ジャンル:おそ松さん お題:君と夢 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:871字 お気に入り:0人
[削除]

おそ松さん

夢を見た。酷く息苦しい夢だった。松野おそ松は深い眠りから意識を取り戻し、やけに目に染みるいつもの薄暗い天井を見てため息を吐く。体は汗でぐっしょり濡れていて、目元を擦ると水滴が人差し指に線を描いた。涙か汗か。松野おそ松はしれが汗だと言い聞かせてもう一度長い息を吐きながら目を閉じた。その夢は決して居心地の良いものではなかった。自分の弟たちが自分から離れてしまう夢。互いが自身の夢を胸に別々の方へ歩いていき、その笑顔は輝かしいものだった。さて、自分も自分の道を歩もうと歩き出そうとした瞬間、自分には夢も何もないことに唐突に気づいてしまったのだ。自分には人に語れるような夢はなく、いつもの6人で馬鹿を続けていられるのが夢なのだとその時初めて気づいた。小さくなっていく背中は消して松野おそ松の方を振り向くことなく、軽やかな足で光ある方へ進んで行く。そんな弟たちを止めたくて声を張り上げた。一瞬だけこちらをみた弟たちはおそ松を軽蔑するような視線を寄越し、速足で歩いて行ってしまう。嫌だ、待ってくれ。我武者羅にそう叫び、自分だけが暗闇に飲み込まれていく、そんな夢だった。一度目を覚ましてしまったことにより瞼が重くなることはない。やけにハッキリとした意識が今は憎かった。酷く喉が渇き、起き上がろうとしたその瞬間両サイドでも同じような動きがあった。隣で寝ていた兄弟も同時に起き上がっていたのだ。暗がりの中、かける言葉も見つからず互いに見つめあった。その体は硬直し、クーラーが付いているというのに額に汗で前髪が張り付いている。怖い夢を見た、とトド松が掠れた声で呟いた。隠す気はないのか、その目には涙が溜まっている。さすが六つ子だとおそ松は思った。同じような類の夢を見たのだろう。どんな夢?と十四松が汗を拭いながら聞いた。僕も怖い夢を見た。と十四松は笑みを浮かべながら付け加える。

「バイト先に兄さんたちが来て脱糞する夢」
「そっか、僕は野球ボールになっておっさんのケツの穴に入る夢を見た」

_____俺たち六つ子。似ているようで似ていない、それが俺たち。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:アルパカの冬休み 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:461字 お気に入り:0人
照明の落とされた暗い部屋の中、唯一の光源であったロウソクがいま、尽きた。途端に、部屋の中は闇で満たされ、そこに座り込んでいた男は不安げに視線を揺らすと、足を抱え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:裏切りの就職 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:574字 お気に入り:0人
骨を食う文化がある。骨食み。骨ねぶり。ニューギニアでは死んだ族長の骨を戦士たちが食うという。極道たちは、オヤジへの敬意と、ヒットマンへの復讐を誓ってその遺骨を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ ジャンル:おそ松さん お題:早すぎた地獄 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:1013字 お気に入り:0人
いつものようにテーブルを囲むニートたち。 テーブルの上にはお菓子が広げられて雑談していた。「しかし、最終回で地獄ってのは俺らの年齢的に早すぎねえ?」「次のコー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りんね ジャンル:おそ松さん お題:小さな孤島 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:580字 お気に入り:0人
美しい海へカラ松とピクニックに出かけたのは何時のことだったか。未だ口をつく暴言をBGMにお弁当を食べようと浜辺に座った一松は、足を滑らして緩やかに落っこちてゆく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:阿修羅新卒 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:576字 お気に入り:0人
班長は凡庸な日本人であった。海外はおろか、本州すら出たことがない男には、RとLの違いがわからないのも無理のない話であった。「それじゃ一緒だ」「…ラ…ライト…」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しらたま ジャンル:おそ松さん お題:やば、ピアニスト 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:646字 お気に入り:0人
やばい、やばい、やばい。どうしてこんなことになったんだ。僕の目の前にあるのは1台のピアノ。制限時間が上にでている。この時間以内にピアノを弾けということらしい。… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:海流(かいる) ジャンル:おそ松さん お題:セクシーな狐 制限時間:15分 読者:164 人 文字数:571字 お気に入り:0人
「おおっエロ本はっけーん! なっ、これよくね?」 おそ松が拾い上げたのは、今時駅にも落ちていないようなボロボロのエロ本だ。はじめに目に入るのは、たわわに実る乳房 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:穴虫 ジャンル:おそ松さん お題:気持ちいいにおい 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:603字 お気に入り:0人
初夏の晴天。平日の昼間に良い年した青い男と黄色い男が、自宅の屋根でくつろいでいる。そばには取り込まれたばかりの洗濯物。母親に「暇なら手伝いなさいクソニート」と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よん ジャンル:おそ松さん お題:気持ちいいにおい 制限時間:15分 読者:140 人 文字数:398字 お気に入り:1人
チョロ松は家の前に立つと、微かに薫る匂いに近づいた。どうしようもなく、浮き立つような匂いである。はて、と思うが具体的に何と言われてもてんで出てこない。複雑に混 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
兄>弟=魚 ※未完
作者:穴虫 ジャンル:おそ松さん お題:愛、それは兄 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:785字 お気に入り:0人
釣り堀である。いつもの何の変哲もない、今日はデリバリーコントもデリバリーされなさそうな、そんな穏やかな日和の中、おそ松とカラ松が並んで糸を垂らしていた。「ぶっ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:あいつと息子 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1309字 お気に入り:0人
※ユーリ視点。統合後。僕は物心ついたときからずっとひとりだった。僕の周りにいたのはプロフェッサー、そしてデュエルの相手と言う名目の「生け贄」。なんであいつらには 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
語らい ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:可愛い恋 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:319字 お気に入り:0人
付喪神として意識を持ち始めた頃の俺は、周りの物事全てが珍しく輝いて見えた。あれは何、これは何と周りの付喪神に聞いて回った。周りの者たちは何でも聞く俺が面倒にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:穏やかな男 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1536字 お気に入り:0人
****「おっ邪魔しま~す。」――変な癖で、ついつい人様の車に乗ると言ってしまうんだよなぁ~。と、眠気とその場の雰囲気で少し飲んだ微酔いで、心地の良い疲労感でふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:免れた夜風 必須要素: 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1525字 お気に入り:0人
高校を出てから住み始めた家は横浜にあって、だから全然ゴミの日を覚えられないで二年か三年くらい、多分そう、三年近くは経っている。ゴミを溜めているなんてことはなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:平和と祖父 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:929字 お気に入り:0人
埼玉以北には行かないと誓った日もあった。 厚い雲に覆われて日が届かない地にいる。おろしたてのダウンをかき抱いて、セイコーマートから走る。はやく温かいホテルのロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:アルパカの四肢切断 必須要素:ジャケット 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:1657字 お気に入り:0人
型落ちの薄型テレビでは夕方のニュースが流れている。民放だ、たわいも無い内容で本当にくだらない。アルパカふれあい牧場の取材カメラと差し出されたマイクに、ふっくらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うつたか お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:618字 お気に入り:0人
「高崎ぃ!」バタバタと、宇都宮が騒がしく在来の部屋に駆け込んでくる。「どうしたんだよ、そんな急いで」珍しく焦る様子の宇都宮に視線が集まる中、高崎はなだめるように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:それいけ昼下がり 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:992字 お気に入り:0人
「だからさ、こう、耳をぴょこぴょこってさせたの」「わかんねえよ! なんでそれが祝ってることになるんだ……」 時刻にして、昼を少し回った頃。いいかげんおたえへのツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:黄色い償い 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:960字 お気に入り:1人
315プロダクション所属プロデューサーの俺が、葛之葉雨彦が事務所前の掃除をしているのだ、という話を事務所待機中の紅井朱雀に話したのは偶然だった。そういや朱雀、前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:KーPOP お題:人妻の屍 必須要素: 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:352字 お気に入り:0人
気がつくと、隣に女が寝ていた。いや、正確には死んでいた。口元に泡を吹かせていた。僕は怖くなった。身に覚えがない。すぐ横に酒があった。数本の酒が乱雑に置かれていた 〈続きを読む〉