ジャンル:キルミーベイベー お題:いわゆる秀才 必須要素:ポルシェ 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:625字 お気に入り:0人

IQ200の秀才

「私ってこう見えてもIQ高いんだよ!いわゆる秀才ってやつかな!」
「バカと天才は紙一重とは言うがお前は秀才どころか天才ですらないだろ。」
「ひっどーい!そこまで言うんだったらソーニャちゃんもこのサイトでIQ測ってみなよ!私に負けたら謝って!」
「なんで私が……。あとこのサイト怪しくないか。」

そういえばこんな会話を学校でしたなぁ。やすなは忘れているかもしれないが万が一アイツよりIQが低いと思われると癪だし、一応やっておくか。

『IQテスト〜5問で分かるIQ診断〜』
嘘くさいサイトだなぁ。まあとりあえずやって見るか
1問目
次の?に入るアルファベットを答えよ
A,D,G,?,M,P,S,V,Y
「なんだこの問題。バカにしてるのか。簡単すぎるだろ。」
2問目
ジロウくんはマラソンで3位だったサブロウくんを追い抜きました。ジロウくんは今何位でしょう?
「これも簡単だなぁ。というか名前でネタバレしてるし……。」
3問目
……
「楽勝だ」
4問目
……
「間違うわけないだろ、こんなの。」
最終問題
今何問目?
「呆れた。ポルシェとプリウスを見分ける方がまだ難しいぞ。私の母親は間違えてたが。」
お疲れ様です。あなたのIQは 200 です。
「1問目40換算か。適当すぎるだろ。」

つぎのひ

「ソーニャちゃん!ちゃんとIQ測ってきた!」
「あぁ。というかあのテストじゃ差がつかんだろう。お前もIQ200って出ただろ?」
「え?」
「え!?」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ひよっ工房 ジャンル:キルミーベイベー お題:かっこ悪い囚人 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:395字 お気に入り:0人
「おい、時間だ」無愛想だが優しげな声が独房の私を連れ出す。ようやくやすなに会える。やすなに触れられる。「ソーニャちゃんっ!」囲いから出たところで飛び付いてきたの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひよっ工房 ジャンル:キルミーベイベー お題:可愛いお天気雨 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:474字 お気に入り:0人
「ねね、ソーニャちゃん!狐の嫁入りって知ってる?」「なんだよそれ、縁起悪そうだな」「お天気雨が降ると、どこかで狐の嫁入りがあるっていう言い伝えですね〜」確かに今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひよっ工房 ジャンル:キルミーベイベー お題:せつない武器 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:542字 お気に入り:0人
「なんだよ、これ……」思わず手に掴んだそれを投げ捨てた。新しい武器ですよぉとあぎりに貰った怪しい紙袋、中から出てきたのは……所謂、大人の玩具。「確かに、次のター 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひよっ工房 ジャンル:キルミーベイベー お題:やば、テロリスト 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:520字 お気に入り:0人
今回の指令は反社会組織の構成員の始末、普段と比べると確実に難易度は高い。私は今、都心のデパートへ来ている。標的のグループに不審な動きがあったうえ、このデパートに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひよっ工房 ジャンル:キルミーベイベー お題:たった一つの「えいっ!」 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:557字 お気に入り:1人
あ、ソーニャちゃんだ。前を歩く背中は少し寂しそうに見えて。「ソーニャちゃ、あふん……」「うぉあ!?なんだ、やすなか」いつもの様に私を〆る表情は、少し嬉しそうに見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:愛と憎しみの薔薇 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:570字 お気に入り:0人
「ソーニャちゃん、今日という今日は行かせないからよ!」仕事に向かおうとする私の前に立ちはだかるやすな。後ろ手になにか隠し持っているのがバレバレだ。「食事に行くだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:愛と憎しみの食事 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:723字 お気に入り:0人
「お前が、いけないんだからな……」薄ら暗い荒屋〈あばらや〉の隅で、金の髪を埃と血に染めた少女が独り言ちる。がつ、がつと硬い何かを貪るような音がただ響いていた。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:斬新な人間 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:702字 お気に入り:0人
「お二人の仲を深めてもらうためぇ、こちらを使ってみましょ〜!」てってれ〜っ、とネコ型ロボットよろしく不可思議なヘルメットを二つ取り出したあぎり。怪訝そうな顔とわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:ワイルドな事件 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:762字 お気に入り:0人
そこにあったはずのものがない。そんなことは有り得ない。何故ってそれは冷蔵庫の中身だから。つまるところこれは。「事件ですねぇ〜」あぎり邸に集められた、3人の容疑者 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:騙された黒板 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:591字 お気に入り:0人
いつも通りあてもなく校内を歩いていた時のこと。「ぉ……?なんだこれ?」使われていない教室の黒板にでかでかと書かれているのは、ほぼ確実に私へ宛てたと思われる書き置 〈続きを読む〉

折部やすなbotの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:折部やすなbot ジャンル:キルミーベイベー お題:秋の14歳 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:756字 お気に入り:0人
「ソーニャちゃんが中学生だった頃ってどんなだったの?」「どうした急に。」「いや、中学生の頃からそんな乱暴な性格だったのかなって思って。」──バシッ「いたた。もー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:折部やすなbot ジャンル:キルミーベイベー お題:彼女が愛した吐息 必須要素:200字以内 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:198字 お気に入り:0人
「ふぅ……。」「どうしたんだ。ため息なんかついて。」天真爛漫なやすながため息つくなんて珍しい。「雑誌の懸賞の当選メールが来なかったんだよ〜。まあ当たるとは思って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:折部やすなbot ジャンル:キルミーベイベー お題:いわゆる秀才 必須要素:ポルシェ 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:625字 お気に入り:0人
「私ってこう見えてもIQ高いんだよ!いわゆる秀才ってやつかな!」「バカと天才は紙一重とは言うがお前は秀才どころか天才ですらないだろ。」「ひっどーい!そこまで言う 〈続きを読む〉