ジャンル:キルミーベイベー お題:秋の14歳 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:756字 お気に入り:0人

紅葉狩りに行こう

「ソーニャちゃんが中学生だった頃ってどんなだったの?」
「どうした急に。」
「いや、中学生の頃からそんな乱暴な性格だったのかなって思って。」
──バシッ
「いたた。もー、ソーニャちゃん。そういうところだよ。」
「うるさい。お前にそんなこと言われる筋合いはない。」
そんなことを言いながらふと自分の中学生時代を思い出す。

──14歳。秋。
この頃も殺し屋としての仕事をしていた。仕事の関係もあり学校も休みがちになっていたので友人といえば同業者のあぎりぐらいだった。
「なに食べてるんですか〜?ソーニャ〜。」
「焼きそばパンだ。あぎりも食うか?」
「いえ〜。私は特製の忍術弁当を持ってきたので〜。」
どんなものが入っているかは聞きたくなかった。この前あぎりには忍者めしを振る舞うと言ってカナブンを食べさせられかけたことがあった。
「なあ、あぎりはちゃんとしたものを食べてるのか?」
「昼に焼きそばパン1つなのも不健康ですよ〜。」
「まあそうだが……。」
ゲテモノよりかはましだろ。私は心の中でそう思った。
「そういえば〜。今度の日曜はお暇ですか〜?」
「別に用事はないが。何かするのか?」
「紅葉でも見に行きませんか〜?」
紅葉か。確かにここらの山も赤や黄色に色づき始めている。
「いいな。ぜひ以降じゃないか。」
「分かりました〜。お弁当作ってきますね〜。」
「なあ、あぎり。お弁当は一向に構わないのだが何が入ってるかだけ事前に教えてくれないか?」
また虫とかなんじゃないだろうか。
「別に変なものは入れませんよ〜。」
「虫とかよくわからん魚とかは入れてくるなよ。」
「はい〜。一応ナマコを中心とした料理を作ってきますよ〜。」
「食えるかー!!!」ドーン

──あのときから確かに乱暴な性格だったのかもしれない。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:東大池田講堂@コミティア127 ジャンル:キルミーベイベー お題:素晴らしい外資系企業 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:568字 お気に入り:0人
薄暗い部屋の中、私の傍らには跪いた一人の人間がいた。オレンジ色のツナギに身を包み、その頭には布袋を被せられている。「目標の確保には成功した。ヘリはまだか」 地 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:愛と憎しみの、と彼は言った 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:445字 お気に入り:0人
出ていけ。死んだ方がマシだ。この家から消えろ。体も心も痛めつけられて、私と母は帰る場所を失くした。母は必死に入れてくれと訴えていた。私は、酒に取り憑かれた男とそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しゅりゐんぷ ジャンル:キルミーベイベー お題:愛と憎しみの風 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:1116字 お気に入り:0人
私は今、彼女を強く憎んでいる。彼女とは、そう。数年前、私が雇ったメイド、やすなのことだ。「やすな……どういうつもりだ。」桃色のメイド服で身を包んだ彼女は、微かに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しゅりゐんぷ ジャンル:キルミーベイベー お題:贖罪の蟻 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:1116字 お気に入り:0人
嗚呼、私はやってしまった。やってしまったのだ。赤黒い血液に汚れた、自らの両手を見る。どうして、どうしてこんなことをしてしまったのだろう。目の前に倒れているのは、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:フハハハハ!それは就職 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:462字 お気に入り:1人
ソーニャちゃん、私やっぱり無理だったよ。今日ね、久しぶりに面接を受けてくれる会社に行ったんだ。私、ちゃんと書類選考も通ったんだって。でもね。「率直に言わせてもら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:かっこいい雲 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:500字 お気に入り:0人
「ね、ソーニャちゃん」「……なんだよ」春の日。いつかの土手の緑に身を投げて。「あの雲さ、ソーニャちゃんみたいじゃない?」「どれだよ」何をするでもなく、空を見上げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:最弱の狙撃手 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:533字 お気に入り:0人
ぱふん一兵卒の頭が鮮やかな華を咲かせる。周りの兵士達は慌てふためいた様子で姿勢を低くした。ぱふんかしゃりぱふんかしゃり一人、二人、三人四人とその頭、胴、足が真っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:箱の中の戦争 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:615字 お気に入り:0人
「おいやすな!お前なにしたんだよ!?」「わっかんないよぉ!私今回はほんとに何もしてないからね!!!」「そんな訳ないだろ……じゃあなんで私たちは今輸送機の中でパラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
成長 ※未完
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:商業的な娼婦 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:520字 お気に入り:0人
「おじゃまします、アスナです」来た。隣室のターゲットを仕留める為入ったホテル。あぎりに『時間繋ぎの用意はしてありますよ〜』と言われて身構えていたが、ただのレズ風 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:大きな成功 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:488字 お気に入り:0人
部屋の隅、膝を抱えて座り込んだ。不採用の通知は破り捨てた。社会不適合者の自分が憎かった。「ただいま、ソーニャちゃん」スーツ姿の女の人は、今日もこのアパートに帰っ 〈続きを読む〉

折部やすなbotの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:折部やすなbot ジャンル:キルミーベイベー お題:秋の14歳 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:756字 お気に入り:0人
「ソーニャちゃんが中学生だった頃ってどんなだったの?」「どうした急に。」「いや、中学生の頃からそんな乱暴な性格だったのかなって思って。」──バシッ「いたた。もー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:折部やすなbot ジャンル:キルミーベイベー お題:彼女が愛した吐息 必須要素:200字以内 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:198字 お気に入り:0人
「ふぅ……。」「どうしたんだ。ため息なんかついて。」天真爛漫なやすながため息つくなんて珍しい。「雑誌の懸賞の当選メールが来なかったんだよ〜。まあ当たるとは思って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:折部やすなbot ジャンル:キルミーベイベー お題:いわゆる秀才 必須要素:ポルシェ 制限時間:15分 読者:96 人 文字数:625字 お気に入り:0人
「私ってこう見えてもIQ高いんだよ!いわゆる秀才ってやつかな!」「バカと天才は紙一重とは言うがお前は秀才どころか天才ですらないだろ。」「ひっどーい!そこまで言う 〈続きを読む〉