパタと忙しなく右左。今日も元気に賑やかだ。珈琲が美味い。「つるまる、またさぼってる!」小さな体躯で、胸を張って怒る仕草は微笑ましく茶色の髪がふわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
春の美 ※未完
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:美しい整形 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:750字 お気に入り:0人
桜の花びらが舞う。ほのかに甘い香りが鼻腔に辿り着く。体感する温度は寒気とは違い、温く巨躯を包んでいく。なるほど、これが春か。「とうとう一巡りしたな」弾んだ声。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Aruco ジャンル:刀剣乱舞 お題:きちんとした正義 制限時間:30分 読者:95 人 文字数:1725字 お気に入り:0人
体温計とポ●リと薬研の薬と水差しが乗せられたお盆を脇に置くと鶴丸は彼女に体温計を手渡した。30秒程でぴぴっとお知らせしてくれる優秀なやつだ。手渡されたそれを着物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Aruco ジャンル:刀剣乱舞 お題:黄色い悪 制限時間:30分 読者:113 人 文字数:1971字 お気に入り:0人
「わるものはくろいろなのですか」今日の内番を終えたらしい今剣がテレビを見ながら言った。何時だったかな、と彼女はぼんやりと捲っていた雑誌から目を上げて時計を確認し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:阿修羅惑星 制限時間:30分 読者:127 人 文字数:694字 お気に入り:0人
ガンッ、カッ、ガキッ、ギチギチギチ…乾いた木が打ち付けあう音が鍛錬場にこだまする。返す刀に隙を突こうともそれを真っ向から受け止めつばぜり合いが続く。「待て」「ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:刀剣乱舞 お題:戦争と霧 制限時間:30分 読者:129 人 文字数:500字 お気に入り:0人
遠くで銃声や大砲の音が聞こえる。周りは倒れて動かない兵士ばかり。森の中、俺の主は気絶してるだけ…だと信じたい。けど、もう俺は駄目みたい…刀身がボロボロでもはや使 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:そ、それは・・・コメディ 必須要素:高校受験 制限時間:4時間 読者:6 人 文字数:591字 お気に入り:0人
カリカリカリなぜだろう受験となると今まで勉強したことが飛んでいく。(クソッ、今までの努力は何だったのか。何なんだよ、、、、クソォ!!!!)だめだ。冷静になれ。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FGO お題:たった一つの夜中 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:753字 お気に入り:0人
どうしても、寝付けない夜だった。ベッドに潜り込んではや二時間。目は冴えたままだった。 眠れなくなるほどの悩みがあるわけではないし(いや、いつまでたっても貯まら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
つかれた ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。 お題:めっちゃ流刑地 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:317字 お気に入り:0人
めのまには隼の部屋の扉。なかなか起きてこないアイツを誰が起こしに行くかでジャンケンをする。「あそこでグーをだしてればなぁ。」そんなこと言っても今さらどうにもなら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:やわらかい動機 必須要素:街灯 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:395字 お気に入り:0人
私は魔理沙を殺してしまった。……動機はとてもやわらかい。……なんだ?やわらかいって。まぁ、それはおいといて。魔理沙を殺した動機は「嫉妬」だ。霊夢ばかりかまって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:経験のない薔薇 必須要素:ドア 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:816字 お気に入り:0人
紅魔館の庭の一角。そこには門番の紅美鈴が育てている花壇がある。 今日も美鈴は休憩時間に水やりをしていた。「おや?」その花壇に見たこともない綺麗な深紅の薔薇が、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:きちんとした火 制限時間:4時間 読者:12 人 文字数:737字 お気に入り:0人
*懲りずにアンテ書く。キャラ崩壊注意*ほとんどChara、Flowey。*地上に出たあとの話*「あ、Chara!危ない」「っと…大丈夫」ボクはモンスターにエンカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:春の殺し 制限時間:4時間 読者:9 人 文字数:1402字 お気に入り:0人
*FloweyとCharaがとても仲良しです**キャラ崩壊注意**僕→Chara ボク→Flowey*個々のところ、何だかとても暖かい。多分、春なんだ。金色の花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
背伸び ※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:煙草と喪失 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「あ、」と、呟いた時にはもう遅かった。気紛れで盗んだ煙草の持ち主が、部屋の扉から顔を出したのだ。火をつけた煙草の先から煙がくゆり、焼け落ちた灰がわずかに手に落ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン(夢) お題:有名な、と彼女は言った 必須要素:ドア 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1707字 お気に入り:0人
数年ぶりにかいた完全に心情吐露のようなものになります。ひどいかんじでごめんなさい!窓から見える夜景は悲しいくらい綺麗だった。遠くに見える水族館の観覧車はきらきら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:魔法少女サイト お題:名前も知らない昼食 制限時間:4時間 読者:74 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
「はい、あーん」「ん、あーん」 要から差し出したものを口に含む。つい先刻、美炭が調理した際に確認した味が当然した。「ごしゅじんさま、おいしい?」「……ああ、おい 〈続きを読む〉