ジャンル:咲-Saki- お題:傷だらけの光 必須要素:ダイアモンド 制限時間:30分 読者:75 人 文字数:881字 お気に入り:0人
[削除]

反射光 ※未完

いつの日か、ひどく疲れた顔をした宮永照を見たことがあった。
校舎の裏、太陽から逃げているような場所で口元を強く押さえていて。しかし吐き気を飲み込んでいるようにも見えず、ただただどこか虚ろを見詰めていた。

「おい、照」

その顔があまりにも鬱屈としていたので、思わず声をかけてしまった。
これが正解かどうかだったか、私は今でもわからない。

「…………っ」

その声に気付いた照は、見たこともないほど目を開いていた。そういえば、照はあまり驚くことのない人間だなと今更ながら思った。

「具合でも悪いのか?」

これは建前だった。
いや、心配しているのは事実だ。しかし、体調などではなくもっと奥底の面に対して私は問いかけていた。

「菫……どうしてここに?」
「もうすぐ練習始まるからな。呼びに来た」
「ああ……もうそんな時間」

照は、先のことを置いていこうとしているかのように早足で私の横を通り過ぎた。やはり、何かあるのか。
私は、見過ごすことができなかった。

「人に、会いたくなかったのか?」

強い口調で、照を呼び止めた。
照はぴたりと足を止めたが、こちらを向きはしなかった。ただ、その背中からは拒絶の色を感じた。

「それを知って、どうするの?」
「照……私のことを『親切』と言っただろ?」
「……? 確かにそうだけど」
「だから、それだけだよ。ただの親切だ」

照がこちらを振り向いた。
涙でも流しそうな、でも無機質にも見える顔だった。
「そこまでいくと、もう老婆心だよ」と言いながら、照は語ってくれた。

「鏡が、摩耗している」
「鏡って、照魔鏡か?」
「そう」

照魔鏡。本質を暴く鏡。
それが摩耗するとは、一体どういうことだろう。

「人の本質っていうのは、単純だけど強いもの。だから、そういうのを見続けていると、ちょっとね」
「なっ……!」

それは、あまりにも残酷すぎる。
照は、照魔鏡に頼っている。1年しか共に過ごしていない私でも感じたことだった。
麻雀でも私生活でも、照魔鏡が宮永照を支えていると過言ではないだろう。
それが、摩耗する?

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:けすけ ジャンル:咲-Saki- お題:愛と欲望のお金 必須要素:ダイアモンド 制限時間:15分 読者:646 人 文字数:850字 お気に入り:0人
どのような人間にも、基本としてお金の問題は付いて回る。金銭を「先立つ物」と最初に表現したのは誰なのだろうか。ノーベル賞あげたい。「お金欲しい」「お前はいつもそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:晴天バーディーズ ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:679字 お気に入り:0人
「めっちゃ木やん」と、洋榎の第一声がこれ。木ですね…、木なのよー。と姫松メンバーが集まっているのは部室内、の中心にある木だ。 「めっちゃ木やん」洋榎はおんなじ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:88 人 文字数:1706字 お気に入り:0人
このー木なんの木_人人人人人_> 宮永咲 < ̄Y^Y^Y^Y^Y^ ̄「大変だーーーー!咲が木になっちまった!!!!」「えっ、須賀くんも咲さん狙いなんですか!?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にーな ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:538字 お気に入り:0人
咲「そういえば、あの日◯のcmに出てるめっちゃ大きい木あるじゃないですか。」和「◯立のcmのあの木ですね。」咲「あの木ってなんの木なのかな?」和「リアルこのー木 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:1338字 お気に入り:0人
「めっちゃ木が生えてますよー!」「栗の木。ただの木なら神境にも生えてる…」「はるるはこまかいですねー」 きゃっきゃと巫女服の少女たちがはしゃいでいた。一人は滝見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:晴天バーディーズ ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:865字 お気に入り:0人
金魚について語られることとして、そーとーに手間暇かけて育てられた彼らは鯉と見間違う程に成長するとか。ポイを雑に振り回して掬い取った帰り道に、大きな音を立てて通 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にーな ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:65 人 文字数:938字 お気に入り:0人
まだ秋だというのに、厚手の上着を着ないとやってられないくらい北海道の夜は寒かった。とはいっても、数年前まで北海道で生活していたが…数年離れたうちに北海道という 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:74 人 文字数:1998字 お気に入り:0人
「大変だーーーー!! 全国制覇の祝勝会で大量の寿司を取ったら咲が泡拭いて気絶したーーーーーーっ!!」須賀京太郎の絶叫が木魂する。ここは清澄高校麻雀部が部室。つい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:85 人 文字数:1312字 お気に入り:0人
「あっれー。小鍛治プロ、奇遇ですねぃ」 げ、という声が口を衝いて飛び出した。ぱたぱたと着物を揺らし、小柄な少女が駆け寄ってくる。「……どうも、三尋木プロ」「どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にーな ジャンル:咲-Saki- お題:冷静と情熱の間にあるのは魚 必須要素:ナン 制限時間:30分 読者:114 人 文字数:843字 お気に入り:0人
智美「…というわけで」ゆみ「何がというわけでなんだ。何なんだこれは」麻雀部の部室にある机には、おおよそ一般の麻雀部の活動を行っていれば見ることはない景色が広がっ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:あいつと息子 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1309字 お気に入り:0人
※ユーリ視点。統合後。僕は物心ついたときからずっとひとりだった。僕の周りにいたのはプロフェッサー、そしてデュエルの相手と言う名目の「生け贄」。なんであいつらには 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
語らい ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:可愛い恋 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:319字 お気に入り:0人
付喪神として意識を持ち始めた頃の俺は、周りの物事全てが珍しく輝いて見えた。あれは何、これは何と周りの付喪神に聞いて回った。周りの者たちは何でも聞く俺が面倒にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:穏やかな男 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1536字 お気に入り:0人
****「おっ邪魔しま~す。」――変な癖で、ついつい人様の車に乗ると言ってしまうんだよなぁ~。と、眠気とその場の雰囲気で少し飲んだ微酔いで、心地の良い疲労感でふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:免れた夜風 必須要素: 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1525字 お気に入り:0人
高校を出てから住み始めた家は横浜にあって、だから全然ゴミの日を覚えられないで二年か三年くらい、多分そう、三年近くは経っている。ゴミを溜めているなんてことはなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:平和と祖父 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:929字 お気に入り:0人
埼玉以北には行かないと誓った日もあった。 厚い雲に覆われて日が届かない地にいる。おろしたてのダウンをかき抱いて、セイコーマートから走る。はやく温かいホテルのロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:アルパカの四肢切断 必須要素:ジャケット 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:1657字 お気に入り:0人
型落ちの薄型テレビでは夕方のニュースが流れている。民放だ、たわいも無い内容で本当にくだらない。アルパカふれあい牧場の取材カメラと差し出されたマイクに、ふっくらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うつたか お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:618字 お気に入り:0人
「高崎ぃ!」バタバタと、宇都宮が騒がしく在来の部屋に駆け込んでくる。「どうしたんだよ、そんな急いで」珍しく焦る様子の宇都宮に視線が集まる中、高崎はなだめるように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:それいけ昼下がり 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:992字 お気に入り:0人
「だからさ、こう、耳をぴょこぴょこってさせたの」「わかんねえよ! なんでそれが祝ってることになるんだ……」 時刻にして、昼を少し回った頃。いいかげんおたえへのツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:黄色い償い 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:960字 お気に入り:1人
315プロダクション所属プロデューサーの俺が、葛之葉雨彦が事務所前の掃除をしているのだ、という話を事務所待機中の紅井朱雀に話したのは偶然だった。そういや朱雀、前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:KーPOP お題:人妻の屍 必須要素: 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:352字 お気に入り:0人
気がつくと、隣に女が寝ていた。いや、正確には死んでいた。口元に泡を吹かせていた。僕は怖くなった。身に覚えがない。すぐ横に酒があった。数本の酒が乱雑に置かれていた 〈続きを読む〉