ジャンル:咲-Saki- お題:傷だらけの光 必須要素:ダイアモンド 制限時間:30分 読者:93 人 文字数:881字 お気に入り:0人
[削除]

反射光 ※未完

いつの日か、ひどく疲れた顔をした宮永照を見たことがあった。
校舎の裏、太陽から逃げているような場所で口元を強く押さえていて。しかし吐き気を飲み込んでいるようにも見えず、ただただどこか虚ろを見詰めていた。

「おい、照」

その顔があまりにも鬱屈としていたので、思わず声をかけてしまった。
これが正解かどうかだったか、私は今でもわからない。

「…………っ」

その声に気付いた照は、見たこともないほど目を開いていた。そういえば、照はあまり驚くことのない人間だなと今更ながら思った。

「具合でも悪いのか?」

これは建前だった。
いや、心配しているのは事実だ。しかし、体調などではなくもっと奥底の面に対して私は問いかけていた。

「菫……どうしてここに?」
「もうすぐ練習始まるからな。呼びに来た」
「ああ……もうそんな時間」

照は、先のことを置いていこうとしているかのように早足で私の横を通り過ぎた。やはり、何かあるのか。
私は、見過ごすことができなかった。

「人に、会いたくなかったのか?」

強い口調で、照を呼び止めた。
照はぴたりと足を止めたが、こちらを向きはしなかった。ただ、その背中からは拒絶の色を感じた。

「それを知って、どうするの?」
「照……私のことを『親切』と言っただろ?」
「……? 確かにそうだけど」
「だから、それだけだよ。ただの親切だ」

照がこちらを振り向いた。
涙でも流しそうな、でも無機質にも見える顔だった。
「そこまでいくと、もう老婆心だよ」と言いながら、照は語ってくれた。

「鏡が、摩耗している」
「鏡って、照魔鏡か?」
「そう」

照魔鏡。本質を暴く鏡。
それが摩耗するとは、一体どういうことだろう。

「人の本質っていうのは、単純だけど強いもの。だから、そういうのを見続けていると、ちょっとね」
「なっ……!」

それは、あまりにも残酷すぎる。
照は、照魔鏡に頼っている。1年しか共に過ごしていない私でも感じたことだった。
麻雀でも私生活でも、照魔鏡が宮永照を支えていると過言ではないだろう。
それが、摩耗する?

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:けすけ ジャンル:咲-Saki- お題:愛と欲望のお金 必須要素:ダイアモンド 制限時間:15分 読者:667 人 文字数:850字 お気に入り:0人
どのような人間にも、基本としてお金の問題は付いて回る。金銭を「先立つ物」と最初に表現したのは誰なのだろうか。ノーベル賞あげたい。「お金欲しい」「お前はいつもそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:咲-Saki- お題:3月の年賀状 必須要素:《英語のクミ》 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:2144字 お気に入り:0人
「あけおめ」そう言いながら、愛宕洋榎が何かを差し出してくる。絵心を感じられないビジュアルのよくわからない動物が描かれたそれは、おそらく俗にいう年賀状だろう。おう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:咲-Saki- お題:彼と貯金 必須要素:爆弾 制限時間:30分 読者:65 人 文字数:2637字 お気に入り:0人
私にとって、新子憧は誰より大切な友達だった。麻雀がしたくて入った阿太峯中学で、知り合いもおらず不安だった私に出来た、最初の友達。憧のおかげで、未来への不安なんて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:晴天バーディーズ ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:110 人 文字数:679字 お気に入り:0人
「めっちゃ木やん」と、洋榎の第一声がこれ。木ですね…、木なのよー。と姫松メンバーが集まっているのは部室内、の中心にある木だ。 「めっちゃ木やん」洋榎はおんなじ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:131 人 文字数:1706字 お気に入り:0人
このー木なんの木_人人人人人_> 宮永咲 < ̄Y^Y^Y^Y^Y^ ̄「大変だーーーー!咲が木になっちまった!!!!」「えっ、須賀くんも咲さん狙いなんですか!?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にーな ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:100 人 文字数:538字 お気に入り:0人
咲「そういえば、あの日◯のcmに出てるめっちゃ大きい木あるじゃないですか。」和「◯立のcmのあの木ですね。」咲「あの木ってなんの木なのかな?」和「リアルこのー木 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:93 人 文字数:1338字 お気に入り:0人
「めっちゃ木が生えてますよー!」「栗の木。ただの木なら神境にも生えてる…」「はるるはこまかいですねー」 きゃっきゃと巫女服の少女たちがはしゃいでいた。一人は滝見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:晴天バーディーズ ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:92 人 文字数:865字 お気に入り:0人
金魚について語られることとして、そーとーに手間暇かけて育てられた彼らは鯉と見間違う程に成長するとか。ポイを雑に振り回して掬い取った帰り道に、大きな音を立てて通 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にーな ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:107 人 文字数:938字 お気に入り:0人
まだ秋だというのに、厚手の上着を着ないとやってられないくらい北海道の夜は寒かった。とはいっても、数年前まで北海道で生活していたが…数年離れたうちに北海道という 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:121 人 文字数:1998字 お気に入り:0人
「大変だーーーー!! 全国制覇の祝勝会で大量の寿司を取ったら咲が泡拭いて気絶したーーーーーーっ!!」須賀京太郎の絶叫が木魂する。ここは清澄高校麻雀部が部室。つい 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:静かな笑顔 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:365字 お気に入り:0人
「マスター、少し良いか?」深夜マイルームを尋ねてきたのは、退廃的な雰囲気を纏う黒衣のサーヴァント(いやこの人に限ってみれば僕の方こそ僕であるほうが相応しいのかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Zero お題:猫の大地 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:275字 お気に入り:0人
『抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よーーーー』黒衣の魔術師の高らかな詠唱の終わりと共に眩い閃光が古城の一室に満ちる。魔術師が瞑った目を開いたのは、儀式の主たる目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛、それは音 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:375字 お気に入り:0人
ご自愛ください。という定型句にエロティックな意味を見出してしまう程度にはリリカ・プリズムリバーは若かった。思春期だった。自分を愛するとは陰核を愛することに他なら 〈続きを読む〉