ジャンル:うちのトコでは お題:いわゆる曲 制限時間:1時間 読者:102 人 文字数:1501字 お気に入り:0人
[削除]

中庭とテストとリコーダー。

上手くもなく、かといって悪目立ちするほどの下手さでもない、いたって平凡なリコーダーの音色にあくびが出る。こっそりしたつもりだったのだが、「眠いなら保健室に戻って寝たらどうですか」と、音色を出した張本人である摂津に睨まれてしまった。そうしたいのは山々だが、あいにく今は終礼が終わった後の掃除の時間。保健室にいたところで、掃除の現場監督をさせられるだけなのは目に見えている。そういう面倒くさいことを率先してやるほどの熱意など微塵もない俺からすれば、中庭のベンチに寝転がって、退屈なリコーダーでも聞いていた方がマシというものだ。

「俺が起きてようが寝てようが、関係ねえだろ。集中しろ、集中」
「…………」

じろりと俺を睨みながらも、摂津は再びアルトリコーダーに指を当てて、軽く吹き始めた。音楽の課題に向けた練習といったところなのだろうけれど、この演奏で合格点に届くかは怪しいと俺は思う。まあ、それはあくまで俺が音楽教師として採点をしたらの話であり、一生懸命さを加点してもらえれば問題ないだろう。
掃除時間とはいえ、その担当に当たっていない生徒は各々もう帰宅や部活の準備を始めていた。目の前を慌ただしく走り去って行く男子バスケ部の生徒や、数人で連れ立って歩きながらテストに向けた話をしている女子生徒たち。摂津のように呑気に中庭でリコーダーの練習をするような生徒はもちろんいない。何せ、あと三週間後には期末試験だ。授業を担当していないとはいえ、サボりの生徒が減って行くという意味では俺の仕事の増減にも影響する。頑張れ青少年。

「お前って、テスト勉強してんのか?」

少し吹いては手を止めて楽譜に見入ることを繰り返している摂津に一応聞いてみると、「してます」と素っ気ない答えが返ってきた。こいつの普段の態度からして、授業には真面目に出ているようだし、その答えに意外性はない。むしろ、それこそこういったテストが近づいてきている日の放課後に、図書館や家で勉強をするでもなく中庭でリコーダーを吹いている姿の方になんとなく違和感があった。

「さっさと帰って勉強しろ、って言いたいんですか?」
「全然。お前が赤点取ろうが親に怒られようが、俺の仕事に関係ねえからな」
「……怒られることなんか、ありません」
「へえ」

そりゃあ優等生だな、と皮肉交じりに言ってやっても良かったのだが、摂津の表情の暗さを見てやめた。思春期には誰だって、他人に話しづらい事情の一つや二つを抱えている。毎日保健室で生徒と接しているおかげで、他人のデリケートな領域に踏み込まないように引き際を見極める能力は否応なしに身についてしまった。あくまで教師でしかない俺が深入りしたところで何のメリットもない。向こうから相談された場合以外は、基本的に受け身。それが数年の教師生活を過ごしてきた俺なりのポリシーだ。

「…薬指だな、問題は」
「え?」
「低い音から高い音に行くとき、無意識か何か知らねえけど、薬指に力が入りすぎてる。今も」

さっき音だけ聞いていたときから感じていたずれと、ちらりと様子を盗み見たときの記憶から適当に助言をしておく。全く俺のキャラじゃない、何なら時間外手当を要求したいくらいのスペシャルサービスだ。狐につままれたような顔をしている摂津にもう少し付き合ってやっても良かったが、掃除の時間を終わらせるチャイムが鳴り響いたので、俺はさっさと退散することにした。ベンチから下りて、歩いて30歩程度の距離の保健室までゆっくりと向かう。さて、今日の掃除のクオリティはどれくらいのものか、確認させてもらうこととしよう。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:kanatter ジャンル:うちのトコでは お題:犬の雑踏 制限時間:1時間 読者:100 人 文字数:1336字 お気に入り:0人
世間的には三連休ですね、まあ私はそうではないですが。そう口にした瞬間「バカか?」と素敵な一言をくださった神奈川さんに言い返そうとした瞬間に電話が切れ、珍しく( 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:kanatter ジャンル:うちのトコでは お題:メジャーな映画 制限時間:30分 読者:80 人 文字数:618字 お気に入り:0人
キャラメルの甘ったるい香りが鼻をつく。日曜日ということもあって人も多く、俺の隣で憮然として面持ちの神戸は聞くまでもなく機嫌が悪そうだった。無理もない。本当は今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Vague ※未完
作者:kanatter ジャンル:うちのトコでは お題:遅い帰り道 制限時間:2時間 読者:554 人 文字数:493字 お気に入り:0人
【東京と新潟】 一秒がこれほど長いものだとは思っていなかった。つないでいる手は緊張のせいで冷え切っていて、普段とは真逆に私が彼の体温を奪ってしまう始末。こういっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:kanatter ジャンル:うちのトコでは お題:私が愛した武器 制限時間:4時間 読者:515 人 文字数:836字 お気に入り:0人
【東京と神戸と昔の話】 「錆びついてしまう前に手入れをするように」――東京はただ一つそれだけ私に命じた。全く持って使い物にならないレプリカの銃。彼がそれをどこで 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:誰かと奈落 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1126字 お気に入り:0人
誰かと奈落に落ちるなら。そんな例え話を聞いたのは先日の外務省関連の飲み会だったろうか。奈落といえば仏教における地獄だ。地獄ということは大いなる罪悪を犯した者が、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:グランブルーファンタジー お題:今度のお天気雨 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:535字 お気に入り:0人
「あらー」上空から降ってきた雨を見もしないで、仲間と逸れた特異点は、地面と水滴が響かせる雨音を聞きながら、葉が零してしとどになった髪を後ろに流して、しまったなと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:帝王の誤解 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1192字 お気に入り:0人
「ほ~ん。それで?マトリちゃんは何をご所望なの?」ぐいっと近寄られると、端正な顔立ちと射抜くような瞳にがんじがらめにされているように動けなくなる。「えっと、です 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:12月の勝利 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:784字 お気に入り:0人
昔ある脱出系バラエティ番組でこのような暗号を見たことがある。色のついたコードが何本かあり、暗号を解いて正解のコードを切れば外に出れるというものだった。『12月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:地獄のにおい 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:610字 お気に入り:0人
あなたはドリアンという果物を知っていますか。ドリアンとは30cmほどの周りがとげとげした薄い緑色の果物です。面白いことにドリアンを飛行機には持ち込むことができ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:美しい軽犯罪 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:462字 お気に入り:0人
最近、学校帰りの道にある喫茶ポアロにイケメン店員がいると友達が耳元で騒いでうるさい。「ホントのホントにかっこいいの」と友達は鼻息を荒くして妄想モードに入る。まぁ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:安全な妻 制限時間:4時間 読者:9 人 文字数:1068字 お気に入り:0人
この時代に生まれた事、心底呪っている。子供を増やせ増やせと。徳川の貴重な跡継ぎがどうとかこうとかと。腹が立つ。何なんだ。何も知らぬ癖して。別に私は好きでこの立場 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:愛と憎しみの螺旋 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1242字 お気に入り:0人
「私を内偵に行かせてください」関のデスクの前で、声を荒げた玲に捜査企画課の全員が振り返る。また無茶を、という視線。よくやるな、という視線。そういうものがあっても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
flight ※未完
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:かたい笑顔 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:996字 お気に入り:0人
もう何度目かのデートがお預けになって、さらには出張のおまけ付きと言えば、さすがに書類をぶん投げたくもなる。文句の言い過ぎでミサキちゃんにも呆れられた。「出張、で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:恋の行動 制限時間:4時間 読者:12 人 文字数:286字 お気に入り:0人
恋、とは。今まで興味もなく、まさか自分がするとは思っていなかった。それは数日前。本当に、ちょっとしたきっかけだった。幼馴染の千佳に、恋をする日が来ようとは。でも 〈続きを読む〉