ジャンル:メギド72 お題:かっこ悪い豪雨 制限時間:30分 読者:106 人 文字数:995字 お気に入り:0人

舟の上

※舟渡ししながら旅してるサレオスさんとモブのヴィータ

「なあ、あんた、おれの傷は深いのか……」
「いや、そんなことはないさ」
 舟渡しはあっさりとそう言ってのけると、また一つ櫂を漕いだ。見えはしないが、感触で分かる。小舟の板の上で、おれの耳がかすかに推進力を感じた。
 盗賊に襲われ、川へと落ちのびたおれは、奇妙な船乗りに引き上げられて、今に至る。
 斬りつけられた背中の傷は、相も変わらずじくじくと痛むが、船乗りに手当てされてからというもの、次第にひきつれるだけの穏やかさに変わっていた。
 ともすれば、あの世に向かっている最中かも知れなかった。
 目がかすんで見えない分、ほかの感覚が鋭敏だった。なぜか、潮の香りがした。海が近いのかもしれない。舟の底に寝そべっていると、水をくりぬいたように、自分の位置が水面よりも下にあることが分かる。舟の縁からはびしゃびしゃと水が跳ねていて、気が付けばあふれ出すような錯覚に陥る。そのたび足を動かすと、びしゃ、とかかとが跳ねて、それでようやく水面が分かる。
「雨が……降ってないか? ひどい雨が」
「はは、お客さんは大げさだな。これはどう多く見積もっても小雨だし、舟が沈む心配はないさ」
 降り注ぐ雨音は耳の奥にごうごうとしていて、結構な雨が降っているように思われる。目を閉じているからそう感じるのかもしれない。頬に落っこちる水滴が、川のものなのか、それとも天からのものなのか、判じがたいものだった。
 船渡しの声は穏やかだった。
 いずれにせよ、頭がひどく痛む。想像の奥で、水面は黒く輝いて揺れている。
「金を持ってないんだ」
 ふと、三途の川を渡るには、渡し賃が必要だった、などという話を思い出した。
「そうか、そいつは困るなあ」
「だが、小刀ならある」
「なら、大丈夫だ」
「おれに刺さってたやつだ。毒が塗られてた。おれは、たぶん死ぬだろう」
 俺は住所と呼ぶには粗末なうめきごとを呻いたが、船乗りは笑うばかりだった。
「おまえさん、そんな状態で、自分の状態が判断できるものか。くたばるならとっくにくたばってるさ。幸運だったんだろう、それか、毒なんて、川で洗い流されちまったろうさ。ほら、着いたぞ。待ってな、人を呼んできてやるからよ」
 舟はゆっくりと動きを止め、岸についた。おれは確かに死んだはずだったが、おれの手は不思議とまだ動いていた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

ぽつタイプライターの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:あいつの就職 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:758字 お気に入り:0人
雑魚メギド妄想その2「あの川を無事に渡り切ったら、俺たちの軍団に入れてやるよ」 そう言って、メギドはぺんと平たい石ころを放った。「おら、拾ってきな」 そんな無茶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:疲れた逃亡犯 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:872字 お気に入り:0人
※メギドラル時代のサレオスさんとすれちがう夢雑魚メギド妄想です 不意に姿を現した巨人の斧で、俺の軍団を率いていたメギドはあっさりと頭を勝ち割られていた。 何がそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:The Elder Scrolls お題:俺と母性 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1421字 お気に入り:0人
ルマーリンが着替えているほうから短い笑い声が聞こえてきて、俺はまたくだらないジョークのくだらない思い出し笑いでもしているのだろうと思って無視を決め込んだ。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:そ、それは・・・外資系企業 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:1006字 お気に入り:0人
明日も知れぬ冒険者の一人として、カグツにも覚悟はそれなりにあったはずだった。 当たり前だと思っていたものが、一瞬でなくなる恐怖。確かなものなど、何一つとしてあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:ぐふふ、正義 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:992字 お気に入り:0人
ひどい匂いのする腐った水をモロに浴びた仲間たち、そして私は、駆け出しの安っぽい生地でできた装備をばらばらと地面に一個ずつ置いていく。その姿が、なぜだか愉快で仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:帝王の絵描き 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:1261字 お気に入り:0人
街道で幻獣と出くわした私は奇妙な集団に助けられた。 ソロモン一行と名乗る彼らは、年齢も性別もばらばらの、どこか歪な集団だった。町の衛兵が束になってもかなわなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:彼女とロボット 制限時間:30分 読者:60 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
「やあウヴァル、おかえり」「……ただいま、戻った」 ウヴァルは、おかえりという響きにまだ慣れない。ただいまと返事を返すのもだ。「おかえりおかえりー! 外が暑い暑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:地獄克服 制限時間:30分 読者:87 人 文字数:1099字 お気に入り:0人
「ええ、マジかよ。さんざん水浴びたのに風呂はいらなきゃなんねーの?」「塩水じゃな、洗い流さなきゃあとあとやべーぞ」 道中、足を止めて海へとやってきたソロモン一行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:群馬の朝 制限時間:30分 読者:91 人 文字数:1807字 お気に入り:0人
ソロモン一行がようやく、シバから遠回しに依頼された「大樹ユグドラシル」を討伐し終えたころのことである。戦いが終わって一息ついてみると、倒れた木の近くで何か物音 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:かっこ悪い豪雨 制限時間:30分 読者:106 人 文字数:995字 お気に入り:0人
※舟渡ししながら旅してるサレオスさんとモブのヴィータ「なあ、あんた、おれの傷は深いのか……」「いや、そんなことはないさ」 舟渡しはあっさりとそう言ってのけると、 〈続きを読む〉