ジャンル:Fate/GrandOrder お題:愛、それは挫折 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1366字 お気に入り:0人
[削除]

天草とマスターの共通点

 誰かを愛してしまうということが、どれほど自分を苦しめることかを彼女は知っている。
傍にいてくれる人たちを「仲間」と呼び、信頼し、頼り、大事に思うこと。その一線を越えてしまえば、あとは苦しみしかないことを、彼女は知っているのだ。だから必死に心の中で繰り返す。何度も何度も、反復しては自分の中に刻み込む。
 誰かを愛してしまったら、きっと一番大事な瞬間に、前に進むことが出来なくなってしまうと。
「――つまりそれは、個を愛することが己を最大限に苦しめることとなる…ということですか?」
 ゆっくりとテーブルに飲んでいたお茶を置いて、天草は目の前で複雑そうな顔をしている己のマスターへと尋ねた。
洗練されたその動きは、ゆったりとしてはいるが隙はなく、けれど一見無防備に見えるものだ。流石は天草だ、などと他人事のように考えてから、彼女は天草の言葉に頷いた。
「みんなことは大好きなんだ。でも、もしもそれが誰か一人になったら……わたしは多分、苦しくて、堪えられない」
「そもそも、何故その好きだという対象を一人にすることでマスターが苦しむことになるのですか? 貴女は確かにマスターですが、一般人とほぼ差異のない人だ。普通の少女のごとく、誰か一人を愛してもいいのでは」
「あはは、そんなの無理だって」
 天草だってちゃんとわかってるでしょ。そう言ってどこか、遠くを見つめるようにして彼女は手元にあるお茶を見つめた。
 何もかもが終わったあと、彼女はマスターではなくなる。それは確実だ。そして、彼女が「愛すまい」としている「誰か」はそんな彼女がマスターとして召喚した英霊の一人。そう。つまり英霊である以上、相手は未来を進む生者ではなく――過去を映し取った仮初めの命を持った死者なのだ。
「わたしには何の力もないし、出来ることなんてたかが知れてる。それでも、わたしじゃなきゃ出来ないことがある。生きてる限り、生きていける限り、わたしはずっと前に歩いて行かなくちゃ」
「世界のため、ですか」
「天草だって人類のために前に進み続けてるでしょ。君にとっては、待つことだって進むための準備だったんだから」
 天草は微笑んだ。否定はしない。出来るわけもない。その通りなのだ。
 天草はすでに死んでいる。彼女とは違って、もう未来へは進めない死者だ。だけど彼の全ては死んでから始まった。だから終わらせるために、前に進み続けている。その歩みを止められる日が来るように、歩き続けている。
「ははは、そう言われてしまうと返す言葉がありません。確かに私も、マスターと同じです。個を愛することは出来ません。人類という種を愛するために」
「ほらね。やっぱりだ」
「おや、何がですか?」
 彼女は少し呆れながらも、予想通りだったことに少しだけ嬉しそうな声をこぼした。
「誰か一人を愛したら、苦しいだけだよ。わたしも、天草も。進み続けるその目指すものを、失うことになるんだ」
 だから天草に話そうと思ったと語りながら、彼女は目を細める。天草はその視線に、少しだけ驚いてから「ああ、なるほど」と頷いた。

 彼女も天草も、誰か一人を愛すること――それは、それ以外の全てを挫折することに等しいのだ。

 だから出来ない。彼女も彼も、お互いを愛することがどうしたって、出来ないのだ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:[自称臣下]猫宮噂 SSR ジャンル:Fate/GrandOrder お題:彼が愛した罰 制限時間:15分 読者:112 人 文字数:456字 お気に入り:0人
お茶の香りがする。それから菓子の素朴さを交えた甘い香り。 用意されたお菓子をだらしなくベッドで頬張る。口煩いサーヴァントの数人には叱られるだろうから、秘密。ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:Fate/GrandOrder お題:儚い境界 必須要素:4000字以上 制限時間:30分 読者:118 人 文字数:465字 お気に入り:0人
「初めまして、マスター」その言葉を聞いた瞬間、僕の中で何かが弾けそうになった「僕にとっては、久し振りだよ。清姫」それだけ言うと、僕は彼女を抱き締めようと…「いけ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターミリオンライブ お題:煙草と転職 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:400字 お気に入り:0人
「茜、ちょっといいか?」***「プロデューサーをやめることにしたんだ。いきなりでごめんな」プロちゃんはいつもは見せないような真面目な表情で茜ちゃんにそういった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:光の霧 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:2423字 お気に入り:0人
光の霧3年生の修学旅行は、在校生が最も楽しみにしている行事だと言っても過言ではないだろう。氷帝学園の修学旅行は3年次の9月に行われ、行き先はヨーロッパ、オースト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:弱虫ペダル 東巻東 お題:つらい貯金 必須要素:クリスマス爆破計画 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:343字 お気に入り:0人
オレは数ヵ月前に出来た彼女のためにコツコツと貯金をして、プレゼントを買うつもりだった。しかし、なんと数日前にこのオレがフラれてしまったのだ!そのきっかけは、オレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:弱虫ペダル 東巻東 お題:免れた百合 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:356字 お気に入り:0人
巻ちゃんは英五が得意だ。この間はTOELFで8割を取ったと言っていたな! そんな巻ちゃんがイギリスに留学することを聞いたのは出発の一週間前のことだった。いつもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:寒い罪人 必須要素:時限爆弾 制限時間:2時間 読者:14 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
これはとある冬のお話。私と魔理沙は炬燵に入ってのんびりとしていました。なんでもない、ただの1日。ついうとうととしてしまっていた時でした。突然けたたましい音が鼓膜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:走る人々 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:792字 お気に入り:0人
「今日はいい天気だねぇ」「お前、いつもそればっかだな」魔法の森の入り口近く。そこには謎の古道具屋があった。店主の名は森近霖之助。彼は一人で店を開き、生活している 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:黒い同性愛 必須要素:うへへ 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:757字 お気に入り:0人
「すっずちゃ~ん♪いやわりぃね待たせちゃってさ!」「あはは、大丈夫、私も今来たところだから。」東龍学院高等部からほど近い喫茶店。私本居小鈴は、この子、河城にとり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:地獄発言 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:769字 お気に入り:0人
ここは旧地獄。その旧地獄の奥。そこには地霊殿と呼ばれる館が立っていた。「はぁ、今日の晩御飯どうしようかしら」地霊殿の主、古明地さとりは呟いた。「昨日の残り物でい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うちのトコでは お題:いわゆる曲 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:1501字 お気に入り:0人
上手くもなく、かといって悪目立ちするほどの下手さでもない、いたって平凡なリコーダーの音色にあくびが出る。こっそりしたつもりだったのだが、「眠いなら保健室に戻っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:宿命の成功 必須要素:800字以内 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:800字 お気に入り:0人
「俺、考ちゃんを愛するために生まれてきたんだと思う。」「…へ?」いつもおどけてばかりの恋人が急に真面目な顔をして言うから、おたまでカレーを掬った格好のままフリー 〈続きを読む〉