ジャンル:Fate/GrandOrder お題:愛、それは挫折 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:1366字 お気に入り:0人
[削除]

天草とマスターの共通点

 誰かを愛してしまうということが、どれほど自分を苦しめることかを彼女は知っている。
傍にいてくれる人たちを「仲間」と呼び、信頼し、頼り、大事に思うこと。その一線を越えてしまえば、あとは苦しみしかないことを、彼女は知っているのだ。だから必死に心の中で繰り返す。何度も何度も、反復しては自分の中に刻み込む。
 誰かを愛してしまったら、きっと一番大事な瞬間に、前に進むことが出来なくなってしまうと。
「――つまりそれは、個を愛することが己を最大限に苦しめることとなる…ということですか?」
 ゆっくりとテーブルに飲んでいたお茶を置いて、天草は目の前で複雑そうな顔をしている己のマスターへと尋ねた。
洗練されたその動きは、ゆったりとしてはいるが隙はなく、けれど一見無防備に見えるものだ。流石は天草だ、などと他人事のように考えてから、彼女は天草の言葉に頷いた。
「みんなことは大好きなんだ。でも、もしもそれが誰か一人になったら……わたしは多分、苦しくて、堪えられない」
「そもそも、何故その好きだという対象を一人にすることでマスターが苦しむことになるのですか? 貴女は確かにマスターですが、一般人とほぼ差異のない人だ。普通の少女のごとく、誰か一人を愛してもいいのでは」
「あはは、そんなの無理だって」
 天草だってちゃんとわかってるでしょ。そう言ってどこか、遠くを見つめるようにして彼女は手元にあるお茶を見つめた。
 何もかもが終わったあと、彼女はマスターではなくなる。それは確実だ。そして、彼女が「愛すまい」としている「誰か」はそんな彼女がマスターとして召喚した英霊の一人。そう。つまり英霊である以上、相手は未来を進む生者ではなく――過去を映し取った仮初めの命を持った死者なのだ。
「わたしには何の力もないし、出来ることなんてたかが知れてる。それでも、わたしじゃなきゃ出来ないことがある。生きてる限り、生きていける限り、わたしはずっと前に歩いて行かなくちゃ」
「世界のため、ですか」
「天草だって人類のために前に進み続けてるでしょ。君にとっては、待つことだって進むための準備だったんだから」
 天草は微笑んだ。否定はしない。出来るわけもない。その通りなのだ。
 天草はすでに死んでいる。彼女とは違って、もう未来へは進めない死者だ。だけど彼の全ては死んでから始まった。だから終わらせるために、前に進み続けている。その歩みを止められる日が来るように、歩き続けている。
「ははは、そう言われてしまうと返す言葉がありません。確かに私も、マスターと同じです。個を愛することは出来ません。人類という種を愛するために」
「ほらね。やっぱりだ」
「おや、何がですか?」
 彼女は少し呆れながらも、予想通りだったことに少しだけ嬉しそうな声をこぼした。
「誰か一人を愛したら、苦しいだけだよ。わたしも、天草も。進み続けるその目指すものを、失うことになるんだ」
 だから天草に話そうと思ったと語りながら、彼女は目を細める。天草はその視線に、少しだけ驚いてから「ああ、なるほど」と頷いた。

 彼女も天草も、誰か一人を愛すること――それは、それ以外の全てを挫折することに等しいのだ。

 だから出来ない。彼女も彼も、お互いを愛することがどうしたって、出来ないのだ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:[自称臣下]猫宮噂 SSR ジャンル:Fate/GrandOrder お題:彼が愛した罰 制限時間:15分 読者:130 人 文字数:456字 お気に入り:0人
お茶の香りがする。それから菓子の素朴さを交えた甘い香り。 用意されたお菓子をだらしなくベッドで頬張る。口煩いサーヴァントの数人には叱られるだろうから、秘密。ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:Fate/GrandOrder お題:儚い境界 必須要素:4000字以上 制限時間:30分 読者:139 人 文字数:465字 お気に入り:0人
「初めまして、マスター」その言葉を聞いた瞬間、僕の中で何かが弾けそうになった「僕にとっては、久し振りだよ。清姫」それだけ言うと、僕は彼女を抱き締めようと…「いけ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:誰かと奈落 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1126字 お気に入り:0人
誰かと奈落に落ちるなら。そんな例え話を聞いたのは先日の外務省関連の飲み会だったろうか。奈落といえば仏教における地獄だ。地獄ということは大いなる罪悪を犯した者が、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:グランブルーファンタジー お題:今度のお天気雨 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:535字 お気に入り:0人
「あらー」上空から降ってきた雨を見もしないで、仲間と逸れた特異点は、地面と水滴が響かせる雨音を聞きながら、葉が零してしとどになった髪を後ろに流して、しまったなと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:帝王の誤解 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1192字 お気に入り:0人
「ほ~ん。それで?マトリちゃんは何をご所望なの?」ぐいっと近寄られると、端正な顔立ちと射抜くような瞳にがんじがらめにされているように動けなくなる。「えっと、です 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:12月の勝利 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:784字 お気に入り:0人
昔ある脱出系バラエティ番組でこのような暗号を見たことがある。色のついたコードが何本かあり、暗号を解いて正解のコードを切れば外に出れるというものだった。『12月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:地獄のにおい 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:610字 お気に入り:0人
あなたはドリアンという果物を知っていますか。ドリアンとは30cmほどの周りがとげとげした薄い緑色の果物です。面白いことにドリアンを飛行機には持ち込むことができ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:美しい軽犯罪 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:462字 お気に入り:0人
最近、学校帰りの道にある喫茶ポアロにイケメン店員がいると友達が耳元で騒いでうるさい。「ホントのホントにかっこいいの」と友達は鼻息を荒くして妄想モードに入る。まぁ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:安全な妻 制限時間:4時間 読者:11 人 文字数:1068字 お気に入り:0人
この時代に生まれた事、心底呪っている。子供を増やせ増やせと。徳川の貴重な跡継ぎがどうとかこうとかと。腹が立つ。何なんだ。何も知らぬ癖して。別に私は好きでこの立場 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:愛と憎しみの螺旋 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1242字 お気に入り:0人
「私を内偵に行かせてください」関のデスクの前で、声を荒げた玲に捜査企画課の全員が振り返る。また無茶を、という視線。よくやるな、という視線。そういうものがあっても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
flight ※未完
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:かたい笑顔 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:996字 お気に入り:0人
もう何度目かのデートがお預けになって、さらには出張のおまけ付きと言えば、さすがに書類をぶん投げたくもなる。文句の言い過ぎでミサキちゃんにも呆れられた。「出張、で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:恋の行動 制限時間:4時間 読者:14 人 文字数:286字 お気に入り:0人
恋、とは。今まで興味もなく、まさか自分がするとは思っていなかった。それは数日前。本当に、ちょっとしたきっかけだった。幼馴染の千佳に、恋をする日が来ようとは。でも 〈続きを読む〉