ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:恥ずかしい運命 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:1594字 お気に入り:0人

※このあとおいしくいただかれました

たぶん過去最高にきっぱりとした覚醒をした。うっかりうたた寝をしてしまったソファからガバリと身を起こし、瞬間的に時計を見る。
——19時半。カラスマがやってくると言っていた時間まで、あと30分。

「あと、30分……」
状況をきちんと認識するように、きっちりとそれを言葉にもした。顔からさーっと血の気が引く感覚がしたが、それに構ってはいられない。
「えっと、何やろうと思ってたんだっけ」
この前奇跡的にお付き合いとゆーものを始めることになったあたしとカラスマは、あたしにしては珍しくと言うべきか、カラスマらしいと言うべきか、まだセックスをしていない。あたしとしては早くそーいう流れになりたくてたまらない反面、この前交わした軽いキスだけで信じられないぐらいヘロヘロのメロメロになってしまったから、これ以上してしまうと一体どうなってしまうんだろう、という恐怖と期待みたいなものが心の中を占めていて、キスをしてからというもの、あたしの精神状態というか、心的状況というか、とにかくそれはしっちゃかめっちゃかで、ずっと嵐の中にいるような状態だった。
そんなあたしの状況を知ってか知らずか、今日デートのお誘いをかけたら速攻で「仕事だ」と断ってきたカラスマは、むくれるあたしにこう言ってきたのだ。
「……だが、仕事終わりなら多少時間が取れるだろう。何時に終わるかわからないから、お前の家に行っていいか?」



これはもう。そりゃあもう。ヤるしかない流れ、だ。
その予定を決めた日から、あたしは計画を練りに練った。カラスマを手料理でもてなして、映画観ましょ、とか言って引き止めて、それでいい感じのムードを作って、ワインとかあけちゃって、酔っ払わせて、それから——。
計画を立てた後は入念な準備だ。部屋のレイアウトを一新するぐらいの勢いで掃除をして、模様替えをして、手料理の内容を決め、何回かシミュレーションのために作って最善の味を研究し、それとなくリサーチをして好きそうなワインの銘柄を選び、もちろん数本の中から試飲をして銘柄を決めて、それに合うおつまみもいくつか研究して試食して、それから、それから——。
当日の動き方まで何度かシミュレートをしたぐらい、完璧だった。計画、は。

前日の準備が間に合わなくて少し夜更かしをしてしまい、これはいけないお肌が微妙だわ、そうだ軽く仮眠を取ろう——とソファに横になったのが運の尽きだ。仮眠が本気寝になってしまい、あたしは2時間ぐらい準備の時間をフイにしてしまった。

いけない、落ち着いてイリーナ・イェラビッチ。計画に狂いが生じるのは、どんな時でもありうる事だわ。そして、今までどんなに計画に狂いが生じてしまったとしても、その場の機転で切り抜けてきたじゃない。
——料理……は、下ごしらえは済ませて冷蔵庫に入れてある。ハンバーグ、ポトフ、サラダに昨日焼いたパン。ポトフはすでに完成させてあるし、ハンバーグは成型まで済んでいる。ソースはそんなに時間がかからないけど……そうだ、サラダ用の野菜を切らなくては。慌ててエプロンをして、台所へと向かう。ああ、洋服も部屋着のままだし、お化粧もまだきちんとできてない。野菜を切ってから、それから一度軽くシャワーを浴びて、身支度をしよう。

なんて考えて、冷蔵庫からきゅうりを取り出したところで、ピンポーンとチャイムが鳴った。
そういえばワインは重たいから宅配を頼んでいたんだった。それがやってきたんだろう。はあい、と声をあげ、スリッパをパタパタ鳴らして玄関へと向かう。



その時のあたしは気づいていない。仮眠を取る前、顔にパックをしていたことを。
そしてその時やってきたのは宅配サービスの配達員ではなく、がんばって仕事を早く切り上げて、あたしを驚かすためにちょっと早くやってきた、ケーキを携えたカラスマだったということを。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:アルパカの慰め 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:1411字 お気に入り:0人
まるで敵のいない野っ原に放り出された草食動物みたいに、クッションを抱えてソファに座り、どこでもない虚空を見つめてぼうっとしているものだから、烏間は思わず心配にな 〈続きを読む〉

からいりくじらの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:許せない湖 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:1528字 お気に入り:0人
「からすまのっ、ばかー!!」「あんたにとってっ、こいびとって一体っ、どーゆー相手のことだってゆーのよーっ!!」「仕事が忙しいのもわかるけどっ、それにしたってっ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:淡い錬金術 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:1081字 お気に入り:0人
にこにこと満面の笑みを浮かべる女に対して、隣の男はどうにも居心地が悪い、という顔をしている。黒スーツにきっちり着込んだワイシャツという格好、そして苦虫を噛み潰し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:潔白な血痕 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:1321字 お気に入り:0人
ちょっとしくじっちゃった。そう言ってイリーナは、調査室の面々が切れた盗聴器の音声を前に険しい顔を並べていた控え室の扉を、何事もなかったかのように開けて入ってきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:うるさい音楽 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:935字 お気に入り:0人
頭の中を音楽がぐるぐる回っている。タイトルも知らない、歌手さえも知らない曲が。機嫌のいいとき、イリーナがいつもその歌を口ずさんでいたから、烏間はこの曲を知ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:東京小説 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:1321字 お気に入り:0人
東京、という都市の名前は聞いたことがある。過去に日本語の習得のため、そこにある程度滞在し、「ケンジ」という名前の男を恋人にしたことがあったし、暗殺のためにも何度 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 お題:少年の宴 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:1056字 お気に入り:0人
「……まだ帰ってなかったのか?」「あ、やべ」「烏間せんせー……」「え、もうこんな時間!?」施錠のために各教室を見回りに出かけた烏間が、E組の教室で見かけたもの。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:俺と喜劇 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:1227字 お気に入り:0人
人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見ると喜劇だ。そんな言葉がある。たしかにそれはそうかもしれない、と、おれは時々「同僚」たちを見ながらそう思う。もとは人間だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:かっこいい階段 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:1652字 お気に入り:0人
一段一段、踏みしめてのぼっていく。のぼりつめていく。あたしはその背中を眩しく見つめながら、そしてその背中を守るように寄り添いながら、時に力を失いそうになったその 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:天才の姫君 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:1631字 お気に入り:0人
天才という言葉がきらいだ、という人がいる。今自分に備わっている実力はすべて「天」とかいうよくわからないものから与えられたもので、そこに自分自身の努力とか、そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:恥ずかしい運命 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:1594字 お気に入り:0人
たぶん過去最高にきっぱりとした覚醒をした。うっかりうたた寝をしてしまったソファからガバリと身を起こし、瞬間的に時計を見る。——19時半。カラスマがやってくると言 〈続きを読む〉