ジャンル:キルミーベイベー お題:たった一つの「えいっ!」 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:557字 お気に入り:1人

ほんとのきもちは



あ、ソーニャちゃんだ。前を歩く背中は少し寂しそうに見えて。

「ソーニャちゃ、あふん……」

「うぉあ!?なんだ、やすなか」

いつもの様に私を〆る表情は、少し嬉しそうに見えた。

「も〜!ソーニャちゃんてばほんとに手が早いよね!」

「お前もいい加減学習しろよ、このやり取り何回目だ?」

「数にすると3桁は超えていますねぇ」

「「うわぁ!!??」」

突然現れたあぎりさんが、ソーニャちゃんになにか耳打ちした。ソーニャちゃんがなにやら狼狽している。そして私にも手招きするあぎりさん。

「ソーニャは好意に鈍いですからぁ、もっと攻めても気が付きませんよぉ、きっと」

全部お見通しだった。ほんとのきもちも、悪戯の動機も全部分かっているような口振りで耳打ちするあぎりさん。

「応援してますよぉ、頑張って下さいねぇ」

にっこり笑ったあぎりさんは、ではぁと普段の調子でドロンしてしまった。

「お、おい……やすな」

ソーニャちゃんと目が合った。耳まで赤いように見えるのは夕日のせい、多分。

「私は……」

「えいっ」

つん、っとソーニャちゃんのほっぺをつついてみた。

「おい!なにすんだ真剣に話そうとしたのに!」

「へっへ〜ん!悔しかったら追いついてみなさい!」

走り出した私は、少し幸せだった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:折部やすなbot ジャンル:キルミーベイベー お題:秋の14歳 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:756字 お気に入り:0人
「ソーニャちゃんが中学生だった頃ってどんなだったの?」「どうした急に。」「いや、中学生の頃からそんな乱暴な性格だったのかなって思って。」──バシッ「いたた。もー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:愛と憎しみの薔薇 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:570字 お気に入り:0人
「ソーニャちゃん、今日という今日は行かせないからよ!」仕事に向かおうとする私の前に立ちはだかるやすな。後ろ手になにか隠し持っているのがバレバレだ。「食事に行くだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:愛と憎しみの食事 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:723字 お気に入り:0人
「お前が、いけないんだからな……」薄ら暗い荒屋〈あばらや〉の隅で、金の髪を埃と血に染めた少女が独り言ちる。がつ、がつと硬い何かを貪るような音がただ響いていた。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:斬新な人間 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:702字 お気に入り:0人
「お二人の仲を深めてもらうためぇ、こちらを使ってみましょ〜!」てってれ〜っ、とネコ型ロボットよろしく不可思議なヘルメットを二つ取り出したあぎり。怪訝そうな顔とわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:ワイルドな事件 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:762字 お気に入り:0人
そこにあったはずのものがない。そんなことは有り得ない。何故ってそれは冷蔵庫の中身だから。つまるところこれは。「事件ですねぇ〜」あぎり邸に集められた、3人の容疑者 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:騙された黒板 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:591字 お気に入り:0人
いつも通りあてもなく校内を歩いていた時のこと。「ぉ……?なんだこれ?」使われていない教室の黒板にでかでかと書かれているのは、ほぼ確実に私へ宛てたと思われる書き置 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:144の池田@早朝バズーカ撲滅 ジャンル:キルミーベイベー お題:ひねくれた博物館 制限時間:15分 読者:125 人 文字数:537字 お気に入り:0人
ある日、例によってあぎりから謎のチケットを渡された。なんでも今度は、忍者仲間による博物館だとか。はっきり言おう、この時点で既に嫌な予感しかしない。「という訳でや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七億 ジャンル:キルミーベイベー お題:彼の船 制限時間:15分 読者:830 人 文字数:1028字 お気に入り:1人
最近どうにも、やすなの様子がおかしい。ソーニャは昼食のバードカフェおせちを食べながらそんなことを考えていた。 常人と比べると様子がおかしいのはいつものことなの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なーり ジャンル:キルミーベイベー お題:ぐふふ、善人 制限時間:4時間 読者:2421 人 文字数:12567字 お気に入り:0人
「キルミーベイベーのほんとのきもち」(お題無視)外交官の父と銀行員の母に育てられた裕福で幸福だったある少女の日常は、ほんの一夜にして殺されてしまった。それは凍 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:漆黒の闇に包まれし魔物 制限時間:4時間 読者:824 人 文字数:3035字 お気に入り:0人
あさアニャハセヨー!私、折戸やすな!ほとんど高校生!やすな「あ、ソーニャちゃん!やっほー!」ソーニャ「!!」ガツーーンやすな「ぐへぇ!!い、痛いよソーニャちゃ 〈続きを読む〉

ひよっ工房の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ひよっ工房 ジャンル:キルミーベイベー お題:かっこ悪い囚人 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:395字 お気に入り:0人
「おい、時間だ」無愛想だが優しげな声が独房の私を連れ出す。ようやくやすなに会える。やすなに触れられる。「ソーニャちゃんっ!」囲いから出たところで飛び付いてきたの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひよっ工房 ジャンル:キルミーベイベー お題:可愛いお天気雨 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:474字 お気に入り:0人
「ねね、ソーニャちゃん!狐の嫁入りって知ってる?」「なんだよそれ、縁起悪そうだな」「お天気雨が降ると、どこかで狐の嫁入りがあるっていう言い伝えですね〜」確かに今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひよっ工房 ジャンル:キルミーベイベー お題:せつない武器 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:542字 お気に入り:0人
「なんだよ、これ……」思わず手に掴んだそれを投げ捨てた。新しい武器ですよぉとあぎりに貰った怪しい紙袋、中から出てきたのは……所謂、大人の玩具。「確かに、次のター 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひよっ工房 ジャンル:キルミーベイベー お題:やば、テロリスト 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:520字 お気に入り:0人
今回の指令は反社会組織の構成員の始末、普段と比べると確実に難易度は高い。私は今、都心のデパートへ来ている。標的のグループに不審な動きがあったうえ、このデパートに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひよっ工房 ジャンル:キルミーベイベー お題:たった一つの「えいっ!」 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:557字 お気に入り:1人
あ、ソーニャちゃんだ。前を歩く背中は少し寂しそうに見えて。「ソーニャちゃ、あふん……」「うぉあ!?なんだ、やすなか」いつもの様に私を〆る表情は、少し嬉しそうに見 〈続きを読む〉