ジャンル:アイドルマスターsideM お題:誰かの雑踏 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1168字 お気に入り:0人

雑踏(冬北) ※未完







電気くらいつけろよ、と言った天ヶ瀬冬馬が部屋の電気をつければ。真っ暗な部屋のソファの上で目を瞑っていた北斗は、ゆっくりとその瞳を開き、「よく俺が居るってわかったね」と言う。
「わからに決まってるだろ」
冬馬はそう呟き、着ていたジャケットから腕を抜く。
「どうして?」
「そんなの、めちゃめちゃお前の匂いがしたからに決まってるだろ」
冬馬がジャケットを、ハンガーにかけてそのままラックに垂らした。突然明るくなった部屋の明度に北斗はまだ慣れきれず、しきりに瞬きを繰り返しながら冬馬を眺めている。
「匂い」
「香水だよ」
「ああ、そっか。やっぱり。……だとしても、よくわかるよなあ」
冬馬が自分の香水の匂いに敏感だということを北斗は嫌というほど知っていたから。だから彼は、今日。実は冬馬のことを試していたのである。
「俺、朝からシャワー浴びて、それから大学に行ってね。1時間前くらいに帰ってきたんだけど、帰ってきてからもまたシャワー浴びたんだよね。ちゃんと、着替えもしたし。それなのにわかるんだ」
実を言えば、今日は朝から香水すらつけていなかった北斗は。それでもなお自分の存在を香りで認識する冬馬に驚かずにはいられなかった。
「犬みたい」
「誰が犬だよ」
「だって、ねえ。こんなのもう、特殊能力だよ」
冬馬が本当に香りで自分を認識するのか確かめたくて。北斗は今日、帰宅してからちゃんと靴を下駄箱にしまった。鞄も自室にしまい込み、着ていた服も洗濯機の中だ。家中のすべての電気を消し、声を潜めて待っていたから。だから、冬馬は自分の姿を認識するまでは、自分を帰ってないものだと見なすとばかり、北斗は思っていた。それが、この結論である。帰っていることは見事に看破され、なんならリビングのソファにいることすら。電気わつける前の真っ暗闇の中でばれてしまったのだ。犬みたいというほか無いだろう。
「それだけ嗅覚が良くて、生きにくくないの?」
「いや、俺別に特別嗅覚がいいわけじゃないぜ」
「ええ、嘘だ。じゃなかったら、絶対俺の香水の匂いとかわからないでしょう」
うーん、と冬馬は言う。目を瞑り、腕を組み、首を少し傾げて。言葉を手繰るように探る。
やがて、冬馬は目を開けた。
「わかるっつーか、お前の香水の匂いだけは、すぐわかるんだよな」
自分でも不思議だ、という顔で冬馬は言った。だから、その言葉を返すことがいかに無意味であるかはわかりきっていたけど。それでも、北斗は言い返さずにはいられない。「それは不思議だね」、と。
「俺の姿を見るより先に、匂いでわかるんでしょ?」
「ああ」
冬馬は答える。これまでの経験を頭の中に浮かべながら。事務所の扉を開けるとき。楽屋に入る瞬間。この前なんて、生放送の広いスタジオの中ですら、彼の香水の匂いをかんし

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:たな ジャンル:アイドルマスターsideM お題:誰かの雑踏 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:775字 お気に入り:0人
翔太は人混みが嫌いだ。そもそも好きなものなんか僕にあったっけ? という中学二年生的そもそも論は横に置いておいて、人混みとか繁華街とか雑踏とか、そう言ったものが嫌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tironu@ミラフェスI25bサインライト翔太 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:猫の潮風 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:722字 お気に入り:0人
ミャーミャーと空に猫が鳴く声が響く。はてさてここは、と周りを見渡すと、なんのことはない、港に着いただけである。タラップを降りる足音は軽く、パッと開いた日傘は朝顔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターsideM お題:少女のライオン 制限時間:15分 読者:141 人 文字数:418字 お気に入り:0人
※ハイジョ※春名と四季とみんなとドーナツ※少女…?いや〜、ライオンみたいだよな。事務所の近くにあるドーナツ屋で買ってきた、モチモチした丸っこいのが連なって輪っか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターsideM お題:箱の中のホテル 制限時間:15分 読者:136 人 文字数:572字 お気に入り:0人
ここはまるで箱庭だ、と思うことがある。 行きつけのドーナツ屋さんでセールしてたもんだから、買わなきゃ損だよな、とひとりごちて人数分プラスちょっとのドーナツをトレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:軋み柚子 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:煙草とホテル 制限時間:15分 読者:216 人 文字数:239字 お気に入り:0人
医者の不養生とはよく言ったもので、当時の桜庭薫は煙草を辞められずにいた。今は気まぐれに月一で吸うか吸わないかの頻度である。ただ、たまに吸う煙の中に浮かび上がるよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:アイドルマスターsideM お題:小説の宿命 制限時間:15分 読者:290 人 文字数:466字 お気に入り:0人
【雨クリ】机に置き去りにされた本は見覚えのないタイトルだったが古論のものだろうと推察するには難くないものだった。海の本だと一目でわかるタイトル。暇つぶしにちょう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:アイドルマスターsideM お題:明るい修道女 制限時間:15分 読者:571 人 文字数:289字 お気に入り:0人
【せむ】「HEY!ミスターやました、ミスターはざま!見てよこれ!So Cuteじゃない!?」白と黒で作られたシンプルな服の裾をくるりと回ることで翻す。それは所謂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミドリ ジャンル:アイドルマスターsideM お題:犯人はボーイズ 制限時間:15分 読者:473 人 文字数:692字 お気に入り:0人
「で、今の状況に陥っている、そういうわけだな。山下君」「ハイ……」硲さんが、お叱りモードに入っている。無理はない。今の俺の姿と来たら頭からコーヒーを被ってずぶぬ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな ジャンル:アイドルマスターsideM お題:捨てられたパイロット 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:773字 お気に入り:0人
漂流してから52時間が経過しようとしていた。否、正確には、通信機の不調で母艦の座標が特定できなくなり、訓練生時代に座学で習った漂流時マニュアルを思い出して内蔵ラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな ジャンル:アイドルマスターsideM お題:小説家たちのサーカス 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:688字 お気に入り:0人
冬馬の家には恋人の伊集院北斗が暮らしているが、翔太の家にも、御手洗家の次女の婚約者として北斗が暮らしている。二重生活ではない。それぞれの家の伊集院北斗は、それぞ 〈続きを読む〉

あくお@ミラフェスI54bの即興 二次小説


ユーザーアイコン
雨(薫輝) ※未完
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:さいどえむ お題:疲れたお天気雨 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:1122字 お気に入り:0人
今日の僕は朝からついていなくて、夜のうちに接触不良だかで携帯の充電器は壊れたらしく電池残量は常に赤色に光っていて。スタジオまでの道を駅から歩けば、前方府中の歩行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
雑踏(冬北) ※未完
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターsideM お題:誰かの雑踏 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1168字 お気に入り:0人
電気くらいつけろよ、と言った天ヶ瀬冬馬が部屋の電気をつければ。真っ暗な部屋のソファの上で目を瞑っていた北斗は、ゆっくりとその瞳を開き、「よく俺が居るってわかった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスター SideM お題:素晴らしいピアニスト 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:1061字 お気に入り:0人
何か弾いてよ、という声が甘えていたので、甘えないでくださいと僕は言おうと思ったけれど。その相手が、いつもの仲間の誰かじゃなくて事務所と芸能界の先輩であったから。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターsideM お題:白い雑草 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:1208字 お気に入り:0人
アタシは正直、彼のことをどういう風な好きなのか、自分自身よく分からなかったけど。女とか男とかそういうのを抜きにして、本当に好きだったから。多分これは、間違いなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
花火(冬北) ※未完
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターsideM お題:愛の計画 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:1342字 お気に入り:0人
花火が見えるのだと言う北斗の部屋で、去年の約束を守って二人で花火を見ている状況は、少なからず冬馬には不思議なものであった。「どうしたの?」風の通りが気持ちの良い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターsideM お題:ゆるふわな、と彼は言った 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:968字 お気に入り:0人
とんでもないことになっているという自覚はあるが、じゃあこれを止める、打ち切りにできるかといえばそれはまた別問題だ、と。自分を壁際に追いやって見下すように眺める伊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターsideM お題:簡単な哀れみ 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:1449字 お気に入り:0人
好きだ、と言った瞬間、ついに僕は楽になるのだと思い、僕の気分は間違いなく晴れた。テーブルのを挟んだ向こう側にいる天道が驚いて目を見開くのを見ながら僕は、ようやく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
来年の愛人 ※未完
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターSideM お題:来年の愛人 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:1242字 お気に入り:0人
来年の今日は何をする予定か、と聞かれた北斗は笑って、わかんないよそんなの、と答える。対して、テーブルの向こうにいる冬馬は「だったら予定はないってことでいいんだよ 〈続きを読む〉