ジャンル:メギド72 お題:かっこ悪い豪雨 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:995字 お気に入り:0人

舟の上

※舟渡ししながら旅してるサレオスさんとモブのヴィータ

「なあ、あんた、おれの傷は深いのか……」
「いや、そんなことはないさ」
 舟渡しはあっさりとそう言ってのけると、また一つ櫂を漕いだ。見えはしないが、感触で分かる。小舟の板の上で、おれの耳がかすかに推進力を感じた。
 盗賊に襲われ、川へと落ちのびたおれは、奇妙な船乗りに引き上げられて、今に至る。
 斬りつけられた背中の傷は、相も変わらずじくじくと痛むが、船乗りに手当てされてからというもの、次第にひきつれるだけの穏やかさに変わっていた。
 ともすれば、あの世に向かっている最中かも知れなかった。
 目がかすんで見えない分、ほかの感覚が鋭敏だった。なぜか、潮の香りがした。海が近いのかもしれない。舟の底に寝そべっていると、水をくりぬいたように、自分の位置が水面よりも下にあることが分かる。舟の縁からはびしゃびしゃと水が跳ねていて、気が付けばあふれ出すような錯覚に陥る。そのたび足を動かすと、びしゃ、とかかとが跳ねて、それでようやく水面が分かる。
「雨が……降ってないか? ひどい雨が」
「はは、お客さんは大げさだな。これはどう多く見積もっても小雨だし、舟が沈む心配はないさ」
 降り注ぐ雨音は耳の奥にごうごうとしていて、結構な雨が降っているように思われる。目を閉じているからそう感じるのかもしれない。頬に落っこちる水滴が、川のものなのか、それとも天からのものなのか、判じがたいものだった。
 船渡しの声は穏やかだった。
 いずれにせよ、頭がひどく痛む。想像の奥で、水面は黒く輝いて揺れている。
「金を持ってないんだ」
 ふと、三途の川を渡るには、渡し賃が必要だった、などという話を思い出した。
「そうか、そいつは困るなあ」
「だが、小刀ならある」
「なら、大丈夫だ」
「おれに刺さってたやつだ。毒が塗られてた。おれは、たぶん死ぬだろう」
 俺は住所と呼ぶには粗末なうめきごとを呻いたが、船乗りは笑うばかりだった。
「おまえさん、そんな状態で、自分の状態が判断できるものか。くたばるならとっくにくたばってるさ。幸運だったんだろう、それか、毒なんて、川で洗い流されちまったろうさ。ほら、着いたぞ。待ってな、人を呼んできてやるからよ」
 舟はゆっくりと動きを止め、岸についた。おれは確かに死んだはずだったが、おれの手は不思議とまだ動いていた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

ぽつタイプライターの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:かっこ悪い豪雨 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:995字 お気に入り:0人
※舟渡ししながら旅してるサレオスさんとモブのヴィータ「なあ、あんた、おれの傷は深いのか……」「いや、そんなことはないさ」 舟渡しはあっさりとそう言ってのけると、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:君と裏切り 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:645字 お気に入り:0人
「今日は荒れるなぁ……」 6月のある日、サレオスがそうぼそりとこぼした日は、透き通るような快晴の日のことだった。何気ない一言を、仲間たちはさして気にも止めてはい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:不屈の医者 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:1529字 お気に入り:0人
※アンドラス追放前 追放裁判 ホラーチック 人を掻っ捌いてるので注意してください それは何? ウソ発見器? へえ。初めて見たよ。そんな便利なものがあるなんて知ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:日本教室 制限時間:30分 読者:66 人 文字数:1230字 お気に入り:0人
※現パロにしたかったけどよくわからなくなってしまった ソロモン転校生 2学期の半ば。 2000年に世界が終わるだの、マヤ文明だの、世界滅亡の予言がいくつもなされ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:闇の笑い声 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:1139字 お気に入り:0人
※メインパ、ソロモン王を探す道中「ソロモンってどんな奴だろうな」 モラクスが雲を眺めてふと言った。 ソロモン王を探して旅をしているが、今のところあまり収穫はない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:ありきたりなサラリーマン 制限時間:30分 読者:75 人 文字数:1424字 お気に入り:0人
※モブ注意 死の間際の父が、ふと後悔を漏らした。「あんな遊び、教えなければよかった……」と。 兄が行方不明になって、もう10年が経つ。 たぶん、もうとっくに死ん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:間違ったアレ 制限時間:30分 読者:80 人 文字数:767字 お気に入り:0人
「治してやれ……」 ブニがアンドラスのもとに運んできたのは、実に奇妙な急患だった。 深い手傷を追ってはいるが、ブニの態度は仲間に向けるそれではない。 ケガをして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:かたいガール 制限時間:30分 読者:129 人 文字数:1371字 お気に入り:0人
生まれて初めて死体を棄てた。それも殺人未遂をした男のだ。 父親と兄は私のびりびりに破けた服装を見て何も言わずとも察してくれたし、黙って藁をかぶせた荷車を運ぶの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:きちんとした別居 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:1193字 お気に入り:0人
※モラクスくんキャラストバレ + そんな明るい話ではない「モラクス、あなたのおうちはあっちよ。みんなと寝なさい」 少女の服の端を掴んだモラクスは、なんだか離れが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:かゆくなる「えいっ!」 制限時間:30分 読者:87 人 文字数:1324字 お気に入り:0人
「へくし! へくし! へくし! えっきし! ぺくし! べっくし! へくし! へくし! へくし! えっきし! ぺくし!」「うるさい」 シャックスがひっきりなしにく 〈続きを読む〉