ジャンル:東方Project お題:春の百合 必須要素:バツ印 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:794字 お気に入り:0人
[削除]

時間制限に苦しめられつつ書いたまりあり



 
 
 春である。
 陽はさんさんと幻想郷を全域に渡って柔らかに照らしており、小鳥たちは朝っぱらから元気いっぱい飛んで鳴いており、凍えるような寒さを耐え抜いた植物たちが、元気に伸びた姿を見せている。
 そんな光景を見て、やはりアリス・マーガトロイドは思う。

 ――ああ、今年も来てしまったのか、と。

 そんな気持ちが浮かんできたのを、上海人形が入れた紅茶と一緒に飲み干す。
 思っていた以上に美味しくて、ほう、と息をついた。なんせこの紅茶、人騒がせな魔法使いが珍しく人里のお土産だと言って半ば無理やりに置いて行った代物である。どんなゲテモノなのかと内心腹を決めつつ飲んだのだが、これは次に会う時には詫びの品の一つでも持っていくべきか。

 思考が、少しばかり逸れた。
 何もアリスとて、春が嫌いなわけではないのだ。ほんのり暖かくて、けれど夜には涼しい夜風を吹かせてくれる。植物は伸び伸びと育つし、アリスの友人たちだって、比較的冬よりも春の方が外出が多い傾向にある。偶然ばったり出くわして、そこで何でもない世間話をする時間がアリスは好きだ。 
 しかして、この季節に一体、どこに嫌う要素があるだろうか。
 少なくとも、最近まではそうだった。
 
「はぁ......」

 カレンダーの日付に、控えめな罰印を付ける。今日も含め、これで五日連続になる印。
 そんな様子を興味深そうに覗く上海を手元へ寄せながら、アリスは呟く。

「魔理沙ったら、もうなんでこんなにここに来てくれないのかしら」

 人騒がせな魔法使いこと霧雨魔理沙は、もう五日も続いて、アリス亭を訪れていない。
 そんな些細な事実が、アリスにはもうむずがゆくて何とも言えない気持ちで一杯なのだ。

 そうだ、と思う。

 行かないのなら、こちらから――。

「上海、行くよ!」

 お土産でも、持っていこう。




 

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:どろにさん ジャンル:東方Project お題:見憶えのある接吻 必須要素:バツ印 制限時間:1時間 読者:117 人 文字数:2235字 お気に入り:0人
「宝の地図だわ」 フランドールは静かに言った。まつげも揺れないようにまばたきをして、布が鳴らないように地図を懐へ仕舞った。 姉、レミリアの自室である。家主はベッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:去年の宿命 制限時間:15分 読者:122 人 文字数:573字 お気に入り:0人
去年、やり残したことがあった。宿命の相手に勝つことができなかった。私は十六夜咲夜。普通の高校生だ。普通の、のはずである。ある日彼女とあってから私の人生は大きく変 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:小説家の青春 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:697字 お気に入り:0人
魔理沙はよく本を読む。それは魔法書に限ったことではない。小説も読む。これは魔理沙がまだ実家を出る前の話だ。「魔理沙ちゃん!一緒に帰らない?」寺子屋の友達だ。あま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:オチは儀式 必須要素:フランス 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:639字 お気に入り:0人
「フランス?何?フランのこと?」そう魔理沙は聞く。「いや、外の世界の国のことです。」咲夜がいう。へえ…とその場にいた全員が頷くが、誰1人わかっていない。「で、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りこきなこ ジャンル:東方Project お題:知らぬ間のお茶 制限時間:15分 読者:130 人 文字数:911字 お気に入り:0人
「んー、少しお手洗いに行ってくるわねー」「おう!じゃ待ってるわ」今日は白玉楼に魔理沙が来ている。さっきまで、お茶と和菓子で一服しているところだった。そこで私はト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:今の人体 制限時間:15分 読者:158 人 文字数:578字 お気に入り:0人
「ふうん…こんな感じになっているのね、外の世界の人間の身体は」首の中、脊髄の辺りに埋め込まれていたであろう小さなチップを取り出しながら、永琳が呟く「なにかしらね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:彼と墓 制限時間:15分 読者:179 人 文字数:555字 お気に入り:0人
「ふう…君がいなくなってもう3年、か。時が経つのは早いものだね」彼女の墓に水をかけてやりながら話しかける「ほら、このお酒好きだったろう?…君が幻想郷に与えていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:影乃心 愛︰日恋 ジャンル:東方Project お題:マイナーな天国 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:148 人 文字数:778字 お気に入り:0人
「マイナーな……天国?」今日もいつものように竹林の中を散歩していた私は、とある一つの紙束を拾った。表紙にそうデカデカと記されたその一冊の資料は、随分とボロボロだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:卑人 ジャンル:東方Project お題:わたしの好きな天国 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:568字 お気に入り:0人
世界が変わったあの日の事さえ忘れたのだから、私は、何一つとして物を憶えることなんて出来ないのだろう。あるのはぼんやりとした記憶。変わる前の世界。今とは明確に異 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りこきなこ ジャンル:東方Project お題:軽い殺し屋 制限時間:15分 読者:181 人 文字数:868字 お気に入り:0人
「っは、はぁあ、はぁっ…!!」やけに大きく聞こえ、いつもと違う場所から出てくるような呼吸は、いつまでたっても止まらないのではと思ってしまうほど長く続いていた。当 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:東京のあそこ 制限時間:4時間 読者:2 人 文字数:3229字 お気に入り:0人
* 全てランダムにしたら四時間の必須要素無しにになりました。そりゃあ簡単に書き終わりますよね。*オイラ→俺sansになってます。オイラ出来ない。「へぇ、東京タワ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:そ、それは・・・コメディ 必須要素:高校受験 制限時間:4時間 読者:8 人 文字数:591字 お気に入り:0人
カリカリカリなぜだろう受験となると今まで勉強したことが飛んでいく。(クソッ、今までの努力は何だったのか。何なんだよ、、、、クソォ!!!!)だめだ。冷静になれ。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FGO お題:たった一つの夜中 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:753字 お気に入り:0人
どうしても、寝付けない夜だった。ベッドに潜り込んではや二時間。目は冴えたままだった。 眠れなくなるほどの悩みがあるわけではないし(いや、いつまでたっても貯まら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
つかれた ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。 お題:めっちゃ流刑地 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:317字 お気に入り:0人
めのまには隼の部屋の扉。なかなか起きてこないアイツを誰が起こしに行くかでジャンケンをする。「あそこでグーをだしてればなぁ。」そんなこと言っても今さらどうにもなら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:やわらかい動機 必須要素:街灯 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:395字 お気に入り:0人
私は魔理沙を殺してしまった。……動機はとてもやわらかい。……なんだ?やわらかいって。まぁ、それはおいといて。魔理沙を殺した動機は「嫉妬」だ。霊夢ばかりかまって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:経験のない薔薇 必須要素:ドア 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:816字 お気に入り:0人
紅魔館の庭の一角。そこには門番の紅美鈴が育てている花壇がある。 今日も美鈴は休憩時間に水やりをしていた。「おや?」その花壇に見たこともない綺麗な深紅の薔薇が、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:きちんとした火 制限時間:4時間 読者:14 人 文字数:737字 お気に入り:0人
*懲りずにアンテ書く。キャラ崩壊注意*ほとんどChara、Flowey。*地上に出たあとの話*「あ、Chara!危ない」「っと…大丈夫」ボクはモンスターにエンカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:春の殺し 制限時間:4時間 読者:11 人 文字数:1402字 お気に入り:0人
*FloweyとCharaがとても仲良しです**キャラ崩壊注意**僕→Chara ボク→Flowey*個々のところ、何だかとても暖かい。多分、春なんだ。金色の花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
背伸び ※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:煙草と喪失 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「あ、」と、呟いた時にはもう遅かった。気紛れで盗んだ煙草の持ち主が、部屋の扉から顔を出したのだ。火をつけた煙草の先から煙がくゆり、焼け落ちた灰がわずかに手に落ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン(夢) お題:有名な、と彼女は言った 必須要素:ドア 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1707字 お気に入り:0人
数年ぶりにかいた完全に心情吐露のようなものになります。ひどいかんじでごめんなさい!窓から見える夜景は悲しいくらい綺麗だった。遠くに見える水族館の観覧車はきらきら 〈続きを読む〉