ジャンル:うちのトコでは お題:いわゆる曲 制限時間:1時間 読者:46 人 文字数:1501字 お気に入り:0人
[削除]

中庭とテストとリコーダー。

上手くもなく、かといって悪目立ちするほどの下手さでもない、いたって平凡なリコーダーの音色にあくびが出る。こっそりしたつもりだったのだが、「眠いなら保健室に戻って寝たらどうですか」と、音色を出した張本人である摂津に睨まれてしまった。そうしたいのは山々だが、あいにく今は終礼が終わった後の掃除の時間。保健室にいたところで、掃除の現場監督をさせられるだけなのは目に見えている。そういう面倒くさいことを率先してやるほどの熱意など微塵もない俺からすれば、中庭のベンチに寝転がって、退屈なリコーダーでも聞いていた方がマシというものだ。

「俺が起きてようが寝てようが、関係ねえだろ。集中しろ、集中」
「…………」

じろりと俺を睨みながらも、摂津は再びアルトリコーダーに指を当てて、軽く吹き始めた。音楽の課題に向けた練習といったところなのだろうけれど、この演奏で合格点に届くかは怪しいと俺は思う。まあ、それはあくまで俺が音楽教師として採点をしたらの話であり、一生懸命さを加点してもらえれば問題ないだろう。
掃除時間とはいえ、その担当に当たっていない生徒は各々もう帰宅や部活の準備を始めていた。目の前を慌ただしく走り去って行く男子バスケ部の生徒や、数人で連れ立って歩きながらテストに向けた話をしている女子生徒たち。摂津のように呑気に中庭でリコーダーの練習をするような生徒はもちろんいない。何せ、あと三週間後には期末試験だ。授業を担当していないとはいえ、サボりの生徒が減って行くという意味では俺の仕事の増減にも影響する。頑張れ青少年。

「お前って、テスト勉強してんのか?」

少し吹いては手を止めて楽譜に見入ることを繰り返している摂津に一応聞いてみると、「してます」と素っ気ない答えが返ってきた。こいつの普段の態度からして、授業には真面目に出ているようだし、その答えに意外性はない。むしろ、それこそこういったテストが近づいてきている日の放課後に、図書館や家で勉強をするでもなく中庭でリコーダーを吹いている姿の方になんとなく違和感があった。

「さっさと帰って勉強しろ、って言いたいんですか?」
「全然。お前が赤点取ろうが親に怒られようが、俺の仕事に関係ねえからな」
「……怒られることなんか、ありません」
「へえ」

そりゃあ優等生だな、と皮肉交じりに言ってやっても良かったのだが、摂津の表情の暗さを見てやめた。思春期には誰だって、他人に話しづらい事情の一つや二つを抱えている。毎日保健室で生徒と接しているおかげで、他人のデリケートな領域に踏み込まないように引き際を見極める能力は否応なしに身についてしまった。あくまで教師でしかない俺が深入りしたところで何のメリットもない。向こうから相談された場合以外は、基本的に受け身。それが数年の教師生活を過ごしてきた俺なりのポリシーだ。

「…薬指だな、問題は」
「え?」
「低い音から高い音に行くとき、無意識か何か知らねえけど、薬指に力が入りすぎてる。今も」

さっき音だけ聞いていたときから感じていたずれと、ちらりと様子を盗み見たときの記憶から適当に助言をしておく。全く俺のキャラじゃない、何なら時間外手当を要求したいくらいのスペシャルサービスだ。狐につままれたような顔をしている摂津にもう少し付き合ってやっても良かったが、掃除の時間を終わらせるチャイムが鳴り響いたので、俺はさっさと退散することにした。ベンチから下りて、歩いて30歩程度の距離の保健室までゆっくりと向かう。さて、今日の掃除のクオリティはどれくらいのものか、確認させてもらうこととしよう。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:kanatter ジャンル:うちのトコでは お題:犬の雑踏 制限時間:1時間 読者:67 人 文字数:1336字 お気に入り:0人
世間的には三連休ですね、まあ私はそうではないですが。そう口にした瞬間「バカか?」と素敵な一言をくださった神奈川さんに言い返そうとした瞬間に電話が切れ、珍しく( 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:kanatter ジャンル:うちのトコでは お題:メジャーな映画 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:618字 お気に入り:0人
キャラメルの甘ったるい香りが鼻をつく。日曜日ということもあって人も多く、俺の隣で憮然として面持ちの神戸は聞くまでもなく機嫌が悪そうだった。無理もない。本当は今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Vague ※未完
作者:kanatter ジャンル:うちのトコでは お題:遅い帰り道 制限時間:2時間 読者:541 人 文字数:493字 お気に入り:0人
【東京と新潟】 一秒がこれほど長いものだとは思っていなかった。つないでいる手は緊張のせいで冷え切っていて、普段とは真逆に私が彼の体温を奪ってしまう始末。こういっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:kanatter ジャンル:うちのトコでは お題:私が愛した武器 制限時間:4時間 読者:506 人 文字数:836字 お気に入り:0人
【東京と神戸と昔の話】 「錆びついてしまう前に手入れをするように」――東京はただ一つそれだけ私に命じた。全く持って使い物にならないレプリカの銃。彼がそれをどこで 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:意外!それは沈黙 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:1474字 お気に入り:0人
意外!それは沈黙雲雀×夢ヒロインテーブルの上には今朝郵便受けに入れられていた手紙が並べられている。私はその中で、一際可愛らしい装飾がなされたハガキを手にとって、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:小説の魔法使い 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1117字 お気に入り:0人
青ざめた指先の向こう。あまりにも頼りなく薄い刃物。今にも折れそうな不銹鋼だが、僅かに引くだけで的確に肉を削ぐ。寸分の狂いもない腕前。苦痛に喘いでいた大男から鉛玉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティ!ー お題:鳥の雨 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1424字 お気に入り:0人
雨がちな日に生まれたんだなあって思ってた。私は、子供の頃から、あの《キラキラドキドキ》を見つけた日から、星空を見るのが大好きで。大好きなお友達。お父さん。お母さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:呪術廻戦 お題:ちっちゃな大地 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:428字 お気に入り:0人
眼下の光景は、何もかもがミニチュアで出来たおもちゃの街のようで、ビルや人に埋め尽くされて地面なんて米粒くらいの大きさだ。そんな巨人の視点は、地面を這う人間たち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:許されざる猫 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2537字 お気に入り:0人
もしも私が本当の人間だったら、貴方の歯止めとなるのだろうか。私は私であって、私でない。存在しているというのは間違いなく、姿かたちがいわゆる人間であることも間違い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:穢された交わり 必須要素:浦島太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:660字 お気に入り:0人
たもし、時から逃げられる玉手箱を手に入れられるのなら、哀れな亀さえ助けただろうか。まだ若い時分、世の中には嫌になるくらいの悪意と不条理に包まれていた。戦が終わっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:意外!それは汁 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:1360字 お気に入り:0人
足の指は五本ある。両足を合わせると十本ある。いち、に、さん、しい、ご。指を折って数える。「ちょっと、部屋あったまらないから送風口あけて」 セーター伸びちゃうで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Free! お題:輝く寒空 必須要素: 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:775字 お気に入り:0人
寒い、寒いと連呼したところでこの手がかじかむほどの寒さをどうにかできるわけもない。 だけれど、意味もなく、やっぱり「さみぃ…」と言ってしまうのだ。「凛。」ん? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:黒尽くめの転職 必須要素:駄菓子 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:997字 お気に入り:0人
暗闇と光は正反対だけれど、どちらかがなければどちらも存在できない、2つで1つのようなもの。俺達も、光と闇のようなものなのだ。たぶん、人間の大半は光を好むのだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:黒子のバスケ お題:ぐふふ、帰り道 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1171字 お気に入り:0人
ぐふふ 何処かから聞こえた声に肩が跳ねた。 すっかり暗くなった帰り道。薄情な幼馴染はとっとと先に帰ってしまい、他の部活仲間も共にいない。 まだ夜と言える時間で 〈続きを読む〉