ジャンル:東方Project お題:混沌の作家デビュー 必須要素:手帳 制限時間:30分 読者:98 人 文字数:1436字 お気に入り:0人
[削除]

映姫さまはミステリーがお好き。 ※未完





 白黒ハッキリ分ける閻魔様――。

 そう、彼女は呼ばれていた。自らの持つ能力とその生真面目極まりない性格上、果たしてこの世界にこいつ以上に閻魔らしい人物などいるのか、と。巷の妖怪たちの間ではそうまことしやかに囁かれている少女がいた。事実として彼女は、幻想郷区域を管轄する閻魔様として実在していた。人妖たちに等しく罰を与える審判役として、君臨している。
 すなわち噂ではなく、その逆。嘘偽りのない、誰しもが認める事実として。

 四季映姫・ヤマザナドゥは、正真正銘の閻魔様なのだ。
 ところで噂とは、時としては彼女の名を幻想郷中に知らしめる有効な手段であったのだが、それは噂を扱う上での単純なメリット――すなわち、表面的な利点に過ぎない。その内面に潜むデメリットに、彼女は気が付いていなかった。
 デメリットもまた、単純明快。 
 

「なあお前おい、知ってるかよ? あの堅苦しくて気難しい閻魔様が、それと兼業で作家もやってるんだってよ!」

 
 ――こんな根も葉もない、人里の童子が考えたようなくだらない噂話でさえも、先の閻魔様事情と同様にポンポン勝手に広まっていってしまうのである。
 作家を始めた覚えなど。もっと言ってしまえば、そういった大衆文学や物書きの文章そのものにすら、映姫は触れたことが無いというのに。
 






 

 あなたはどんなジャンルが好きか、と問われれば。
 きっと自分は探偵ものやミステリーものが、特に性に合っているのだろうなと、映姫は思う。持ち得ている能力もそうだが、そもそも映姫の性格として、白黒はっきりつけなければ気が済まないのだ。読み進める先にはっきりとした結末が、つまるところ犯人の正体やミステリーの謎の仕掛けなど、答えのある話でなければ、映姫はとてもではないが好きにはなれない。

 敢えて答えを出さずに、読者に考えさせる文章。
 伸ばしに伸ばした結果、けれど犯人は見つからないまま、迷宮入りとなる文章。
 筆者からの問いを投げかけられる文章。

 どれも映姫は好みではない。なんなら趣味趣向が合わない。
 曖昧な考えや推論でそういうものを書くんじゃないと筆者に説教をかましてやりたくなって、体がむずむずしてくるのだ。

 だから映姫は、自著に探偵ものを選んだ。

「ううむ......こっちにした方が筋が通っていますかね.......?」

 今まで閻魔になるための修行しかしてこなかったのと、映姫自身あまり興味無かったが故触れてこなかったこともあるだろう。まさかここまで文章を書くのが難しかったとは、と映姫は感服していた。物書きという連中は意外と凄かったのだな、と。
 
 噂話が広まってから、もうすぐに三か月が過ぎようとしている。具体的な数字に表せば、八十日になろうというところか。人の噂も七十五日ということわざがあったが当然それは間違っていて、映姫が物書きをしているという噂は留まるところを知らなくて。というか、もっと広まっている気がする。
 もういい、だったらやってやろうじゃないかと。そう映姫が奮起したところから、机に座ってペンを握り締めて作業をしている今に至る。
 ちなみに小町に書いたものを見せてみれば、大層なダメ出しをされてしまった。

 曰く、
 ちょ、映姫さまこれ白黒つけすぎ! と。

 
 けれど、それも直した。
 いいだろう見せてやろう。混沌の作家デビュー

 
 






 

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ITetsuYK ジャンル:東方Project お題:希望の正義 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1002字 お気に入り:0人
「失礼するわよ。」そう言って、私は落ち着くような部屋に入る。「あら、こんにちは。今日は何の用?」向こうには紅白の巫女さんが私を歓迎する。「大したようはないわよ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ku-ri ジャンル:東方Project お題:愛の経験 必須要素:繊細な心理描写 制限時間:30分 読者:101 人 文字数:1049字 お気に入り:0人
人間という生き物は、その命の灯火が灯ってから、やがてその寿命が尽きるまでの短い時間の中で――彼らからすればとても長い長い期間なのだけど、寿命の長い妖怪からすれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あどそ ジャンル:東方Project お題:昨日の内側 制限時間:30分 読者:127 人 文字数:2249字 お気に入り:0人
昨日内側外側なんの内と外なんだ?三途の川・・・とか?境界があるもの。内訳。外側の人から見て。なんの?昨日の話になってくる。伝聞?語り口調か?「昨日は”内側”はど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あどそ ジャンル:東方Project お題:栄光のクリスマス 必須要素:爆弾 制限時間:30分 読者:132 人 文字数:1901字 お気に入り:0人
クリスマスくらい帰ってきてほしい、と思っていたところである。ペットの動物の手によって、やたらに飾られた地霊殿の一室、その椅子にひとり座って、古明地さとりはなん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:疲れた宴 制限時間:30分 読者:277 人 文字数:1025字 お気に入り:0人
「はあ…なんであいつら好き放題やって片付けやら何やらは全部私一人にやらせるのかしら」私、博麗霊夢は辟易していた月に一回、何故か博麗神社で人妖問わずの大宴会が行わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:計算ずくめの天才 制限時間:30分 読者:236 人 文字数:1287字 お気に入り:0人
夏の匂いというべきなのだろうか、それとも、東京の匂いなのだろうか? それか、私にしか感じられない匂いなのだろうか?さあ? 少なくとも、京都に住むみんなにはわかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:弱いギャグ 制限時間:30分 読者:282 人 文字数:397字 お気に入り:0人
「文さ〜ん!また早苗がいじめるんですよー!」椛が私の家の扉を開けて泣きついてくる「もう、仕方ないですねえ椛は…はい、刀と盾です。これ持って頑張ってきて下さい」ボ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
霊夢と早苗 ※未完
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:綺麗な怒り 制限時間:30分 読者:273 人 文字数:185字 お気に入り:0人
「何か、言う事は?」お祓い棒を携えた霊夢さんが歩いてくる「妖怪退治は…必要な事なんです」まだズキズキと痛む身体を無理やり起こして答える「この状況を見てもまだ必要 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:幸福な失踪 制限時間:30分 読者:317 人 文字数:738字 お気に入り:0人
「ねえ妖夢。満開になった西行妖は綺麗ね」それだけ言い残して、私の主人は…幽々子様は消えてしまった。西行妖を見ながら、嬉しさの中にひとかけらの寂しさを交えた笑顔で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:狡猾な警察官 制限時間:30分 読者:385 人 文字数:1574字 お気に入り:0人
響子は激怒した。イルでドープなリリシストを目指していたのだ。ギャングスターでFxxk Tha Policeの精神だったのだ。「いや……仕事もないし犯罪もないし 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:彼の許し 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:821字 お気に入り:0人
「ご、ごめんなさい」「それで許されると思ってるの?」「うぐ・・・」頭の上を見上げると不機嫌な狛枝がいるそう、俺は怒らせたのだ。それも些細な事で。あれは二時間前。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:天才の犬 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:816字 お気に入り:0人
俺の家の犬は天才だ。いや、犬好きな人間なら全てそう口にするだろう。でも俺の犬は違う。本当に天才なのだ。名前は凪斗。ふわふわとした手並みにポメラニアンだか何だか分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:謎のカップル 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:583字 お気に入り:0人
「お二人は付き合ってなさってるんですか?」ニュースや、色々な番組で見るこの言葉。普通は人のプライバシーに首を突っ込むなんて嫌にならないだろうか。いや、俺が可笑し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:DQ11(腐)  お題:日本お尻 制限時間:2時間 読者:18 人 文字数:1836字 お気に入り:0人
あ、またか。そう思いながらバッグから携帯を取り出す。僕は、自宅からだいぶ遠い私立高校に通っている。だから、七時十五分発の電車に乗って行かなければならない。といっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:意外な秀才 必須要素:穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:381字 お気に入り:0人
「我は、穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 ……」「何言ってんの?」「遂に頭が…いや、元からおかしかったですわね…」一見して優秀そうな出で立ちの彼が、所謂"中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おおきく振りかぶって お題:苦しみのしきたり 必須要素:ひょっとこ 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1497字 お気に入り:0人
「あのさ、試合中にリラックスする方法、考えたいんだけど」本日の部活動を終え、汗だくの練習着を脱ぎながら阿部はそう言った。それは唐突な言葉であったが、特定個人に対 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼滅の刃 お題:名前も知らない事件 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:761字 お気に入り:0人
自分が選抜を通り、鬼殺隊の剣士として任務にあたるようになって早くも数か月が経っていた。相変わらず鬼は怖いと思っているし。殺されるかもしれないと毎度、考えているが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:僕の嫌いなぬるぬる 制限時間:2時間 読者:15 人 文字数:584字 お気に入り:0人
なにこれ目の前の気持ち悪いぬるぬるした生き物に俺は恐しさと驚いていた。いきなり柊家の研究室に呼ばれたかと思えば、何だよこれ。「驚いたか?」背後に気配がして咄嗟に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:小説の借金 制限時間:1時間 読者:40 人 文字数:2793字 お気に入り:0人
夕暮れ時の残照に赤く浮かび上がる幻想郷。人里に響き渡っていた子供たちの笑い声が遠ざかっていく。仕切りに客寄せをしていた露店も帰り支度を始める。その片隅、貸本屋『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
K
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:東京の行動 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:787字 お気に入り:0人
「いたぞ!」「追え!」やばい。見つかった。今俺は何者かに追われている。その何者かは知らないがきっとアポトキシン4869の謎を解明している組織だろう。さっき組織の 〈続きを読む〉